フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の32件の記事

2008年8月31日 (日)

咳止めの飲み薬と躁鬱病と犯罪の関係

 8月27日に東京簡裁・刑事1室3係(八木澤秀司裁判官)534号法廷で、その日最後に傍聴した「窃盗未遂」(更衣室荒らし)、私は時間がなくて内容を書かなかったが、産経ニュースのサイトに「【法廷から】孤独妻が金を欲しかった理由」としてアップされてる。
 534号の傍聴席は20席。始まる時点で18席埋まってた。その1人が「末崎光喜」さんだったわけだね。

 あの公判は、傍聴席の、左後ろの席のカップルの、男のほうが、最初からずっと帽子(キャップではなくハット)をかぶってたようだ。薄茶色でひさしが小さめ、おしゃれなのを。裁判官は気づかないはずがないと思うのだが、だとすると、あの程度だと近頃は許容範囲(とする場合もあるってこと)なんだろうか。
 ま、被告人が女性氏名だとしても、簡裁の法廷がほぼ埋まるなんて、かつてはまぁず考えられなかったことだ。警察が大きく記者発表してワイドショーでも話題になった事件、以外の公判の様子が、新聞社のサイトに長文で載るのも。
 そういうのも含めて、時代は変わる、つーことなんだろうか。

 内容について、私のほうでちょっと付け加えとくと、被告人は最初から、姿勢良く立ち、「はいっ、はいっ」とハキハキしてた。デパートの、明るい店員の接客、のようだった。言いにくいだろうことでも、逡巡がなく、明るくきっぱり述べてた。
 最後はこうだった。
裁判官 「それでは…」
被告人 「はいっ」
裁判官 「判決の…」
被告人 「はいっ」
裁判官 「言い渡しは…」
被告人 「はいっ」
裁判官 「9月の…」
被告人 「はいっ」
 ちなみに八木澤裁判官は、噛みしめるようにゆっくり話すことが多いのだ(それもあって、いつも予定時間をオーバーする)。
 閉廷し、
被告人 「ありがとうございました~!」
 いかにも異様だった。

 被告人が「金を欲しかった理由」は、もっぱら「咳止めの飲み薬」を買うためだったそうな。

【たん・咳止め】新ブロン液エース 120ml 【たん・咳止め】新ブロン液エース 120ml

販売元:ナイスドラッグ
楽天市場で詳細を確認する

 ブロンではないらしかった。
被告人 「咳止めの飲み薬です。シントミン(?) もう3年くらい前から。毎日、1日2~3本飲んでました」
 「(?)」は、私がよく聴き取れなかったという意味。

新トニン咳止め液 60ml 新トニン咳止め液 60ml
販売元:すずき薬品
すずき薬品で詳細を確認する

 しっかし、今やこんなものまでネットで販売してるんだねぇ。ンなもの、店頭で買えばいいだろうに、必要なとき直ちに。

 「咳止めの飲み薬」には何やら中毒性があるそうで、交通違反が専門の私はそんなこと考えてもみなかったが、検察官は犯罪に関わるモノとして当然に承知してるようだった。なるほど、中毒や犯罪に関わるものだから店頭では買いづらい、だからネットで…というなら話はスジがとおってる?

 「咳止めの飲み薬」が、被告人の通院の理由であるうつ病に関係しており、明るい店員の接客のような態度・口調だったのは、躁(そう)状態なのではないか、という想像は当たってるのか外れてるのか、まずは近所の薬局で尋ねてみようか。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 先日、雑誌の記事を書く都合から、別の裁判の女性被告人の格好について、新宿の京王デパートで、膝下までのストッキングのようなものは何という名称か、流行っているのか、高いヒールで足首にベルトを巻く靴を、何と呼ぶのか、ベルト部分を何と呼ぶのか、店員さんに真剣に尋ねたら、どうも変なオヤジと思われたらしい。いや~ん(笑)。

人気blogランキング ← 8月31日7時30分現在、450で11位~happy02

2008年8月30日 (土)

パークパク、キュッキュと女の子は歌い続け

8月29日(金)

 これで今週も月~金、毎日“出勤”だな、嗚呼、と嘆きながら裁判所へ…。

clip 13時20分から、東京簡裁534号法廷(八木澤秀司裁判官)で、8月22日に第1回を傍聴した「道路交通法違反」の判決。
 青森県内の東北縦貫道、八戸線での、車載レーダによる43キロ超過(測定値113キロ)の事件だ。傍聴人は見事に私1人。やっぱこういうのが良いよ私は。
 求刑どおり、つか略式命令の金額と同じ、判決は罰金6万円、訴訟費用は不負担。

 制限70キロと(つまり指定最高速度を)知らず100キロ(つまり法定最高速度)と思っていた、という主張に対しては、100キロを超えているとの認識はあり、したがって速度違反の故意の成立を妨げない、とされた。専門書でも解説されてるとおりだ。

交通事犯と刑事責任 Book 交通事犯と刑事責任

著者:岡野 光雄
販売元:成文堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ただねぇ、専門書でも、「指定最高速度を知らず、法定最高速度を超えない速度で走っていた」というケースをどうするかは、はっきりとは出てこない。
 「流れに沿って走っていた」と不服を言う運転者も、たとえば指定最高速度が50キロで流れが70キロのところ、90キロで走って捕まったとか、そういうのが多いんだよね…。

 制限70キロは現状に合ってない、という主張に対しては、それは速度違反を正当化する理由にならない、だった。
 ま、そりゃそうだろうけど、私としては、被告人が納得できる説明があるんじゃないかと。それは別の機会に。
 13時32分閉廷。

restaurant 2分オーバーしたのでは、13時30分からの別の法廷の新件はもうダメ。腹へった。今日は家裁(&簡裁民事)の地下でラーメンを。と、地下の秘密の通路を下って行ったところ、なんともう、カレーほか一部のメニューしかやってないではないか。早すぎ!
 しょーがないので、狭い階段を上って地上へ出て、くねくね曲がって元の裁判所ビルへ。地下の藪伊豆で、かけそば大盛り290円。
 帰る前に、あと1件、短いのを傍聴していこうかと8階へ…。

clip 14時から東京高裁・刑事4部(門野博裁判長)803号法廷で、「業務上過失致死」の判決。
 2007年6月12日から、いわゆる交通事故は「業務上過失致死傷」ではなく「自動車運転過失致死傷」で扱われることになった。「業過致死」ってことは、事故発生がそれ以前で、起訴が遅れたか、争いがあって裁判が長引いたか、またはその両方か…。
 ところが、そうじゃなかった。「交通関係業過」ではない「業過致死」だった。

 群馬県内の工場敷地内で、高さ256㎝、幅・奥行きともに71㎝、重さ1.2t(1.4t?)の何か(以下「荷物」としておこう。高価なものらしい)を、被告人がフォークリフトを使って運搬し何かに積載するに当たり、不安定ゆえベルトで固定しなければならないのに、時間が遅れていたので固定せず、部下である被害者(28歳?)に手で押さえさせただけで運搬しようとした。その際、荷物がぐらっときて、被害者は転倒を防ごうとし、動転した被告人はフォークの操作を誤り、爪を下げるところ上昇させ、落下を勢いづけて被害者の上に落下させ、さらに動転した被告人は、周囲に大勢いた同僚らに助けを求めることをせず、フォークで荷物を持ち上げようとして失敗、荷物を被害者の体の上に再度落下させ、被害者は大腿骨骨折、骨盤骨折などによる出血性ショックで翌日死亡…というふうな事件だった。

 控訴の趣意は量刑不当。禁錮1年6月は重すぎて不当だから執行猶予を、と。
 その理由は、被害者にも荷物をベルトで固定する義務があった、荷物が転倒しそうになったとき被害者が転倒方向に回り込んで荷物を支えようとしたのだから、本件被害は被害者が自ら招いたものともいえる…。
 門野裁判長は、それらをすべて退け、控訴棄却とした。

 被害者には、妻と幼い子があったそうだ。検察官席に近いほうの傍聴席に、喪服の若い女性と、おそらく学齢前の可愛い女の子がいた。女性は胸の前に遺影を抱いていた。
 被告人は、最初、被告人席から証言台の前へ行くとき、歩きながら、おおよそその方向へ軽く頭を下げた。言い渡しが終わると、背を向けたまま去った。

 遺族はなかなか法廷から出て来なかったが、私が8階でもたもたしてたもんだから、エレベータでいっしょになった。女の子は、とても可愛くて、「パークパク、キュッキュ」と何かの歌を、可愛い笑顔と声で無邪気に歌い続けていた…。

 夏休みももう終わり。来週は開廷がぐっと増える。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 8月30日7時20分現在、420で11位~happy02

2008年8月29日 (金)

やっぱり出ましたね日当3万円(笑)

 やっぱ出ましたねぇ。
 以下は8月28日付け朝日新聞、の記事の一部。

「裁判員日当、3万円に引き上げを」国会議員団が提言
 来年5月に始まる裁判員制度をめぐり、衆院法務委員会の下村博文委員長と与野党の筆頭理事ら5人でつくる議員団は28日、市民の8割が制度の参加に消極的という現状を踏まえ、裁判員の日当について現行の上限1万円から3万円に引き上げるよう最高裁に求める提言を保岡法相に伝えた。野党を中心に、制度の延期を求める声が出ており、臨時国会で議論になりそうだ。

 8月11日の当ブログ記事で、こう書いた。

 法務省、最高裁は、どう巻き返そうとするか。裁判員の日当を1万円から3万円に大幅アップ、これ、ありそうじゃない?

 こんなに早く、そのとおりの話が出てくるとは、いやはや何とも。
 1日3万円はデカイよぅ!
 今発売中の『ドライバー』に書いたように、

 ドライバー 2008年9月20日号 ドライバー 2008年9月20日号
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 午前中が選任手続きで、午後から公判開始。単純な自白事件でも、判決は翌日になるかも。ってことは、6万円は堅い? 3日間なら9万円、5日間なら15万円、オイシイなぁ!
 ホームレス諸氏よ、一刻も早く住所をゲットし、裁判所からの郵便が届くようにしとかねば!

 これで、市民の8割は、いや“下層市民”の10割が「参加に積極的」となるに違いない。
 そのとき、彼ら彼女らは絶対言うよ、国民参加、たいへんけっこう、国民の義務を果たしましょう、とね(笑)。

 私もカネに釣られて、げす野郎になっちゃう? 下衆ヤバ夫

殺人犯を裁けますか?―裁判員制度の問題点 Book 殺人犯を裁けますか?―裁判員制度の問題点

著者:田中 克人
販売元:駒草出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

つぶせ!裁判員制度 (新潮新書 254) Book つぶせ!裁判員制度 (新潮新書 254)

著者:井上 薫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

見えてきた裁判員制度の危うい実態
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

裁判員制度はいらない!大運動

人気blogランキング ← 8月29日18時20分現在、おっ、410で11位。もうちょいで10位の大台に手が~happy02

ことさら虚偽の証言をする動機はないからって

8月28日(木)

 女子高生フェチの判決と道交法の新件2件をパスして、午前中は原稿書き。昼食を取る時間もなく裁判所へ…。

clip 14時から東京地裁401号法廷(大村陽一裁判官)で、「道路交通法違反」の判決。これ、杉並区下高井戸、首都高4号線上りの入り口そばの一般道での、日本無線、光電式JEM-340による30キロ超過。6万円の略式命令を不服として被告人が正式裁判を請求した事件だ。

 始まる前に弁護人が、今日は第何回か、第7回かと書記官に尋ねた。書記官は第7回と答えた。すると前回が第6回? おかしいな。簡裁での期日も数えてるのかな…。
 弁護人の今日のTシャツは、地が白で、胸に大きなピンクのハートと「JACKKAS」の文字(黒)。JACKKASって何だ?

 判決は、言うまでもなく罰金6万円。
 日本無線のヨシナガさんの証言を、「専門家の見地」を述べたものであって「ことさら虚偽の証言をする動機もない」と、全面的に認めてた。
 ことさら虚偽の証言をしなくても、自社製品の優秀性を過信、妄信していることも十分にあり得るという、当たり前のことを、どの弁護人もなぜ突っ込まないのか、私は不思議でならない。
 警察官の証言については、「ことさらに事実を歪めて証言しているとも思えない」だった。警察官の証言というのは、本来こういう取締りが正しい、こういう証言なら裁判官は有罪にしやすい、というストーリィを検察官と打ち合わせて決めておき、そのとおり話すもの、とは裁判官も承知のはず(でなきゃ困るよぅ!)。だからこれは、そのストーリィが、ことさら事実歪めたものとも思えなかった、という意味なんだろう。

 言い渡しが終わり、被告人が書記官に言った。訴訟費用負担とされたが、どういうことかと。被告人は、正式裁判を請求する際、費用がかかるならできない、弁護人をつけるなら請求を取り下げると、裁判所の職員に言ってあり、大丈夫だと言われたから取り下げなかったのだ、と。
 こういう事件は弁護人なしでもできる。なしでやる場合もある。が、被告人の権利を守るためとの理由で、被告人の意に反して、裁判官が職権で国選をつけることもある。そしてその費用を、被告人の負担とする場合もあるのだ。嫌がる者に「あなたの健康を守るため」とか言って高い健康器具等を押しつけ、カネを取るのに似てる。
 しかしまぁ、免除の申立ができる。以下刑事訴訟法。 

第五百条  訴訟費用の負担を命ぜられた者は、貧困のためこれを完納することができないときは、裁判所の規則の定めるところにより、訴訟費用の全部又は一部について、その裁判の執行の免除の申立をすることができる。
○2  前項の申立は、訴訟費用の負担を命ずる裁判が確定した後二十日以内にこれをしなければならない。

 私はこの申立により免除されたことがある。うれしかったなぁ(笑)。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 14時30分から地裁421号法廷(半田靖史裁判官)で、「道路交通法違反」の新件。即決裁判手続き。被告人は身柄(警察留置場)。赤信号無視を現認され、飲酒検知を拒否して現行犯逮捕されたんだという。検査値は0.33ミリグラム。同種罰金前科1犯。
 懲役1年6月、執行猶予3年、訴訟費用負担(即決裁判手続きは弁護人がないとできない)。14時58分閉廷。

clip 廊下へ出て壁の開廷表を見ると、15時から「麻薬及び向精神薬取締法違反」の新件が入ってた。枠は15時30分まで。これも即決裁判手続きなのだな。ちらっと傍聴することに。
 テレビで見て興味本位でMDMAを入手、渋谷区円山町のジーカンスとかいう建物内にあるクラブ(?)で服用、所持し、どうも「店の者」に見つかって捕まったらしい。
 懲役1年6月、執行猶予3年、MDMA没収、訴訟費用負担。15時23分閉廷。

clip 東京地裁の来週の予定(来週は「公然わいせつ」と「業務妨害」がけっこう入ってるよぅ)をチェックしてるうちに16時が近づき、16時から高裁410号法廷(永井敏雄裁判長)で「業務妨害」の判決。
 …のはずが、弁護人が再開申請、示談についての書面を証拠調べ請求、簡単に被告人質問。前に送金した11万円とあわせてちょうど50万円になるよう、39万円を現金書留で送ったんだそうだ。
 そういうわけなので、判決は次回。しかしこれ、原審(東京地裁)での求刑が懲役1年6月だったことまではネットで拾える(阿曽山さんもレポートしてる)が、判決は何だったんだろう。ネットで拾える範囲では、執行猶予が付きそう。すると被告人は、執行猶予付きなのに控訴したことになる…。いったいどういうことなのか、次回も傍聴しなきゃいけなくなっちゃったじゃないか(泣)。16時06分閉廷。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

beer 来週の高裁の予定もチェックしてから、急ぎ新宿へ。単行本の打ち合わせ。
 60分2500円(3人なら1人2000円。1人なら3000円)ぽっきりの「ガールズバー」なるところへ初めて潜入。
 店の外でチラシを配ってた女の子から、エレベータへ案内され、2階(だっけ?)で降りたら、その女の子がエレベータの前にいた。風営法の関係で、いっしょにエレベータに乗っちゃダメなんだそうだ。へぇ~。
 私の原稿が早ければ、今年中に2冊、単行本を出せることになった。ま、ムリだな。ってオイっ!

人気blogランキング ← 8月29日12時10分現在、380で13位~happy02

2008年8月27日 (水)

膣の中に指を入れるのは常習ですよ

 忙しいので、ごくごく簡単に…。

clip 10時から東京高裁715号法廷(刑事11部。池田耕平裁判長)で、8月11日に第1回を傍聴した「集団強姦」の判決。
 午前はパスしたかったのだが、8月11日の記事に書いた予想は当たるか外れるか、やっぱ知りたく、かつ10時30分から、どうしても見届けておきたい道交法違反もあるしで、つい電車に乗ってしまったのです。←って誰に言い訳してる?

裁判長 「主文。原判決(※懲役5年)を破棄する。被告人を懲役4年に処する。原審における未決勾留期間中90日をその刑に算入する」
 原判決破棄の場合は、控訴審に要した日数はぜんぶ未決算入されるそうで、だから、執行猶予はつかなかったものの、だいぶ軽くなったといえるんじゃないか。

clip 10時30分から高裁・刑事9部(原田國男裁判長)805号法廷で、「道路交通法違反」の控訴審第1回。
 これは、4月22日に判決(東京地裁・刑事17部)を傍聴した、78歳のお爺ちゃんの執行猶予中の無免許(懲役4月)だ。
 工場は廃業したことを示す書証を提出、被告人質問で訥々と、「うちの前の児童公園の掃除やったりして暮らしたいと思います。なんとか執行猶予をお願いしたいと…」と述べ、結審。次回判決。
 いかにも“仕事一筋で来た職人またはワンマン社長”っぽく、その仕事は廃業したわけだし、78歳だし…どうなるのか。

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 11時から地裁・刑事19部(角田正紀裁判官。角は下の部分が用、紀は右側が巳)719号法廷の、「強制わいせつ」を傍聴。
 始まる前、書記官が私のほうへ。何かと思ったら、ぎょっ、私はガムを噛んでいたのだった。ころっと忘れてた、ごめんなさーい!

 弁護人の手元の書類に、墨塗り部分が。不同意部分をマスキングした書証? ん? しかも被告人がなかなか来ない。否認ゆえ、“人質司法”(否認だといつまでも勾留する)の伝統にのっとり勾留されてる?
 20席の傍聴席へ続々と傍聴人がやってきて、ほぼ満席になった。

 …が、否認ではなかった。JR東海道線の車内での、18歳女性のホットパンツの裾から手を差し入れ、膣内に左手指を挿入して陰部を弄ぶなどした痴漢。
 被告人(身柄、拘置所)は元教員(妻も教員)で、心理的ストレスが溜まったとき風俗やパチンコへ行き、小遣いでは足りずサラ金に手を出し、利息も含め債務は約400万円、昨年8月に仕事を放棄して失踪、その後、どう戻ったのか不明だが戻り、派遣の仕事が軌道にのってきたが、将来に不安があり、もう失うものはないみたいな気持ちもあり…なのだそうだ。
 情状証人(いかにも教員らしい、良い感じの妻)によれば被告人は「マジメな人」で、教員のときも派遣のときも、高く評価されていたんだという。
 う~む、マジメな人に思われたい願望から、マジメな人を演じてだけ、その負担から破滅的なことをやっちゃう、という可能性もあるのでは? と、傍聴人はバーの外側で勝手に想像するのだった。

 被告人質問で、こんな場面があった。
裁判官 「痴漢でね、こういう仕事(裁判官)してると何十人もの人を…。初めてやるときは、おそるおそるでね、そこまでひどいことはできないんですよ。膣の中に指を入れるのは常習ですよ。あなた、初めてだと言っても、裁判所はそれ信じません。もちろん、証拠のないものを処罰できませんが、なにか発言することはありますか? それで重く処分することはありませんから」
被告人 「今回のきっかけは…被害者の方の素足が…短いズボンを履いてたので…」
裁判官 「そういう話じゃない! 初めてと思えない。もう30年、この仕事してますけど」
被告人 「それに関しては、私は初めてですので…」
裁判官 「はいわかりました。それでけっこうです」
 裁判官が、被害者への慰謝に関して配慮し、続行。刑事裁判は決まり切った儀式的なことしかできないけど、そのなかで、被告人と家族のためにも被害者のためにも社会のためにも、できる限り良い形で1つの事件を終えたい、ということなんだろうか。
 11時54分閉廷。

