フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2度仕掛けた盗聴器を2つのTV番組に暴かれ | トップページ | 少しだけ/日曜日には/毒が抜け »

2008年5月16日 (金)

作業報奨金47万7千円を豪遊で使い果たし

 あ~どぅしようどぉしよう、えぇい、迷ったら行ってしまえ、と今日も朝から裁判所へ。とほほ。
 地下鉄で…。修学旅行か社会見学らしき中学3年生(脇に抱えた2穴ファイルに3年1組と書かれてた)男女数名が乗ってきて、その1人の男子の頭髪が、弁護人や被告人によく見かける形だった。なんつーの、頭髪の中央部から後頭部へかけての中心線がつんつん立ってる、みたいな。梅干しの種を立てた、みたいな。梅干しカット、と呼んでおこうか。

冤罪File (ファイル) 2008年 06月号 [雑誌] Book 冤罪File (ファイル) 2008年 06月号 [雑誌]

販売元:キューブリック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 10時から東京地裁・刑事1部(髙木順子裁判官)408号法廷で、「道路交通法違反」の新件。

clip 早めに法廷に入ったら、9時55分から「業務上過失傷害」の判決。
 被告人は、黒スーツで角刈り、だいぶ若く、ちょいヤクザ風。昨年4月、信号交差点を右折する際、出口横断歩道の夫婦に衝突、1人に入院71日の骨折、1人に軽傷を負わせた、という事件。禁錮1年、執行猶予3年、訴訟費用負担。
 弁護人がさっそく梅干しカットだった。やたら傍聴人が多かった。

clip 10時から「道路交通法違反」の前に「わいせつ図画販売目的所持」の判決。
 被告人は身柄(警察留置場)。見た目60歳くらい。多額の借金を抱え、インターネットから入手したわいせつ画像(動画?)をDVDに焼き、わざわざ上京して売り歩き、駅のコインロッカーに(21枚?)入れ、自首したんだそうだ。懲役1年2月、執行猶予3年
裁判官「わざわざ上京して、なんでこんなことをしたのか、と思いますけども」

clip そして「道路交通法違反」。
 被告人は42歳、会社員。杉並区上高井戸、中央自動車道下り0.8kp付近のオービスによる81キロ超過(測定値141キロ)。だいぶ余裕を持って出かけたが、事故渋滞で出勤時刻に遅れそうになり、先を急ぐ気持ちから飛ばしてしまったんだという。
 そこの制限速度は100キロと思っていたと言う被告人に対し、髙木裁判官は、わずか2キロ(km)ほどの間に5つも60キロ(㎞/h)制限の標識があるのに、なぜ見ないのかと、しきりに質問してたが、被告人の供述の趣旨は、「普段は飛ばすほうではなく、燃費も考えて、いつも高速道路は80~100キロで走ってるので、標識は気にせず(視界に入っても意識はせず)、制限100キロと思ってた」であり、良い悪いは別にしてそれは何ら不自然ではないだろうに…。
 求刑は懲役3月。相場である。
 前科なし。違反歴は通行帯違反1件のみ。大学卒業後、同じ会社に勤務。ま、直ちに判決(懲役3月、執行猶予2~3年)かな。と思ったら次回判決となった。
 10時41分閉廷。

裁判傍聴マガジン(vol.1) 裁判傍聴マガジン(vol.1)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

