フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 急ぎ働きの兇族が増えて | トップページ | レーダ式速度違反の否認に遭遇! »

2008年6月16日 (月)

自分を見失うな!

 午前の「脅迫」(10時~12時)の審理はパスして…。
clip 13時15分から東京地裁・刑事2部(神田大助裁判官)533号法廷で、「道路交通法違反」の審理。
 もしや否認? と出かけたのだが、違った。追起訴だった。
   2003年    無免許で罰金刑
   2004年10月 無免許で執行猶予(3年)付き懲役刑
   2006年10月 無免許で罰金刑
   2007年08月 無免許で捕まり、公判請求(本件)
   2008年05月 その公判請求の後に無免許(追起訴分)
 2008年05月のは、原付の速度超過と思われて停止させられ、自二とわかって速度違反は免れたものの、無免許でとうとう現行犯逮捕されたのだという。身柄、警察留置場。
 求刑は懲役8月。
 交通違反以外に前科はないそうだが、いくらなんでも実刑だろう。
 傍聴人は私1人だった。13時47分閉廷。

clip 14時から東京高裁・刑事11部で、どこかで見たような女性氏名の被告人の、「過失傷害」の控訴審第1回。
 もしかして自転車の事故かな、と思ったらズバリそうだった、というか、どこかで見たも何も、3月12日に東京簡裁で罰金15万円を言い渡された事件の控訴審だった。
 被告人質問を長々やって、結審。
 雰囲気からすると、原判決を破棄して被告人に有利に自判するのか? とも思えたが、うーん…。14時40分閉廷。

clip 同じ法廷で14時30分から、「傷害致死」の控訴審第1回。いったん裁判官らは下がり、証人(若めの女性)が証人カードに記入。この事件、3歳の長男を殴る等して死なせたと、3月13日にさいたま地裁で懲役4年を言い渡されたやつだ。これから証人尋問するんじゃ、15時を軽くまわってしまう。
 15時から地裁419号法廷で、「殺人」の新件がある。これも報道されたやつだ、「俺が死んで、あいつが生きてるのが許せない」とか。貧困系とでもいうべき事件に、最近ちょっと興味があるので、そっちを傍聴しよう。14時30分から地裁510号法廷で、これも報道された“セレブの飲み会”がどうとかいう「準強制わいせつの審理があるけど、そっちはいいや。とりあえず一服すっか…。

clip と1階へ降りたところ、霞っ子クラブのユキさんと毒人参さんにばったり。「殺人」は期日取消になったという。ええ~っ。
 そのお2人と、霞が関倶楽部の大先輩から、14時~16時の予定で入ってる地裁528号法廷の「強盗殺人、銃刀法剣類所持等取締法違反」の審理は、事件番号が「平成13年」のとんでもない事件なのだと聞き、そういえば私は一度も傍聴したことないな、一度は見ておくかと、15時07分頃、その法廷へ。私の斜め後ろの傍聴席に、府中刑務所へ福井雅樹さんの面会へ行ったときばったりお会いしたご婦人が。あら、こんなところで。coldsweats01
 被告人質問の最中だった。被告人(身柄)は、大きな虎の絵が入った白いセーター。ユキさんが言ってたとおりだ。弁護人は、ややこしい事件でよく見る、太めでヒゲの大男2人。兄弟? なわけないよね?
 15時24分、弁護人の1人からの質問が終わり、もう1人が続いて質問するのか思ったら、その弁護人が言った。
「今日のところは、これでキリがいいので…」
 裁判長は、スムーズに次回へ続行とした。え~っ? いちおう16時まで取ってあるんだから、普通、あと30分やるんじゃない? 裁判の目的は早く終えることそのものか…と思えることも少なくないのに、この事件はもう裁判所もあきらめてるの? 事件番号が「平成13年」って、東京地裁の“主(ぬし)”みたいな…。

 終わってすぐに、15時30分からの地裁813号法廷の「殺人」の判決へ行ってみたが、もう完全に満席だった。これも報道されたやつだ、“介護殺人”として

 先週急がしすぎてチェックしきれなかった今週火曜以降の、地裁と高裁と簡裁の予定をチェック。なんとなく813号を覗くと、1席空いていたが、途中から窮屈なところに座ってもしょーがないナと、帰る。じゃ覗くなよ。

punch 今日は、14時からの「過失傷害」のあとは、行方定まらずただただウロウロしてたような。こんなことしてたら、ダメじゃん! 最近、自分を見失ってる!
 己(おのれ)が何者であるか知り、バカと呼ばれても己の道だけ突き進む、そうやって私はきたんじゃないのか。そうだ、私は、「道路交通法違反」だけに集中しよう!
 そして、たまに余裕があるときに、地裁の「自動車運転過失致死傷」と「危険運転致死傷」と、簡裁の否認と思しき罪名の事件と、地裁の「脅迫」「威力業務妨害」「ストーカー規制法違反」「公然わいせつ」と、その他珍しい罪名の事件を傍聴することに…ってそれが欲張りすぎだっつーの!

Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 6月16日23時05分現在、560で11位~happy02

« 急ぎ働きの兇族が増えて | トップページ | レーダ式速度違反の否認に遭遇! »

交通事故」カテゴリの記事

交通/無免許」カテゴリの記事