フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 再検査すると裁判で負けるから | トップページ | 「淫行をさせる行為」と「淫行をする行為」 »

2007年8月11日 (土)

扱い事件で恋が芽生える ⇔ 権限を利用して淫行

 駐禁レッカーには、2種類の契約がある。
   レッカー業者 ⇔ 警察署長
   レッカー業者 ⇔ 交通安全協会(←警察が「指定車両移動保管機関」に指定)
 前者を「署長移動」という。昨日開示を受けた文書でもそうなってた。
 後者を、私は「安協移動」と呼んでいる。昨日開示を受けた文書では「指定法人」となってた。
 都道府県別の両者の件数は、非常に面白い。
 京都は、05年は安協移動が激減し、06年はゼロになってる。
 「指定法人」がゼロで、「署長移動」はまだ千数百件あるって、どゆこと?
 全国の合計とあわせ、新時代に入ったのか!?

 二輪車のライダーが、駐車場がなくて困ってるそうだが、もっと深刻に困ってる人たちがいるのかもしれない。
 それは、レッカー移動の業者(と安協)だ。
 移動する場所(駐車場)が確保できなれば、効率よい移動(移動稼ぎ)はできないのだから。

 ところで、以下は産経新聞の記事(■部分は記事では実名)。 

職質の女子高生にわいせつ 巡査部長逮捕
 和歌山東署は10日、職務質問をした女子高生(17)にわいせつな行為をしたとして、児童福祉法違反容疑で和歌山県海南市重根、県警機動捜査隊巡査部長、■■■■容疑者(31)を逮捕した。
 ■■容疑者は9日未明、和歌山市の路上でミニバイクに2人乗りをしていた女子高生らを職務質問。勤務後の午前10時半ごろ、電話で「話を聞きたい」と市内の量販店に呼び出し、車に乗せ、ホテルに誘ったという。
 調べでは、■■容疑者は9日正午ごろ、和歌山市のホテルで、わいせつな行為をした疑い。

 報道ないし記者発表が事実だとして…。
 こういうのが報道されるってことは、少なくとも、山でいうところの裾野(すその)に当たるケース、頂上まで登り切らずにすんでるケースが、相当数あるはず。
 私が最初に、「うわ、そんなことがあるんだ!」と気づいたのは、たしか『モーターサイクリスト』に連載してた頃だから、もう10年以上前になるだろうか。
「スピード違反でキップを切られたあと、キップに何か不備があるから深夜に(しかも家族がいないときに)自宅へ行く(来る)と警察官から電話があり、電話番号を尋ねたら、104番で調べろと言われた」
 というふうなものだった。若い娘さんだった。
 その後、
「(事故か違反かで知った)警察官から、食事をしたいとか母親へ何度も電話がくる。母親は適当にあしらってるが、困ってる」
 というふうな話を、その娘さんから聞いた。
 その後もあったように記憶するが、いま思い出せない。
 その頃にはもう、びっくりするような話ではなくなったので…。

 まぁね、違反とか事故とか、扱い事件をつうじて恋が芽生えることが、絶対あってはならない、とは言わないけどさ、警察官としての権限、自分の強い立場や相手の弱い立場、を利用するのは、それはやっぱマズイわけでしょ。
 しかし、権限というものは、時代を問わず、洋の東西を問わず、いつだって利用したがる者、実際利用する者はいるわけ。
 これはもう、当たり前のことであって、だから常に見張っていなければ(見張れる状態にしておかねば)ならないのであって、
「権限の不正利用は許されない! けしからん!」
 と、たまに報道されたとき怒ってりゃすむってもんじゃないはず。

 私? 私のところへは、女性らしき名前を名乗る方、本当に女性と思しき方、からのご相談等はよくあるが、私は冷たいですよぉ(笑)。
 やたら親しげな調子の方には、とくに冷たいかも。
 私の姿勢は、自力HPのFAQの最初のページに掲げてるとおりであって、手取り足取り指導しようとか、グチを聞いて慰めようとか、そういうのは全くないので。

Banner_02_2人気blogランキング← 8月11日8時10分現在、380で26位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動 

« 再検査すると裁判で負けるから | トップページ | 「淫行をさせる行為」と「淫行をする行為」 »

日記」カテゴリの記事