clip 11時から地裁・刑事21部(安藤範樹裁判官)420号法廷で、「公然わいせつ」の新件。最近「公然わいせつ」がよく目につき、私は若干ハマってる。
 被告人(26歳)が奥のドアから刑務官に挟まれて入廷してくるとき、一瞬、女性かと思った。シチュエーションのせいもあるんだろうが、目つきがちょっと気味悪い感じ。
 「酒を飲んでしまうと自分のちんちんを人に見せてしまう癖があり」、今年4月、仕事を終えてコンビニでビール350ミリリットルを飲み、焼肉店で中ジョッキ5~6杯を飲み、午前2時半頃、歩道で「自分の好みの女性」(27歳)を見つけ、つけていき、「今が見せるチャンスだ」と駐車場において自己の陰茎を見せつけ手淫して自慰行為をし、被害女性が逃走するや、100メートルにわたって追尾し、立ち止まった女性に再び陰茎を見せつけ手淫して自慰行為をし、怒鳴られて逃走、被害女性が携帯電話で呼んだ交際相手により私人逮捕された、のだという。
 2003年5月に(つまり21歳のとき)公然わいせつで罰金30万円、同年10月に電車内の痴漢行為で罰金40万円、2004年4月に電車内の痴漢行為で懲役6月、保護観察付き執行猶予3年、2005年8月に公務執行妨害(と何か?)で懲役刑(メモしきれなかった)、2007年8月に、下着を盗む目的で住居侵入、2008年2月に公然わいせつで罰金30万円、計6件の前科あり。暴行などの前歴もあるのだという。
 ③と④は本件と累犯の関係(服役後5年以内の犯行)だと検察官が言ってたから、④で実刑となり、③の執行猶予は取り消されたんだろう。
 ③の痴漢の示談金も、⑥の罰金も、島嶼部に住む母親に立て替えてもらい、返済を約束したのに返済せず、かえって仕送りを受けることもあったのだという。
弁護人「給料は?」
被告人「額面で26万円くらい…」
弁護人「住居、光熱費、税金を引いたら?」
被告人「17万円くらい…」
弁護人「そのうち酒は、どれくらい使ってるの?」
被告人「7万円くらいは食費等に…」
弁護人「あと10万円は?」
被告人「ほとんど食費に消えてます」
 酒が好きで、ヤメられないのだそうだ。
 弁護人は、性犯罪と酒との関係(犯行の原因理由)について鑑定(情状鑑定)を請求したが、安藤裁判官は採用せず。
 求刑は懲役6月(の実刑)。
 「手淫して自慰行為」という言葉が何度も出た。
 「手淫」と「自慰行為」は違うのか…。
 12時1分閉廷。

restaurant どこへ行こうか迷った末、地下のそば食堂で、昨日と同じ、かき揚げ100円と、かけそば大盛り280円。

wobbly なんとなく1階の開廷表を見たら、11時から地裁725号法廷で「公務員職権濫用等」の新件が!! 拙著『裁判中毒』でも書いてるように、これは非常に珍しい罪名だ。なのに見落とした!? なんで!? 先週チェックした別の開廷表を再チェックしたところ、罪名が「強制わいせつ等」になってた。開廷表って、アテになんないんだよね~。
 阿曽山大噴火さんが当然傍聴したというので、ねぇねぇどんな事件だった? と聞いたところ、「今井さん、ほんとニュース見てないっすね」と言われてしまった。そうなの、見てないにょ(泣)。つか、私は、ニュースを見て「これ傍聴したい」と思うことは、あんまりなくて、傍聴して「これ、たしかニュースであったぞ。うわ~」となるほうが好きなのね。

Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 13時15分から、地裁519号法廷で、4月22日に第1回を傍聴した、「飲食店のヘルプ」だという被告人の「道路交通法違反」、無免許&酒気帯びと無免許(求刑懲役10月)の判決。
 廊下に某氏がいて、向かいの522号法廷(地裁民事16部。生野考司裁判長)で13時30分から「発信者情報開示等」の弁論があるという。じゃ、こっちが終わったらそっちへ行くよと。

 「道路交通法違反」は、犯行車両(父親の形見の高級外車)の登録を抹消するのに時間がかかるからと、判決期日をだいぶ先にしたのに、まだ抹消が済んでなかったことが影響したか、懲役10月、執行猶予5年。5年って! 執行猶予は何年が多いか、『裁判中毒』参照。←そんなことまで載ってるマニアックな傍聴本なのですよ。

clip そして向かいの522号法廷へ。
 傍聴席で、缶コーヒーを飲みながら黄ばんだような文庫本を読んでた男性が原告で、被告は「(株)はてな」だった。「規約違反をした利用者には厳しい態度で…」「より侮辱性の高いものを…」「いやいやタイムスタンプだけですから」「重要なのは名前とメールアドレスで」などの言葉が聞こえたが、内容はさっぱりわかんない。私は、原告席の机にぽつんと置かれた缶コーヒーを、これって刑事裁判ではあり得ない光景だな~と、眺めていたのであった…。
 終わって出ると、さっきの「道路交通法違反」の被告人と弁護人が廊下でまだ話してた。

clip もう帰ろうかと思ったが、午前の「公然わいせつ」の前科に下着窃取目的の「住居侵入」があったので、いや、「ので」ってこともないのだけど、なんとなく、14時20分から東京簡裁・刑事2室3係(田中芳和裁判官)728号法廷、「住居侵入」の新件へ。
 法廷に入ると、前の「窃盗」の新件が終わるところ。被告人は身なりの良い女性で、「娘のためにも、もうけして万引きはしないと、この場で誓います…」と、激しく泣きながら最終陳述。その弁護人が、例の「道路整備特別措置法違反」の弁護人の弁護士だった。あの事件以外でお見かけするのは、これで3回目だろうか。