080827_12120001 clip またも厚労省地下の食堂で、中華定食A、480円。今日は八宝菜。これは旨かったな~、いろんな野菜が入って。しかも今日は五穀米だったし(どうも月、水、金が五穀米らしい)。
 ふと気になって、あとでショーウィンドウを見たら、洋定食A(同じく480円)は、オムハヤシだった。うわ、それも旨そうじゃん。う-、困った。ってもう中華定食、食べちゃったんだけど(笑)。

book 久しぶりに弁護士会館地下の書店へ。『執務資料道路交通法解説14-2訂版』が出てた。14訂版が1月20日に出たばかりなのに、もう次が? 高い解説書なのに、かなわんね~。東京法令出版は私からどんだけカネをむしり取るのか(笑)。

clip 14時15分まで時間が空き、13時10分から地裁・刑事13部(戸倉三郎裁判長)510号法廷で「現住建造物等放火」の判決(合議)。
 被告人(身柄、拘置所)は年寄り。朝8時半頃から19時半頃まで自宅で、焼酎合計5合くらいを、途中眠ったりしながらだらだら飲み、いきつけの中華料理店でビール大瓶1本ほかを飲食、代金1200円のうち、カネがないからと1000円だけ払って外へ出て、別の店へ行ったが閉まっており、お好み焼き店へ行ったところ、店員が出て来なかったので腹を立て、人家の敷地内に入って発泡スチロールに火を付けて立ち去り、玄関付近約5.2㎡を焼損させ、消防車とすれちがったので怖くなり、スナックでビールを飲んでなんだかんだと話し、代金2200円のうち、カネがないからと2000円だけ払って外へ出て、23時35分頃、交番の前で、自首しようか逡巡していたところ声をかけられ、自首…そんなふうな事件。
 いずれも飲酒の上で犯した懲役前科6犯。傍聴してると、酒飲んでメチャクチャやる人って、多いようだね。
 弁護人は心神耗弱を争ってたらしいが、戸倉裁判長は完全な責任能力を認め、懲役5年、未決80日算入。13時21分閉廷。

clip 13時25分から東京地裁・刑事17部(三村三緒裁判官。私はお初)811号法廷で、「道路交通法違反」の判決。
 1997年に「詐欺」で懲役3年、保護観察付き執行猶予5年の判決を受け、その後、猶予を取り消されて服役、2004年に刑の執行を受け終わり(それが本件と累犯の関係)、2007年11月に731日の免許取消処分を受け、2008年3月に無免許で罰金20万円、同年6月に無免許と自動車運転過失致傷で罰金70万円、それから1カ月経たないうちの本件無免許。前刑のとき車両の廃車を約束したが廃車せず、虚偽の売却書類をつくって弁護人に渡したんだという。
 懲役5月、未決10日算入。13時29分閉廷。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 13時30分から東京簡裁・刑事1室3係(八木澤秀司裁判官)534号法廷で、「窃盗」の新件を、13時39分から傍聴。
 建設関係の寮から逃げる際、同寮者のパソコンを盗んだらしい。求刑は懲役1年。

 今日は14時15分から、同じ法廷で女性被告人の「窃盗未遂」の新件と、地裁713号法廷で「脅迫」(4月28日に傍聴した、サイバー・エージェントのブログへ脅迫投稿をしたやつ)の判決があった。
 「脅迫」の判決を傍聴してから「窃盗未遂」へ? どうしよう…と悩んでいたのだが、やっぱり女性被告人の事件は人気がある。534号法廷へどんどん人が集まってくる。いっぺん出たら戻れない可能性大…。「脅迫」はあきらめることに。

clip 14時15分から、534号法廷で「窃盗未遂」の新件。
 被告人(身柄、警察留置場。37歳、小学生の子ども2人あり)は、うつ病で、薬局へ行った際、更衣室内のバッグに手を差し入れ物色した、というのだが、いやはや、これがなんとも、勉強になる、印象深い事件だった。

 でも、おっと、もうこんな時刻。もうダメだ、レポートはまた別の機会に。阿曽山大噴火さんが、どこかに書くかもね。

人気blogランキング ← 8月27日21時30分現在、410で13位~happy02

 あそうそう、今日、ベンツの試乗中に、制限50キロのところ150キロも出し、重傷人身事故を起こした事件について、試乗させて同乗していたディーラーの人が書類送検された、というニュースがあったそうな。
 TBSラジオから携帯電話にコメントの依頼があり、しかし充電が切れそうで、新宿へ出て「携帯電話用充電器」なるものを初めて買ったよ。

電池を最大限に利用できる!!直列3-5V昇圧回路採用。アルカリ/オキシライド共用電池交換式。電池を最大限に利用できる!!携帯電話用充電器パワーmini PC-22Aau対応 電池を最大限に利用できる!!直列3-5V昇圧回路採用。アルカリ/オキシライド共用電池交換式。電池を最大限に利用できる!!携帯電話用充電器パワーmini PC-22Aau対応

販売元:オズマケータイワールド
楽天市場で詳細を確認する

これが日本の高等裁判所?

8月26日(火)

 昨日も今日も朝から雨。
 雨の日は、下駄全体がほどよく湿り、裁判所内の廊下をほぼ無音で歩くことができ、たいへん具体がよい。
 原稿の締切りが複数迫ってきたので、ものすごく短く…。

clip 10時から東京高裁410号法廷で、6月24日に控訴審第1回を傍聴した道路交通法違反」(日本無線のレーダ式測定機・JMA-230の事件。原審は横浜地裁)の第2回。
 被告人側が控訴趣意書で、別の事件におけるJMA-2A(やはり日本無線のレーダ式)の検証結果(警察が実際に車を走らせて検証したところ、プラスの誤測定が生じた)に言及したため、その点について検察官が事実取調べ(日本無線のヨシナガアキオさんの証人尋問)を請求し、今日はその証人尋問。

 私は、なんだかおかしくなってしまった、というか、ふざけた漫画の中にしかあり得ない茶番が現実に目の前で厳(おごそ)かに進行してるのを見ている違和感、みたいなものを感じて仕方がなかった。
 だぁって、ある企業の商品が国民を冤罪に落としてるかもしれない、ということが問題になったときに、その商品の信頼性を調べるなら、第三者的立場の専門家の意見を聞く、のが普通じゃない? ところが検察官は、その商品を製造・販売した企業の社員を「専門家」として呼んで自社製品について語らせ、3人の裁判官らは真剣に耳を傾けてるんだもの。わ~、これが日本の首都東京の高等裁判所か~、と。
 裁判所の論法は、「メーカーの社員の言い分だからといって直ちに信用できないとはならない」なのであるが、はっきり言って、バカですか?
 速度違反の裁判は、みんなそうなんだけど、証人自身がいちばん「ありゃりゃ?(笑)」と感じてるんじゃなかろうか。

交通被告人前へ!! 上・下巻 今井亮一/作・ウヒョ助/画 交通被告人前へ!! 上・下巻 今井亮一/作・ウヒョ助/画

販売元:まんが大王
楽天市場で詳細を確認する

clip 私は途中で抜けて、8月18日に傍聴した「詐欺」(無銭飲食)の、11時20分からの判決を傍聴に地裁802号法廷へ。
 累犯前科が3犯あるので、懲役2年、未決30日算入、訴訟費用不負担。
 この被告人は、映画『千と千尋の神隠し』にたくさん出てきた「神様」の誰かに絶対、そっくりだと思う。どの神様だっけ。

clip 続けてタイミング良く公妨の判決が2件あったので、もしや駐車監視員がらみだったらと、802号法廷にしばし居残る。
 11時30分から「公務執行妨害」の判決。
 深夜、酒に酔って、下水道工事中のマンホールを覗こうとし、作業員らと口論になって暴行し、110番通報で臨場した警察官の防刃防護衣のどこかを引っぱるなどの暴行を加え、もって公務の執行を妨害したんだという。
 酒に酔っての粗暴犯前科(本件と累犯関係)が2犯あり、懲役1年2月、未決30日算入、訴訟費用不負担。
 被告人の半袖シャツの袖口から、カラーの刺青がちらり見えてた。傍聴席にお父さんらしき男性といっしょにいた男子小学生は、気づいたろうか…。

clip 11時40分からの「公務執行妨害・傷害」も、酒に酔っての警察官への犯行。懲役1年6月、執行猶予3年、訴訟費用負担。

clip 11時46分、410号法廷へ戻ると、まだやってた(予定は11時30分まで)。
 稗田裁判官(右陪席)が「そうすると、強い電波でないと…」と尋問してるところだった。尋問はすぐに終わり、弁護人請求の事実調べは却下して結審、次回判決。
 終わって廊下で、最初から傍聴していた礼田計さん(久しぶりっ)に聞いたところ、私が出たあと尋問は白熱し、私はいちばん良いところを聴き逃したんだそうだ。きゃ~。
※ 業務連絡。9月30日のとは別の期日をお伝えするの、忘れてました…。

restaurant 今日も厚労省地下の食堂で、今日は中華定食A(480円)。麻婆豆腐かと思ったら麻婆春雨だった。そんなの初めて食べたよ。右手前は菜っ葉のおひたし。ご飯は発芽玄米。

080826_12150001 clip 13時30分から地裁・刑事21部(半田靖史裁判官)421号法廷で、「威力業務妨害」の新件。
 あるネット関係会社の株を、1株5万9000円くらいで30株買ったところ、急に下がったことに腹を立て、仕事のストレスのうっぷん晴らしもあって、「殺すぞ」「今からサリンを撒きに行くからな」「これ以上下げたら秋葉原以上の惨事にしてやるからな」等の電子メールをその会社に送り、緊急対策会議を何度も開かせる等、業務を妨害したという事件。
 被告人(身柄、拘置所)も、情状証人の妻も、地方在住で、ま~、絵に描いたような生真面目な(かつ事件の重さに憔悴しきってる)夫婦、という印象だった。
 もう株は一切やらない、パソコン使用は原則禁止で、仕事上やむを得ず使用するときは妻がしっかり見張る、という再犯防止の具体的計画も、この種の事件で珍しいほど良かったと思う。だって、脅迫・威力業務妨害をやった匿名掲示板へ今後も書き込むと述べた被告人もいるんだから。

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 それが14時21分に終わり、14時30分から地裁529号法廷で「器物損壊」の新件。16時から高裁410号法廷で、同じ女性へのストーカー行為等で4度も実刑判決を受けたという被告人の、「名誉毀損」の控訴審第1回。
 529号法廷の傍聴席に、いったん座ったが、待て待て! このままじゃ帰りは夕方になってしまう、原稿が…! と席を立ち、帰る。

人気blogランキング ← 8月27日7時50分現在、370で14位~happy02

2008年8月25日 (月)

飲酒運転 もう1つの厳罰化

 締切り等ヤバくなってるんで、今日はパスしようかギリギリまで悩んだが、道交法が効率よく3件並んでるので…。ってアンタはいろんな理由をつけて裁判所へ行くのね(笑)。

 地下鉄の駅の、裁判所へ上がる階段の近くに、若い女の子のグループが2組いた。お友達を待って傍聴へ行くのだな? まだまだ夏休みなのだな~。

clip 9時50分から東京地裁533号法廷で、8月18日に第1回を傍聴した「道路交通法違反・犯人隠避教唆」の判決。
 9時44分頃、南側の端っこの533号法廷へ行く途中の枝廊下の、530号法廷(広い法廷)辺りに、若い人たちがもう数人、行列をつくってた。が、533号のほうは、被告人の身内2人と、若めのカップルのみ。ほっ。

 判決は、懲役1年6月、執行猶予4年。4年は、これまでに違反や事故に関してやってきたことが、やっぱ悪すぎるから、だろう。
 量刑の理由を途中に、9時58分頃、急いで出る。非常階段を駆け下り、廊下を小走りに急ぐ…。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 10時から、北側の端に近い404号法廷(東京地裁・刑事9部、建石直子裁判官。髪型とメガネの感じが近所の女子小学生に似てる)で、「道路交通法違反」の新件。
 10時ちょうどに、「あ~、2分前に始まってたらどぉしよう!」と焦りつつ法廷に入ると、直後に立会検察官がきた。ほっ。傍聴席(20席)は、同じパンフを持ったオジサン4人ほど、くらい。すかすか。ほっ。

 こっちは、首都高速9号線、下り、江東区木場のオービスⅢによる超過83キロメートル毎時(測定値143キロ)だった。
 被告人(在宅)は21歳になったばかり。ガソリンスタンド勤務(会社員)。私からすると、「まだ子どもじゃん」て感じ。あれはなんていうんだっけ、だぼっとしたジーンズをズリ下げてはくやつ。そのジーンズでもって、被告人席に浅くかけ、体を寝かすようにしてた。基本的な躾(しつけ)がなってない、みたいな。ま、私だって他人のことは言えないけどさ。今日も下駄だしネ(笑)。

 弁護人の立証は、被告人質問のみ。
弁護人 「首都高速を走ることは、よくあるのですか?」
被告人 「わー、たまに」
弁護人 「速度オーバーすることは?」
被告人 「たまに…」
弁護人 「どうしてスピードを出すんですか?」
被告人 「面白いからです」
 ひゃおぅっ。私はずいぶんたくさん速度違反の裁判を傍聴してきたが、こんな供述は初めて!
 でもねぇ、そのあとを聞いてて思ったス、この被告人、生まれてすぐに両親は離婚して父親がいなくなり、小四の頃から母親は度々家を(2ヶ月間とか)あけるようになり、中二の頃には完全にいなくなったというのに、それなりに素直な、それなりに良い若者ではないのかと。将来が楽しみと言えるんじゃないかと。交通違反歴4件以外に前科・前歴はないそうだし。
 求刑は相場どおり懲役3月。最終陳述は…。
被告人 「ないです」
 よけいなことをぐだぐだ言わない、気持ちの良いストレートな被告人で、10時30分閉廷。

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 11時から、409号法廷(20席。東京地裁・刑事12部。かすれた、しかしよく通る大声の、内藤尚子裁判官)で、「道路交通法違反」の新件。
 こっちは酒気帯び、0.3ミリグラム。被告人(在宅)は49歳。
 前科は2006年2月の酒気帯び罰金20万円のみ。

 やっぱそうなんだ、2007年9月19日に飲酒運転の厳罰化が施行されてから、<<略式で罰金2回→公判請求して懲役求刑>>という基本原則が、<<略式で罰金1回→公判請求して懲役求刑>>へと、どうも変わったように、この傍聴からも、思われ…。
 罰則が大幅に引き上げられたことは、マスコミでも大きく報じられたが、公訴提起のこういう運用の変化も、ちゃんと報じられるべきでは? 罰金刑と懲役刑では、場合によっては大いに違うのだから。これは“もう1つの厳罰化”ともいえるのだから。
 でも、求刑にも判決にも相場があるんだと周知されたら、“司法の威信”が失墜すると、そういう刑事政策的判断もあるんだろうか…。いやいや、まず何よりも、誰もこんなこと知らないんだろうね。

P1020213 restaurant 連載原稿の締切りが迫ってきたので、今日はこれで帰る。その前に、例によって厚労省地下の食堂へ。あまり空腹でなく、日替わりパスタ(ミートソース)400円。これ、汗が噴き出すんだよね。ってタバスコかけ過ぎですか? カプサイシン、カプサイシン。
 食べ物の写真は、真上からでなく、ちょい斜めから撮るほうが良いのではないかと、ようやく気づいた。

 食事中、某氏からメールあり。農林水産省(これは農水省と縮めても農林省と縮めてもマズイでしょ)の、消費者展示室だっけ、あそこで、今日はガムをやってる、景品いっぱいもらえるよ、と。
 さっそく行って、このガムと、

8月5日発売★ロッテ14粒ACUO アクオクリアブルーミント  20入0825祭2 8月5日発売★ロッテ14粒ACUO アクオクリアブルーミント  20入0825祭2

販売元:ポケットコンビニ
楽天市場で詳細を確認する

 もひとつ子ども向けのガムをもらい、ばらのガムを1個噛みつつ地下鉄へ。
 この展示は、1週間は続くはず。毎日行くか? 某氏は1日3回行けと言う。やだよぅ、私は下駄だから、すぐ覚えられちゃうよぅ(笑)。

人気blogランキング ← 8月25日23時20分現在、420で12位~happy02

2008年8月24日 (日)

アフィリエイト1234円!

 月から金まで毎日、朝一から裁判所へ通った。
 その間、就寝は毎夜、深夜0時前だったと記憶する。早い日は21時頃だった。
 毎日、朝食(いわば野菜責め定食)は7時半~8時頃に摂り、昼食は12時過ぎだった。1週間にわたってこれだけ規則正しく朝と昼を食べるのは、近年マレかと思う。

 その前の週あたりまで、夜1~3時間ほど寝て、昼間3~4時間ほど寝る生活を送ってた、それとの落差のせいだろうか、今週は法廷でも廊下でも、やけに感覚が研ぎ澄まされてる、ようなものを感じた。
 どう表現していいのか、被告人や刑務官や修習生の顔が、それぞれの個性がはっきり区別されてよく見える、とでもいうか、一度見たあるシーンを、細部までそのままに記憶(記銘及び想起)できるような、妙な感覚だ。
 脳内の何かがどうにかなっちゃった気がする。

 諸君! 早寝早起きと、規則正しい食生活は、人間の脳を意外に覚醒させるのかもしれない。今夜から、遅くとも23時には寝ようっ。

080823_21470001  画像は、私がよく言ってる、厚揚げを適当な大きさに切って裏表をフライパンでこんがり焼き、刻みネギとおろし生姜をかけたもの。ネギは季節じゃないので、いつもの3分の1くらいだ。
 木曜夜だったか、寒いのにTシャツ1枚で寝て風邪気味になり、久しぶりに焼いて食った、生活クラブ生協の丸大豆醤油をかけて。旨いよぅ。

sign02 ちら聞きしたところによると、第2次Nシステム訴訟、9月25日判決の予定だったが、ヨーロッパのどこかの国でNシステムは違憲との判決が出て(マジ!?)、その関係でかどうか知らないが、弁論再開になったとかなってないとか。あとで確認しとこう。

moneybag たまにはアフィリエイトのご報告。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 こういうのをクリックしてアマゾンのサイトへ入り、『裁判中毒』であれ何であれ購入していただくと、何%か私のほうへ入ることになってる。現時点での「報酬合計」は1234円。ありがとございますっ!
 「商品別レポート」ってのがあって、こうなってる。

・交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) 7 154円
・改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 5 280円
・携帯用 確認の手引き 1 60円
・全国オービス&ネズミ捕りマップ完璧ガイド 2008~2009 (2008) (別冊ベストカー) 1 38円
・ツマヌダ格闘街 4 (4) (ヤングキングコミックス) 1 22円
・裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) 1 27円
・ここが知りたい 交通違反・裁判まるわかり (小学館文庫) 1 22円
・民事保全の実務〈上〉 1 188円
・Nevermind 1 70円
・パイパン中出しvol.05 瀬戸ひなた 1 102円
・ニルヴァーナ・ベスト 1 95円
・WARP 1 80円
・DEFINITION OF REAL 1 48円
・人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法 1 48円

 赤い数字は「個数」。私が着色した。
 どなたが何を購入したのか、までは当然わからない。
 この「報酬」を、とりあえずは行政文書の開示の手数料に充て、やがてはこれだけで生活費を…というのは、あまりに無謀な夢かしら。てゆっか、夢がどうこう以前に、私の努力があまりに足りないよね。とほほ。

人気blogランキング ← 8月24日19時20分現在、390で13位~happy02

2008年8月23日 (土)

青森の車載レーダーの事件を東京簡裁で

8月22日(金)

080822_07550001_2 今週は月曜から木曜まで毎日、朝一から傍聴だった。金曜には疲れが溜まってくるのが実感される。会社員諸氏もこうなんだろうか。
 えぇい、今日は思い切って、休んでしまえ!
 揺れつつも、一旦はハッキリそう決意したのに、嗚呼それなのに、家人から都心での御用を押しつけられ(それを私は昨日、忘れたのだ)、うるさないナもう、わかったよ行くよ、でも、出かけたら裁判所へも行っちゃうんだからね、と出かけた。
 電車に乗って手帳をよく見たら、なんと! 今日は10時から東京簡裁で道交法違反があったのだ。見落としてた! さっそく家人に感謝の携帯メール(笑)。

clip 10時00分から東京簡裁・刑事1室3係(八木澤秀司裁判官)534号法廷で、「道路交通法違反」の新件。
 被告人は在宅。49歳。ベージュの綿パンに、夏の黒い上着、センターベンツ。写真家だという。

 起訴状朗読で検察官が、「交通事件原票の内容を…」と言った。略式命令のあと被告人が正式裁判を請求した事件なわけだ。
 今年4月、青森県内の東北縦貫道、八戸線、下り683.3kp(だったかな)付近での、車載レーダー(『改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識』の51ページ参照)による43キロ超過。測定値は113キロで、制限は70キロ(いずれもキロはキロメートル毎時)。
 罪状認否は、
被告人 「(起訴状の内容に間違っているところは) ありません」
 検察側の書証の要旨告知の、乙号証は、戸籍と免許照会結果の2通のみ。員面(警察職員面前調書)も検面(検察官面前調書)もなかった。
 そりゃそうだ。青森の高速道路で、測定後に停止を命じられ、キップ処理され、東京簡裁で罰金6万円の略式命令を受けた事件ゆえ、調書が1通もないのだ。
 ただ、それなら事件原票の供述欄(違反キップのサイン欄)に現場で署名・押印していたはず。その部分だけ乙号証としてもいいんじゃないか。そのへん、どういう解釈・運用になってるんだろう。

 被告人の不服は要するに、現場は直線で見通しの良い高速道路であり、にもかかわらず制限70キロの区間であり、43キロ超過という事実だけを見て罰金6万円は、高すぎるんじゃないか…そういうことのように理解できた。
 だとすれば、運転者としてごく普通の情状主張といえる。
 でも、私に言わせれば、超過43キロの罰金の相場は、一般道で8万円、高速道路等で7万円。本件が6万円なのは、被告人が言うようなことを考慮したうえでのこと、とも推察できる。
 しかし、検察官も裁判官もそんなことは言わず、なんとか被告人を納得させようと、被告人質問に長々時間をかけた。長くかかるのは、被告人の疑問に対するズバリの解答を持ち合わせていないから、と思えた。
 こういうことは、取り締まる側(現在は警察)のほうで、運転者が納得するよう周知させ、納得できるはずのない規則は変えるなりすべきだと思う。それですべてが解決するわけではないだろうが、あまりにもそれが足りないというか、欠落してると思う。

 直ちに判決かと思ったら、次回判決。10時45分までの予定が、11時19分閉廷。今日の1室3係はこれ1件のみとはいえ、時間かけ過ぎじゃない?
 10時から地裁のほうで「名誉毀損・器物損壊」が、11時から「公務執行妨害」の新件があったが、もうダメ。

080822_12050001_2restaurant 合同庁舎5号館(厚労省など)の地下食堂、っていちいち面倒なんで、厚労省の地下食堂と表記するよ今後。
 その食堂で、今日は何を血迷ったか、カツ丼550円。トレイを手にしてから、大後悔。カツ丼だと、五穀米や発芽玄米を選択できないじゃないか! しかも昼食のハードルである500円超えてるじゃないか。
 なぜそんなことをしたのか。もう、魔が差したとしか言いようがありません。深く反省し、再犯しないことを誓います。いや、過去の犯歴からみても、再犯の可能性は高く、この際、一般予防の見地からも厳重処罰が必要である、よって被告人を…とか検察官から言われそう(泣)。
※ 下の画像は、農林水産省、旧第5食堂のカツ丼450円。嗚呼!

