フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 幼児の事故の特徴は | トップページ | 2件続けて被告人は弁護士! »

2007年9月18日 (火)

鹿児島地裁で警察官を証人尋問

 遅くなってしまった。
 いま起きてて鹿児島地裁へすぐ行ける方だけへ告知。
 そういう方は、とっくにご存知だろうと思う、外山恒一さんの道路交通法違反被告事件の、第2回公判が午前10時からあるそうだ。
 今日は、一方通行のほうの取り締まりを行った警察官の、証人尋問だそうだ。

 交通違反の裁判は、警察官の証人尋問が華だともいわれる。
 証人出廷が初めての警察官は、たいてい最初のうち、ガチガチに緊張して、警察および検察で打ち合わせた内容の丸暗記を棒読みする感じかな。
 傍聴席には、上司の警察官がいて、証人が証言に困ったりすると、あからさまに大きな咳払いをしたり。プレッシャーだぁ。
 慣れた警察官は、弁護士にどう突っ込まれようが、ダイレクトには答えず、尋問された内容に関係する、自分の側の言い分を、勝手に述べる、そんな感じのこともあったり。
 もちろん、正直にばりばり答え、「へぇ、そうなんだぁ」と、非常に勉強になることもある。

 裁判官からの尋問は、はは~、「有罪判決を書くために、ここは固めておきたい(警察官にはっきり答えさせ、有罪判決の理由に書こう)」と思ってるのかなぁ、と感じることが多いよ。

 警察官の証人尋問が華とはいえ、ぶらり裁判所へ傍聴に行っても、その日なにをやるのか、開廷表からは普通はわからない。
 今回はせっかくのチャンスだから、傍聴に行ける方は行っとくほうがいいと思う。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 9月18日8時45分現在、350で32位~♪

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判員制度はいらない!大運動

 阿曽山大噴火さんが、御殿場事件の判決のことをレポートしてる。
「原判決を棄却する…」
 のあたり、リアルだぁ!

 霞っ子クラブのユキさんが、「根性は腐っておりませんので!」の第1回公判の様子をレポートしてる
 同じ裁判を、他の人はこう見てたかぁ、と読めるのは楽しい。

« 幼児の事故の特徴は | トップページ | 2件続けて被告人は弁護士! »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事