フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 被害者・加害者双方を破壊する交通事故 | トップページ | ズバリ最初からの否認 »

2008年3月 6日 (木)

二重の状態

3月6日(木)13時15分~

 東京地裁724号法廷で、「道路交通法違反」の新件。

 壇上に現れたのは、合田(ごうだ)悦三裁判官。
 ここんとこ、合田裁判官の公判をよく傍聴してる。
 べつに狙って来てるわけじゃない。波があって、最近やけに合田さんに当たるのだ。しばらく前は、ぜんぜん当たらなくて、あぁ、合田さんは他所(よそ)へ行っちゃったのかと、じつは思っていたのだ。

 被告人は身柄(拘置所)。昨年10月に2件の無免許で略式命令(罰金の支払い命令)を受け、昨年12月にまた無免許という、まぁ、こう言ってはなんだが、ありがちな事件だった。
 懲役5月、執行猶予3年。これ自体は相場だ。

 ただ、被告人は本件無免許で勾留されながら、前の2件の無免許の罰金を払えなくて労役場留置にもなっているという「二重の状態」なのだという。
 本件無免許では執行猶予判決なので釈放されるけれども、労役場留置の期間がまだ残っている場合は(口ぶりからしてまだ残っているようだった)、労役場留置については釈放されませんよ、ということを、合田さんはていねいに説明していた。

 本件無免許は普通乗用自動車。前の2件も普通乗用自動車なら、罰金の額は、少なくとも1件当たり20万円のはず。1日換算額は、通常なら5000円。
 (20万+20万)÷5000円=80日。

 かつ、執行猶予とは、今度やったらもうアウト(刑務所行き)であり、だからこれから3年間は思いとどまってくれるだろうこと、そして、3年間思いとどまれば、その後も犯罪とは無縁で生活できるだろう、と期待して1回チャンスをあげるんですよ、という趣旨のことを、いつもの迫力ある早口でていねいに説明していた。
 13時23分閉廷。

Banner_02_2 人気blogランキング ←3月7日7時20分現在、420で22位~♪

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) Book 交通違反でつかまっても困らない本

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 被害者・加害者双方を破壊する交通事故 | トップページ | ズバリ最初からの否認 »

交通/無免許」カテゴリの記事