P1000508_2clip 地裁民事の開廷表を見たら、行政部の1つ、38部(705号法廷)で13時10分から、国又は東京都又は目黒区を被告とする事件の判決がたくさん並んでたので、ちらっと見ていくことに。
 事件名だけ並べると…。
  ・在留を特別に許可しない処分取消等
  ・難民の認定をしない処分取消等
  ・年金裁定取消処分取消等
  ・在留特別許可の義務付け等
  ・情報開示
  ・保有個人情報非公開処分取消等
  ・異議申立却下決定取消等
  ・裁決取消等
  ・情報開示
  ・在留特別許可処分義務付け等

 某職員氏にちらっと尋ねたところ、こういう場合、原則として、裁判官の構成ごとに、事件番号の古いほうから判決を言い渡すんだそうだ。なるほど~。
 判決は、上記1番目と2番目については、計3つの処分を取り消し、訴訟費用(印紙とか)は被告(国)の負担とする、だった。うわ~、原告全面勝訴じゃん、これは報道されるんだろうか。
 残り8本は、棄却、又はいずれも棄却、又はいずれも却下、または一部却下でその余を棄却、だった。
 終わってどっと出ていく関係者のなかに、知ってるお顔が。弁護士だっけ、誰だっけ、と悩み、ずっとあとになって気づいた。警察庁の情報公開室の職員氏だよ。

clip 13時30分から東京高裁・刑事3部(安廣文夫・深見玲子・地引広裁判官)720号法廷で、「虚偽告訴」の控訴審第1回。
 これも珍しい罪名なのに、始まる時点で傍聴人は、私の他に2人だけだった。ま、13時30分てのは、地裁の多くの法廷で刑事の新件がスタートする時間なので、みんなそっちへ行ったんだろうか。

 被告人は不出頭。午前中に、体調不良で出頭できないと、拘置所から連絡があったんだそうだ。「控訴審においては、被告人は、公判期日に出頭することを要しない」(刑事訴訟法390条の前段部分)けども、正当な理由があるなら再開もやぶさかではない、という趣旨の柔軟な訴訟指揮を安廣裁判長はして、結審。次回判決予定。13時41分閉廷。
 「ビデオテープ」に被告人(の痣が?)写ってるとか写ってないとか言ってたので、事実誤認の主張かと思われるが、子細は一切不明。被告人氏名でネット検索してもヒットなし。判決を傍聴してみるしかない。

人気blogランキング ← 8月23日17時20分現在、380で13位。このランキングへ、最新記事のアップを通知する操作を、15日以来怠ってた。あっという間に1週間が過ぎたってことだね。裁判所行きを、来週は控えなければ…。crying

傍聴人は二度屁をこく

8月21日(木) その2

080821_07490001  画像は、今日の朝食。白米、カボチャの煮物、きうりの糠漬け、大根とモロヘイヤとナメコのぬるぬる味噌汁(ダシは無し)。いつも朝はこんなもんだ。あと、焼き海苔と醤油を添えたりする。農家の自家製梅干しも。
 こんな素敵な朝食を摂ってる人、東京にはあんまりいないんじゃない? ひぃ~。

capricornus 13時前に裁判所の5階へ行くと、ときどき喫煙所で見かける通訳(英語)の女性がいた。528号法廷で13時30分からだったかな、カタカナ表記の氏名(外国人)の「強盗傷人」だったかな、公判があるのだ。
 法廷のそばに、えらくおでぶな夫婦らしき外国人(白人)が、ラフな格好でいた。被告人の両親なんだろうか。情状証言するんだろうか。傍聴してみたい気もするが、私は13時30分から、今日のメインがあるのだ。

clip その前に13時15分から、東京地裁・刑事2部(神坂尚裁判官)529号法廷で、「道路交通法違反」の判決をちらっと傍聴。
 人身事故を惹起したことが発覚の端緒だという、普通自二の無免許運転。罰金前科のみ。被告人は、ちょっと外国映画の俳優のような、個性的に整った顔立ちで、見た目せいぜい30代。身柄(拘置所)。被害者とは示談が成立してるという。
 判決は、懲役6月、執行猶予3年、訴訟費用負担。

clip 13時30分から東京高裁・刑事2部(安廣文夫・深見玲子・小森田恵樹裁判官)720号法廷で、7月15日に第1回を傍聴した「道路交通法違反」(日本無線の光電式JMA-181のスピード違反)の、第2回。
 高裁の広い法廷に、傍聴人は見事に私1人。うむ、こうでなきゃ(笑)。

 どうも、警察のほうが、物理的にあり得ない現場見取り図を出してきたようで、証人を調べることになるかもしれないと、とりあえず続行。
 13時43分閉廷。

 今日はこのあと、14時30分から地裁414号法廷で、「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」の新件がある。15時からは高裁803号法廷で、「人身売渡し」というチョー珍しい罪名の控訴審第1回(原審は長野地裁)がある。ストーカーの冒頭陳述だけ聞いて、803号法廷へ行こうか、忙しいな。
 夏休みのこの時期、ストーカーは大人気のはず。早めに法廷の前へ行っとかねば。それにしても、まだ時間がある。ちらっと410号法廷を見ておこう…。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 14時から東京高裁・刑事6部(永井敏雄・稗田雅洋・矢数昌雄裁判官)410号法廷で、「道路交通法違反」の控訴審第1回。
 執行猶予中の無免許で実刑判決を受け、量刑不当で控訴、原判決後の情状に限っての被告人質問を数分やり、ソク結審かな、と私は想像したわけ。ところが…!

 13時51分、被告人と弁護人が来て、検察官がきた。被告人(在宅)は60歳くらいで、なかなかピシッとした夏のスーツ。どこかでお見かけしたような。誰かに似てるのかな。わからない。
 検察官は、開廷表によれば跡部敏夫さん。たぶん私はお初だ。どこか市議会議員のような人だ。って議員もいろいろだけどさ(笑)。
 すぐに、さっきの光電式の被告人が傍聴席へ来た。彼なら来るよね、うむ。
 もう1人、役人風の男性が来た。廷吏が近寄り、男性は証人カードに記入し始めた。あら~、警察官だな、証人尋問やるのか? こりゃストーカーにあぶれる可能性があるな。ま、仕方ないか。
 弁護人(なかなか有能そう)と検察官の会話によれば、現場は埼玉県の東松山らしい。警察官は旅費日当について、どうも「請求する」に丸をつけてるらしい。ええ~? 警視庁はもう(少なくとも簡裁と地裁では)ヤメたようなのに、埼玉県警はまだ…? もしそうだとすれば、警察庁のほうでビシッと通達しなきゃダメなんじゃない?

 14時02分、裁判官3人が登壇し、審理開始。
 人定質問によれば、病院(医療法人)の職員。なるほど、見るからにそんな感じだ~。
 弁護人が控訴趣意書を陳述。被告人本人も控訴趣意書を陳述(いずれも書面を提出して陳述したことにする)。
裁判長 「検察官、ご意見は」
 普通、検察官は少し腰を浮かせて、「(控訴は)理由がなく棄却するのが相当と思料します」と早口で言い、腰を戻す。それが決まりとさえいえる。ところが…!
検察官 「基本的には(弁護人の控訴趣意も被告人のそれも)いずれも理由ないと。ただ…」
 ええっ? 基本的にって、どゆこと?
 なんと、本件測定機は投射角5度で設置してあったのに、原判決は10度と認めて判決したらしい。投射角ってはことは、レーダ式なわけだ。
 それともうひとつ、被告人車両が「本件交差点」を左折する前に止まったかどうか、その点も原審では立証不十分なので、警察官とスガイソウイチ証人を取り調べたい(尋問したい)と言うのだった。菅井宗一さん? てことは、三菱電機のレーダ式の否認なわけだ。うわ~!
 しかもっ! 6月24日に傍聴した、原審横浜地裁のレーダ否認事件も、この刑事6部(永井敏雄・稗田雅洋・矢数昌雄裁判官)だ。ま、そっちは日本無線ではあるけれども。
 東京地裁では、スピード違反の否認事件はまぁず見かけないが、高裁ではけっこうあり、かつ証人尋問をわりとやってる、それも検察官の請求により…うむぅっ! 

 さっき証人カードに記入してたのがその警察官で、14時08分から証人尋問。
 本件取締り当時、東松山署の交通指導係の巡査で、今年3月17日付けで巡査部長になり転勤したんだという。本件取締り時は、停止係。
 主尋問が14時22分に終わり、弁護人は反対尋問の前に被告人と打ち合わせたいと、15分ほど休廷することに。

 廊下へ出て、光電式のほうの被告人と雑談してると、ラフな格好の父子が、廊下の開廷表を見に来た。はは~、414号のストーカーが、傍聴人があふれんばかりで、こっちへ流れてきたんだな? 尋ねてみると、やはりそうだった。お父さんのほうはだいぶ憤慨してるようだった。414号は傍聴席20席の法廷。夏休みにストーカーを狭い法廷でやるって、傍聴人に意地悪してるようなもんだといえばもんだよ、ねぇ。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 14時37分、再開。
 証人は、被告人車両の速度違反を抑止するために、警報ブザー(測定現認係からの、違反車両を測定したぞとの合図)が鳴る前に、停止旗を手に道路へ出ていたと、私なんかとしては首をかしげることを主尋問に対し言っていたので、どんな停止旗をどう持ってどの位置にいたのか等々、弁護人は反対尋問。被告人からも尋問。
 しかし時間切れとなり、次回へ続行。次々回は菅井証人を尋問することに。
 15時02分閉廷。

dash この法廷へは、途中、例のロン毛の男性が傍聴席へ来た。彼は何者なんだろう。謎だ…。
 ほかにもう1人、中年の男性がいて、スカスカの法廷でこの男性の席付近から、15時に近い頃だったかな、プッと屁の音が聞こえた。
 そういえば昨日も、通路を挟んだ隣の席の男性が、プッと屁をこいた。初めて裁判を傍聴してから約25年。法廷で屁の音を聞くのは、昨日が初めてだったかと記憶する。
 『ドライバー』の連載の、あの秀逸のタイトル「覆面パトは二度サイレンを鳴らす」の創案者である私からすると、「傍聴人は二度屁をこく」である。
 ちなみに、日本語では、屁を目的語とする場合の述語は「こく」、ウソを目的語とするときは「つく」を用いる。こういうの、目的語に応じての特殊述語、特殊動詞とかいうんだろうか。

 ドライバー 2008年9月20日号 ドライバー 2008年9月20日号
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 「人身売渡し」の803号法廷へ行ってみると、もうとっくに終わってた。
 今日の午後は、「業務妨害」とともに私がわりと注目してる「ストーカー」と、チョー珍しい「人身売渡し」を、いずれも傍聴できず、スカスカの高裁道交法の法廷に居続けたわけだが、しかし大満足。初心に返ったような気がしたのだった。

人気blogランキング ← 8月23日7時50分現在、360で13位~happy02

2008年8月22日 (金)

女子高生フェチが電車内で

8月21日(木) その1

 電車に乗って手帳を開いてから、しまった、今日の午前は休んでもよかった、と気づき…。

clip 10時から東京地裁・刑事4部(岸野康隆裁判官)412号法廷で、「脅迫」の新件。
 412号は、床が茶色い絨毯様で、バーの向こうが数センチメートル高くなっていて、弧を描く法壇に9つの椅子が並び、計10個の大小モニターが設置された、裁判員裁判用の法廷だ。
 裁判員制度については、これから具体的にどういう手順で裁判員になり、裁判員はどう処罰されるのか、『ドライバー』9月20日号(8月20日発売)に書いたよ、4ページで。

 ドライバー 2008年9月20日号 ドライバー 2008年9月20日号
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 「脅迫」の公訴事実は、京都市内から東京渋谷の某社に勤務する被害者(じつは被告人の義父)に電話し、別表記載の「この野郎、縛り付けて倉庫に監禁するぞ」などの言葉を語気鋭く申し向け、もって人の身体に害を為す告知をした、というもの。
 被告人は「覚せい剤による精神病」で2カ月間の入院をし、その後3回くらい入退院をくり返したそうで、本件に至るまでに長い経緯があり、被害者の調書には、
「このまま放置しておくと、現代社会を騒がせている犯人と同じことをするのではないか」
 とあったそうだ。
 求刑は懲役6月。10時42分閉廷。

 11時から地裁510号法廷で、中学校の教諭が教え子(中三女子)に対し、わいせつな行為をしたという「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反」の新件があり、傍聴券の締切りは10時半すぎだった。
 「脅迫」の傍聴席がパラパラ程度だったのは、夏休みの傍聴人のほとんどがそっちへ行ってしまったせいだろうか。

clip 10時45分から東京簡裁・刑事2室1係(武内晃裁判官)534号法廷で、「窃盗未遂」の審理。
 審理ってことは、もしや電車内のスリ未遂の否認か!? と傍聴に行ったところ、電車内のスリ未遂、までは当たってた。が、否認ではなく、そして今日は既遂の追起訴だった。

 要するに、被告人(30歳。保釈中)は「女子高生フェチ」で、女子高生の定期券や生徒証やスイカカードをスリ盗っていたというのだ。
※ 窃盗ではあるが、色情盗といえるので、この記事は色情犯のカテゴリーに。

 DVDとかで「発散」したことはなく、定期券などを持ち帰り、妄想して「マスターベーション」していたようだ。この公判の傍聴席は、私のほかに、被告人の両親と会社上司と、警察官かと思える男だけだったが、もしも女子高生の団体が気まぐれにどどっと押し寄せたら、被告人の今後に、どういう影響かは分からないけど、少なからぬ影響を与えたんだろうね。そう思うと、人生、どこが分かれ道になるか…だから人生は楽しくて“やりがい”があるってもんだ、でしょ?

 前科・前歴は一切ないそうで、会社の上司が嘆願書(?)を出し、父親が情状証言。
 武内裁判官が、例によって…。この人、なんと言っていいのか…。←どういう意味か、解説してるヒマがない。傍聴マニアの人は、簡裁2室1係(開廷は火曜と木曜)へ行ってみてね。

 ところで、私は思うんだけど、こうした被告人は(弁護人も家族も)性的嗜好やストレスのせいにしたがるが、そりゃ見当違いもいいとこなんじゃないか。問題はそこじゃなくて、盗みや痴漢行為という自然犯(つまり、犯罪以前に、人間としてやっちゃいけない行為)へ一歩踏み出してしまうこと、ハードルを越えてしまうこと、それ自体にあるんじゃないか。
 だから、性的嗜好やストレスのせいにしているうちは…。ま、そこは、多くの検察官、裁判官も同意見のようだが、もっとそこだけに絞ってガツッと突っ込んでもいいように思う。偉そうでごめんね(笑)。

 11時30分までの予定だったのに、11時58分閉廷。

080821_12170001 restaurant さぁ! 今日も合同庁舎5号館(厚労省など)の地下の食堂へ。
 今日は2回目の中華定食A(480円)。シウマイのカニ玉あんかけ、とかいうの。シウマイは揚げたやつで、まぁまぁ大きなのが4個。カニは、当然のことながらカニもどき。
 あんまり大したことない、のと差し引きなのか、みそ汁の具のワカメと麩(ふ)が多かった。小鉢は、インゲンのおひたし、胡麻添えを選択。ご飯は発芽玄米を選択。全体的には満足。

人気blogランキング ← 8月22日7時25分現在、330で13位~happy02

2008年8月21日 (木)

電車内でブラジャーに手を入れ乳房を触った?

8月20日(水) その2

clip 11時から東京地裁・刑事17部(市川大志裁判官)723号法廷(20席)で、「強制わいせつ」の新件。
 高裁の道交法と違い、さすがにこういうのは“人気”で、開廷数分前に19席が埋まった。すぐにぎっしり満席となった。
裁判官 「法廷内、暑いので、適宜上着脱がれてけっこうですよ」
 そういうのを聞くのは今年2度目だ。でも、2度とも、裁判官自身は法服を脱がなかった。暖かい空気は上に溜まる。壇上はもっと暑いだろうに。法服の下は、襟元だけワイシャツとネクタイで、あとは裸?

 被告人(51歳、犯行時会社員、保釈中)だけが上着を脱いだ。検察官(私が言うところの“お人形美女”)は最初から脱いでた。下は、あれはカットソーというのか、襟が大きく開いた黒いTシャツ。

 事件は、つくばエクスプレス内での痴漢。6月26日の朝、パンツのなかに手を差し込み、陰毛を触るなどした、というのだが、なんと、5月上旬から同じ被害女性に対し、ブラジャーのなかに手を入れ乳房を触ったり、パンツのなかに手を入れ陰部を触ったり、被害女性によれば少なくとも10回くらい、被告人によれば7~8回、痴漢行為をし、尾行して声をかけたこともあったのだという。

 なぜそれほど執拗に? 被告人は、会社でのイジメのような状態により4月頃からノイローゼ状態だったところ、最初に、被害女性と向き合う形になったとき、被害女性がバッグを持つ手が被告人の「股間」に当たり、その後、そのショッキングピンクのバッグを見ると…というふうなことで、声をかけたのは謝罪のためだったのだという。
 なんだソレ? 証人尋問(妻)と被告人質問のやり取りをぜんぶ書き出さないと、なかなか理解し難いだろうと思う。書き出しても、完全にすっきり了解できるわけじゃないと思うが。
 私としては、電車のなかでブラジャーに手を入れ乳房を触ることができるのか? 2カ月近くにわたり、同じ車両(2両目だっけ)で? と、どぉ~も妙な気がした。初回以降、被害女性の手が被告人の股間に当たったことはあったかと、検察官は質問してた…。
 弁護人(すらっとした美人風)請求の書証の一部について検察官が、確認が取れないので意見は留保としたので、続行し、次回は論告・弁論に続けて判決までやることに。11時56分閉廷。

080820_12180002 restaurant 1階で、霞っ子クラブのユキさんに会い、いっしょに合同庁舎5号館(厚労省など)の地下食堂へ。ユキさんは中華定食A(480円。記事その1の画像)、私は日替わりパスタ、アラビアータとかいうやつ(400円。本記事の画像)。
 昨日と今日、続けて中華定食Aを見て、気づいた。ショーウインドウより現物のほうが格段に良いね! 私もそっちにすればよかったと後悔したが、日替わりパスタも旨かったよ。
 それから東京地検へ行き、裁判所で来週の地裁の予定をチェック。毒人参さんも来た。我々のそばで、職員に食いついてるオッサンがいた。公務員に対し難癖つけてからむ、理屈っぽいオッサンがときどきいるが、ま、その種のからみに思えたよ。窓口業務ってのは大変ですね。口出しすればもっとややこしくなること必至、黙って見てた…。

cafe それから3人で、お茶でもしようかと付近某所へ。なんと、あちこちの法廷でよくお会いする某氏にばったり。4人で歓談。裁判ネタの歓談は楽しいな~。
  ユキさんの個人ブログ http://tk84.cocolog-nifty.com/   
  毒人参さんの個人ブログ http://kasumikkodoku.blog43.fc2.com/ 
 やがて某氏が所用で去り、毒人参さんが去り、さらにしばらくユキさんと歓談。ユキさんも私と同様、検察官や弁護人に短い“あだ名”をつけるそうだ。そうやって記憶しないと、「あの裁判のときの弁護人だ」とかすぐに出てこないから。
 私がつけるあだ名は、ユキさんに話したもののほかに、「首無し忍者」「ぽっちゃり中年」「キャバ娘」「カチューシャおばさん」「短髪日焼け」等々。首無し忍者…あぁ、あの検察官か、と思い浮かぶ。私は何と呼ばれてるかな。ひゃ~(笑)。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 8月21日8時40分現在、290で14位~happy02

検察官がふてくされたワケは?

