フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 今週と来週の簡裁・地裁 | トップページ | 駐車監視員資格者1万6827人(06年末) »

2007年9月15日 (土)

交通安全のために信号や標識を取り払う

ドイツの町、交通安全の向上のため信号や標識を撤廃
 [ベルリン 10日 ロイター] ドイツ西部の町の自治体が、交通の安全性を高める最良の策として、繁華街の信号や停止標識を取り払うことを決めた。
 交通事故を減らし、歩行者が歩きやすい環境を実現するため、ボームテの町の中心部では、9月12日から全ての信号・標識をなくす。
 交通安全の向上目的で標識を取り払うという考え方は「Shared Space(共有空間)」と呼ばれ、オランダ人の交通専門家ハンス・モンデルマン氏が考案、欧州連合(EU)の支持も得た。
 ボームテでも、信号などを取り外す費用120万ユーロ(約1億8800万円)の半分をEUが負担する。

 と9月11日付けロイター。
 そういえば…。
 2005年12月8日、岩手県警へ開示手数料を入金のため行ったみずほ銀行で、ぱらぱらめくった『クーリエ・ジャポン』の創刊2号に、オランダ、フリースラント州のドラフテンで、すべての信号機と標識を取り外したところ事故が皆無になったとあった。
「責任感を持たせると、人は分別ある行動を取るものなのです」
 とあった。へえ~!! と思った。

P1010839b_2  てことは、信号や標識がやたらあると、人は無責任になり、分別ある行動を取れなくなる…?
 ま、日本と欧州とでは国民性が違うという面もあるんだろうが、日本の道路や交通、また続々とある交通事故の刑事裁判を見てると、大いに肯けるような気も…。
 もしかして、為政者の側も、信号や標識をやたら設けることで無責任になったりして…?
 画像のような標識からは、責任感や分別はちょっと感じられないような…。
 って、私の責任感、分別がどれほどのもんか知らないけど(笑)。

Banner_02_2人気blogランキング← 9月15日7時25分現在、420で26位~♪

道路交通法施行令 第一条の二  法第四条第一項の規定により都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)が信号機又は道路標識若しくは道路標示を設置し、及び管理して交通の規制をするときは、歩行者、車両又は路面電車がその前方から見やすいように、かつ、道路又は交通の状況に応じ必要と認める数のものを設置し、及び管理してしなければならない。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

« 今週と来週の簡裁・地裁 | トップページ | 駐車監視員資格者1万6827人(06年末) »

日記」カテゴリの記事