フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 手首のひじに近いほうをつかんだと証言しながら… | トップページ | 正義ぶった検察官もいつか真人間に »

2008年5月20日 (火)

包丁は夫の肺、横隔膜、胃袋を貫通

 今朝は、ものすごい風雨。横浜地裁・川崎支部の裁判官が、強風で通勤の電車が遅れ、向精神薬「リタリン」の詐欺の判決言い渡しに約40分遅れたそうな
 私の場合、午前9時半までに新宿着の急行等、の先頭が女性専用車両の扱いになる路線で、「9時50分ちょいに新宿着だから大丈夫」と先頭車両に乗ったら、見渡す限り女性ばっか、ぎょわっ!? ということがあった。そういえば電車が1時間ほど遅れてるとの案内があったっけ。遅れがなければ8時50分ちょいに新宿着、だから女性専用? との可能性を考えて隣の車両に移ったが、あとで表示をよく見たところ、そうは読めなかった。あれは何だったのか。たまたま偶然、見渡す限り男性がいなかっただけ、なのか…。

 今日は、東京簡裁・刑事2室2係(小川利行裁判官。この人、映画俳優の誰かに40%くらい似てない?)728号法廷で、10時30分から「公務執行妨害」の新件、11時15分から「道路交通法違反」の新件。
 どうしても傍聴したい事件が、こうして同じ法廷で2件続くのは、非常にラッキー。
 公妨をなぜ、どうしても傍聴したいか? それは、公妨も道交法違反と同様、簡裁の公判廷へ出てくるってことは否認の可能性が、他の事件に比べてどどんと高いからだ。そのへん『裁判中毒』で詳述。

Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 けど、両方とも否認ではなかった。そんなこともあるよね~。
 公妨のほうは、働かずに同居する弟から逃れたくて、酒を飲んで交番へ警察官を殴りに行ったという事件。交番内の防犯カメラの映像によると、被告人のいきなりの渾身のストレートパンチを、警察官は巧みな体裁きで防御し、現行犯逮捕したという。おお~。
 求刑は罰金30万円
 道交法違反のほうは、罰金前科1犯ありの無免許。
 求刑は罰金25万円
 いずれも被告人は41歳で、身柄(拘置所)。犯行日は3月の23日と28日。職業は、無職ではないものの不安定。逮捕・勾留して「満つるまで算入」(またはかなり算入)、の事件なのだろう。←その意味も『裁判中毒』で詳述。
 道交法違反の閉廷は11時40分。

 今日はどうも体がだるくて重くて眠くて。土曜と日曜、有酸素散歩約1時間を頑張りすぎたせいか。昨夜7時間ほど寝たが、その前が3時間ほどだったせいか。それとも気圧と湿度のせい? もう帰ろうよ、いや、もう少し…。
 ダレた気分を盛り上げようと、一方通行の地下通路を通って、滅多に行かない家裁の地下食堂へ

 悩んだ末、広東麺470円。職権もとえ食券を買って配膳口に並んだとき、とんでもないことが起こった!
 私の前のスーツの紳士(60代後半か70歳くらい?)が、体を前に折り、配膳口のステンレスの部分に顔面を…。どういうギャグ? 変な人ぉ…と思ったら次の瞬間、紳士は、体から何かが抜けてしまったように、ぐにゃりと後ろへ崩れた! うわ! 私はあわてて支えたが、何かが抜けた体は重く…。
 紳士は仰向けに倒れた。気道が塞がれないよう、紳士のあごが少し上を向くようにし、呼びかけたが、反応がない。胸を触ってみると、動いてない!? げっ、心肺停止!? それは早合点で、間もなく紳士は意識を取り戻し、もっと経ってから起き上がれたのだが、や~、焦ったよぅ。  
 じつは私は、家裁の食堂は慣れなくて、中華と和麺とどっちに並ぶのかよくわからず、ちょうど紳士の真後ろにいたのね。慣れてれば横にいて、その場合、突然のことに呆気にとられるばかり、支えられなかったかもしれない。そしたら紳士は固くつるつるの床にゴツンと禿頭(とくとう)の後頭部を打ち付け、大変なことになってたかも。私も、いつ倒れるか知れない。倒れるときは幸運な状況で、と思ったよぅ。
 広東麺を食べてから14階の医務室へ行ったら、「倒れた瞬間は誰も見ていない」とのことで、119番通報したのは私ですと、状況を説明…。

 というわけで、東京地裁・刑事16部(後藤眞理子裁判官)726号法廷で、13時30分から「道路交通法違反等」の、13時40分から「覚せい剤取締法違反」の、13時50分から「道路交通法違反」の、判決。
 13時前に、そばの一般待合室で求刑もとえ休憩してたら、若い学生風の男女がいて、「さっきの司法修習生じゃない?」「俺も来年あれになるのかぁ」「あたしはこの部に配属になるかも」とか談笑してた。法科大学院の学生なんだろうか。

