フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 幻系の焼酎「深海うなぎ」を… | トップページ | 第86代警視総監・矢代隆義さんの素晴らしい論文 »

2007年8月 6日 (月)

速度違反の厳罰化はなぜ叫ばれないのか

 現在、酒気帯び運転の罰則は、「1年以下の懲役又は30万円以下の罰金」だ。
 普通車で初犯の相場は、20万円。

 この違反は、酔っているという認識がなくても、また実際酔っていなくても、成立する。
 検査により0.15mg以上のアルコールが検知され、かつ、わずかでも酒気を帯びているとの認識があれば、成立するのだ。

 一方、スピード違反の罰則は、「6月以下の懲役又は10万円以下の罰金」だ。
 東京の首都高速での違反の相場は、超過70~79キロが10万円。
 一般道だと、だいたい1万円減なので、超過60~69キロで10万円かな。

 首都高で超過70~79キロ、一般道で60~69キロって、そうとう凄いスピードでしょ。
 視野が狭くなって前方のトラブルを発見しにくくなり、発見しても制動等が間に合わないおそれがあり、いったん事故れば被害は甚大になるおそれがある。

 そんなスピードを、故意にアクセルを開けて出し、10万円。
 酒のほうは、酔ってる認識がなく実際酔ってなくても、20万円。
 しかも酒は、厳罰化が叫ばれ、どんどん罰則が強化される。
 遅くとも今年9月20日までには、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」へと引き上げられる。

 それっておかしくない?
 と、ある元裁判官氏と裁判所の廊下で立ち話したのね、先日。

「スピード違反の刑罰は軽すぎる。厳罰化を!」
 世間はなぜそう叫ばないのか。
 そこ、しみじみ考えると…。

 ともあれ、酒気帯びとスピード違反には、大きな共通点があると思う。
 それは、測定、だ。
 スピードの測定については十二分にご説明してきたとおりであり、そして酒気帯びの測定も、じつはとんでもなかったのだねぇ。

Banner_02_2人気blogランキング← 8月6日21時30分現在、週間INが360で32位。どこまで落っこちるの~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動 

« 幻系の焼酎「深海うなぎ」を… | トップページ | 第86代警視総監・矢代隆義さんの素晴らしい論文 »

日記」カテゴリの記事