フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« オービス取締り またも減少! | トップページ | 税金で選挙運動 »

2007年7月18日 (水)

あーっ! あーっ! あーっ!

7月17日(火)

 東京簡裁・刑事1室2係(後藤征弘裁判官・町井裕明検察官)826号法廷。
 10時45分から道路交通法の新件があるので、原稿書きで眠いのを押して行ったわけ。
 10時39分に法廷に入ると、前の事件の被告人質問をやってるところ。
 銃砲刀剣類所持等取締法違反。

 深夜1時半頃、それが犯罪になるとは知らず、奥の方にナイフ(どんなナイフか不明)が入ったカバンを持ち、通行したらしい。
 被告人(在宅)は、後ろ姿と話しぶりから見る限り、ちょっと公務員風とでもいうのか(公務員といってもいろいろだけどさ)、犯罪傾向はまるでない感じ。
 起訴状を持ってる(受け取ってる)でしょ、と裁判官から言われ、
「さぁ…略式っていう…」
 と答えていたところからみて、いったん略式に応じて罰金の支払命令を受けたけれども、金額か何か不服があって正式裁判の請求をしたんだろうか。

 詳しいことは端折るとして、裁判官は、本筋とは関係ないことで、警察官を呼んで確認する(尋問する)と言い出した。
 私は、実質的には、まったくムダな尋問と思えた。
 が、手続き上、というか裁判の儀式性ないし体面を保つため、必要なんだろう。
 被告人は、呼ばないでほしいという。
「また、脅かされるんですね。会いたくないです。このこと(取調べ時にあったことを)言うんじゃねーぞと脅かされたんです」
 被告人は、泣きそうな声になっていた。
 しかし裁判官と検察官は、とっとと尋問の期日を決めた。
 すると被告人は、また言い出した。
「(その期日は)試験が終わったばっかで…試験を受けられないじゃないですか…こんなにイジメて…」
 指定された期日の数日前に、試験があるのだという。
 ここで、町井さんが「裁判長」と手を挙げて立ち上がり、被告人の言い分をさも不思議そうに、こう言ったんだね。
「それでしたら、(被告人が言う試験日は、尋問期日の)前ですから」
 だから何ら問題ないと、涼しげに言ったのである。
 すると被告人は言った。
「そんなことを…僕は…何度も受からないし…もう死んじゃおうか…」
 そうして、上を向き…。

 あーっ! あーっ! あーっ! あーっ!  あーっ!

 すごい声で、泣いたというか、叫んだというか。
 そして、酸素が足りなくなったのかどうしたのか、体がゆらり右側へ倒れだした。
 書記官が支え、弁護人が支え、検察官も手を出し…。
 そして…。

 いやはや、こういうのは初めて見たよ。
 詳しくは『ドライバー』に書くことにしようか…。

 11時8分から、ようやく、道路交通法違反の新件。
 傍聴席でさっきの様子を見ていた男性が、バーの中へ。
 あら、弁護人がいない…。
 起訴事実は、04年9月23日午前2時20分頃の、中央道下り杉並区上高井戸2-18の、三菱RS-2000による69キロ超過(測定値129キロ)。
 被告人は述べた。
「そのとき、私は、100~110キロでした。40キロ台のスピード違反はしていました。今は反省しています。ただし、129キロというのは事実に反します」
 そうして、検察官提出の書証(オービスの否認事件でいつも出すやつ)について、言うのだった。
「これだけで十分だと思っているのか、皮肉じゃなしに、理解できない。これだけしか出てないのは、私にとって有利じゃないかと」
 そのとおり!
 被告人は、こうも言うのだった。
「(こんな書証やメーカー社員の証言でオービスが信頼できるという論法なら)温泉だって爆発しない。ジェットコースターだって転倒しない」
 そのとおり!
 いや~、こういうマトモなことを言う事件に、初めて遭ったよ!

 銃刀法のも含め、こういうことが法廷で行われていると、テレビや新聞からは絶対にわからないわけで、やっぱ傍聴はヤメられない、止まらない。

 それから、農林水産省の地下食堂、国会図書館、警察庁を巡り(疲れちゃって警察庁で数分熟睡)、16時から、7月9日に傍聴した無免許の判決。

 06年9月に無免許で懲役6月執行猶予2年の判決を受け、その約半年後の07年3月の無免許。
 刑務所行きとなれば、娘3人の学費、老母の介護費などで生活は破綻することを、前回の公判で被告人の妻が泣きながら証言したが、前回の公判の途中で車を買い、本件無免許が発覚したのが、急に右折しようとしてバスに急ブレーキをかけさせ、バスの乗客が転倒、ケガをしたことから、であり、知人から借りて持っていた免許証を見せて助かろうとした、というのでは、さすがにこれは懲役4月(実刑)…。

 通称「監禁王子」の求刑は、懲役15年だったそうだ。

Banner_02_2人気blogランキング← 7月18日6時45分現在、430で22位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動 

« オービス取締り またも減少! | トップページ | 税金で選挙運動 »

オービス(RS-2000)」カテゴリの記事

交通/無免許」カテゴリの記事

刑事/その他刑事」カテゴリの記事