フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 通告センターに出頭するのは3% | トップページ | 御殿場事件の姉川博之・一審裁判官は出世して… »

2007年8月23日 (木)

御殿場事件 6月マケたからカンベンしてよ?

「主文。原判決を破棄する…」
 と判決の言渡しが始まったとき、被告人たちの喜びは如何ほどだったか。
 しかし、懲役2年の原判決を破棄し、懲役1年6月に処する(このへんでカンベンしてくれよ)、という有罪判決だったわけだ。
※参考:朝日新聞「御殿場強姦未遂事件、元少年4人に2審も実刑判決
     毎日新聞「静岡・御殿場の婦女暴行未遂:4元少年、2審も実刑 「被害者申告も問題」と減刑
     読売新聞「静岡・御殿場の婦女暴行未遂、元少年4人に2審も実刑

 これは有名な事件で、テレ朝の「ザ・スクープ」でも取り上げられてるし、長野智子さんもブログでこう書いてるこうも書いてるこんなサイトもある。

 こういうのを見るとき、私は思う。
 裁判員制度は、「市民の常識」を司法に反映させるのだ、っていうけど、現在の司法こそ「市民の常識」で凝り固まってるんじゃないか、と。
 すなわち…。

 本当に無実なら、捜査のプロである警察が気づかないはずがない。
 気づいて、ムリヤリ犯罪をデッチ上げる、はずがない。
 もしも警察がデッチ上げをやっても、警察捜査をチェックする検察が、それに気づかないはずがない。
 もしも本当に無実なら、自白するはずがない。
 はずがない→そうあってならない→事実ない。
 警察がデッチ上げて検察が追認したと発覚することは、治安上たいへんよろしくない。
 かつ、万々が一にも、真犯人を逃がしてペロリと舌を出させることがあってはならない。

 …そういう「市民の常識」を、十二分すぎるほどに裁判官は持ってるんじゃないの?

 だから、被告人が無実・無罪を主張する場合は、徹底的に疑って疑って疑い抜いて、無罪の向こう岸へ渡れそうな石橋があれば、徹底的に叩いて叩いて叩きつくす。叩き落とす…。
 警察・検察の主張については、疑うほうが無礼かつ非常識であり、一部でも信用できそうな部分を(無理にでも)見出すことができれば、全部を完全に信用してよい…。

 690件ほど傍聴してきて、それが普通の裁判(否認事件を扱うときの裁判官の心情)だと感じざるを得ない。

 袴田巌さんに一審死刑判決を書いた熊本典道さんが、無罪と思いつつ合議のなかでなぜ有罪を書いたのか、告白している。
 御殿場事件は、誰が判決書きを書いたんだろ。
 中川武隆裁判長がいるのは、東京高裁・刑事3部(第3刑事部)。
 テレビのニュースをちらっと見た、非常にあいまいな記憶によると、右陪席は女性だったような。
 刑事3部の女性裁判官といえば、今年5月7日現在の担当裁判官一覧によると、後藤眞知子さん。
 そうすると、左陪席は小川賢司さんなんだろうか。
 ま、誰もいいんだけど、この事件でも、熊本典道さんの告白に似たことがあったんだろうか。

 今回の有罪判決をした3人の裁判官が、まだ裁判官であり続ける場合、近い将来、「(検察立証が)疑わしきは検察の利益に」という大原則をひっくり返す無罪判決を、出すかもしれない。良心の痛みに耐えかねて。と私は思うんだけど…。

Banner_02_2人気blogランキング← 8月23日5時20分現在、390で26位~♪

刑場に消ゆ―点訳死刑囚二宮邦彦の罪と罰 Book 刑場に消ゆ―点訳死刑囚二宮邦彦の罪と罰

著者:矢貫 隆
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 通告センターに出頭するのは3% | トップページ | 御殿場事件の姉川博之・一審裁判官は出世して… »

刑事/色情犯」カテゴリの記事