フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« こっちの入口から入ったのは初めて | トップページ | 駐禁の身代わり出頭教唆で »

2007年11月23日 (金)

ストレスで他人のカネを盗むか?

11月22日(木)

 13時30分から、横浜地裁でレーダ否認事件の論告・求刑。
 私選弁護人をつけて真っ向から争ってる事件なのだが、後ろ髪を引かれつつ(引けるほどないかもしれないけど)東京地裁へ。
 13時30分~14時40分、802号法廷で、自動車運転過失致死の判決があるのだ。そんなに時間を取るって、無罪に違いないっ!!
 …が、電車に乗って気づいた。1時間10分って何だよ。えーっ?
 法廷について開廷表を見ると、13時30分~13時40分だった。またメモミスか…。

 被告人(在宅)は頭骨も顔立ちも整って、30歳前後に見えた。
 大型コンテナトレーラで左折するに当たり、左方から右方へ青信号の横断歩道を進行する自転車(66歳・男性)に、漫然10~15キロの速度で衝突、自転車もとろも転倒させ、右前輪で轢圧(れきあつ)、腹腔内内臓器損傷で約3時間後に死亡させた…。
 前の車が左折に手間取り、時間がかかったので、歩行者信号は赤になったろうと軽信したんだという。
 直後の実況見分では、被害者をミラーで見ることは十分できたはずという。
 窃盗未遂(懲役1年6月・執行猶予3年)の前科があり、本件判決は、
「被告人を禁錮10月に処する。主文は以上です」
 実刑ってことだ。
 終わると同時に、傍聴席から男が2人、バーの中に入り、1人は弁護人と話し、1人は書記官を通じて裁判官に何やら書面を渡した。
 そして被告人は、傍聴席にいた妻らしき女性から、何か詰まった紙袋を受け取り、その2人とともに奥のドアへと消えた。
 このまま直ちに収監、合計2年4月の刑期で下獄、ということになるんだろうか。
 そうはならない場合もある。その違いがどこからくるのか、予め控訴の意思を確認しとくのかな、とは想像するが、よくは私は知らない。

 続いて13時45分から同じ法廷で、有印私文書偽造・同行使の判決。
 被告人(身柄・拘置所)は、目立つ明色の、パジャマのようなゆったりしたジャージ上下。背中等に「GAWTTI」のロゴマーク。体がでかく、見た目ヤクザ風。
 シートベルト違反で職質を受け、車内捜索によりパイプ入りの大麻(燃えかす程度の量)を発見され、大田区・蒲田警察署内で大麻取締法違反により取調べを受けた際、弟の氏名をボウヨウ(謀用?)し、行使の目的をもって(ほしいまま)に、弟の氏名等を書き、即時その場所において、真正に作成されたかに装い、行使した…。
 懲役1年6月、執行猶予3年、合計3通の書面の各偽造部分を没収
 言い渡しの間、被告人は、肩幅に足を開いて立ち、最初は両手を前にし、やがて後ろに組んで、右手の指で左手親指の爪をしきりにいじっていた…。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 14時から、東京高裁717号法廷で、業務上過失致死の判決。
 被告人(在宅)は、白髪の老人風。濃いグレーの良さげなスーツ。
 控訴の趣意は、過失があるとの証明がない、という事実誤認の主張。
 普通乗用自動車で、10~15キロの速度で右折する際、横断歩道を右方から左方へ横断中の自転車を、3.4mの距離で発見し、あわててブレーキと間違えアクセルを踏んでしまい…という事件らしい。
 ①被告人は右折の前に横断歩道上の安全を確認をした、②被害者は歩行者信号が赤になってあわてて進行した、③自転車の被害者が横断歩道を進行するのは違反である…という主張らしい。
 なるほど、自転車も車両だから、横断歩道を進行してはならない。
 この点について阿部文洋裁判長は、「(自転車が横断歩道を進行するのは)よく見られるのが道路交通の実情であるから(だから運転者には注意義務がある)」と斬って捨てた。判決は控訴棄却。
 へぇ、と私は思った。それって、被告人側の主張だから斬って捨てるのであって、検察側の主張だったら、自転車の歩道通行は許されないと断罪するんじゃないんだろうか。そう単純に分けられるもんではないだろう、とはいえ…。

 14時20分から、簡裁826号法廷(今日は後藤征弘裁判官・町井裕明検察官)で、11月1日に傍聴した窃盗の第2回公判。
 早めに入ると、前の窃盗をまだやっていた。
 被告人(身柄・留置場)は茶パツの若い女性。20代だそうだ。
 学業をなまけて無為徒食の生活を送り、サラ金に借金をし、家出後は風俗店で稼働するも続かず、20歳も離れた男性と、恋愛感情を抱いていないのに暮らし、カードを盗んで110万円を窃取した…そんな事件らしい。その男性は被告人にカードの暗証番号を知らせていたため、盗まれたカネは補償されなったらしい。
 求刑は懲役2年。

 窃盗の第2回公判のほうは、ホテル内で風俗嬢(目隠しされた状態)のバッグから現金等を盗んで逃げた、以前にも同じことをやっていた、というその「以前の事件」の追起訴から。
 このときも、風俗嬢に「装具」をつけていたそうだ。
 つーことは、SMプレイ?
 そんな法廷で、被告人(在宅)の妻(細くて上品そう)が情状証人に。
 被害者2人(いずれも風俗嬢)との示談待ちで、続行。
 15時23分閉廷。

 この両被告人を含め、窃盗の被告人の多くは「これこれのストレスがあって…」と言うが、ストレスで他人の財物を盗むものなんだろうか、「この生活を壊してやりたい。我が身を犠牲にしても、家族等に思い知らせてやりたい」という、内なる破壊衝動みたいなもんじゃないのか…とか少し考えてみる。

 地裁と高裁で来週の開廷予定をチェックし終えたのが、16時10分頃か。
 腹へったなぁ、何か食べて時間をつぶし、簡裁の来週分(17時頃にわかる)もチェックしようか…いや、今日は財布を忘れ、鞄にあった非常用の1000円で裁判所へ来たのだ、電車賃が往復700円、残りは300円、300円で食べられる食堂は17時からでないと開かない、しょーがない、一服して帰るか、あぁそれにしても腹へった、昼食摂るヒマなかったもんなぁ…と1階へ降りたら、よく会う若い娘さんにばったり。
 さて私はその娘さんに「100円借してくれぇ」と言ったでしょうか。

Banner_02_2 人気blogランキング ←11月23日4時50分現在、350で23位~♪

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) Book 交通違反でつかまっても困らない本

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« こっちの入口から入ったのは初めて | トップページ | 駐禁の身代わり出頭教唆で »

交通事故」カテゴリの記事

刑事/窃盗」カテゴリの記事