8月20日(水) その1

 ここんとこ、深夜0時より前から6時間前後、ぐっすり眠れてる。朝一から傍聴へ出かけることが苦にならない。ただ、朝の電車がちょっと混み始めたような。

080820_12180001 clip 10時から東京高裁・刑事11部(池田耕平・飯渕進・金子大作裁判官)715号法廷で、今年4月15日に地裁のほうで第1回公判を傍聴した「道路交通法違反」(オービス写真4枚で起訴3件!)の控訴審第1回。
 控訴の論旨は量刑不当。原判決は懲役5月、執行猶予3年(4月22日)。それでも量刑不当だというのは、なぜか。被告人は介護士、介護福祉士を目指しており、懲役前科は欠格事由になるから、だった。つまり、罰金刑にしてくれ、というわけだ。

 たかがスピード違反でも、執行猶予付きでも、法律上、懲役刑は懲役刑、何かの資格に影響する場合がある。2006年に、同じ高裁・刑事11部の715号法廷で、懲役3月、執行猶予2年の原判決が破棄され、罰金10万円となったケースを傍聴した。今年3月31日には、高裁・刑事5部で、懲役1年6月、執行猶予5年が罰金20万円になった(この“落差”は大きい)ケースも傍聴したが…。
※ 画像は記事「その2」の関係。

 情状証人(被告人の母親、車椅子、演技じゃなしに具合悪そう)と、被告人質問。10時24分閉廷。次回判決。

 いや~、審理の間、検察官(開廷表によれば杉本秀敏さん)の態度が悪いこと悪いこと。証人が指先にペンを持って証人カードにのろのろ署名してる間、検察官席で、あからさまにのけぞって、下目使いにじとーっと、嫌そうに嫌そうに見てるのだった。何か発言するときも、チョーだるそぉーな、嫌そぉーな、投げやりぃ~な、「クソボケ、てめぇの控訴なんぞ通るかタワケ」という内心を全身でアピールしてる、みたいな。200%伝わってきたよ(笑)。これ、原判決破棄で罰金刑になるのがわかってて、だからふてくされてた、とも解釈できるのだが。
 あと、証人の車椅子を押してきた“ヘルパーさん”が、サングラスでTシャツの襟にタオルを巻き、ぶかぶかの七分丈のズボンなのも、ちょと驚いた。
 ちなみに傍聴人は、関係者を除き、高裁の広い法廷に私1人。10時から地裁でいろんな公判があるのに、わざわざ高裁の道交法を傍聴にくる人はいないよね。

交通違反・裁判まるわかり ここが知りたい  /今井亮一/著 [本] 交通違反・裁判まるわかり ここが知りたい /今井亮一/著 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

clip 10時30分から、東京高裁・刑事9部(原田國男・田島清茂・左近司映子裁判官)805号法廷で、「道路交通法違反」の控訴審第1回。
 ちょうどに法廷に入ると、もう被告人質問をやってた。弁護人は、私が勝手に「口元がグレゴリー・ペック」と覚えてる(正しくはチャールトン・ヘストンかな)年配弁護士だった。この人はよく見かける。今日はネクタイ無しの半袖白シャツで、モノクロの黒澤映画に出てきそうな風情だった。ちなみにさっきの弁護人は、日本国民救援会の瑞慶覧(ずけらん)さんにちょと似た青年。たしか昨日も地裁の法廷で見た。
 法テラスの制度になってから、「法務省の下請けをやれるか」と国選を受けなくなった弁護士がけっこういるようだ。それで、以前よりずっと、同じ国選を見かけるようになった、つーこともあるんだろうか。

 被告人(身柄、拘置所。なかなかの男前)によると、警察捜査の段階では逮捕されず、検察調べについては2度呼び出しがあったけれども電話で話したら「来なくていい」となり、一度も取り調べは受けてないのに、検察により逮捕されたんだという。逮捕は4月3日で、一審判決(懲役6月)は6月10日、ずっと勾留されてるんだという。
 何なんだろう。普通に想像すれば、電話でごちゃごちゃモメ、検察官が興奮して「もう来なくていい。ガチャン!」(擬音は電話を切る音)と言い捨てた、その捨てゼリフを被告人は拾ってる、となるのだが。次回判決を傍聴してみようか。
 10時36分閉廷。傍聴人は、私のほかに1人だけ。その1人は、最近裁判所内でよく見かける、ロン毛のあの男性だった。この時間、地裁の法廷でいろんな裁判やってるのに、なぜ高裁の道交法を? 謎だ…。

 もうこれで帰ってもいいのだが、いやいや、せっかく出てきたのだからと…。

人気blogランキング ← 8月21日7時40分現在、290で14位~happy02

2008年8月20日 (水)

再犯を増やす司法改革?

8月19日(火)

 嗚呼、こんなことでいいのか、と思いつつ今日も朝から裁判所へ。

clip 特段なにもないだろうけど念のため、9時50分から東京地裁521号法廷(菱田泰信裁判官)で、8月12日に第1回を傍聴した「道路交通法違反(無免許)・公務執行妨害の判決。
 特段なにもなく、懲役1年、執行猶予3年。訴訟費用不負担は「ほぅ」という気がしたけど。

clip 同じ法廷で10時から、「道路交通法違反」の新件。これも無免許。前科6犯のうち5犯は無免許で、2004年8月に懲役4月、執行猶予3年の判決を受けてるそうだ。
 原則として、猶予期間が終わって5年間は、執行猶予がつかないところ、被告人(47歳、自営業)は、仕事では一切運転していなかったのに、“知り合いの居酒屋”から殺虫剤を買ってくれと頼まれ、必要もないのに車を借りてドラッグストアへ行き、事もあろうに携帯電話を使用してパトカーに停められ、無免許が発覚したんだという。
 自営業者の無免許は多く、しかも、携帯電話やシートベルト不装着を現認されて…というのが多い。捕まらないよう、おとなしく走るならまだしも、どうして?

 菱田裁判官は、上記無免許・公妨の第1回公判と同じく、なぜ無免許は法律で禁止されているのかと、長々問い詰め、説教してた。こりゃあ、交通ジャーナリストたる私としては、いっぺん雑誌で詳述しなきゃね。『改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?』でもちらっと触れたけども。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 求刑は懲役6月。糾問・説教が長かったので9分オーバーし、11時09分閉廷。
 一般に、長々と糾問・説教するときは執行猶予、といえる。

flair 11時から地裁412号法廷で「売春防止法違反」の新件があったが、9分過ぎてるし、夏休みのこの時期、どうせぎっしり満席だろうと見向きもせず、さてもう帰ろうか。のんびり一服してから、念のため開廷表を見たら、簡裁534号法廷で11時30分から「窃盗」の新件があった。即決裁判手続きなんだろう。
 そうだ、今日の裁判所全体のアレからして、阿曽山大噴火さんが傍聴してるんじゃないかな、この予想は当たるか外れるか、ドアの覗き窓から見て来よう、と5階へ。←バカだね~(笑)。

clip 予想は当たった。傍聴人は他に2人だけ。すでに始まっており被告人質問の最中だが、ま、ちょっと見ていこうかと傍聴席へ。
 どうやら、新宿歌舞伎町のゲームセンターでの、バッグの置き引きのようだった。現金がなかったのでバッグはトイレに捨てたんだという。
 普通は、起訴前と起訴後で2カ月ほど勾留され、被害者への謝罪と弁償の意志を示して執行猶予を求めるのだが、例の「司法改革」の1つとして始まった即決裁判手続きだと、身柄拘束は短く(本件は「25日くらい」)、判決は執行猶予付きと決まってる。
 それでかどうか、被告人(25歳。身柄、留置場。茶パツのロン毛で、パッとしない若者。ま、シチュエーションのせいもあるだろう)は、留置場では本を読んだり、特になにもしてなかったと述べ、謝罪の手紙を送る(書く)こともなく、被害弁償するとも言わないのだった。
 そこを武内晃裁判官(刑事2室1係)は、長々と大声で一方的に説教し、とうとう、
被告人 「…被害者の方に…謝罪し…弁償します…」
 と言わせた。
 ところが最終弁論で、
弁護人 「被害品は被害者に還付されており、被害回復しております」
 と言うのだった。
 武内裁判官は、「鞄、トイレに突っ込まれて使えないでしょ!」と言ってたが…。
 ま、なんであれ、即決裁判手続きは、直ちに執行猶予付き判決を言い渡す。懲役1年、執行猶予3年、訴訟費用は不負担。説教が長かった(10分間かかった)ので、12時04分閉廷。早いときは15分かからない。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 交通違反の略式手続き(三者即決)は、交通違反の再犯に、少なからず役立ってると思う。略式なんてものがなければ、再犯は(そして交通事故も)もう少し抑えられてるんだろうと思う。でも、そっちよりは、迅速・簡便処理の“利”を選択したわけだ。
 即決裁判手続きも、窃盗や覚せい剤の再犯に、少なからず役立つことになるんじゃないか。でも、迅速・簡便処理の“利”を選択したわけだ、「司法改革」として。
 即決裁判手続きにより、再犯は増えるか減るか。さぁどっち? と問われれば、増えると答えるしかないだろう。

080819_12210001 restaurant 合同庁舎5号館(厚労省など)の地下で、本日初めて、とうとう中華定食A(480円)! 鶏肉のふくめ煮といったかな、名前は忘れたけど、鶏の唐揚げと大根と人参としいたけの煮物で、鶏は箸でほろほろ崩れるほど煮込まれてる。小鉢の緑色のはグリーンアスパラ。ご飯は発芽玄米かな。
 これは旨かったな~。大満足。
 13時30分からの「証券取引法違反」の、傍聴券抽選の締切りがそろそろかと思われたが、裁判所へは戻らず、とっと帰る。私はそういうのには興味がないのだ。
 ただ、20日付け朝日新聞の記事に、こんな部分がある。

 弁護団によると、元代表は一審の実刑判決に対し、「結論があってロジックがついてきた。これって判決なの?」と今でも強い不満を持っているという。

 結論(有罪)があってロジック(判決理由)がついてくる…これは、オービスの否認事件でよく感じる。起訴された時点で有罪であり、紙の上でもっともらしい「ロジック」をつくるのが裁判所の仕事…多くの冤罪事件はそうじゃないのかな。

sun あまりにも天気が良く、帰ってコミセンのプールで、今日も15往復。泳いでから広い公園のベンチで、ごろり横になり、雲や町並みを眺めて一服。幸せ~。
 嗚呼、のんびり雲を眺めさせ、夕暮れ時には夕日を、夜には満天の星を見上げさせれば、犯罪親和性は溶け去り、服役囚はみな更生するんじゃないか、とか夢想してみたり…。

人気blogランキング ← 8月20日6時40分現在、280で13位~happy02

2008年8月19日 (火)

言葉尻を取ってモノを言わないで下さい!

8月18日(月) その2

 13時04分、そろそろドアの施錠が解かれるだろうと法廷の前へ行くと、すでに10数人(傍聴人だけだと10人ちょい?)が付近にたむろしていた。列をつくっている風、というのではなく、たむろ、という感じで。

clip 13時15分から東京地裁・刑事13部(佐藤晋一郎裁判官)802号法廷(傍聴席20席)で、「有印私文書偽造、同行使、旅券法違反、電磁的公正証書原本不実記録、同供用」の判決。

 被告人はスーツの男性。50代か60歳前後。いかにも自営業風。黒い靴が、新しいのか古いのか、変わったデザインだった。
 複数人と共謀のうえ(つか報酬を支払ってスポンサー的立場で)、愛人(朝鮮・韓国風氏名)を長期滞在させるため、婚姻の意思がないのに誰かと偽装結婚させ、不正にパスポートを得させた、というふうなことだった。前科・前歴なし。愛人とは関係を絶つと述べていたそうだ。拉致問題のニュースで聞くような氏名がばんばん出た。
 判決は、懲役2年、執行猶予4年。

clip 続いて13時30分から同じ法廷で、「詐欺」の新件。
 被告人は身柄(拘置所)。刑務官の1人はちょとディック峰さん風…違うかな? ま、よく見かける人だ。『人生の並木道』は良いな~。
 被告人を見た瞬間、「あっ、無銭飲食かな」と思ったらそうだった。高田馬場の「華屋与兵衛」で、代金を支払う意志も能力もないのに、そうではないと誤信させ、午前11時20分と同32分と同49分の3回に分け、天ぷらと枝豆と鰹刺身とせいろとしじみ汁と生ビール2杯、合計3108円の交付を受け、もって人を欺いて財物を詐取したんだという。

 無銭飲食で前歴10回、懲役前科3回(すべて服役)あり。昨年12月に無銭飲食で松江刑務所を出所後、今年1月、そば店に就職し、月20万円(8万円+12万円の2度払い)を得ていたのに、腕に覚えのあるそば職人である被告人は、店の娘婿の若旦那と衝突し、5月末の給料12万円をもらってぷいと姿をくらまし、飲食や麻雀、競馬、宿泊費でたちまち持ち金を費消、どうにも腹が減ってたまらず、6月4日、高田馬場で…という経緯なのだが、この被告人質問は圧巻だった。
 一部を拾えば…。
検察官 「(こんな無銭飲食は)あまりにも割に合わない…」
被告人 「割に合う合わないという考え方、したことありません! 損得でものを考えない! 世の中は損得で動いていくのではない! (中略) いい加減なことが嫌いなもんですから!」
検察官 「格好いいこと言っても…」
被告人 「それが格好いいことですかね!」
検察官 「あなた、いい加減なことを…」
被告人 「いい加減な仕事するのがイヤで、きちんと仕事をして…」
検察官 「しかし、あなたの立場で…」
被告人 「仕事に立場もクソもない! おいしいものを出すのが仕事です! (中略) 私の仕事を見もしないで、わかりもしないで、言わないでくださいっ。人の言葉尻を取ってものを言わないでくださいっ! とんでもないです、仕事はきちんとやってますよっ!」
 検察官の被告人質問ってのは、外形上は、言葉尻を取るのが仕事、ともいえるわけで、ほんっとにくだらない言葉尻追求の検察官も少なくないわけで、しかし普通の被告人は、腹で何を思っても、裁判官の心証が悪くならないよう、ひたすらヘコヘコしてるわけで、だからこの被告人の言い様に私は、吹き出しそうになってしまった。
 普通、被告人は法廷で、「今回の被害は弁償する」と言い、「前回の被害は弁償したのか」と突っ込まれ…というのが定番だが、この被告人は、全件ではないものの、けっこう弁償してたんだね。驚きだ。
 求刑は懲役2年6月。間違いなく実刑だわね。
 14時11分閉廷。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この先は簡潔に行こう。以上のレポートもかなり簡潔なんだが、もっと簡潔に。時間がないので。

clip 14時40分から地裁533号法廷(神田大助裁判官。20席)で、「道路交通法違反」の新件。自営業者の、3回目の無免許運転。東京地裁の道交法違反の定番といっていいだろう。
 求刑は懲役5月。15分ほど休廷して判決。懲役5月、執行猶予3年、訴訟費用負担。15時38分閉廷。

clip 15時50分から同じ法廷で「傷害」の判決。残土運搬のため工事現場へダンプトラックで入ろうとし、交通誘導の警備員の誘導方法やその後の言動に憤り、顔面を殴って加療1カ月の右頬骨骨折などの傷害を負わせたのだという。懲役1年、執行猶予3年。

clip そしてようやく16時から同じ法廷で、これを傍聴するためにこの時間まで裁判所に残った、「道路交通法違反・犯人隠避教唆」の新件。
 この頃にはもうぎっしり満席。在廷証人(被告人の父親)が座る場所すらない。私の隣の傍聴人が、見かねて席を立ち、譲った。偉いっ。
 事件は、無免許で時間に焦って運転中、普通自二と事故を起こしたが去り、付近の病院の駐車場に駐車、妻を身代わり出頭させた、というもの。過去に、駐車違反と物損事故でも妻を身代わり出頭させたことがあるのだという。
 求刑は懲役1年6月。4時52分閉廷。

人気blogランキング ← 8月19日8時30分現在、240で15位~happy02

2008年8月18日 (月)

危険運転致死の否認

8月18日(月) その1

 こういう日は悩むょ。傍聴したいのが10時と16時って…。

clip 10時から東京地裁・刑事3部(波床昌則・丸山哲巳・豊島栄子裁判官)722号法廷で、「危険運転致死」の新件。報道された事件だ。
 傍聴席40数席の法廷だが、9時53分の時点で傍聴人は、遺族および記者らしき数人のほかパラパラ程度。“夏休みの熱狂”は少しは収まったのか、ほっ。←それは甘かったと後で思い知るのだが…。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 公訴事実は、2007年5月27日午前6時22分頃、環七外回り、甲州街道からちょっと北側(私が便利屋時代によく通っていた付近)で、自二(運転者は29歳、バーテンダー)の走行方法に立腹して、その進行を妨害しようと、100~110キロメートル毎時の速度で、第3通行帯から第1通行帯へ、自二の直前へ車線変更し、接近して並進し、自二に急制動させ走行の自由を奪い、左側歩道上の信号柱に衝突させ、胸腔内臓器損傷により7時25分頃死亡させた、というもの。
 被告人は26歳、黒系のスーツ、黒字に白水玉のネクタイ。最初、口を半開きにしてぼーっとした表情で、足をぱかっと開いていた(これは最後まで)。車は、だいぶ改造したスカイラインだという。
 以下刑法。太字は今井。

(危険運転致死傷)
第二百八条の二  アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。その進行を制御することが困難な高速度で、又はその進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させ、よって人を死傷させた者も、同様とする。
2  人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転し、よって人を死傷させた者も、前項と同様とする。赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転し、よって人を死傷させた者も、同様とする。

 しかし、措置義務違反(道路交通法72条1項。いわゆるひき逃げ。被害者の死亡がその違反者の運転に起因するものであるときは10年以下の懲役又は100万円以下の罰金)は、公訴事実に含まれてないのだった。なんで?

 この事件は、公判前整理手続き5期日)を経て、裁判員裁判と似たような進行で行う裁判だった。なので、検察官(女男女)に続いて弁護人(男女男←これをくっつけると嬲、なぶると読む)が冒頭陳述。
 要するに、第1通行帯に自二がいたことは気づいておらず、妨害の目的も認識もなく、被告人の運転と被害者の信号柱への衝突には因果関係がない…。否認である。
 被害者は勤務する店でテキーラ2杯、ビールを(何かの)半分、ラム酒1杯を飲んでおり、血液アルコールは0.6ミリグラムだったんだそうだ(酒気帯びの血中基準値は0.3ミリグラム)。

 双方の冒陳が終わって、波床裁判長が、公判前整理手続きの結果を顕出。
 本件の争点は、
  1、妨害目的があったかどうか
  2、妨害行為があったかどうか
  3、被告人の走行と被害者の死に因果関係があるのか

 で、双方が同意した双方の書証の要旨を告知して(取り調べたこととして)、次回は3人の目撃者のうち1人を証人尋問、その翌日、午前に残る2人、午後にタイヤ痕の分析についての(?)専門家の証人尋問、と被告人…と決めて、11時23分閉廷。予定を23分オーバーした。
 これ、最後まで継続傍聴してみようかな…。

080818_11590001 restaurant もう帰ろうか悩みつつ、今日は家裁の地下食堂で、ラーメン370円+半炒飯110円=480円。この炒飯は、やっぱダメだ私は。味を感じない。ラーメンに胡椒とラー油を入れたせいかもしれないけど。
 1階で東京家裁のカウンターに、開廷表が1枚だけあって、1件を除きぜんぶ離婚関係だった。裁判官は、田中智子さん。えーっ、それって、あの弁護士さんの結婚前の氏名と同じじゃーん。キティちゃんの大きなぬいぐるみを彼女にあげようかと、女房殿と昨日話したばかり。ユングのシンクロニシティ? とか内心呟きつつ地裁のほうへ戻る。

clip 16時の「道路交通法違反・犯人隠避教唆」までどうする? 14時30分から「道路交通法違反」の新件があるが、それまで傍聴したいものがない。ならば覚悟を決め、こういうときでもなければ傍聴しない事件を傍聴しようと…。

人気blogランキング ← 8月19日6時30分現在、220で15位~happy02

2008年8月15日 (金)

雑巾とプールと牛モツ

 昨日、小学校に立ち入って児童の写真を撮った「建造物侵入」の第1回公判が終わったあと、同じ法廷で、「看策」だっけ、聞いたこともない、かつどんな犯罪か想像もつかない罪名の新件があったことに、いつ気づいたのか、そんな罪名を見落とすはずがないのに、なぜ傍聴しなかったのか、今年の夏の、かつてなかった“押し寄せる傍聴人”の凄さに気圧されて、私のなかで何かが狂ってしまったのか、後悔してもしきれない、悔やんでも悔やんでも、あぁ他人(ひと)の妻、運命(さだめ)かなしい冬の花
 …と、汗にまみれ、悶えて起きたのが午前4時頃。長く悶えていたらしく、それが夢だと完全に気づくまでにだいぶかかった…。

プロカウンセラーの夢分析―心の声を聞く技術 Book プロカウンセラーの夢分析―心の声を聞く技術

著者:東山 紘久
販売元:創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 本日午前、風呂の脱衣場と、玄関の上がり口に、計3つの山になっていた雑誌等を、とうとう整理した。少し読んでは新たに積み重なり、少し読んでは積み重なり、創業100年の老舗の蒲焼き(または焼き鳥)のタレ状態だった、あの山を。
 ついでに、玄関のタイルを、石けんとタワシでこすり、濡れ雑巾で拭いてぴかぴかに、ということまでした。
 玄関をすっきりさせ、風通しをよくすると、不思議とカネが転がり込むらしい。待ってるよ~。

 そして午後、コミセンのプールで15往復。
 今日は何となく気が抜けて、夏休みの気分だ。

 しっかし暑くてたまらない。冷凍庫の底に2年くらい眠ってる、あの生活クラブ生協の牛モツを解凍し、タマネギとかピーマンとかぶち込んで炒めて、酒でも飲むしかないね。

 それにしても、「看策」って何だ。何か企みをもって社会の何かに注意を向けることが犯罪になる、そんな感じだったかと、うっすら記憶する。刑法162条だと、たまたま警察庁作成のある文書中に(夢のなかで)発見したので、起きて確認したら、ぜんぜん違ったよ(笑)。

第百六十二条  行使の目的で、公債証書、官庁の証券、会社の株券その他の有価証券を偽造し、又は変造した者は、三月以上十年以下の懲役に処する。
 行使の目的で、有価証券に虚偽の記入をした者も、前項と同様とする。

 162って数字、どっから出てきたんだ?

