フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« オービス写真4枚で起訴3件! | トップページ | 公然わいせつ 同種前科12犯 »

2008年4月16日 (水)

脅迫言辞をボイスレコーダで録音

4月16日(水)その1

 電車って、途中なにがあるか分からないから、とにかく先に出る電車に乗って目的地へ近づいておこう…って思う? 私は思う。なので、ホームへ上がったとき発車直前だった各駅停車に乗ったら、途中で急行の通過待ちをし、2駅進んで準特急の通過待ちをするじゃないか。ええーっ、ホームで数分待てば急行に乗れたのにぃ、勘弁してよぉ!

 しかも、地下鉄出口から裁判所ビルへ向かう歩道で、高山俊吉弁護士らが、4月18日(金)の重要イベント(来てね!)のチラシを配ってて、高山弁護士と1分ほど話してしまい、エレベータ(534号法廷に近い南側のエレベータは4基のうち3基が工事中で混むのだ)に乗ったら、最後に乗った太めの男が(その荷物が?)ドアからはみ出すもんだからドアがなかなか閉まらず、勘弁してよぉ!

 けれど、5階でエレベータを降りて534号法廷へ急ぐ私を、立会検察官が追い越し、検察官に続いて私も法廷へ。つまり間に合ったのだ。よかった~。

 つーことで、ほぼ9時50分ぴたりから(数分早く始まることはよくあるのだ)、東京簡裁534号法廷(八木澤秀司裁判官)で、4月9日に第1回を傍聴した「暴力行為等処罰に関する法律違反の判決。

「被告人を罰金30万円に処する。未決勾留日数のうちその1日を金5000円に換算して、その罰金額に満つるまでの分をその刑に算入する。訴訟費用(国選弁護人の費用)は、被告人の資力を考慮して、負担させなこととする」

 判決理由に、「刃体の長さ」は7.5cmと出てきた。
 「刃渡り」と「刃体の長さ」、これ、同じ銃刀法違反でも、根拠条文も罰則も違う。そのへん、拙著『裁判中毒』を読んでね。

Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 10時から、東京地裁・刑事20部(林正彦裁判官?)425号法廷で、「脅迫」の新件。
 幹廊下(枝廊下、幹廊下と私は勝手に呼んでる。なんとなく意味わかる?)の反対側の法廷は、なにか重要事件があるらしく、警備が厳重だった。あとで確認したら、植草一秀さんの判決だったのだ。

 こっちの「脅迫」の傍聴席はガラガラ。
 被告人は身柄(警察留置場)。36歳。ちょっとヤクザっぽい。
 交際していた21歳の女性から別れ話を切り出され、今年2月、「てめぇクソガキ、お前の頭をかち割ってやる。チャカは仕入れてある」「君んち破壊しに行くから」「ノイローゼになるくらいのことをしてやっからよ」「足立の事件(殺人事件)、人間なんだってやれちゃうんだね。脳ミソ弾いちゃうからな、ほんとに」などと、語気鋭く申し向けたり、メールを送信したりしたんだという。

刑法第二百二十二条  生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

 被害女性は、途中から、ボイスレコーダで全部録音していたんだという。
 被告人は18歳の頃に暴力団の組員となり、若頭補佐までいったことがあるんだという。昨年10月に(?)千葉地裁で、覚せい剤で懲役1年6月、執行猶予4年の判決を受け、本件は猶予中の犯行なのだという。

 「チャカ」という言葉は使ってないそうで、また弁護人によれば、本件に至るまでの被害女性との「おつきあい」が事件に大いに関係するそうで、証人尋問やるかどうか、次回期日は追って指定となった。
 10時25分閉廷。

 次は11時30分から…。

人気blogランキング ← 4月16日21時10分現在、570で23位~happy02

« オービス写真4枚で起訴3件! | トップページ | 公然わいせつ 同種前科12犯 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事