フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 裁判員制度は なぜ導入されるのですか? | トップページ | 検察官はそもそも立証する気がない »

2007年11月14日 (水)

フィリピーナ風の女性はどこへ…

 またもギリギリまで原稿を書き、原稿等の催促に違いない着信をいくつか無視し(ごめんなさい~!)、普段より10分遅い電車で裁判所へ。

 地下鉄から地上へ出たところで、フィリピーナ風の女性から声をかけられた。
 トーキョーなんとかコートはどこですか、と。
 書類を見せてもらったら、東京地裁の刑事の529号法廷、とあった。
 あ~、ここの5フロアの29番ですよとお教えし、別れた。
 よく書類を見なかったが、被告人に送達される「召喚状」ではなかったような…。
 何だったんだろう。よく見て話を聞けばよかった。

 13時30分から、10月5日に論告・求刑(懲役1年6月)を傍聴した、脅迫・威力業務妨害、の第5回公判。最終弁論。

 検察官が交替してた。そういうことはときどきある。
 見るからにキリリとした内藤秀雄さんだ。私は今年3件傍聴している。

 弁論は、被告人の行為(2chに「血の海」がどうとか「犯罪予告」だとか書き込んだこと)は、何ら犯罪を構成するものではなく無罪であることは明らかだ、というふうな宣言から始まり、43分間ほど続いた。
 無罪主張は、ちょっと理解し難い?
 いや、2chにずっぽり嵌(はま)りきって、「2chの常識・論法=社会一般の常識・論法」という認識が全身に染み込んだ状態なら、そういう論も成り立つのかなぁ、という印象を受けた。
 人間、あることにずっぽり嵌りきると、「これが真実だ! これが絶対だ!」という気分になりやすい。私も気をつけなきゃね(泣)。
 結審して、次回判決。14時21分閉廷。
 途中から、傍聴人の出入りがうるさくなった。
 次の事件が、大掛かりなリフォーム詐欺の審理なんだとか。

 14時30分から、403号法廷で道路交通法違反の新件。
 ところが、傍聴席はもうぎっしり。またグループ傍聴か~?
 1席だけ空いてたが、関係者らしき年配者がドアの外にいたのでゆずり、あ、そうだ! と思い出して529号法廷へ。
 もう施錠され、廊下の開廷表もなかった。
 フィリピーナ風の女性の事件は、もう終わったのか、あるいは準備手続きとかで法廷は開かれなかったのか…。

 警察庁で、非常に面白いものを3件コピー。1020円もかかってしまった。いま書いてる原稿にもソク使えるデータなので、寄り道は仕方ないよね。と言い訳して本日はオシマイ。

 あそうそう、昨日の「見えた!裁判員制度の崩壊 11.13東京集会」が、本日朝、NHKのニュースで報じられたね。
 あ~、あの人この人、いるいる、映ってる。私も、ものすご~くぼんやりだけど、わかる。頭にクリスピー・ドーナツを載せてピースしてるのが私だ。ってンなわきゃないよ(笑)。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 11月15日22時30分現在、590で17位~♪

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) Book 交通違反でつかまっても困らない本

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 裁判員制度は なぜ導入されるのですか? | トップページ | 検察官はそもそも立証する気がない »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事