フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 医師がオービスに求めたデータ | トップページ | あと1滴であふれて実刑 »

2008年7月17日 (木)

初めての酒気帯びで公判請求!

7月16日(水)その2

clip 11時から東京地裁・刑事11部(江見健一裁判官。この人、落語家の誰かに似てるよね)426号法廷で、「道路交通法違反」の新件。

 今年3月の、酒気帯び0.56ミリグラム。26歳で会社員(建設業)。4年前に大麻所持で懲役6月、執行猶予3年の前科あり。交通違反歴は5件。スーツにネクタイ姿だが、ロン毛。何か尋ねられると、答の頭に「わー」をつける…。
 そう書くと、悪そうに聞こえるかもしれないが、なかなか良さそうな青年と思えた。
 犯行当日、駅の耐震工事を午前3時頃に終え、4時から6~7時まで同僚らと飲酒。タクシーで会社へ戻り、自分の車で同日昼過ぎまで寝てから、帰宅のため運転したのだという。
 将来はどうするつもりかと弁護人から問われ、
「普通にこのまま働いて、他人に迷惑かけないで、普通に生活できればいいと思ってます」
 と答えてた。素晴らしい! 普通に働いて、普通に生活する、人生の極意だ。

 それにしても、初めての飲酒運転で公判請求? 前刑の執行猶予が満了してから約1年しか経ってないとはいえ、重すぎない?
 しかも、求刑は懲役7月。重っ!
 これはアレだ、飲酒運転の厳罰化が、こういう形で現れてるってことなのかな。

 でも、江見裁判官も、情状の良い事件と思ったのだろう、直ちに判決となった。
 懲役6月、執行猶予3年、訴訟費用負担。
 江見裁判官が最後に言った。
「飲酒運転は絶対に許さないという、雰囲気に社会がなってる。今回もいきなり懲役…これ、重くなってるんですよ」
 やっぱそうなんだ~。
 11時50分閉廷。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

080716_12130001 restaurant 今日もまた、厚生労働省(などが入ってる合同庁舎)の地下の食堂へ。
 今日は、未体験のオムライス480円。ご飯の部分はイマイチだったが、ふわふわの卵がたっぷり載って、それなりに満足。野菜たっぷりのスープも旨かった。私ゃもう、ここの食堂へ通うのが楽しみで(笑)。

人気blogランキング ← 7月17日20時20分現在、380で13位~happy02

« 医師がオービスに求めたデータ | トップページ | あと1滴であふれて実刑 »

交通/飲酒運転」カテゴリの記事