フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« パークパク、キュッキュと女の子は歌い続け | トップページ | 3万円 ならいいかなと 17歳 »

2008年8月31日 (日)

咳止めの飲み薬と躁鬱病と犯罪の関係

 8月27日に東京簡裁・刑事1室3係(八木澤秀司裁判官)534号法廷で、その日最後に傍聴した「窃盗未遂」(更衣室荒らし)、私は時間がなくて内容を書かなかったが、産経ニュースのサイトに「【法廷から】孤独妻が金を欲しかった理由」としてアップされてる。
 534号の傍聴席は20席。始まる時点で18席埋まってた。その1人が「末崎光喜」さんだったわけだね。

 あの公判は、傍聴席の、左後ろの席のカップルの、男のほうが、最初からずっと帽子(キャップではなくハット)をかぶってたようだ。薄茶色でひさしが小さめ、おしゃれなのを。裁判官は気づかないはずがないと思うのだが、だとすると、あの程度だと近頃は許容範囲(とする場合もあるってこと)なんだろうか。
 ま、被告人が女性氏名だとしても、簡裁の法廷がほぼ埋まるなんて、かつてはまぁず考えられなかったことだ。警察が大きく記者発表してワイドショーでも話題になった事件、以外の公判の様子が、新聞社のサイトに長文で載るのも。
 そういうのも含めて、時代は変わる、つーことなんだろうか。

 内容について、私のほうでちょっと付け加えとくと、被告人は最初から、姿勢良く立ち、「はいっ、はいっ」とハキハキしてた。デパートの、明るい店員の接客、のようだった。言いにくいだろうことでも、逡巡がなく、明るくきっぱり述べてた。
 最後はこうだった。
裁判官 「それでは…」
被告人 「はいっ」
裁判官 「判決の…」
被告人 「はいっ」
裁判官 「言い渡しは…」
被告人 「はいっ」
裁判官 「9月の…」
被告人 「はいっ」
 ちなみに八木澤裁判官は、噛みしめるようにゆっくり話すことが多いのだ(それもあって、いつも予定時間をオーバーする)。
 閉廷し、
被告人 「ありがとうございました~!」
 いかにも異様だった。

 被告人が「金を欲しかった理由」は、もっぱら「咳止めの飲み薬」を買うためだったそうな。

【たん・咳止め】新ブロン液エース 120ml 【たん・咳止め】新ブロン液エース 120ml

販売元:ナイスドラッグ
楽天市場で詳細を確認する

 ブロンではないらしかった。
被告人 「咳止めの飲み薬です。シントミン(?) もう3年くらい前から。毎日、1日2~3本飲んでました」
 「(?)」は、私がよく聴き取れなかったという意味。

新トニン咳止め液 60ml 新トニン咳止め液 60ml
販売元:すずき薬品
すずき薬品で詳細を確認する

 しっかし、今やこんなものまでネットで販売してるんだねぇ。ンなもの、店頭で買えばいいだろうに、必要なとき直ちに。

 「咳止めの飲み薬」には何やら中毒性があるそうで、交通違反が専門の私はそんなこと考えてもみなかったが、検察官は犯罪に関わるモノとして当然に承知してるようだった。なるほど、中毒や犯罪に関わるものだから店頭では買いづらい、だからネットで…というなら話はスジがとおってる?

 「咳止めの飲み薬」が、被告人の通院の理由であるうつ病に関係しており、明るい店員の接客のような態度・口調だったのは、躁(そう)状態なのではないか、という想像は当たってるのか外れてるのか、まずは近所の薬局で尋ねてみようか。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 先日、雑誌の記事を書く都合から、別の裁判の女性被告人の格好について、新宿の京王デパートで、膝下までのストッキングのようなものは何という名称か、流行っているのか、高いヒールで足首にベルトを巻く靴を、何と呼ぶのか、ベルト部分を何と呼ぶのか、店員さんに真剣に尋ねたら、どうも変なオヤジと思われたらしい。いや~ん(笑)。

人気blogランキング ← 8月31日7時30分現在、450で11位~happy02

« パークパク、キュッキュと女の子は歌い続け | トップページ | 3万円 ならいいかなと 17歳 »

刑事/窃盗」カテゴリの記事