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 8月28日(木)、新宿でアジア記者クラブ定例会、「なぜ自白強要の権力犯罪が問われないのか 獄中29年、無実の布川事件「元被告」の証言」。

人気blogランキング ← 8月15日16時50分現在、300で15位~happy02

2008年8月14日 (木)

去年の被告人が保護観察付き執行猶予中にまた

 今日は10時30分から「建造物侵入」の新件。
 これ、要するに自らの歪んだ性欲のために、小学生児童らの死を貶め、当時の開廷表では「著作権法違反」の罪名により、東京地裁・刑事12部(井口修裁判長)で、2007年5月23日の第1回公判、同年6月25日の第2回公判を経て、同年7月5日に懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年の判決を受けた、その被告人が2008年6月1日、今度は世田谷区内の小学校の運動会に無断で侵入し、児童らの写真を撮っていて逮捕されたという事件だ。

 前の裁判を傍聴したとき、「形式的には謝罪の形をとっているが内実は到底そうは思えない」という趣旨のことが、被害者の上申書のなかにあったそうで、私も「本人の頭の中では反省・悔悟の態度を示してるつもりなんだろうなぁ」という印象を受けたが、今年6月の報道を見て、やっぱりまたやったか…と思ったものだった。

sagittarius 先週、開廷表をチェックしたときは、傍聴券交付じゃなかった。今朝、念のため裁判所のサイトを見たら、10時締切りで抽選とあった。でも、お盆だもの、定員割れするかな…。
 10時10分ほど前に行くと、すでに何十人も抽選待ちがいて、私の整理券は42番。一般の傍聴席は37席なのに。その後も続々とやってきて、最終的には72人。
 ええ~っ、マジ? これを傍聴できない(かもしれない)なんて、考えてもなかった。もしも外れたらどうしよう。帰る?
 そして抽選。外れたがな。まさか! 落胆する私を可愛そうと思ったか、民事の開廷表のマニア氏が、アタリの整理券(50番)を快くくれた。あぁん、ありがとん。君は良い奴だなぁ~。よし、今日のレポートは君のために長めに書くよ。長いのはカンベンしろ? しないっ。

clip 刑事2部(神田大助裁判官)528号法廷の前で、10時ちょい過ぎから法廷画家の方々と雑談しつつ待ち、10時22分、法廷へ。
 開廷前の2分間、テレビカメラによる撮影があるのに、3分前に留管の警察官が手錠・腰縄の被告人を連れてきて、職員から「撮影があるのでまだ入らないでください」と言われ、戻った。危うく、被告人席に被告人がいる状態で撮影が始まるところだったね。
 ニュースを見た方、最前列中央右側の、頭の妙に薄い男が私だよ(泣)。
 神田裁判官は、とくに眉と目が、まさに昔の時代劇風。

 被告人は身柄(警察留置場)。黒いズボンに、両胸のポケットにボタン留めフラップがついた白い長袖シャツ。身柄だからもちろんネクタイ無しで、襟元のボタンをきちんと留めてた。いつからそうなのか、坊主頭にしてた。

 公訴事実は、今年6月1日午後1時40分頃(その時刻は、被告人のデジカメのSDカードに残っていた写真148枚の、小学校内で撮影した最初の1枚に記録されていたものだそうだ)、性的嗜好を満たす写真を撮影するため、世田谷区内の小学校の校舎および敷地内に侵入した、というもの。

 罪状認否の前に、弁護人(ちょとオバサンの女性。さりげないけど高価そうな夏の衣服)が検察官に対し求釈明。←異例だ。
 その内容と検察官の答については、全部メモしきれなかったので、省略しとこう。

 で、被告人の認否。
 これがねぇ、非常に聞き取りにくかった。声が消え入りそうに小さい、というのじゃない。それなりの大きさの声なのだが、言葉の波長がつぶれて解読不能、とでもいうのか。私は、証言台のところに立つ被告人に一番近い席で、身を乗り出して聞き取ろうとしたのだが、聞き取れない部分が多かった。
 でもまぁ、小学校内に許可なく入った事実は認めるが、立ち入った段階では、立ち入りそのものが禁止されているとの認識はなかった、というふうなことだった。

 神田裁判官が細かく分けて確認。それに対する被告人の陳述は興味深かった。
「児童と道路ですれ違ったり、電車で隣に座るとか、社会的に許されないだろうというのはあった。カメラを持って家を出た時点で、たいへん申し訳ないことをしているという…(気持ちはあった)」
 などと。そういうことは認否とは関係ないわけだが。

 弁護人は、こんなふうなことを述べた。
「立ち入った事実は認める。性的嗜好を満たすという言葉の意味が、性欲に直結するようなら否認する。そもそも侵入に該当するかについて、故意を持っていなかったので侵入は成立しない。無罪である」
 無罪の主張なのかぁ…。

 なるほど、刑法38条1項は「罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない」としている。
 だけど、被告人の内心や言い訳がどうであろうと、小学校は原則部外者立入禁止とし、保護者と教諭らが、保護者、来賓、招待された敬老会の人たちにネームプレートやリボンをつけて入校を管理しており、不審者に退去を求めた事実もあったというのだから…。

(住居侵入等)
第百三十条  正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

 認否が終わるまでに20分近くかかり、続いて検察官による冒頭陳述。弁護人が同意した書証の要旨を検察官が告知。それらによると…。
 被告人は、前回の事件により公立小学校を懲戒免職になったあと、バス運転手をしていた。保護観察の性犯罪プログラムを出頭して受講しつつ、精神科の病院へ月に2回くらい通院し、カウンセリングを受ける等していた。小児を愛する心を取り除くことはできないが、法律を犯さないようコントロールすることが大事、と医師から言われ、病院ではしっかりやっていこうと思っても、病院を離れると自制心が揺らぐことがあった。
 保護観察の遵守事項に違反して、許可なくベトナムとインドネシアへ海外旅行し、保護観察官に報告しなかった。2週間に1回くらいの頻度で、旅行先やイベントで子どもの姿を撮影していた。とくに気に入った写真はプリントアウトして眺めていた。
 子どもの写真を見て、自分の理想的な子どもの姿を想像し、性的興奮を得ていた。実際に子どもを触りたいとは思わない。子どもの陰部を大人が触っているような写真には興味がなく、どちらかといえば嫌いである。成人の女性とお付き合いしたことはあるが、性交することはできず、今後自分の人生はどうなるのかと不安になった。物心ついてから子どもにしか性的興味がない。
 インターネットを見て、5月31日(土)と6月1日(日)に運動会が集中していることがわかり、5月31日は雨だったので、6月1日、路線バスの運転の合間に見に行こうと思った。渋谷で仕事をしており、池ノ上は小学校が多いとわかっていた。
 そして当日、小学校の保護者のなかに、たまたま、以前同じ小学校で勤務していた同僚がいた。同僚は、被告人は危険な人物であるとよく覚えており、無作為にいろんな子どもを撮影しているのを見て不審に思い、声をかけ、現行犯逮捕した…。

 8月下旬に追起訴の予定。
 証人を調べる可能性は非常に高い、と検察官。
 11時10分閉廷。

 弁護人が、捜査段階での供述調書を一部不同意(任意性を争う)とした理由は、取調べにおいてかなり強引な誤導、誘導があり、被告人が述べたことがパズル的に組み合わされているから、だそうだ。
 私の傍聴ノートに「あ~、よくあるある」とある。
被疑者 「私はCとは述べてません」
捜査官 「だってキミ、AはBだと述べたじゃないか、それはつまりCってことなんだよ。じゃナニか? AはBだと述べてないって言うのか? いい加減にしろ!」
 そうして、被疑者がCと述べた、という調書がつくられる。
 捜査官は、裁判官が有罪にしやすいよう、形を整えるのだ。
 捜査段階の調書にある事実、被告人が法廷で述べさせられた事実は、被告人が知る真実とは微妙に、またはだいぶ違うことがある。違わなくても、コップの側面だけ見て「台形だ」と認め、上下から見れば円である事実は捨てる、ということもある。
 そうやって有罪にしても、被告人は腹のなかで「けっ」と思い、それが再犯へつながっていくってこと、よくあるんじゃないか。ま、この被告人の場合はどうか知らないけど。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

080814_11360001 restaurant 11時30分から簡裁534号法廷で「窃盗」の新件がある。ちらっと見て行こうか、と5階の南端へ11時20分頃行ったら、すでに10数人が外で待っていた。うわ~! な、夏休み…。
 廊下で、さっきの被告人の前の事件の被害者、Kさんと会い、食事でもしましょうか、私は最近、厚労省の地下食堂に凝ってるんですよ、じゃそこへ行きましょう、と。
 今日は中華定食Aも洋定食Aも、あまり魅力がなく、日替わりパスタ大盛り450円。Kさんは中華定食B、530円。お互い、そっちのほうが旨そうですね、と(笑)。

080814_11370001 full 裁判所へ戻り、来週の地裁の予定をチェックして、一服するうち、霞っ子クラブのユキさんが12時半頃、裁判所へ来た。13時15分からの「強盗殺人、銃刀法剣類所持等取締法違反」の審理を傍聴するんだという。
 私もそれ(事件番号が「平成13年」)を傍聴しようかと思ってたのだが、まだ40分以上あるし、なのに528号法廷の前へは続々と傍聴人がやってくるし、長く待ったうえぎっしり満席の法廷で傍聴するのはイヤだよと、ユキさんと雑談して帰ることに。
 13時05分頃、法廷のドアの施錠が解かれる頃には、40数席の傍聴席に入りきれないくらいの傍聴人が。夏休みの裁判所だ~!
 って、そこまで雑談してるなら、私も並べば良かった? いや~、ぎっしり満席は午前の1件だけで十分です。
 来週はだいぶ開廷が増えるようだから…。

人気blogランキング ← このページで、「社会・経済(全般)」のジャンルのなかで当ブログが何位か分かります。8月12日6時15分現在、290で19位。「upup」の印が付いて19位って、どこまで下がってたんだ~happy02

2008年8月13日 (水)

無免許で禅問答

8月12日(火)

 今日はぎりぎりまで悩んだの。なんとなく霞が関が遠く感じられて。警視庁と警察庁へ行く予定だって、キャンセルしてもいいわけだし。でも、ときどきころっと忘れてすっぽかす身が、開示文書の準備を急がせといて、さくっとキャンセルでは、人間として如何なものか、と出かけることに。
 今日は初めて、名古屋高裁へオービス事件を傍聴に行ったとき買った下駄ではなく、仙台高裁へオービス事件を傍聴に行ったとき買った下駄で、裁判所へ。
 両方とも、3千数百円なのに、じつに素晴らしい下駄だ。こんなの、この値段では東京では絶対に買えない。諸君、地方へ行ったら下駄を買うべし!

clip 13時30分から東京地裁・刑事18部(菱田泰信裁判官)521号法廷(傍聴席20席)で、「道路交通法違反、公務執行妨害」の新件。
 右後ろの1島(5席)に、ずらっと白い紙。被害者・遺族のある事件じゃないはずだし、たとえあっても、後ろの席はおかしい、何だろ、と首をひねってたら、子ども2人を含む5人連れの傍聴人のために、廷吏が席を取っておいたのだった。あそっか、この時期、早々と満席になることもあるから、か。気が利くね。
 その時点(13時20分)で、傍聴人はその5人と、私と、単独の男性が2人、計8人。最終的には10数人になった。

 被告人は身柄(拘置所)。21歳。介護士。
 2004年に原付免許を取得したが、速度違反3回により“初心取消”(初心運転者講習制度による免許の取消)に。初心取消に欠格期間はなく、すぐまた原付免許を取ればいいのに、原付は法定速度が30キロですぐ速度違反取締りの餌食になるので、その後は免許を取得しないまま2007年11月、普通自二(250ccスクーター)を購入。訪問介護や買い物などでほぼ毎日運転。
 そして2008年6月、友人を後ろに同乗させて八王子の温泉へ行くなどした帰り、亀有駅前の交番前の警察官(巡査部長)により、一方通行の逆送(被告人は全く気づかず)を現認され、停止を求められて停止。免許証の提示を求められ、無免許の発覚を恐れて逃走しようと企てて急発進させ、巡査部長に接触させて転倒させ(スクーターも被告人自身も転倒)、もって公務の執行を妨害した…と。

 この裁判の圧巻は、菱田裁判官からの被告人質問。
裁判官 「逃げてどうなるの。ナンバーわかってるし、友だち残してるし。何にも考えず、その場で思いついたことだけで行動してる」
被告人 「…………」
裁判官 「なんであなた、運転しちゃいけないのかな」
 この質問に対し、被告人がどう答えても、「なんで?」「なんで?」「だからなんで?」と問うのだった。被告人には、終わりのない禅問答のようだったろう。
 スピード違反でも飲酒運転でも、「なぜそれが禁止されているのか」と問われることはよくあり、スピードや飲酒なら答えやすいが(もちろんそれでも答えられない被告人はいるが)、無免許では答に詰まる被告人は少なくない。
 無免許の禅問答で悟りを得るためには、免許制度にはじつは交通安全協会等へカネを流すための装置という面もあることに、考え至らなければならないだろう…。
 そのへん、『ラジオライフ』の連載で書こうかな。

080812_17110001  求刑は懲役1年。次回判決。
 枠を21分オーバーして14時51分閉廷。
 途中、ボールペンのインクが切れてしまった。鞄を探すと、別のペンの替え芯ばかりが大量に出てきた。なんでこんなに入れてるんだ!! あんたは行商人かっつーの(怒)。だから鞄が重いんだよ。

 すぐに次の被告人(身柄)が入ってきた。チラ見した限りでは「アンジャッシュ」の「コジマ」さんにちょと似てる? そして、ヤクザのような芸能人のような、そっち方面でビシッとキメた、オヤジ的には「うっわぁ!」な若い男女が傍聴席へ数人。私もいつかあんなふうにキメてみたいもんだ。外の開廷表を見ると、次は14時30分からの予定で「麻薬及び向精神薬取締法違反」の新件。

restaurant 少し気になったが、アレもコレもと欲張っちゃいけない、久しぶりに地下の藪伊豆へ。かけそば大盛り290円。
 残った汁に、そば湯を入れて飲むと、旨いじゃん。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 15時30分から東京地裁・刑事13部(佐藤晋一郎裁判官)510号法廷で、「名誉毀損」の判決。
 15時21分、すでに傍聴席には20人以上いた(広い法廷)。あとから続々とやってきたが、満席にはならなかった。学生・生徒さんの多くは、墓参りに帰省したか、盆休みを取れた保護者といっしょに家族旅行へ出かけたのかな。

 被告人は在宅(保釈?)。黒いズボンに白い半袖シャツ。ネクタイなし。鼻筋が通り、口元きりり、目付き鋭く、意志の強さを感じさせる。
裁判官 「主文。被告人を懲役1年に処する。未決勾留日数中30日をその刑に算入する…」
 うわ、実刑か、と思ったら違った。
裁判官 「…この裁判確定の日から4年間、その刑の執行を猶予する」

 郵便局の職員(社員?)だった頃、同じ郵便局に勤務していた被害者Bに恋愛感情を持ち、しかし拒絶され、局長Aから注意され、その後、「Bは淫らな女だ。局長Aとの淫らな関係を絶対に許すな」とマジックペンで郵便局のどこかに書いたり、「私AはBと淫らな肉体関係を続けている」旨を書いた紙を掲示板に2枚貼付したり、「毎夜激しいセックスは止めろ。Bは売春行為を止めろ。お客さんから預かったカネを横領するのは止めろ」旨をどこかに書いたり、計5回にわたり名誉を毀損する行為を行ったのだという。前科なし。

 判決の言い渡しも短い説示も終わってから、こんなふうなやりとりがあった。
被告人 「すみません、ちょっとよろしいですか」
裁判官 「……(はぁ?)」
被告人 「深くお詫びします。真摯に反省しております」
裁判官 「とくに(裁判の)記録に取りませんけど」
被告人 「えぇ、伝えたかったのです」
 15時38分閉廷。

P1020651 book 警察庁へ行き、「確認標章取付状況(2006年6月~12月)(取付主体別、車種別)」と、「行政不服申立事件調(2007年中)」の開示を受ける。
 後者(画像)を見てびっくり。「公安委員会が行う処分に関するもの」の「当期中の発生事件数」2985件のうち、なんと2044件までが「放置違反金納付命令」ではないか! 2006年中は、1346件中331件だったのに。マニア的にはスクープじゃね?

 続いて警視庁へ行き、「株式会社ウスクラ」と「有限会社ハナブサレッカー」と「有限会社杉並レッカー」と「今井商事株式会社」と「大倉自動車工業株式会社」と「幸伸株式会社」の、今年4月1日契約分の「違法駐車車両移動業務年間単価契約」の契約書・仕様書の開示を受ける。ん…? って感じ。それ以降の契約分も調べてみなければ。

banana 民事の開廷表のマニア氏によると、昨日の民事の開廷表は、じつは正しくは2枚ではなく、民事8部のが1枚、家裁の建物のほうにあったので、計3枚だという。おお~。
 ちなみに今日は、こっちの建物のほうは4枚だったね。
 ちなみに警察庁へ行ったついでに、地下の文具店でボールペンの芯を3本買った。ここは1割引きなのだ。自販機の飲料も裁判所より安い。役人優遇だと週刊誌では叩かれてるようだが、そのおこぼれを得て喜んでる私みたいな民間人は…。

人気blogランキング ← 8月13日7時30分現在、320で14位~happy02

2008年8月12日 (火)

強制わいせつと集団強姦を連続で

8月11日(月) その2

clip 13時10分から東京高裁・刑事11部(池田耕平・足立勉・金子大作裁判官)715号法廷で、「強制わいせつ」の審理。
 10分ほど前に法廷のドアが開くと、たちまち20席ほど埋まった。あとからあとから人がきて、かなり埋まった。

 被告人はスーツとネクタイの、見た目60歳くらいの男性。どっちかといえばハンサム風、かな。昔の日本映画に出てきそうな、良い感じ。
 これ、小学校の教頭先生(?)が、東武伊勢崎線の新越谷駅前で深夜、女性の胸を触るなどしたとして、昨年10月にさいたま地裁で懲役1年6月の実刑判決を受けた事件なのだ。私はよく知らないが、マスコミも世間も大喜びで叩いたんじゃないのかな。
 弁護人は4人、うち1人は山下幸夫弁護士だった。

裁判長 「今日は弁護人の弁論ということで…これを陳述ということで、どうされましょうか?」
 陳述したことにして、書面を提出するだけにするか、それとも…という意味だ。
弁護人 「陳述を…要旨ということで」
 口頭で要旨を陳述することになった。

 いや~、聞けてよかった。被告人は、帰宅後バスで出かけ、キャバクラのような店をハシゴするのが楽しみだったのかな? 私も女房殿がカネをくれればそんなことしてみたい。でも、交通違反と裁判傍聴とお役所の職員食堂にしか私は興味がなく、キャバクラへ行っても、つまんないんだけどね。ま、「前の彼氏が覚せい剤でパクられたよ」といった話は出ることがあるけども。

 って、そんなことはどうでもいいとして、当夜の、被告人が主張する、裏付けのある行動経路と、警察・検察側が主張する、裏付けのない行動経路は、完全に矛楯し、被告人が本件犯行を行うことは不可能だと弁護人は言うんだよね。
 当夜の110番通報の時刻が、大いに食い違っていて、にもかかわらず、検察官は自分が主張する時刻を裏付けるものを一切出さないんだそうだ。ンなバカな!
 被害女性の供述も、重要な部分で二転三転するのだという。
 「警察は客観的事実を捜査していない」とも弁護人は述べていた。先日、破棄自判で逆転無罪となったスリ未遂と同じじゃん。
 しかし、警察が逮捕した“犯人”が小学校の教頭先生(?)なら、その部分だけでマスコミや世間は大喜び…という構図だろうか。真実がどうであるかには関係なく、確かにそういう構図はあるだろう。

 弁護人(主任弁護人?)が弁論する間、検察官(開廷表によれば杉本秀敏さん)は、興味なさそうに、そっくり返ったり、壁の時計を見上げたり、「こんなもん有罪(控訴棄却)に決まってらぁ」感を大いにアピール…してるように見えた。
 13時52分閉廷。次回判決。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 同じ法廷、同じ構成で、14時00分から「集団強姦」。産経ニュースで「【法廷から】幼なじみが集団暴行」と報じられてる、「男性被告」のほうの控訴審第1回だ。原判決は、ネットで拾えるところによると、懲役5年、未決90日算入(未確認)。
 私はそういうのは普段は傍聴しないのだが、時間がちょうど続いたし、他に傍聴したいものもなく、数分か、せいぜい15分程度で終わるだろうと思ったので。
 傍聴人が少し出て行き、さらに入り、再びほぼ満席になった。

P1020113b  被告人は身柄(拘置所)で、大柄な太めの若者。20歳になったばかりなんだという。歩き方が、いかにもちんぴら風のよたよた歩き。背を伸ばしてすたすた歩いたら人生が一変するだろうに、と思った。
 左右の手の甲に小さな刺青があり、左手薬指には指輪のような刺青があった。
※ 画像は本文の事件とは関係ありません。

 母親の証人尋問と、被告人質問が行われた。
 それによると、被告人(当人によると犯行時の体重は86キログラム)は一審では、被害女性(同50キログラム少々)をベッドに押し倒していない、倒れた女性の腰の辺りにまたがってないと、否認していたようだ。
 ところが、懲役5年の実刑判決を受けて10日後(?)に控訴し、控訴審では自白に転じ、反省・悔悟の弁を…。その理由を、裁判官は3人して頻(しき)りに問うた。
 被告人は、被害女性の調書等を読んでよくふり返ると、否認は自分の勝手な主観的な言い分にすぎず、客観的には一審判決が認めたとおりのことがあったと認識するに至った、という趣旨のことを述べるのだが、そのように認識するに至ったのは、一審での被害女性の証言(被告人が否認するから証言を強いられることになった)のあとか、最終弁論から判決に至るまでの間においてはどうだったのか、といった辺りを、裁判官は頻りに問うた。
 被告人は、暗記してきたように同じ供述をくり返すばかり。何度問うても深いところへは入っていかないのだった。深いことは考えない(考えられない)生き方をしてきた、のかもしれないし、一審での被告人の主張と、一審判決が認定した事実と、真実と、じつは全部違うってこともあるのかもしれないが、なんであれ裁判的には、「明白に事実に反する自分勝手な否認が通じないとわかり、執行猶予がほしくて自白に転じたにすぎず、だから合理的な説明ができない」とされかねない状況。

 とはいえ、母親(片親なので甘やかして育てたことが原因、と証言していた)と被告人の婚約者とが、それぞれ週に2~3回面会に来ているそうだし、母親とその婚約者とで立て替えて200万円の示談金を支払い、今後は被告人が働いて(働き先は決まっている)月に6万円ずつ50回、計300万円を支払う予定になっており(示談額は合計500万円)、被害者の被害感情もそれなりにやわらいできていることがうかがえるので、控訴棄却ってことはないだろう。
 原判決破棄…その先がどうなるのか。自白に転じた合理的な説明ができれば、内省を深めて心底反省・悔悟したことになり、執行猶予もあっただろうに…。と傍聴人は傍聴席で勝手にナマイキなことを思うのだった。
 14時53分閉廷。次回判決。
 そうそう、検察官は被告人質問で、薄笑いを浮かべて傍聴席を見回し、被告人をバカにしてるぞ感をアピールしてた、ように見えた。

sleepy 15時から同じ法廷で「業務上過失致死、道路交通法違反」の審理。罪名からすると、たぶんひき逃げ死亡事故。私の専門方面であり、こっちこそ傍聴しなければ…なのだが、今日は午前0時前後にせいぜい1時間半しか寝てないのに、ここまでまったく居眠りしておらず、こういうときは、つぶれるときは一気につぶれるぞ、危ないぞと、霞が関から脱出…。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 8月12日6時15分現在、320で14位~happy02

裁判員の日当、3万円に大幅アップ?