田中森一/反転 闇社会の守護神と呼ばれて 田中森一/反転 闇社会の守護神と呼ばれて
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

clip で、「住居侵入」。
 被告人(身柄、拘置所)は67歳。紺地に白いストライプの、ものすごく古そうな(ある意味チョーおしゃれな)スーツ。今年3月、カネがなくなり3日食っておらず、何か食い物を窃取しようと、マンションの外壁工事の足場を上り、住人らに発見され、110番通報により臨場した警察官から「そこを動くな!」と大声で言われて隣のビルへ飛び移り(わお!)、現行犯逮捕されたんだという。
 それだけなら「あそう」で終わるのだが、なんと、98年3月に千葉地裁・松戸支部で「殺人」で懲役10年を宣告され、満期出所して間もなくの犯行なのだという。

clip 14時27分、書証の要旨告知が甲5証まできたところで、乙号証をとくに聞きたいんだけどしょーがない、と私は退廷。地裁民事4部(端二三彦裁判長)622号法廷へ。さっき某氏から聞いた、原告:織原城二、被告:(株)読売新聞東京本社の「損害賠償」の第1回弁論へ。その原告の損害賠償請求訴訟の情報がほしいと、どこかの週刊誌から言われてたような気もして。どの週刊誌かもう忘れたので情報は渡せないのに。
 原告、訴状陳述。被告、答弁書陳述。甲1、2号証提出。次回期日を決めて閉廷。

clip 急ぎ728号法廷へ戻ると、まだ乙4号証(戸籍)の段階だった。やほ。
 そして被告人質問。
 今年1月15日に、作業報奨金47万7000円くらいをもらって出所したんだという。へぇ! ところがそのカネを、親族の元への複数回の往復旅費にせいぜい3万円程度使ったほかは、「歌が好きなものですから」「女性がいる飲食店」で、1回3万円くらいずつ「豪遊」して使い果たし、アパート(普通のアパートとは違うらしい)に入ったときは3~5千円しかなく、生活保護費を2回もらってすぐ失踪し、ホームレス生活となり、またカネがなくなり、本件犯行…ということなのだった。
 前科(少年時の処分は含まない)は、1960年(って被告人が20歳頃だよ)の強盗傷害を皮切りに、窃盗、銃刀法、傷害、公務執行妨害等、殺人も含めて8件。さすが、起立の姿勢が良かった。
裁判官「矯正教育を受けて、なにも感じなかったの?」
被告人「マジメにやろうと思ってはいるんですよね。社会へ出ると、中で考えてることとちょっと違うんで、つい…」
裁判官「1月15日に出所するとき、何を考えてたの」
被告人「まず住居を定めようと…」
裁判官「(作業報奨金を)計画的に使おうという気持ちはなかったんですか」
被告人「最初は(計画的に)使おうと…。だんだん、だんだん違うくなってきちゃったんですよね」
 求刑は懲役1年。
被告人「これから(服役する)刑を最後に、マジメになる覚悟です」
 15時13分閉廷。

crown もう疲れて疲れて。ぽかぽか天気なので、ちょっと寝ようかと日比谷公園へ行ったが、待て待て、忙しくてサボってた開示請求をがしがしやっておこうと、まずは法務省へ。
 玄関から、晴れやかな和服や燕尾服の高齢男女、およびそのお付きの人、みたいな人たちがぞろぞろ出てくるではないか。法務省で結婚式? いや、そうじゃなかった。褒章関係のイベントがどこかであり、バスで法務省の裏側へ戻り、1階ロビーを通って正面玄関から出てくるのだった。みんな、にこやかで晴れやか。へぇ~。

bottle 東京地検(高検)へ寄ってから、警視庁へ。
 副玄関の受付の女性2人が、見慣れない女性で、あれ? デパート店員のような制服を着てる。思い切ったことをしたな~。とよく見たら、ビックリ! 胸の名札に「株式会社コアズ」とあるではないか。ええ~っ!! そんなことまで業務委託するようになったんだ~!!
 いつからかと尋ねたところ、4月からだと。ん? 4月に入ってから私は警視庁へ来てなかったの!? 情報公開の部屋へ入ると、机の位置が少し違ってた。うわ~。
 そうこうするうち17時が過ぎ、裁判所へ戻って来週の簡裁の予定をチェック。
 それから合同庁舎3号館(国土交通省など)で、某週刊誌と某娘さんと酒。2号館(警察庁など)へとハシゴ。ボトルまで入れちゃってぇ(笑)。

人気blogランキング ← 5月17日10時10分現在、460で13位~♪

« 2度仕掛けた盗聴器を2つのTV番組に暴かれ | トップページ | 少しだけ/日曜日には/毒が抜け »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

刑事/色情犯」カテゴリの記事