フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 第86代警視総監・矢代隆義さんの素晴らしい論文 | トップページ | オービスⅢ 77万7千円で何の修理をしたの? »

2007年8月 8日 (水)

不起訴処分を確認後、放置違反金納付命令

 まーだ文庫本のあれやこれやが終わらない。
 火曜朝には出すはずだったのに、水曜朝には出すはずだったのに…。
 いい加減、腰が痛くなり、たまらず近所のコミセンのプールへ。
 ほとんど小学生ばっか。そりゃそだよね~、平日の昼間だもの。
 平泳ぎで100mほど泳いだら、首の後ろが痛くなる。
 たぶん、首の筋肉が弱って、首を上げるのが辛いのだ。こんなんじゃ、もう…。

070808  画像は、いちおうスキャンしたが、こりゃややこしすぎて文庫本には載せられないな、という、以前警察庁で開示を受けた「新制度における放置駐車違反の責任追及の流れ」。

 右の下のほうに、
「不起訴処分を確認後、放置違反金納付命令」
 とあるでしょ。
 このルート以外は、不起訴を待たず、あるいは検察送致の時期に関係なく、放置違反金の納付命令をするのだ。

 だ~か~ら、いつも言ってるように、正直に警察に出頭して違反キップを切られ、しかし、違反の動機や迷惑性という、いちばん大事なことを真剣に考え、反則金の納付をせず刑事手続きに移行させ、怖いけれども検察庁へ出頭して、マジメに誠実に説明して、不起訴になった人が、いっちばん損をする制度なのだ、これは。

「メーワク性なんて知るか。運悪く捕まったら、放置違反金(反則金と同額)を、ほしいヤツにくれてやりゃいーんだ」
 という者は、メンドウがなく、違反点数がつかず、ものすごく得をする制度なのだ、これは。

 この不公平を、声の大きい人たちが口々に言い始めたとき、きっと警察は言うだろう。
 わかりました。反則金と放置違反金と2本立てになっているのが、不公平のもとです。放置違反金1本にしましょう、と。
 つまり、正直に警察に出頭し、不起訴になる道を、なくすわけだ。
 違反の動機や迷惑性なんて、最初からカンケーないことにしてしまうわけだ。

 かくして、違反は完全にカネだけの問題、運悪く捕まるかどうかだけの問題になり、さらにスムーズに莫大なカネが集まる、と。
 なんかこう、時代にマッチしてるというか、どんどんそういう時代になっていくんだなぁ、て感じぃ。

 だからこそ、いまのうちに、「いっちばん損な道」を辿ってみたいよねぇ。
 ってそんな物好きは、ねぇ(笑)。

Banner_02_2人気blogランキング ←8月8日18時40分現在、390で29位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

« 第86代警視総監・矢代隆義さんの素晴らしい論文 | トップページ | オービスⅢ 77万7千円で何の修理をしたの? »

駐車違反/民間委託後」カテゴリの記事