8月11日(月) その1

080811_05210001 impact 日曜の昼間、合計6時間も寝たせいだ、夜は午前0時前後にせいぜい1時間ひゃん…ひゃんて何だよ、文字までレロレロしちゃってる(笑)、せいぜい1時間半しか眠れず、嗚呼それなのに、ご相談等に対応中、ふと外を見たら、東の空が見たこともないピンク色で、これは楽しそうだと有酸素散歩に出かけ、途中、タクシー同士の激突事故後の現場を見かけ、もしもガードレールがなかったら、どーんと歩道へ突っ込んでいたんだな、と震撼。
 再びご相談等に対応するうち、じわーっと眠くなってきたが、ここで寝たら約束をすっぽかしてしまうこと必至、と寝ずに、裁判所(霞が関の裁判合同庁舎)へ。

 今日は記者会見の席に並ぶ約束になっており、靴で出かけた。靴は、ほんと久しぶり。久しぶりに履いてみると、やっぱ歩きやすい。靴は画期的な発明だと思ったス。

Ts3b0008 karaoke 11時30分から東京・霞が関の裁判所ビルの司法記者クラブで、高山俊吉弁護士外3名で、記者会見。
 社民党、共産党が、とうとう裁判員制度を推進しきれなくなったのを受けて、高山弁護士いわく、裁判員制度の弔いの鐘(弔鐘)が鳴り始めたこのときに、「あらためて裁判員制度の廃止を訴える声明」を発表。

 法務省、最高裁は、どう巻き返そうとするか。裁判員の日当を1万円から3万円に大幅アップ、これ、ありそうじゃない?
「原資はもともと税金。必要なところに必要なだけ使いなさい。庶民を転ばせるにはカネです。アンケートの結果はすぐに逆転、制度の積極支持派がどかんと増えますよ。どわはは」
 とか裏で言い出しそう。

裁判員制度はいらない  /高山俊吉/著 [本] 裁判員制度はいらない /高山俊吉/著 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

080811_12180001 restaurant これで帰ったのでは、もったいないので、午後一の「強制わいせつ」を傍聴することとし、その前に、合同庁舎5号館(厚労省など)地下の食堂へ。
 ショーウィンドゥの前を行きつ戻りつ迷った末、洋定食A(チキンカツと串カツ)480円。小鉢はインゲンの白胡麻和え(胡麻はほんのわずか)を選ぶ。五穀米は相変わらず良いけど、チキンカツは旨くなかった。失敗。

empty 今日の裁判所は、閑散としてた。1階の民事の開廷表は、22部ともう1つの部で、計2枚しかなかった。2枚って、そそっ、そんな。普段は2つのバインダーに計何十枚もあるのに。

 団体の傍聴人も、1階フロアや廊下に、まったく見かけなかった。
 気になったことといえば、11時頃裁判所に入ったとき、正面玄関側のカウンターの開廷表を、おっそろしい美女が2人で見てたこと。あと、昨日見かけたロン毛の男性が、今日もいた。

 しかぁしっ、今日は刑事の開廷も少ないうえ、「強制わいせつ」は13時10分から。この時間、他に刑事の開廷はなかったはず。てことは、裁判所中に散らばってる夏休みの傍聴人が、全員集まってくる可能性がある。やばいっ。急げっ!

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 8月12日4時30分現在、320で14位~happy02

2008年8月10日 (日)

社民党と共産党、偉いっ!

P1020144  人間に間違いは付きもの。間違ったとわかったとき、非を認めてちゃんと対処できるかどうか、そこでその人間の価値が決まる。
 しかし政党は人間じゃないから、どうかなぁ…と思ってたんだが、社民党と共産党、非を認めましたね! 偉いっ!
 ま、これは、「非を認めた」んじゃなくて「××を××したのだ」と言われるかもしれないけど、そのへん何であっても、偉いと思うです。

※ 画像は仙台の半田屋のショーウィンドゥ。でも私は食べてない。仙台では裁判所と県庁と県警本部の食堂が楽しみで。記事本文とは関係ないです、スマソ。

 以下は、「裁判員制度の実施に対する社民党の見解」(2008年8月7日/社会民主党内閣・法務部会/部会長 近藤正道)の一部。

 施行を目前に控えた現段階において、なお約8割の市民が参加に消極的(06年12月の内閣府調査では裁判員制度への参加に消極的な意見が78・1%、08年1~2月の最高裁調査で82・4%)という現状は、民主主義の前提を欠き、理解・支持のレベルとして、あまりに不十分といわざるを得ない。市民の支持と十分な理解のないまま、制度施行を強行するべきではない。

             (中略)

 こうした中、本当に09年5月から裁判員制度を実施してよいのか、施行の条件は整っているのか、一度立ち止まり、裁判員制度をとりまく現状と問題点を直視し、実施の延期も含め、場合によっては裁判員法等の改正も視野にいれつつ、慎重に再検討すべきではないかと考える。

 日本共産党も、市田忠義書記局長が記者会見でこう語ったという。

   こういう主張や現状を無視したまま制度を実施するなら、重大な禍根を残す結果にならざるを得ません。したがって、再検討をして実施の延期を求めるというのが、わが党の立場です。

 政党でさえ、そう発表せざるを得ないほど、2009年5月から始まるとされる「裁判員制度」はヤバイ、そして「実施の延期」は可能、つーことなんだわね。

裁判員制度の正体 (講談社現代新書) Book 裁判員制度の正体 (講談社現代新書)

著者:西野 喜一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

殺人犯を裁けますか?―裁判員制度の問題点 Book 殺人犯を裁けますか?―裁判員制度の問題点

著者:田中 克人
販売元:駒草出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度を批判する Book 裁判員制度を批判する

著者:小田中 聰樹
販売元:花伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この機会に、じゃあどんな「国民参加」が良いのか、裁判員が関わるのは「一定の重大事件」じゃなくて、一定の国賠(国家賠償請求訴訟)にするか、あるいは、冤罪だといわれてる過去の事件を、裁判員が見直すところから始めるか、なんて議論が出てきたら良いと思う。

 法務省と最高裁が推し進める「裁判員制度」がこのままスタートしたら、どんな「くじ」が何回行われ、国民はそれぞれの日常からどう裁判所へ引き込まれていくのか、具体的なチャート的な原稿を、8月20日発売の『ドライバー』の私の連載「覆面パトは2度サイレンを鳴らす」に書いた。今回は4ページだよ。

裁判員制度はいらない Book 裁判員制度はいらない

著者:高山 俊吉
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 土曜午後、ちょいと公園のベンチで下駄を枕に横になったら、3時間近く寝てしまった。曇天で風があって寝やすかったのと、ここ数日の睡眠不足のせいか。硬いベンチの上では通常30分、長くても1時間で目が覚めるものと、経験上承知してたのに、新記録を樹立してしまった…。
※ 追記:日曜は夜に約6時間寝たうえで、午前に約3時間、午後に約3時間、眠ってしまった。少し体が軽くなったような。

人気blogランキング ← 8月10日13時40分現在、380で12位~happy02

2008年8月 9日 (土)

8月の裁判所は

8月8日(金)

080808_04480001sun 夏に昼の運動は危ない、明け方やりなさい。と医師から言われてたが、その明け方の運動(有酸素散歩)を、4時40分頃からしてきたよ。
 朝焼けが夕焼けのように強烈な日は、決まって昼頃から天気が崩れる。今日は、ほんのり弱気な朝焼け。5時を回って太陽が家並みの上にオレンジ色の球形を現す頃には、もう暑くて暑くて。昼間は“猛暑日”に。

clip 10時から東京簡裁826号法廷で、8月5日(火)に傍聴した「占有離脱物横領の判決。
 9時55分頃に法廷に入ったら、もう主文の言い渡しが終わってた。だぁからぁ、定刻より5分も早く始めちゃダメだってば、私が5分以上前から傍聴席に居るときを除いて(笑)。
 終わって書記官に主文を尋ねる。懲役8月、未決10日算入。訴訟費用は不負担。

 この法廷は、傍聴人は数人だったかな。普段からすればそれでも多いけど、この時期からすれば極端に少ないといえる。
 以下、“この時期”の凄まじさを…。

run 今日の私のメインは、10時50分からの「業務妨害」の判決。8月6日(水)に傍聴した、秋葉原の通り魔事件の翌日、「今から池袋へ行って100人ぶっ殺す」とか2chに書き込んだ事件だ。

 公判の数が少なくて、傍聴人(夏休みの若者たち)が多くなるこの時期、30分前に行っとくほうがいいだろうな~。と、その405号法廷がある枝廊下へ。
 すると、隣の隣、403号法廷(405号と同じく傍聴席20席)の前に、もう20人近い若者たちが詰めかけてた。女子が多い。
 403号は11時00分~12時00分、「売春防止法違反」の新件。被告人氏名は、若い女性を感じさせるもの。そりゃ詰めかけるわね~。

clip 405号の前にも、数人いた。法廷外の開廷表を見ると、10時30分から「自動車運転過失傷害」の判決。おぅ、これは傍聴しておこうと、なかへ。
 20席のうち、すでに17席が埋まっていた。よく日に焼けた男子小学生が1人いた。お父さんと来たようだった。作文のネタにするのかな?

 被告人は、昔ハンサムだったろうお年寄り。今年1月、千代田区隼町の信号交差点を、赤色灯火を看過して70~80キロメートル毎時でタクシーを直進進行させ、対向右折タクシーに衝突、4名に別紙一覧表記載の傷害(1名は重傷)を負わせたんだそうだ。古い業過の罰金前科2犯。
 禁錮1年8月、執行猶予3年。

clip 傍聴人が2人出て、すぐに2人来て、10時40分から「傷害」の判決。
 被告人は、両眉が下がり、個性派映画俳優のような男性。40代くらいか。両胸にフラップ付きポケットのある、やけに袖口が大きな、昔風の白い半袖シャツ。手がガッチリしていた。
 板橋区内の区立公園において「飲酒が原因」で、被害男性(47歳)のツバがかかったのがどうこうで苛烈な暴行を加え、上唇裂傷、歯の周辺の打撲などで加療1カ月の傷害を負わせたのだという。前科なし。
 懲役1年6月、執行猶予3年。
 証言台の前で裁判官に対し深くお辞儀するときの格好が、キマっていた。普通、体側面に降ろした両手を、腿の外側に置いたままでお辞儀するでしょ。ところがこの被告人は、両手を腿の外側から、足と腰の付け根の外側辺りへ上げ(このとき肘を左右乃至後ろへ突き出すように曲げ)、その形で上体を前へ深く倒すのだ。ちょっと立ってやってみて。あれはどういう流派の礼法なのか。良かった。

clip それが終わって10時46分頃、次の「業務妨害」の弁護人と被告人と母親(前回証言)がきて、弁護人と被告人はそれぞれの席に着き、母親は傍聴席の端に座った。これで19席が埋まった。
 10時49分、後ろのドアが開いた気配がして、どやどや騒々しくなった。最後の1席へ、官らしき横幅の広い(ユキさん言うところの“ガチムチ”の)男が座った。これで満席。入れなかった傍聴希望者がだいぶいたのだろう。
 10時50分、再び野村賢裁判官が登壇し、判決。
 懲役1年6月、執行猶予3年。
 前回、野村裁判官は、被告人がした“大量無差別殺人予告”の書き込みを、その前日にあった秋葉原の通り魔事件の被害者・遺族が見たらどう思うか、これは単なる業務妨害ではないのだ、という趣旨のことを言ってた。その伝で言うなら、被告人の実名等は、インターネットのどこかに永遠に晒され、ということになるかも。こういう世の中になったのだなぁ…。
 10時54分閉廷。

 この野村賢裁判官って、眉が太くて目が大きくて、表情の動きも、『サンダーバード』から抜け出てきたような…と思わない? 私はいつもそう思ってる…。

080808_12010001 restaurant 午前はもう、とくに傍聴したい事件はなく、警察庁へ。情報公開室で所用を済ませ、さぁ、どうしよう。午後に2件、傍聴したいのがあるけど、どうしてもってわけでもない。帰ろうか。帰ってコミセンのプールへ行こうか…。
 総務省等のビルと、国土交通省等のビルとの間の、ちょっとした公園風の場所(5月27日毒人参さんたちと行った場所)へ行き、誰もいないベンチに座り、しばし考える。どうしよう。下駄を枕に、木のベンチにごろり横になり、Tシャツをめくって腹を出し、しばし考える。太陽はほぼ真上。猛暑日の日差しに、汗が噴き出す。死んでしまうよ…。

 結局、午後の2件目を傍聴したら直ちに帰ることにして、地下の食堂へ。C定食(サンマの竜田揚げ)480円。画像、ご飯は麦飯。黄色いのは取り放題の漬け物。小鉢が1品付けば申し分ないけど、ま、これで480円なら文句言えないと思う。旨かった。緑茶が濃くて渋くて良かった。

clip 昨日某氏から情報を得て(いつもありがとね)、13時15分から東京地裁・民事2部、522号法廷へ。
 事件名は「不詳」で、被告は「裁判官訴追委員会」。それだけに惹かれて来たのだ。バカだね~(笑)。
 同時刻からの3件は、請求棄却、一部却下でその余を棄却、請求棄却。
 岩井伸晃・本間健裕・倉澤守春裁判官の構成に交代して、事件名「不詳」の判決。原告席にも被告席にも誰もいない。民事の判決はそんなもんだ。
裁判長 「主文、本件訴えを却下する」
 つまり門前払いってことか。傍聴席に固まっていた役人風の6人(うち1人は女性)が、さっと立って出て行った。13時17分閉廷。

 事件名「不詳」って、何なんだろう。原告が事件名を書き忘れたとか、事件名とはいえないことを書いたとか、であれば裁判官が適宜補正等してくれるはず。判決まで「不詳」のままって、どゆこと?
 何を訴えたいのか、定かでなく、それで「却下」となったのか…。原告の氏名(女性の個人名)でネット検索してみたが、ヒットなし。あとで記録を閲覧してみようかな。そんな暇ないか…。

clip 13時30分から東京地裁804号法廷、幻の刑事14部で、「窃盗」の「勾留理由開示」。これは昼食後、1階の開廷表で見つけたのだ。
 民事のほうが終わってすぐ行くと、10人近くが法廷の前にいた。列をつくっているようにも見えるのだが、ドア(先頭と思しき人に近いのは傍聴人用と書かれたほうのドア)から離れてる…。よく分からない人たちにくっついて「気色悪いオヤジだ」とか言われてもなぁ…。私は1人、弁護人・検察官用のドアのそばで待つことに。
 10分ほど前にドアは解錠され、あっという間に20席中18席が埋まった。1人を除いて全員、男だった。

 被告人…じゃなくて被疑者は、身柄(警察留置場)。口をへの字にとがらせ、あごを突き出した若者だった。24歳でコンビニ店員だという。
 検察官の席には誰もおらず、東尾裁判官(名不詳)が、勾留理由を述べた。
 足立区のコンビニの事務所から現金19万1300円およびナイロン袋等100円相当を窃取したと疑うに足る相当の理由があり、被疑者は、関係者に働きかけて重要な情状事実について罪証を隠滅するおそれがあり、かつ逃亡すると疑うに足る事情もあるので、勾留の必要がある、というふうな趣旨。
 ところが…。
被疑者 「いや、なんで自分が疑われるようなことになるのか…」
 窃盗は身に覚えのないことであり、どういう証拠により、窃取したとか罪証隠滅・逃亡のおそれがあるとか言うのか、明らかにしてもらわないと防御のしようがない、という趣旨のことを弁護人が言い、しかし東尾裁判官は、これは勾留理由開示の手続きであり、証拠開示の手続きではないからと蹴り、終わった。
 13時38分閉廷。

pen 同じ8階の813号法廷で、13時30分から「殺人」の新件をやってる。813号は傍聴席40数席の法廷だが、被告人は女性氏名、こりゃもう、ぎっしり満席だろうな、と確認に行く(笑)。
 そのとおり、ぎっしり満席で、なんと、廊下に数人、列をつくって待っていた。途中で誰か出たら、途中から入ろうというのか。そ、そんな…!!
 あとで被告人氏名で検索してみたが、ヒットなし。

 私は14時10分から地裁801号法廷で、8月6日に傍聴した「道路交通法違反」の判決を傍聴予定。うろうろしてられない。801へ急げ!

clip 13時50分、801号法廷(傍聴席20席)にはもう6人が座っていた。次々と入ってきて18席が埋まった。
 14時00分から、「迷惑防止条例違反」の判決。
 被告人は身柄(拘置所)。派遣社員。40歳前後か。左肩がえらく下がってる。
 携帯電話のインターネットの痴漢サイトで、痴漢されたい女性がいると見て電車に乗り、なんと、他の乗客から痴漢被害を受けている最中の女性の、右斜め前方から、痴漢行為に及んだのだという。
 2005年3月に、「強制わいせつ」(痴漢)で懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けており、本件は懲役3月、未決10日算入。3月自体は短いが、2年6月という重い“弁当”を持って下獄するのだ。うわぁ…。

 この判決の途中、残り2席が埋まり、満席となった。
 判決が終わって2人出て、すぐに2人来て、また満席。

clip 14時10分から、目指す「道路交通法違反」の判決。
 懲役3月。未決算入はナシ。被告人は覚せい剤で服役中なのだ。
 途中、何度も傍聴席のドアが開いた。開けた人たちは、満席の傍聴席を見回し、ドアを閉めて去った。
 14時14分閉廷。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 去年まで、いくら夏休みの時期とはいえ、ここまでのことはなかったように記憶する。来年は、いったいどうなるのか。いや、その前に、今年の8月を乗り切れるのか…。
 そういえば今日は、阿曽山大噴火さんの姿を見かけなかった。霞ヶ関倶楽部の先輩諸氏も…。その代わりと言ってはナンだが、奇妙な人を見た。油っぽいロン毛で、ゆったりめのズボンの腰のベルトを絞り上げ、タオルで汗を拭きつつ、裁判所の内の廊下を、相当長い時間、どこか女性のような歩き方で、忙しく歩き回っていた。あと、重そうなカバンを持って下駄履きでうろうろしてるオッサンも…ってそれは俺だよぅ!

