フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 無罪病と有罪病 | トップページ | 痴漢と児童買春で中年男性2人刑務所へ »

2008年3月25日 (火)

コーチがコーチされる立場に

3月24日(月)11時~

 10時から東京地裁・八王子支部で、3月14日に証人尋問を傍聴した光電式ネズミ捕り事件の論告・弁論…なのだが、うぅ~、どうしよぅ、ええいっ、と東京地裁(本庁)へ。

 11時から東京地裁403号法廷で、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律違反」の新件。

迷惑メール22億通送信、25歳男を逮捕
 出会い系サイトの広告など迷惑メールを大量に送信していたとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは15日、江東区大島6、居酒屋従業員■■■■容疑者(25)を特定電子メール送信適正化法違反の疑いで逮捕したと発表した。
 ■■容疑者は2006年5月からの約1年半に、約22億通の迷惑メールを送り続けていたという。
 調べによると、■■容疑者は昨年11月13日、送信元を突き止められないよう、架空のメールアドレスが表示されるソフトウエアを使って、出会い系サイトや競馬情報サイトの宣伝メールを9回にわたって大量に送信した疑い。
 ■■容疑者は06年1月ごろ、インターネット上で売買されている約30万件のメールアドレスを5万円で購入。自宅近くに借りたアパートの部屋で、1日約400万通の迷惑メールを送信し、複数の広告主から約2000万円を受け取っていたという。
(2008年2月16日  読売新聞)

 と報じられた事件だ(■部分は記事では実名)。
 この罪名は私は初めてなので、どうしても傍聴したかった。
 専門である交通違反をパスして、珍しい罪名だから傍聴したかったって…うぅ、ごめんよぅ(泣)。

 前の「自動車運転過失致死」が長引いて、11時10分から始まった。
 前のは、普通トラックが交差点を直進する際、目の前を横切った高校生男女の自転車2台に気を取られ、前方の横断歩道の歩行者(?)に気づかず時速15~20キロでハネた、という事件…。求刑は禁錮1年6月。
 検察官は例によって「被害者に何ら落ち度はない」と被告人を責めた。それが悪いとはもちろん言わないが、でもそこに重心を起いてヨシとするなら、こういう事故は悲劇は永遠に起こり続ける。

 迷惑メールの被告人(在宅)は、黒のスーツにネクタイ。禿げにくそうな短髪で、もみあげからあごにかけてと鼻下にうっすらヒゲ。なかなかキマってる。
 起訴事実は、07年11月13日午前3時19分から同5時23分までにおける、「勝てる馬券に直結する情報」の広告宣伝を請け負っての、発信元を偽っての、4回に渡る「4通の電子メール」の送信だった。

(送信者情報を偽った送信の禁止)
第六条  送信者は、自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として、電子メールの送受信のために用いられる情報のうち送信者に関するものであって次に掲げるもの(以下「送信者情報」という。)を偽って電子メールの送信をしてはならない。
一  当該電子メールの送信に用いた電子メールアドレス
二  当該電子メールの送信に用いた電気通信設備(電気通信事業法第二条第二号に規定する電気通信設備をいう。)を識別するための文字、番号、記号その他の符号

第三十二条  次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
一  第六条の規定に違反した者
二  第七条の規定による命令に違反した者

 冒頭陳述によれば、07年12月までに「19億5000通」を送信し、「930万円余りの利益を上げ、遊興費に」使ったんだという。
 競馬のメールは一部で、多くは出会い系のメールだそうだ。

 父親が情状証人。この人もまた、禿げにくそうな短髪で、もみあげからあごにかけてと鼻下にうっすらヒゲ。なかなかキマってるのだった。ただし、頭髪の色は薄い茶で、ヒゲは白。
 被告人質問で、「楽して稼ぎたかった」という言葉が何度も出てきた。
 ハキハキ話す、良い感じの若者だった。
 こういうことは二度とやらず、まともな仕事を地道にやっていく、と誓う被告人は多い、というか皆がそう誓うのだが、しかしほとんどすべて、実際には何もやっていないか、やれる見込みがありそうもないか、どっちかなんだが、この被告人は、すでに弁当の配達の仕事を(刑務所行きかもしれないのでアルバイトで)やっているという。おぉ~、えらい。
 迷惑メールは、たしかに迷惑だけど、でもこの被告人がやったことって…と大いに考えさせられた。

 求刑は懲役6月。
 3分休廷して判決。懲役6月、執行猶予3年。
 訴訟費用の言及はなかった。被告人は検挙前、地域の少年スポーツのコーチをやっており、弁護人もそのコーチの1人なのだという。被告人はもう少年たちの前へ出られないが、地域の人たちは被告人を見放さず、監督していくのだという。
 11時53分閉廷。

Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 農林水産省地下・第5食堂で、とんかつ定食(半食)440円。
 ショーウィンドーの見本が減り、店内の小鉢のメニューがなくなったね。
 えっ、そういえば、タクアンの支給もなくなった!?

 裁判所へ戻って霞っ子クラブのユキさんに会い、午前の裁判の内容をちらっと話したら、ユキさんが言った。
「コーチはヤメさせられて、今度は自分がコーチされるんですね~」
 うまいっ。

Banner_02_2人気blogランキング←3月25日2時30分現在、330で28位~♪

« 無罪病と有罪病 | トップページ | 痴漢と児童買春で中年男性2人刑務所へ »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事