フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 9月19日スタートの罰則引上げ等 | トップページ | 行政処分逃れの意外なウラワザが? »

2007年8月25日 (土)

3年間、裁判所はあなたを見守っている

8月24日(金)

 東京簡裁・刑事1室1係(岩垂正起裁判官)826号法廷へ、10時30分からの道路交通法違反の新件を傍聴するため10分前に行ったら、法廷の前で、弁護士らしき人物から声をかけられた。
「○○さん?」
 ○○とは、その新件の被告人の氏名だ。
 てことは、在宅事件で、弁護人と被告人はたぶんまだ会ったことがないんだろう。
 すぐに、背の高い男性がきて、それが被告人だった。
 2人は一般待合室に入り、さっそく何やら話し始めた。
 聞き耳を立ててもいいのだが、私は法廷へ。

 窃盗の新件の、被告人質問をやってた。
 幼いときに両親が離婚、父親に引き取られ、その後、母親の居場所がわかり、最初のうちはちょくちょく会ったが…。弟妹とはまったく音信不通。ギャンブルをヤメられず、サラ金から逃げ回っている状態…。
「20日以上勾留されて、久しぶりに考えるようになったのは、どんなことですか?」
 と岩垂さん。こういうところが岩垂さんである。良いねぇ。
 それから、
「ギャンブルってのはね、ヤメたほうがいいよ。あの儲けをアテにしながら生活しようなんて、普通は成り立たない。こつこつ働いていく以外に手はないんですよ」
 とも。激しく同感。
 だから、こつこつ働いても、給料はバカ安で(ピンハネもされ)、生活保護を受けるより貧乏だとか、大金持ちばかりが(セレブ、セレブと)もてはやされるとか、政治家と官僚が汚く税金を食ってるとか、そんな社会であってはならないのだね。

 論告も弁論も、えらく簡単だった。
 公判前整理手続きの事件だったのか。
 サウナの無施錠のロッカーから、現金9万5000円その他を窃取、7万円をその日のうちにギャンブルで使い果たしたそうで、また、自転車盗、万引で検挙され起訴猶予となった以外に前科・前歴はないそうで、判決は、懲役1年、執行猶予3年。
「執行猶予はね、刑を執行しないということじゃないよ。3年間、裁判所はあなたを見守っている、そう理解してください。反省は1回だけしかないよ。がんばってやっていきなさい。不服があるときは、特別なときだけ…」
 と岩垂さん。
 特別なときだけ、とは、やっぱ公判前整理手続き(→即決裁判手続き)だったのだ。

 3年間、裁判所はあなたを見守っている…。
 いいセリフや~。
 10時38分、勾留場所が警察留置場だったので、被告人は傍聴席の横を通って廊下へ出て行った。

追記: 即決裁判手続きなら、罪状認否のあとに、有罪でかまわないことを被告人に確認するはず。私はそれを聞き漏らしたのか?

Banner_02_2人気blogランキング← 8月25日1時50分現在、420で23位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない!大運動 

« 9月19日スタートの罰則引上げ等 | トップページ | 行政処分逃れの意外なウラワザが? »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事