 彼ら彼女らの目当ては、726号法廷のお隣、東京地裁・刑事8部(朝山芳史裁判長)725法廷での、13時15分からの「殺人未遂」(被告人は女性氏名)の新件だ。
 私も傍聴してみた。被告人は黒いタイトスカートのスーツの、ハンカチを握りしめときどき涙を押さえる若い女性。おっそろしく声が小さくて、私は最前列で身を乗り出したけど、人定質問はほとんど聴き取れなかった。。
 裁判員裁判に備えて、検察官は後ろの巨大スクリーンを使って冒頭陳述を行った。文字や矢印が、びわわ~んと(そんな音は出ないけど)現れて大きくなる、という技(わざ)も用いられていた。
 以下は、2008年2月2日付け産経ニュース。■部分は記事では実名。

夫婦げんかで夫刺す 東京・江東
 2日午前1時15分ごろ、東京都江東区東砂のマンション住人から「夫を刺した」と110番があった。警視庁城東署員が駆けつけたところ、タクシー運転手の男性(39)が背中から血を流しており、妻が包丁で刺したことを認めたため、傷害の現行犯で逮捕した。夫は病院に運ばれたが重傷。
 逮捕されたのは無職、■■■■容疑者(31)。
 調べでは、■■容疑者は同日午前1時10分ごろ、夫とけんかになり、台所にあった柳刃包丁(刃渡り約20センチ)で夫の背中を刺した。■■容疑者は「首を絞められるなどの暴行を受けた」と供述している。

 だが冒陳で語られた内容は、要するに…。
 被告人は夫以外の男性といわゆる不倫関係にあった。夫は疑った。1月30日未明に被告人が帰宅したところ、夫は使用済みの避妊具を発見。被告人は、相手は行きつけのスナックの客で名前も知らない、今回だけだと言い逃れた。夫は被告人を殴ったり蹴ったりした。翌31日夜、夫はそのスナックへ行ったが休みだった。翌2月1日にも行ったが客はおらず、被告人の言い分はウソと夫は思った。翌2月2日の午前1時すぎ、夫は被告人を暴行、詰問した。夫は包丁を持ち出したが、危ないと思ってダイニングテーブルの上に置いた。その後、夫がそのテーブルのそばにしゃがんで娘と会話していたとき(娘が2人いる。両親の激しい諍いに起きてきたんだろうか。ここで私のそばの若い女性傍聴人が、声帯を震わせずに「えーっ!」と小さく発した)、被告人はテーブルの包丁、刃体長20.7センチの、細身の鋭い柳刃包丁をつかみ、夫の背中のほぼ中心を刺した。包丁は、深さ16~18センチ、刃の大半が突き刺さった。被告人は次女を連れてマンションを飛び出した。が、夫や長女が気になり、戻って110番通報。包丁は夫の肺、横隔膜、胃袋を貫通しており、1万cc近い出血(ここでまた若い女性傍聴人が「えーっ!」と発した)。夫は全治約3週間の胸肺部刺創等…。
 続いて弁護人による冒頭陳述が始まった。これは公判前整理手続きの裁判なんだろう、13時15分から17時まで取っている。裁判員制度がスタートすると、午前中に裁判員と補充裁判員の選任手続きを行い、その後さっそく、こういう審理が始まるのだ。
 検察官の冒陳を聞けば、被告人はまったく悪質きわまりない不倫妻! ではあるけれど、弁護人は何を言うのか。たとえば、被告人は数年来、夫から激しい虐待を受けており、そのことで相談した優しい男性と、つい肉体関係を持ってしまい、それがバレて、今回は娘が起きてきたので夫は包丁を置いたが、次は必ず殺される、とパニックになり発作的に刺した…とか言うかもしれない。

 しかしもう13時26分、私はそっと傍聴席を立った。満席の暑い法廷で、素人への印象づけが勝負ともいえる公判を、みんなといっしょに長々見ててもしょーがない。私は私の持ち場へひっそり戻ろうと。

 725号法廷(20席)は、ガラガラ。傍聴人は、いちばん多いときで私の他に2人しかいなかった。
 13時30分からの「道路交通法違反等」は、酒気帯び・自動車運転過失傷害・措置義務違反(ひき逃げ)だった。判決は懲役1年6月、執行猶予4年
 13時40分からの「覚せい剤取締法違反」は、累犯前科ありで、懲役1年6月、未決算入30日
 13時50分からの「道路交通法違反」は無免許で、懲役5月、執行猶予3年、訴訟費用負担。

 終わって14時53分、726号法廷のドアの覗き窓から覗くと、さっき私が座っていた席も埋まっていた。
 埋まっていなくても戻るつもりはなく、早々帰って少し仮眠。幸運を願う前に、ムリして倒れないようにしなければ、と。

人気blogランキング ← 5月20日23時35分現在、おおっ、520で11位~happy02

« 手首のひじに近いほうをつかんだと証言しながら… | トップページ | 正義ぶった検察官もいつか真人間に »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事