フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 8月の裁判所は | トップページ | 裁判員の日当、3万円に大幅アップ? »

2008年8月10日 (日)

社民党と共産党、偉いっ!

P1020144  人間に間違いは付きもの。間違ったとわかったとき、非を認めてちゃんと対処できるかどうか、そこでその人間の価値が決まる。
 しかし政党は人間じゃないから、どうかなぁ…と思ってたんだが、社民党と共産党、非を認めましたね! 偉いっ!
 ま、これは、「非を認めた」んじゃなくて「××を××したのだ」と言われるかもしれないけど、そのへん何であっても、偉いと思うです。

※ 画像は仙台の半田屋のショーウィンドゥ。でも私は食べてない。仙台では裁判所と県庁と県警本部の食堂が楽しみで。記事本文とは関係ないです、スマソ。

 以下は、「裁判員制度の実施に対する社民党の見解」(2008年8月7日/社会民主党内閣・法務部会/部会長 近藤正道)の一部。

 施行を目前に控えた現段階において、なお約8割の市民が参加に消極的(06年12月の内閣府調査では裁判員制度への参加に消極的な意見が78・1%、08年1~2月の最高裁調査で82・4%)という現状は、民主主義の前提を欠き、理解・支持のレベルとして、あまりに不十分といわざるを得ない。市民の支持と十分な理解のないまま、制度施行を強行するべきではない。

             (中略)

 こうした中、本当に09年5月から裁判員制度を実施してよいのか、施行の条件は整っているのか、一度立ち止まり、裁判員制度をとりまく現状と問題点を直視し、実施の延期も含め、場合によっては裁判員法等の改正も視野にいれつつ、慎重に再検討すべきではないかと考える。

 日本共産党も、市田忠義書記局長が記者会見でこう語ったという。

   こういう主張や現状を無視したまま制度を実施するなら、重大な禍根を残す結果にならざるを得ません。したがって、再検討をして実施の延期を求めるというのが、わが党の立場です。

 政党でさえ、そう発表せざるを得ないほど、2009年5月から始まるとされる「裁判員制度」はヤバイ、そして「実施の延期」は可能、つーことなんだわね。

裁判員制度の正体 (講談社現代新書) Book 裁判員制度の正体 (講談社現代新書)

著者:西野 喜一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

殺人犯を裁けますか?―裁判員制度の問題点 Book 殺人犯を裁けますか?―裁判員制度の問題点

著者:田中 克人
販売元:駒草出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度を批判する Book 裁判員制度を批判する

著者:小田中 聰樹
販売元:花伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この機会に、じゃあどんな「国民参加」が良いのか、裁判員が関わるのは「一定の重大事件」じゃなくて、一定の国賠(国家賠償請求訴訟)にするか、あるいは、冤罪だといわれてる過去の事件を、裁判員が見直すところから始めるか、なんて議論が出てきたら良いと思う。

 法務省と最高裁が推し進める「裁判員制度」がこのままスタートしたら、どんな「くじ」が何回行われ、国民はそれぞれの日常からどう裁判所へ引き込まれていくのか、具体的なチャート的な原稿を、8月20日発売の『ドライバー』の私の連載「覆面パトは2度サイレンを鳴らす」に書いた。今回は4ページだよ。

裁判員制度はいらない Book 裁判員制度はいらない

著者:高山 俊吉
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 土曜午後、ちょいと公園のベンチで下駄を枕に横になったら、3時間近く寝てしまった。曇天で風があって寝やすかったのと、ここ数日の睡眠不足のせいか。硬いベンチの上では通常30分、長くても1時間で目が覚めるものと、経験上承知してたのに、新記録を樹立してしまった…。
※ 追記:日曜は夜に約6時間寝たうえで、午前に約3時間、午後に約3時間、眠ってしまった。少し体が軽くなったような。

人気blogランキング ← 8月10日13時40分現在、380で12位~happy02

« 8月の裁判所は | トップページ | 裁判員の日当、3万円に大幅アップ? »

裁判員制度」カテゴリの記事