フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 裁判員制度で国民の目を眩ませて推し進める「司法改革」の、本当の狙いは何なのか | トップページ | 北陵クリニック事件、逆転無罪か! »

2007年12月 5日 (水)

エンジンが止まりそうで後続車に迷惑をかけないようふかした…

 11月末までと言われていた残り4本の原稿の、3本目を未明に送信し、4本目を半分ほど書いて裁判所へ。
 14時20分から東京簡裁728号法廷(長坂和仁裁判官・町井裕明検察官)で、道路交通法違反の新件。

 その前に、民事の611号法廷で、ハウンドドッグの大友康平さん関係の損害賠償請求訴訟の、証拠調べ(本人・証人)があると、某氏から携帯メールで連絡をもらい、ちらっと611号法廷へ。
 原告(法人)の社長らしき人を尋問してた。
 傍聴席に、普段の傍聴席からすると異質な人たちがいて、メモを取ってた。1人は帽子をかぶってた。刑事の法廷じゃ考えられないことだ。

 10分足らずで出て、階段と廊下で728号法廷へ向かう。
 728号法廷に近いエレベータから、ちょうど団体(黒いスーツの若い男女)が出てきた。げっ、ああいう団体は気まぐれで、どこへドドッと入るかわからない。728号法廷を埋められたら、かなわん!
 と急いで728号法廷へ入ったが、団体は来なかった。…と思ったら来た~! でも7人のみ。分散したらしい。そうそう、小人数で分散してくれるといいんだよね。引率者の指示なんだろうか、出来た人物に違いないっ!←どんだけ勝手なことをほざくんだ(笑)。

 事件は、東京都江戸川区西瑞江の、環状七号線内回りの三菱電機RS-2000による、50キロ超過(測定値100キロ)。
 被告人(在宅)は、白髪混じりのきちんとした短髪のオジサン。会社を経営しているそうだ。
 弁護人は、たしかときどき見かける人。だいぶ高齢そうだが、グレーのダブルのスーツは仕立てが良さそうで、ネクタイもカフスもしゃきっとお洒落。ただ、耳が遠いのだった。

 罪状認否。
被告人「速度オーバーの件は、そのとおりだと思います」
裁判官「ほかに?」
被告人「要するに、その速度オーバーをした原因ですね」
裁判官「簡単に言うと、どういうことですか?」
被告人「エンジンがストール…エンスト状態になりそうで、必要以上にふかしたということで、トヨタの工場に再三言ったんですが、原因がわからないとのことでした」
 だから情状を酌んでほしい、というのだろうか。
 法律的にどうこう言うと、面倒な裁判になるが…。
裁判官「弁護人、ご意見は?」
弁護人「被告人の刑事責任はないというのが、被告人の主張の趣旨ですので、そういうふうにしておきたいと」
 とりあえず面倒コースなのだった。
 こういう否認の理由は初めてかと思う。マニアとしては非常に興味深い。

 年明けに、トヨタの整備の人を誰か証人尋問することになった。
 その期日は、先に、争点を整理するための被告人質問を簡単にやるかもしれない。
 14時45分閉廷。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 腹へった。この時間ならまだ、農林水産省のそば食堂が間に合う。
 急ぎ裁判所を出て、カレー蕎麦大盛り320円を食べ、一服等して、611号法廷へ。
 社長らしき人の尋問は終わり、大元康平さんを尋問してた。
 「マザー」を辞めたら他のメンバーはどういうことになると思っていたのか、との趣旨を原告代理人(だと思う。以下同)は詰問調でくり返し迫り、大友さんは答に詰まり、一見、大友さんがやりこめられてるように見えるのかもしれないが、でもどうなんだろう、大友さんの考えと、原告代理人の尋問が、噛み合ってないというか、イエスかノーか分けられないところをイエスかノーかで答えろとくり返し詰め寄ってるような、そうやって裁判官に対する相手の心証を悪くさせるテクニックが、民事の弁護士の間では確立されてるんだろうか、とかぼんやり思ったス。
 大友さんは渋い声で、髪を、なんつーの、左右から後ろのほうへ水平に流して固めたような、そんな髪型をしてた。うむぅ、私もマネようか。いや、髪を固める薬が、頭皮に悪いかもしれない…。
 なーんて、事件自体をよく知らないヤジウマは、つまんないことを思うのでした(笑)。

 今日は夜行バスで仙台高裁へ出発する。それまでに4本目の原稿を仕上げねば。と16時前に途中退出。
 1階ロビーで、先日100円を借りた娘さんにばったり会い(そう、やっぱ借りたのよ。もちろんもう返したよ、景品をつけて。ありがとね)、今日は傍聴に来た事件が流れて哀しいと言うので、じゃあ611号法廷へ行っておいでよと…。

 さて、明日12月6日、午前9時45分からのオービス事件の判決、11月15日に書いたように、どなたか傍聴してくれないかなぁ…。傍聴&報告してくれると、うれしいなぁ…。

Banner_02_2 人気blogランキング ← 12月5日22時20分現在、410で19位~♪

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) Book 交通違反でつかまっても困らない本

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 裁判員制度で国民の目を眩ませて推し進める「司法改革」の、本当の狙いは何なのか | トップページ | 北陵クリニック事件、逆転無罪か! »

オービス(RS-2000)」カテゴリの記事