人気blogランキング ← 8月9日11時40分現在、370で12位~happy02

2008年8月 8日 (金)

誠実でフェアで気の利く善導者

8月7日(木)

P1000508 昼間コミセンのプールへ行く予定でいたが、ずるずるとご相談等数件に対応し、まだまだ焼け付く日差しのなか、裁判所へ。
※ 画像は、懐かしい第5食堂の不定期メニュー、カツ丼450円。嗚呼、腹へった…。

clip 16時から東京高裁・刑事10部(須田贒・久我泰博・横山泰造裁判官)805号法廷で、7月10日に控訴審第1回を傍聴した、「道路交通法違反」(レーダ式50キロ超過)、の第2回。本日は、停止係の警察官を尋問。

 現在は第8交通機動隊勤務だが、本件取締り(ネズミ捕り)当時は警視庁立川署、交通執行係の巡査部長。黒系のズボン、白系の半袖ワイシャツ、左手首に金属バンドの腕時計。きれいな坊主頭というか角刈りで、頭の上がちょっと平たく見えた。
 検察官が請求した証人なので、検察官から尋問(主尋問)。
 同様の取締りは過去に50回くらい、本件場所では20回くらいやったそうだ。
 測定現認係をやったこともある。本件取締り時は停止係。レーダ式測定機の設置を手伝った。測定機は10度に設置した。電波はアンテナの中心線から(左右では)各5度に広がる。5~15度の範囲が測定可能な範囲となる…。
 16時18分頃、私はそっと抜け出て…。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 16時35分から東京地裁532号法廷で、7月31日に第1回を傍聴した「偽造公記号使用」の判決。
 阿曽山大噴火さんもブログでさんざんぼやいてるように、この時期、公判の数はぐっと経るのに夏休みの学生、生徒さん、カップルが押し寄せてタ~イヘンなので、普段より早めに。けど時間も遅いし、805号法廷へ上がるまでに(って短い距離だ)彼らの姿をほとんど見かけなかったので、中途半端に早めに。

 16時26分の時点で、傍聴人は私を含め10人。そのあと15人になった。さらに増えたかも。彼らは数分程度遅れて入ってくることがよくあるんだよね。

 532号法廷は、16時30分~16時35分、「常習累犯窃盗」の判決だった。
 身柄(拘置所)の被告人(ちょい小太りの爺ちゃん)が来て裁判官が来て、さぁ判決…というところで若いカップルが来て、最前列の私とバーの間の狭いところを「あ、すみません」と1人ずつ通った。
 気がつけば、主文の言い渡しは終わってた。あ~!! ちっきしょうっ!! 川本雅也裁判官は、言い渡しの終わりに「懲役3年」とくり返したけど、未決算入が何日か、もうわからない。ま、わかったからどうだってこともないんだけど。

 16時34分、「偽造公記号使用」のほうの被告人が拘置所の刑務官に挟まれて入廷し、間もなく判決。
 懲役1年2月、未決10日算入、警察手帳様のもの没収。
 証言台の前に立つ被告人は、首が背中の中心より若干左側から生えてるように見えた。背骨が曲がってるんだろう。そんな被告人は多い。

clip 16時42分、さっきの高裁805号法廷へ戻る。
 こっちは最初から、警察関係者らしき男たちがパラパラ数人いるだけ、学生、生徒もカップルも皆無だった…。

 まだ主尋問が続いており、
検察官 「女の子の名前で覚えているのはありますか?」
 被告人は芸能関係のプロデューサーだそうで、あまりない職業なので被告人を記憶していると、さっき証言していたのだ。
証人  「3人くらい聞いた…私が興味のある名前ではなかったので…」

 16時46分、弁護人から反対尋問。おいおい、これじゃ17時には到底終わらないのでは? 私は用事があり、17時過ぎには裁判所を出なきゃいけないのに。
 …と焦る気持ちもあったけど、ま~、イライラする尋問だった!
 検察官(開廷表によれば牧島聡さん)が、そういえば主尋問のときから、なんつーか「私は丁寧、親切、誠実で、フェアで気が利く検察官ですよぉ」という無意識のアピールみたいなものが感じられたけども、弁護人の反対尋問の随所、各所で、いちいちしゃしゃり出てくるのだ。
 その内容がねぇ、たしかに弁護人が特定不十分な漠然とした質問をするから、という部分もあったとは思うけど(※)、そういうのを超えて、「裁判官殿が過不足なく判決(有罪)を書けるよう、誠実でフェアで気の利く善導者が、隅から隅まで整えてあげますよ」みたいな。
※ 特定不十分な漠然とした質問は、一般に検察官より弁護人にありがちだ。弁護人は検察官と違って、まったく手探りのなか尋問しなきゃいけないので、ついそうなってしまう、という面もあるんだろう。ただ、その漠然ぶりは、本件の弁護人はそうは目立たなかったと思う。

 弁護人からの尋問なのに、文字数では検察官のほうが多くしゃべったんじゃない? 私の傍聴ノートには、「うるせー」「うぜえっ!」との走り書きがある。
 ま、時間が押してるので、かつ、そういえば昼食とってないんで、よけいにそう感じたんだろうか。
 17時10分、もうダメ、出る。来週の高裁刑事の予定(これを調べとかないと予定が立たない)を急いでチェックし、電車に…。
 電車で『脳内汚染』を少し読む。この本、だいぶんにショッキングだ。

脳内汚染 (文春文庫 お 46-1) Book 脳内汚染 (文春文庫 お 46-1)

著者:岡田 尊司
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 8月8日4時10分現在、360で11位~happy02

2008年8月 7日 (木)

悔悟の鼻水

8月6日(水) その3

 席の奪い合いがあったのち、11時05分頃から、東京地裁・刑事10部(野村賢裁判官)405号法廷で、「業務妨害」の新件。
 秋葉原でのあの通り魔事件(6月8日)の翌9日2chに「今から池袋行って100人ぶっ殺す。もうすべてが嫌になった。俺もやる」とか投稿して6月15日に逮捕された事件である。

clip 被告人(7月28日に保釈)は、廊下での私なりの第一印象は“若くて普通に可愛い感じのボクちゃん”だったが、じつは29歳。もうすぐ30歳なのだった。
 細いストライプの、黒のスーツ。3つボタン、3つ掛け。スーツの袖口にシャツがまったく見えないところからすると、ワイシャツは半袖か。
 独身で、母、姉と同居。定職に就かず、アルバイトで50万円ほど貯めると辞め、カネが底をつくとまたアルバイト、ということをやってたんだそうだ。本件当時も無職。

 6月9日、朝起きてテレビをつけて、1時間くらい経った頃、2ちゃんねるの、日本テレビを見ている人が書き込むところ(そんなのがあるんだ?)に、どういうスレッドを立てようか考えながらテレビ(日本テレビの放送)を見ていたら、8日の秋葉原の通り魔事件のことをやっていて、それを見て思いつきで、「今から池袋行って100人ぶっ殺す。もうすべてが嫌になった。俺もやる」と(句読点や漢字等の表記は傍聴席からは不明)、午前7時09分頃、書き込んだのだという。
 自分が立てたスレッドに多数の書き込みがあることが、どうも喜びになるらしい。は~、2chってそうなんだ~。

 その書き込みによって被告人は、通報を受理した警視庁池袋警察署に、同日11時から16時まで、警察官11名をして、管内の検索・警戒の業務に従事させ、交通取締り、捜査書類作成等の業務を妨害したものである、というのが公訴事実の内容。

 罪状認否。
被告人 「(公訴事実の内容に)間違いありません」
 例の事件(「脅迫・威力業務妨害」)の被告人と弁護人なら、「妨害する意志はなく、妨害になるとの認識もなかった」とか主張して、とことん争ったのかな…。

 検察官の立証は数分で終わり、次は弁護人による情状立証。
 被告人の母親を尋問。
 ハキハキしっかりしたお母さんなのだが、裁判所が情状証人に求めるパターンから、だいぶ外れてた。
 うちの息子は優しくて、今回はたまたま思いつきで大失敗をし、他人様に大きな迷惑をかけてしまった、十分反省し、もう二度としないはずなので大丈夫、親として信頼している(信頼できる息子である)と言うのだが、そんな優しくて信頼できる息子がなぜ今回のようなこと(思いつきによる重大な犯罪)をやってしまったのか、そこの分析がなければ、再犯を防ぐような監督はできないでしょ、というのが裁判所の考え方なのだ。
 な~んか、噛み合わないな~、と傍聴席でもどかしかった。

 続いて被告人質問。
 弁護人と検察官からの質問では、被告人は何度も、「11人もの警察官に迷惑をかけて申し訳なかった」旨言った。「業務妨害」の裁判なのだ。
 でも、私は違和感を覚えた。池袋に11人ってことは、警察もあんまり本気にしてなかったんだろうし、念のため検索・警戒の業務を行うのは警察の職務だ。それより、今回の書き込みの悪質さ、犯罪性の本質は…。

 最後に、裁判官から。
裁判官 「いま、いくつですか」
被告人 「29歳です」
裁判官 「あなたがイメージする、29歳のイメージはどんなふうですか」
被告人 「…子どもがいて、家族のため一生懸命に働いている…人たちです」
裁判官 「100人が100人、そうあるべきだとは言いませんけど…」
 という辺りで、被告人が急にうつむいてしまった。声が泣き声になり、鼻水をすすった。
 定職に就かず、2chにどんなスレッドを立てるかわくわく考え…そして、逮捕され長く勾留され、満席の傍聴人の前で、被告人として立たされ、母親まで…ものすごーく自分が情けなくなってしまった、ように私には思えた。

 そして裁判官は、弁護人も検察官も言わなかった、一番大事なことを言った。
裁判官 「これが一番大事なことなんだけど、秋葉原で起きた事件の被害者、遺族の方々が、また似たようなことをやると宣言しているのを(つまり被告人の書き込み)を見たら、どう思うか。(書き込みの内容は)思いつきとか、そんなことでやるようなことじゃないよね。被害者、遺族の方をどんな気持ちにさせるか。言ってること、わかりますか?」
被告人 「はい」
裁判官 「直接この裁判で問題になってないけど、そこを考えてほしいんだよ。よく考えて。いいね?」
被告人 「はい」

 被告人は被告人席へ戻り、検察官が論告。求刑は懲役1年6月。そして弁護人が弁論…。
 その間、まず、被告人の鼻の、先っちょのほうの下に、透明な滴(しずく)が見えた。涙と鼻水が混じったもののように見えた。嗚咽、ではなく、目から涙が、頬を伝わり落ちた。そして鼻の先からたらーりと、あごより下辺りまで、透明な鼻水が糸を引いた。
 満席の傍聴人の前で、だいぶ恥ずかしいことだろうに、被告人はハンカチ等で拭くこともせず、赤くなった目を開き、鼻水を垂らして、被告人に座っていた。
 それを見る限り、息子に対する母親の信頼は誤ってないように思えた。恐るべきは2chへの耽溺、なのかもしれない。
 11時55分閉廷。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

restaurant またも合同庁舎5号館(厚労省など)の地下食堂へ。けど、中華定職A(480円)も洋定食A(480円)も、今日のはイマイチ魅力に欠け、パスタも飽きたので、家庭裁判所の地下食堂へ。ラーメン(370円)と半炒飯(110円)。炒飯はちょっとアレだったが、計480円でこれなら悪くない。また来るかも。
 早々帰って、久しぶりにコミセンのプールへ。足裏の手術もありだいぶ運動不足だったので、10往復でカンベンしてやることに。ただ、小学生らに誘われて鬼ごっこをし、疲れた~。

pen 6日夜、TBSで「交通警察24時」とかいう番組があったでしょ。交通刑務所の服役囚のインタビュー、あの服役囚がやった飲酒死亡事故は、2006年12月27日に傍聴した事件だ。判決は懲役2年。詳しくは『ラジオライフ』の2007年1月末の発売号に書いたっけ。 

人気blogランキング ← 8月7日6時30分現在、350で11位~happy02

東京地裁における傍聴席の奪い合い

8月6日(水) その2

full さて今日は11時から東京地裁405号法廷で、「業務妨害」の新件がある。
 秋葉原でのあの通り魔事件(6月8日)の翌9日、2chに「今から池袋行って100人ぶっ殺す もうすべてが嫌になった 俺もやる」とか投稿して6月15日に逮捕された事件だ。

 4階は、大きな裁判所ビルの南北を貫く幹廊下の、まず北の端っこの両側に、401(傍聴席20席)と402(同20席)がある。そこから南進して、最初の枝廊下(左右に展開)の、左だか右だかどっちかに、403(40数席)、404(20席)、405(40数席)があるんだっけ。なら、まぁ、余裕かな、とゆっくり一服して10時35分か40分頃に行くと…。

 げっ、そこの枝廊下は、403(20席)、404(20席)、405(20席)406(40数席)の並びだった。もう5年以上、この裁判所ビルへ通い詰めて、まだ頭に入ってないよ~。

 405号法廷のドアのそばに、いつもスカートの阿曽山大噴火さんが、パンツ丸見え状態でしゃがんでた。そんなの見せないでよぉ~。阿曽山さんによれば、スカートのなかは下着のパンツではないから良いんだそうだ。そうは言ってもさぁ~(笑)。

 法廷のなかでは、10時からの「強制わいせつ」をまだやっており、ぎっしり満席だった。事件が少なくて夏休みの若い傍聴人が多いこの時期、ただでさえ人気の色情系を20席の法廷でやれば、そりゃ満席にもなるわ。

 しかし! その傍聴人の何割かは、じつは11時からのを傍聴するための席取りでいる可能性がある。そうでなくても、10時からのが終わった直後の雰囲気から「なんだ!?」となり、傍聴席に居続ける人もいるかも。
 そうすると、「強制わいせつ」が終わって出る傍聴人は、20人のうち何人? 新たに入る傍聴人は数席を奪い合うことになる可能性がある。やばいっ!

 なのに、その時点で、ドアの前の張り付きは阿曽山さんだけ。向かいの一般待合室に、この事件を傍聴予定らしい人たちが多数。
 そんなノンキなことではダメじゃーん。私は、2つあるドア(1つの法廷もあるがこの法廷は2つ)の、阿曽山さんとは反対側のドアに張り付いた。

 時間が経つにつれ、枝廊下へどんどん傍聴希望者がやってきて、一般待合室の人たちも出てきた。

 10時50分頃だったか、弁護士バッヂを付けた男性と、見た目20歳前後くらいの、スーツの小柄な男性と、その母親らしき3人が来た。被告人としか思えないが、え? こんな若い、普通に可愛い感じのボクちゃんが、あの事件の被告人? というのが私の正直な印象。
 3人は、まだ法廷に入れないと知り、傍聴希望者の輪から離れた。

 私は、ドアの隙間から聞き耳を立てていた。
 10時からの「強制わいせつ」は、埼京線内での「迷惑防止条例違反」(痴漢)で罰金前科2犯ありぃの、埼京線内での痴漢だった。
 それも、被害者(16歳)のスカート内に手を入れて、スパッツか何かの上から触るだけでなく、被害者の手を自分のズボンのチャックのところからなかへ入れさせ、チャックを上げて抜けないようにし、勃起した陰茎をトランクスの上から上下にさすらせる等したのだという。そのような行為は、9分間にわたったのだという。
 勤務先は懲戒解雇され、妻とは離婚。育ち盛りの子ども3人の養育費、被害者への賠償金50万円を、これから働いて支払っていかねばならないので、どうか執行猶予をと弁護人は言っていたが…。

 11時04分、判決期日を決めて終わったところで、急いで法廷内へ。
 最前列中央、若干弁護人席に近いほうの一番良い席から、中高生らしき女子が立ったので、そこへ。あ~、よかった。それから背後をよくチェックしてないが、新たに入れたのは10人に満たなかったかも。阿曽山さんは当然、入れた。

 こういう席の“奪い合い”は嫌だな~。
 高校生の頃、パチンコ屋の新装開店には必ず並んだもんだが、あの頃を思い出す。軍艦マーチとともに雪崩れ込み、玉皿にタバコかマッチ(当時はマッチが主流)を叩き込む…。片町の、たしかグランド会館で、玄関の自動ドアのガラスが割れ、誰かケガするってことがあったが、他人事でしかなく、こっちは良い台を取るのに必死。気持ちの荒(すさ)みを感じたもんだ。

 さっきの3人が、やはり11時からの裁判の弁護人と被告人とその母親で…。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 8月7日6時30分現在、350で11位~happy02

北海道の無免許&オービス36を東京地裁で

8月6日(水) その1

 朝の地下鉄で、阿曽山大噴火さんを見かけた。同じ電車で昨日は、よく会う見知りの弁護士さんに会った。この広い東京で。って裁判所へ向かう電車内、だからか。

cat 10時から東京地裁・刑事10部(鈴木秀行裁判官。以前、東京高裁・刑事6部で右陪席やってた)801号法廷で、「道路交通法違反」の新件。
 9時55分に入ると、傍聴席20席の奥のほう5席+5席に9人、黒いズボンに白系の半袖シャツに若いネクタイの、短髪の若者たちがいた。
 新人の研修なのだろう。でも一般企業の雰囲気ではない。警察? 自衛隊?
 同じ雰囲気の若者たちを、あとで裁判所内のあちこちで見かけたので、ちょろっと聞いたら(オヤジは平気でそんなことするんだよね~。笑)、「消防」とのこと。どうも分散して傍聴するよう指示されてるらしい。他の傍聴人への配慮だとすれば、さすが消防、偉いっ!

clip 被告人は身柄(拘置所)。坊主頭で、目付きや口元など、表情がしっかりしている。メガネがお洒落。
 現在46歳で、1993年頃から暴力団に入り、前科12犯。現住所は東京拘置所。
 1994年頃に養子縁組した北海道内のテキ屋(?)の組長の面会に刑務所へ行き、その帰り、北海道十勝郡内の道路を無免許で運転し、オービスにより36キロメートル毎時超過で測定・撮影された…というふうな事件。
  2007年1月、本件公訴事実の件。
  2007年7月(?)、出頭の求めに応じないまま、仕事で横浜へ。
  2007年7月、北海道での別の無免許につき、横浜で罰金25万円。
          ※その前に無免許で罰金20万円となったことがあるようだ。
  2007年9月、北海道へ戻ったが忙しくて出頭せず。
  2008年3月、東京で覚せい剤で逮捕。
  2008年6月、覚せい剤により東京地裁で懲役2年6月(現在服役中)。

 そしたら、2008年6月の裁判のとき、本件も併合すればよかったのに、間に合わないからと本件は別扱いになったんだそうだ。
 被告人の説明は的確で、鈴木裁判官も「そういう流れだったの、はーん、わかりました」と肯いてた。
 求刑は懲役5月。10時25分閉廷。
 きっぱりした、気持ちの良い被告人だった。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 8月7日5時50分現在、340で13位~happy02

2008年8月 6日 (水)

違反切符偽造 なぜ親族の名前で?

 7月末から8月1日にかけての「自動車ニュース&コラム」をまとめ読み。
 世間ではいろんなニュースがあったんだねぇ!

警部補が調書など数十件を偽造
 県警交通企画課の警部補(41)が小出署など過去の勤務先で、交通事故の調書や交通違反切符など少なくとも数十件を偽造していた疑いが強まったとして、県警が警部補から任意で事情聴取をしていることが29日、分かった。交通違反では適正な処理を怠り、反則金を自ら穴埋めしていたことも判明。県警は虚偽公文書作成、同行使などの容疑で捜査しており、容疑が固まり次第、立件する方針だ。

 と7月30日付け新潟日報(上掲はその一部)。
 所轄の交通係はほんと大変だそうで、書類の偽造、放置、廃棄はよくあるようだ。この警部補がどんな人なのか知らないが、可愛そうに…と思う。
 で、私が気になるのは、同記事の以下の部分。

 調べでは、警部補は交通違反の取り締まりで、本来は違反者に反則切符を現場で渡す必要があるにもかかわらず、交付しなかったとみられる。その切符の処理では、違反者として自分の親族の名前を使って虚偽の事実を記入し、反則金は自ら支払っていた。

 なぜ「親族の名前」など使う必要があったのか。実績(ノルマ消化)のために最初から「親族の名前」で架空のキップを作成した、とは考えにくいんじゃないか。

 キップには通し番号があり、いつどこの係に何番から何番まで交付されたか、がっちり管理されてる。誤記も管理される。
 そんななかで、想像するに、キップの2枚目、事件原票の供述欄に、反則者の署名・押印を取れない場合、否認事件の扱いとなって面倒な書類を作成しなければならず、かつ署名・押印をあんまり取れない者は無能者扱いされるところ、この人は、待ち伏せ取締りのとき、キップに反則者を特定する事項を記入する前に、反則者の署名・押印を求める、ということをやっていたのではないか。
 でもって、反則者が署名・押印を拒否したらあきらめ、次の“獲物”に対し、そのキップを使って取り締まる(署名・押印を求める)ということをやっていて、次の“獲物”が来ないとか、次の“獲物”も拒否するとか、そういう場合に、仕方なく「親族の名前」を自分で記入し、供述欄への署名・押印も自分でし、反則金を仮納付したと…。
 しかし、もしそうなら、なんで発覚したのか…。

 ゴネラーへの処方箋 警察官のための実戦的心理学講座 ゴネラーへの処方箋 警察官のための実戦的心理学講座
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 以下は、UK Today BY JAPAN JOURNALS LTD の一部。  

また行き過ぎ? 新たな駐車罰金ルール
「配慮の足りない」駐車をしたドライバーを取り締まるため、新たな罰金ルールが施行されるようになったことが報じられている。
それによると、歩道から18インチ(約45センチメートル)以上離れて駐車する、いわゆるダブルパーキングをしたり、私有地内の車道への出入口を塞いだり、車イスやベビーカーのために一段低くなっている歩道のじゃまになるような駐車をしたケースが違反対象になるという。こうしたケースについては、違反になることを警告する標識や道路標示がなくても、各自治体はドライバーに対して駐車違反チケットを切ることができ、ドライバーには70ポンド(約1万4,000円)の罰金が課せられる。

 「新たな罰金ルール」って、法定違反のこと? そのまま読むと、イギリスの駐禁はこれまで指定違反だけだったように取れるのだが。
 記事では、「新たな罰金ルール」はだいぶ批判を浴びてるらしい。
 イギリスで切られる「駐車違反チケット」の枚数は、日本と比べてものすご~く多いとは、たしか警察庁が、放置違反金制度と駐禁取締りの民間委託を持ち出すとき、出した資料のなかにあったんだっけ。
 そのことも考え合わせると、
「駐車禁止の規制に理由などない。違反は、良い悪いじゃなくて、見つかったらカネを取られるだけ。ゲームのようなものだ。悪い駐車だから取り締まるなんて混乱のもとだ」
 つーこと?

