フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« もしも傍聴マニアが弁護人になったら | トップページ | 宮本武蔵・傍聴島の決闘! »

2008年1月18日 (金)

その罰金を完納できないときは1日を●円に換算して被告人を労役場に留置する

 びっくり。
 昨年7月10日、東京簡裁728号法廷(石井清弘裁判官)で、「業務上過失致死」の新件を傍聴した。
 こういうのが簡裁の法廷へ出てくるのは、
  ・何か不服があって略式に応じなかった
  ・いったん略式に応じてから、本人自ら正式を請求した
 のどっちか、しかない(はず)。
 被告人は細めのオジサン。51歳。在宅。住所地は富山県。
 後者なんだろうと想像される。

 私の傍聴ノートによると、起訴事実は、信号待ちから発進するに当たり、注意義務を怠って漫然発進した過失により、横断中の被害者(91歳)に気づかず、貨物車の前部を衝突させて転倒させ、右後輪で轢過して、骨盤内臓器損傷による失血性ショックにより死亡させた、というもの(合掌)。
 傍聴ノートに右折とも左折とも書いてないので、直進時かと思われる。
 被告人の認否は、信号が変わって、間違いなく安全確認した、安全確認の義務は果たした、というもの。

裁判官 「したがって、過失はないと?」
被告人 「はい」
裁判官 「それで弁護人、この事件、結果が重大ですので、地裁のほうで審理してもらったほうが…」
 被告人は応諾。
裁判官 「その都度、富山から来られるんですか?」
被告人 「はい」

 地裁でのこの事件の傍聴を、私は怠っており、1月11日の判決主文を広報で聞いた。
 罰金50万円、労役場留置の換算が、1日1万円! ええっ!
 罰金50万円のは何件か傍聴したことがあるが、私のデータにある限り、みな5000円換算だ。70万円のも5000円換算だ。
 巨額の罰金の経済事犯ならわかるが、業過で50万円で1万円って、どうして?
 本件が他と異なるのは、被告人が遠隔地から通ったこと。被害者のほうが信号無視らしいこと。
 もしそうだとすれば、執行猶予の期間、未決算入の日数、訴訟費用の負担・不負担のほかに、労役場留置の換算額で、裁判所の心証を伝える、そんな運用があるわけ? え~っ? でも、訴訟費用は負担だという…。
 勝手な妄想はヤメて、とにかく、まずは、本当に1万円だったのか、あとで確認しよう。ショック…。

Banner_02_2 人気blogランキング ←1月18日3時00分現在、350で25位~♪

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 

« もしも傍聴マニアが弁護人になったら | トップページ | 宮本武蔵・傍聴島の決闘! »

交通事故」カテゴリの記事