フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ストレスで他人のカネを盗むか? | トップページ | 車間距離の取締りに新兵器! »

2007年11月23日 (金)

駐禁の身代わり出頭教唆で

 11月22日付け毎日新聞の記事の一部(■部分は記事では実名)。

駐車違反身代わり:依頼に有罪判決--地裁松本支部 /長野
 駐車違反の身代わり出頭で犯人隠避教唆の罪に問われた土木業、■■■■被告(38)=松本市並柳=に対する判決公判が21日、地裁松本支部(荒川英明裁判官)であった。荒川裁判官は■■被告に懲役1年6カ月、執行猶予5年(求刑・懲役1年6月)を言い渡した。

 おぉーっ、荒川英明裁判官っ!!
 私は荒川さんの裁判を、千葉地裁(オービス事件)、横浜地裁小田原支部(たしかレーダ式だったかスピード違反の事件)、そして東京高裁(オービス事件)で傍聴したことがある。
 東京高裁での右陪席から、地裁支部、の支部長へ、なのかな、それが裁判官にとってどういう意味を持つコースなのか、いや、そんなことをキョロキョロ見回すこと自体、ダメダメだよね。

 それにしても、いつの駐車違反だったのか。
 2006年6月1日以降なら、身代わりもナニも、駐禁ステッカーを貼られても知らん顔していれば、車の持ち主へ放置違反金の通知がいき、納付するのが誰であれ放置違反金が納付されれば、処理はオシマイになるのだ。
 本件は発覚までの期間が長く、駐車違反はそれ以前のことだったとしても、そのようにする法律は、2004年に国会で可決・成立しているのだ。
 身代わり出頭の違法性(悪質性)は極めて低いというべきだろう。

 そうであっても法律は法律なのだ、としても、執行猶予5年て、どえらく重い。
※ 執行猶予とは、猶予期間中に新たに刑罰を受けることがなければ、刑の執行はしない、判決は効力を失う、というものだから、猶予期間は短いほうが、軽いことになる。猶予期間は1~5年。

 5年てことは、前科が相当あったんだろうか、あるいは別種の犯罪で執行猶予中だったんだろうか…。
 荒川さんは、けっこう思い切ったことをする人、のように私は勝手に(ごめんなさい)見ているのだが、それにしても5年は…と。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 11月23日11時45分現在、370で23位~♪

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) Book 交通違反でつかまっても困らない本

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ストレスで他人のカネを盗むか? | トップページ | 車間距離の取締りに新兵器! »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事