 ほか、「路上の亡霊? 警察の速度レーザー探知をかく乱する「Laser Star」(動画)」なんてネタも。
 「「速度違反取締の場所」をGPS機器に送るサービス」なんてのも。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 8月6日8時30分現在、350で14位~happy02

ケータイのサイトで知り合った女性の援助で上京し

8月5日(火)

 午前2時過ぎまで、多くても2時間半しか寝ておらず、どうしようか悩んだのだが、ええい、今この時点ではまだつぶれるほど眠くはないから、朝一から出かけてしまえ、と裁判所へ。

run 着いたのが10時の5分前。傍聴ノート及び手帳には、10時から傍聴予定の記載はナシ。1階の開廷表を見ようにも、学生風男女が占領してる。一か八か、南側の8階以上行きエレベータで8階へ行き、南側の簡裁826号法廷へ飛び込んでみよう、開いてなければ10時からの傍聴はあきらめて…。

clip 幸運にも開いており、10時から簡裁・1室2係(永瀨進裁判官)で「占有離脱物横領」の新件を傍聴。
 被告人(身柄、拘置所)は23歳。ごわごわの金髪(脱色か)。バラエティ番組に出ても違和感のない、お茶の間で可愛がられる、みたいな雰囲気。何やらお洒落なTシャツに、尻の割れ目の下辺りまでズリ下げたような、尻ポケットにフラップとボタン付きのジーンズ。勾留中ではベルトを使えないから、なおさらなんだろう。

 携帯電話の料金を月に20~30万、親に払わせたこと等からか親とケンカになり、ケータイのサイトで知り合った女性と暮らそうと、旅費を送ってもらって上京、就職先(警備会社)も世話してもらって面接へ行こうとしたが、場所がわからず、疲れたからと、氏名不詳者が遺留した他人の自転車(5000円相当)を自己の物として持ち去り、職質で逮捕。1週間後に釈放されたが、更生保護施設への入所を希望せず、女性のもとへ行き、もらった現金でネットカフェなどを泊まり歩き、文無しになってから4日間、コンビニで10回くらい万引きして食いつなぎ、公園で寝泊まりしていたが、また疲れたからと、前回と同様に自転車(7000円相当)を自己のものとし、また職質で発覚して逮捕…。
 上京するずっと前の2007年6月、窃盗(マンガ10冊万引き)で懲役1年、執行猶予3年の前科あり。窃盗の前歴5回。

 甲号証、母親からの電話聞き取りによれば、ずっと迷惑をかけられていた、またやったのか、死のうと何度考えたことか、しかし障害を持つ子がいて死ねなかった、盗むことを軽く考えている、私の財布からも盗んだ、もう面倒みきれない…。
 両親から見放されたのだそうだ。

 人定質問のときから、どうもおかしいなと思っていたら。
弁護人 「言葉が滑(なめ)らかに出ないこと、ありますね?」
被告人 「はい」
 緊張で声が小さいとか、若者ゆえに語彙が少ないとか、文法がデタラメで語尾が消え入る、とかいうのを超えて、どうも言葉が不自由(な場合がある)らしかった。学校ではイジメられていたという。 
裁判官 「被告人は、自分はどういう性格だと思いますか?」
 聴き取れたところを文字にすると…。
被告人 「馬鹿者で、抑えが効かないっていう…自分勝手に何でも考えて、自分で考えたことをそのままいくっていう…いいほうにいけばいーんだけど…」

 傍聴人としては、「ケータイのサイトで知り合った女性」って何歳くらい? 何やってる人? カネ持ってる風だけど何者? そんなふうに上京させるのは被告人が初めて? そのへんが、ものすごく気になるんだけど、それは占脱(せんだつ)で被告人を有罪にすることとは関係ないので、誰も、つか少なくとも傍聴人には分からないのだった。

 求刑は懲役1年。10時40分閉廷。
 この時期、裁判所は開廷が少ないのに、10代後半と思しき夏休みの男女がグループでたくさん来て、いつもと違う感じになる。この公判も、途中から9人ほど入ってきた…。
 私は10代の頃(中学2年の終わり頃から)、映画に狂ってたわけだが、もしも裁判傍聴の味を知ったら、もう完全に人生が狂ってたかもね。どんなふうに!?

clip 11時から東京地裁532号法廷で、7月15日に第1回を傍聴した「危険運転致傷(7月25日の第2回は傍聴できなかった)の、判決。

 判決は懲役3年、執行猶予5年。

第二百八条の二  アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。その進行を制御することが困難な高速度で、又はその進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させ、よって人を死傷させた者も、同様とする。
 人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転し、よって人を死傷させた者も、前項と同様とする。赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転し、よって人を死傷させた者も、同様とする。

 山口裁判官は、「すべて赤色表示のうちに通過できると判断したこと」を、酌むべき情状の1つに挙げていた。
 進行方向の信号が赤になった後、交差道路の信号が青になるまでに、数秒(多くは3秒)あるから、その間に交差点を抜けられると「判断」したことは、危険運転致死傷の良い情状になるのか…。
 ま、そのへんは、山口裁判官の独自の判断ってわけじゃなく、裁判官会議などで念入りに検討され、解説書も出てるんだろう、とは思うけど。
 とにかくこの山口裁判官の法廷は、判決期日でさえ、いつ“爆発”するかという緊迫感があるね。どこでどれくらい、狂ったように咬みつくか、予想がつかないところがあって、刺激に麻痺した傍聴マニア好み、かもしれない。私? 私はまだまだ純情ですよぅ。

 被告人は、実刑もあり得ると弁護人から言われていたのだろうか、証言台の前で起立中、両の拳を握りしめ、スーツの上着の裾を掴み、むずむず動かしていた。
 11時04分閉廷。

 同じ11時から、東京地裁・民事49部(中村也寸志・宮島文邦・中保秀隆裁判官)で、原告109人、被告は富士スピードウェイ(株)の「損害賠償」の第1回弁論があり、すぐそっちへ行けばよかったんだが、気がついたのは、もっと後だったのね。
 なもんで、今週の東京簡裁と東京高裁の予定をチェック。
 地下の書店(『裁判中毒』もあるよ!)で、本を2冊買う。

確認刑事政策・犯罪学用語250 Book 確認刑事政策・犯罪学用語250

著者:石川 正興,小野 正博,山口 昭夫
販売元:成文堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

つぶせ!裁判員制度 (新潮新書 254) Book つぶせ!裁判員制度 (新潮新書 254)

著者:井上 薫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 『確認刑事政策・犯罪学用語250』は、単なる法律用語辞典じゃなくて、「犯罪政策・犯罪学」の用語ってとこが、良い。ちょっとした空き時間に手軽に読めて、お勉強になりそう。

clip 11時30分から東京高裁・刑事10部(須田贒・横山泰造・片山康裁判官)805号法廷で、「強盗致傷」の判決。
 埼玉の民家の駐車場に、施錠されずに駐車してあった車を、車上荒らし。背後から抱え込んで捕まえようとした家人(亭主)を、振り回して転倒させ、馬乗りになって手拳で殴打し、全身打撲で加療約1週間の傷害を負わせたんだという。
 ところが被告人は、落ちていたビニール袋をの家の玄関に置こうとしただけ、などと真っ向否認してるのだった。
 判決は控訴棄却。当審における未決50日算入。訴訟費用不負担。

 被告人は見た目40代で、意志の固そうな感じ。言い渡しの間ずっと、顔と体を法壇へ向け、須田裁判長を見つめてるらしかった(目は見えないので「らしかった」)。
 須田裁判長が上訴権を告知すると、被告人が鋭く言った。
被告人 「相手(被害者夫婦)がウソ言ってます!」
裁判長 「裁判所はね、そういうのは認めないということです」
 3人の裁判官はすぐに立ち上がり、奥のドアへ去った。
被告人 「上告させてもらいます!」
 被告人は刑務官により再び手錠・腰縄をつけられ、弁護人に、
被告人 「じゃお願いします!」
 と言って去った。
 弁護人は、拙著『裁判中毒』の157ページ、「合意にもとづく“強姦”未遂」に出てくる、あの隻眼のお年寄りだった。薄青のワイシャツに、宝石のような深い青(黒に近い紺)のネクタイが決まってた。
 11時44分閉廷。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

thunderrain 1階へ降りると、外は黄色く暗くなり、土砂降り! 雷も鳴ってる! 雷雨だよ。下駄だから雨は平気だが、げっ、傘がない
 地下の通路から家裁の地下へ。
 ふらふら家裁の食堂のメニューを見ると、ラーメン380円、セットなら半炒飯が110円、通常サイズの炒飯が190円なんだね。半炒飯ラーメン490円って、昔、神保町でよく食った値段じゃないか。570円出せば普通の炒飯&ラーメン。うむむぅっ。

 誘惑を振り切って1階へ上がり、家裁の裏から、ひゃ~っとか叫びつつ弁護士会館の裏へ小走り。そして弁護士会館の地下へ。これがたぶん、裁判所から地下鉄への、もっとも濡れの少ないルートだろうと。

restaurant080805_12160001 地下鉄の駅を素通りし、合同庁舎5号館(厚労省など)の地下食堂で、またも中華定食Aをパスし、洋定食A、きょうはキャベツメンチカツで480円。画像の緑色の小鉢は、小松菜のおひたし。箸は、最初は箸で食べようと思ったのでトレイに載せたのだ。

 五穀米は、ご飯茶碗のと、洋食用の平たい皿のとあるところ、皿のを選び、スプーンとフォークで食べてみた。
 スプーンをナイフとして使い、フォークで刺せないものはスプーンで口に運ぶ、それがアジアの洋食の作法だ! 

 ここの食堂は広いのに、今日はメッチャ混雑してた。トレイを持って空席を探す職員が多数うろうろ。突然の雷雨のせいなんだろう。昼休みは庁舎を出て、よそで食事する職員が、どこの省庁でも、けっこういるのだ。歩いて行けるところだと、日比谷公園内の、松本楼のそばの、あの洒落たレストラン、メインディッシュ以外は食べ放題(とはそういうお洒落なレストランでは言わないか)のランチとか? 法曹会館の地下のレストランとか? あと、このへんではどこがあるんだろう。

人気blogランキング ← 8月6日0時10分現在、330で12位~happy02

2008年8月 5日 (火)

仙台のタクシーに何があった!?

 8月2日付け河北新報。太字は今井。

駐車違反摘発に不満 タクシー組合、4日抗議集会
 客待ちタクシーの駐車違反に対する仙台中央署の取り締まりが厳しすぎるとして、タクシー運転手らの労組「自交総連宮城地連」(組合員約500人)が4日、中央署近くの五橋公園(青葉区)で抗議集会を開く。地連は「私服警官にいきなり反則切符を切られるケースが多い。普通に注意・指導してくれれば、運転手も従って移動するのに…」とこぼしている。
 集会は正午から約1時間行われ、約50人が参加する見込み。運転手たちがハンドマイクを手に、取り締まりへの不満をぶつけるという。
 地連が主に仙台市内の組合員約350人を対象に実施したアンケートでは、2007年2月―08年3月、計45件の摘発を受け、うち39件が私服警察官による取り締まりだった。
 運転手からは「予約先に2、3分前に到着し、待っていたら切符を切られた」「乗客と思ってドアを開けたら私服警官で、その場で反則切符を切られた」などの声が出たという。
 地連は4月、仙台中央署に取り締まり前の事前警告などを求める要請書を提出したが、中央署は要請書の受け取りを拒んだため、抗議集会を開くことにしたという。
 中央署は「違反行為を取り締まるのは警察の当然の責務。過剰な取り締まりなどではない。タクシーの駐停車に対する市民の苦情も多い」としている。

 確認標章を取り付けられることと、反則切符を切られることとは、まったく違う
 ところが、とにかく何でもかんでも「切られる」と表現する人が多い。
 そこに、なじみがあってナンとなくそれらしい「反則切符」をくっつけ、確認標章を取り付けられた場合も「反則切符を切られた」と表現する…そんな人もいるだろう。
 だが、運転者がいるのに確認標章を取り付けることはあり得ない。
 したがって上掲の記事は、正しい意味で「反則切符を切られた」と報じているようだと認めることができる。放置駐車ではない駐車違反、に対する反則告知がガンガン行われてるよ、と。

 そうすると、しかしこれは、だいぶんに奇妙なニュースだと思う。

 交通規則には、大きくはふたつの意味がある。
 ひとつは、ぶっちゃけ、集金を合法化することだ。
 多くの者が、「べつに厳密に守る必要はない」と感じ、実際、守らなくても支障はなく、守らないほうが運転や生活はかえって安全でスムーズだよと感じる、そんな規則の“網”をばさっとかけておいて、多くは善良な違反者のごく一部から、「規則に違反した。違反は違反だ」とカネを巻き上げる…それが交通取締りの基本といえる。もちろん、違反を根絶やしにするような取締りは行わない。検挙率は1%にも満たない…。
 そこからすると、タクシー運転者を目の敵にするかような、この仙台中央署のやり方は、おかしい…。

 交通規則のもうひとつの意味は、気にくわない相手、とにかく身柄を拘束したい相手を、違反を理由にいつでも検挙できるようにしておく、ということだ。
 たとえば、ある宗教団体の信者を引っぱるために、あるいは反戦運動を蹴散らすために、交通規則は利用できる。だから道路交通法は治安法だと言われたりする。

 そう、河北新報のこのニュースは、仙台中央署が駐車禁止規制を、タクシーに対して、後者の目的で用いているように、どうも見えるんだよね。
 なぜ? 同署管内のタクシーは、よっぽど傍若無人な雲助野郎ばっか、なのか。はたまた、同署管内のタクシーは、特殊な宗教や政治団体と濃密な関係を持っているのか…。

 あるいは、もっと単純に、駐車違反者が放置違反金へ流れることによる反則金の減収を、駐車違反以外だけで埋めることができず、放置でない駐車違反からもガシガシ反則金を取ることにした…とか?

 とまぁ、交通違反バカは、こんなニュースひとつでごちゃごちゃ考えるのでありました…という話。とほほ。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫 P- 147)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 数日前から、「被告人氏名・罪名・法廷・期日(第1回、審理、判決)」だけを、傍聴した事件も傍聴してない事件も含めて、エクセルの表にどんどん打ち込んでいく、ということを始めた。こんなのがいったい何の役に立つのか、と思いつつ、なんとなく、それをやっておくほうが良さそうな気が最近してたので。

人気blogランキング ← 8月5日6時30分現在、340で13位~happy02

2008年8月 3日 (日)

決闘罪ニ関スル件

決闘で少年15人家裁送致…ブログの“挑戦状”めぐり
 仙台地検は1日、仙台市の港で5月にあった少年ら同士の“決闘”事件で逮捕された、宮城県塩釜市の高校生ら少年15人について、傷害と決闘(決闘挑応)の非行事実で7人を「保護観察が相当」との意見を付けて仙台家裁に送致した。残る8人も同日までに、傷害の非行事実で同家裁に送致した。

 と8月2日付けZAKZAK(上掲はその一部)。
 「5月にあった」? と検索してみると、7月16日付けの「イザ!」がこう報じてる。

ブログで挑戦状書き込み決闘 少年グループを逮捕
 対立する少年グループから決闘を申し込まれ、応戦してけがを負わせたとして宮城県警少年課などは16日、決闘や傷害の疑いで、多賀城市の解体工(17)ら少年15人を逮捕したと発表した。宮城県で決闘罪が適応された事件は、少なくとも20年ぶりという。
 調べでは、少年らは5月21日午後7時ごろ、仙台市宮城野区の港に約40人で集結し、対立する少年グループの10人と決闘。鉄パイプや木刀、手にはめる武器「メリケンサック」などを使って攻撃し、6人の腕や鼻の骨を折るなどのケガを負わせた疑い。
 少年グループはともに、中学校や高校の同級生などで構成されていた。対立グループの少年が決闘の前日、ブログに「おれらと闘わないか」などと書き込み、決闘の場所や時間を決めたという。
 調べに対し、負傷した対立グループの少年は「自分たちの仲間を『うぜえ』といわれ、腹が立っていた。自宅で決闘シーンのあるDVDを見て触発され、決闘を申し込んだ」などと説明しており、県警は対立グループの少年らについても同容疑で調べている。

 ネットをバーチャルな妄想の世界としてだけ使わず、現実世界での交流を大事にした、というのは今どき見上げた青少年ではないか。ただ、8月2日付けZAKZAKの記事にあるこの部分…。

 少年グループは、悪口を言われたことを根に持って挑戦状を出したが、40人以上集まった相手に一方的に暴行された。

 この部分はイタダケませんな。男子たる者、決闘はフェアにやりなさい。
 なーんて、分かった風な偉そうなオヤジコメント、虫酸が走るぜ。

 いや、そんな話じゃないのだ。
 「決闘挑応」。
 「明治二十二年法律第三十四号(決闘罪ニ関スル件)」。

第一条  決闘ヲ挑ミタル者又ハ其挑ニ応シタル者ハ六月以上二年以下ノ重禁錮ニ処シ十円以上百円以下ノ罰金ヲ附加ス

 明治22年の法律かぁ…。
 決闘の申し込みに応じた側だけを家裁送致したなら、「挑ニ応シタル者」で「決闘応挑」だろうに、報道は「決闘挑応」となってるのは、「挑ミタル者」も「応シタル者」も両方家裁送致したって意味なんだよね、あるいは、そんな分け方はなくて、第1条に触れる行為を「決闘挑応」と言うのかな、じゃなくて「決闘挑応」は「決闘ノ挑ニ応スル行為」なのかな…嗚呼、そんなことばっか気になる私は裁判中毒人(笑)。

 2006年の「検察統計年報」の「罪名別 被疑事件の既済及び未済の人員」を見ると、「決闘罪に関する件」の総数は37人。全員が「家庭裁判所に送致」となってる。決闘をやるのは少年ばかり、つーことだ。そうか、大人は決闘なんてやらないのか…。
 2005年の同データでは、総数35人で、家裁送致が34人、公判請求が1人。この1人は、乱闘のなかに成人が1人混じってたか、手続きを進めるうちに1人だけ20歳の誕生日を迎えたか、あるいは、かなり凄いことをやって逆送となったか、そう推理するのがストレートだよね。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 土曜夜、独身の娘さんのアパートへ、用事があって行き、発泡酒を飲んでトイレ(洋式)を借り、私が“座りオシッコ派”であることを告げたところ、ものすご~く驚かれてしまった。感動…されたのかな(笑)。
 今は、洋式トイレにおける男子の“座りオシッコ派”と“立ちション派”、どっちがどれくらい多いんだろう…。雑誌『LEON』の次の特集は、「イタリアオヤジ 座りオシッコの魅せドコロ」…まだ言ってるよ!

人気blogランキング ← 8月3日9時00分現在、340で15位~happy02

2008年8月 1日 (金)

イタリアオヤジのアーバン下駄ライフ!?

 『月刊交通』(東京法令出版)は、その月の号がいつもその月の末に送られてくるという雑誌界の異端児である(笑)。

 その今年7月号の特集は「交通規制と交通安全」。
 そのなかの「一般道路における車両速度の傾向について」を読み、調査研究? へぇ~、そんなのがあったんだ~、と検索してみたら、当ブログの2007年3月19日の記事がヒットした。
 「規制速度決定の在り方に関する調査研究の平成18年度における調査研究結果について」は、すでに紹介してたのだ。もう完全に忘れてたっ。sweat01

 平成19年度(2007年度)のその報告は、警察庁のHPにアップされてる。
 都市高速道路では、

・設計速度60km/h の平均速度は78.9km/h となった。
・設計速度50km/h の平均速度は68.2km/h となった。

 などとある。

 もう8月。
 今年は7月7日以降、いっぺんも靴を履いてない。だぁって暑いんだもん…。
 ここで下駄履き男子へワンポイントアドバイス。
 木目が詰まった良い下駄は、大理石などつるつるした床では、滑りやすいし、カラコロうるさい。晴天が続いて下駄が乾燥してると、とくに顕著となる。
 そこで、下駄の歯を、お洒落なビルの噴水にひたし、噴水が近くにない場合はトイレなどでしばし流水をかけ、湿らせておく。これで静かに安定して歩ける。あなたが下駄を履いてるとは、誰も気づかない。
※ 雑誌『LEON』の次の特集は「イタリアオヤジのアーバン下駄ライフ」「バカンスから出張まで、ちょい下駄オヤジの魅せドコロ」だとの未確認情報が!! …えへへ。

人気blogランキング ← 8月1日7時00分現在、320で16位~happy02

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »