フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 駐禁ステッカー 出頭すべきか否か | トップページ | そしたらもう、野垂れ死ぬしかありません »

2008年7月 2日 (水)

裁判所へ出社拒否?

7月1日(火)

 9時55分から、6月24日に傍聴した「占有離脱物横領」の判決。
 10時から、4月28日に傍聴したのち、5月30日の第2回公判を時刻を間違えて見逃した「脅迫」(サイバーエージェントの社長等が被害者)の証人尋問。
 13時10分から、4月8日と6月17日に傍聴した風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反」(無許可キャバクラ)の判決。
 15時から「脅迫」の新件。

 …などを傍聴するため、着替えて完全に用意して、玄関を出て道路へ出たところで、財布を忘れたことに気づいた。そして、玄関へ戻る途中、なぜか唐突に、思いついたというか何というか。「今日は裁判所へ行くのヤメよう」と。
 ええ~っ? 待てぇよ、上着のポケット内のボールペンをわざわざ書きやすいほうに入れ替えるなど、ここまで完全に用意して、いったん外へ出たのに、戻ってまた着替えるか? ええ~っ、ウソでしょ?
 …とは思ったが、きっぱりヤメた。
 何かの予感があったわけでは、べつにない。
 強いて理由を挙げるなら、上記傍聴予定のなかに「道路交通法違反」が1件もないことか。そんなの承知で、出かける準備をして、いったん出かけたのに。
 こういうのも、中毒人ならではの行動といえたり、いえなかったり、ラジ…。
 会社員諸氏も、突然こんなふうにしたくなること、あるんだろう、きっと。満員の上り電車をパスして、がらがらの下り電車に乗りたい、とか。私の場合、下り電車に乗ると東京地裁・八王子支部。どっちに乗っても裁判所だ~。

Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 午後、コミセンの屋外プールへ行ったょ。
 監視員以外、だ~れもいない。下り電車以上にがらがら(笑)。
 午前に4~5人、午後は私の前に1人、お客があったそうだ。水が冷たかった。
 3往復くらいで、普段使わない筋肉に負担を感じてきて、無理せず10往復で許してやった。初日だもの。
 今回のこの記事も、このへんで許してやろう。

人気blogランキング ← 7月2日6時55分現在、320で15位~happy02

« 駐禁ステッカー 出頭すべきか否か | トップページ | そしたらもう、野垂れ死ぬしかありません »

日記」カテゴリの記事