フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« パジェロで幼児の頭部を | トップページ | 元警察官が公務執行妨害で執行猶予中にまた »

2008年9月18日 (木)

スクープ! 裁判員制度のためのエレベーター

9月17日(水) その3

P1020801_2 restaurant 厚労省地下の食堂へ。
 なるべく財布の小銭を減らすようにしてるのに、どういうわけだか昨日、997円になってしまった。最悪。でも、今日のオムライス400円で、100円玉が4個減る。よかった。
 と食券を買おうとしたら、食券自販機が100円玉を受け付けない。入れても入れても、すぐにチャリンと戻ってくる。
 ここの自販機は、小銭(釣り銭)がなくて全品売り切れの赤ランプがつくことはときどきあるけど、なんで小銭を受け付けない? 後ろに職員たちが並んでるので、100円玉で挑戦するのはヤメ、500円玉を入れた。が、これも受け付けない。しょーがないので1000円札を入れたら、出てきた釣り銭は、チャリチャリチャリチャリチャリチャリーンと100円玉6個。
 とにかく100円玉を吐き出したい自販機のせいで、4枚減るはずが、逆に6枚増えてしまった。バカ野郎~っ!
 ま、オムライスは、以前初挑戦したときより旨かったけど。たっぷりのふわふわ卵と甘酸っぱいソースが良いよね~。画像を見て、よだれが出た?

pencil 外へ出たついでに総務省の文具店へ寄り、ペンの替え芯を5本買う、1割引で。つい先日交換したのに、もうインク切れになったのだ。早っ。ノートを取りすぎるのか? ま、10日保ったからヨシとするか。

clip 珍しく13時05分、という時刻に東京地裁402号法廷(小川賢司裁判官)で、「強制わいせつ未遂」の判決。
 402号は20席。他に開廷のないこの時刻に、この罪名…。12時50分頃に法廷の前へ行くと、すでに10数人(主に若者たち)が並んでおり、12時55分にはぎっしり満席となった。

 11年前に、深夜路上で女性の臀部を撫で回した「迷惑防止条例違反」の罰金前科ありの、暗い夜道を独り歩きの女性に背後から襲いかかり激しい抵抗にあい未遂に終わったという事件。
 小柄で坊主頭でちょとひょこひょこした感じの被告人。身柄(拘置所)。
 懲役1年6月、執行猶予4年。

clip 某氏から情報をもらい、13時15分から東京地裁・民事5部(富山稔裁判長)708号法廷で、原告が「ルーシーブラックマン事件」の被告人で、被告が株式会社新潮社の、「損害賠償(請求事件)」の判決。
 まだ5分ほどあるからと、廊下で開廷表をメモしてるうち、判決が終わってしまった(笑)。法廷から「千葉正義」さんが出てきたので、主文を尋ねる。原告の請求をいずれも棄却、訴訟費用は原告の負担、だったそうだ。

punch 13時30分から高裁824号法廷で「自動車運転過失致死」の判決、のはずなのに、法廷の前へ行ったら、ないではないか。あれ? 法廷を間違えたか? 1階へ降りて開廷表を確認すると、どの法廷にもその判決はなかった。あれ? じゃあ、同時刻から地裁432号法廷「道路交通法違反」の新件へ行こう…。
 だが、エレベータがなかなか来ず、“待ち人”が溜まり、開廷数分前になってしまい、ヤメた。裁判所のエレベータって、混んでるとき、ものすごく間抜けな動きをすること、あるよね?

sign03 そのエレベータについてスクープ!
 今日わかった、南側の、異様な長期間にわたり工事中だったエレベータ、かねてよりちらっと漏れ聞いていたとおり、「地階←→8階」から「地階←→9階」になるんだそうだ!
 なぜそんなことがビックリかっていうとだね、南側の9階には、地裁の会計だっけ出納だっけ、そっちの係があるのだ。
 もしも万が一、このまま裁判員制度がスタートすると、ある事件について、たとえば100人の裁判員候補者が裁判所へ来て、6人が裁判員に、2人が補充裁判員に選ばれ、残り92人は選別から漏れて昼頃、帰ることになる、旅費・日当を受け取って、あるいは後日振込の手続きをして。
 その“漏れ人”のための、「地階←→9階」なんだろう。
 エレベータの行き先を1階増やす工事は、一般にどれくらいの費用がかかるのか、裁判所はいくらかけたのか、調べてみようか…。

ルイ・マル DVD-BOX II DVD ルイ・マル DVD-BOX II

販売元:紀伊國屋書店
発売日:2005/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

死刑台のエレベーター Music 死刑台のエレベーター

アーティスト:マイルス・デイヴィス
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2008/05/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 13時50分から地裁・民事32部(髙部眞規子裁判長)705号法廷で、「損害賠償」の第1回弁論。
 なんかネット関係のそれなりに有名な事件だそうで、某氏から情報を得て来たのだ。5分ほど遅れてやってきた被告は、上下ジャージ(に見えた)、の上に背広の(らしき)濃いグレーの大きな上着を着てた。

clip それが13時59分に終わり、急いで高裁・刑事7部(植村立郎裁判長)824号法廷、14時からの「傷害致死」の判決へ行くと、すでに主文の言い渡しは終わり、理由が述べられているところだった。
 2007年10月に、13カ月に満たない長男を、激しい虐待の末に殺し(法律上は、死に至らしめ)、2008年2月、前橋地裁で求刑懲役10年のところ懲役7年を言い渡され、控訴した事件。
 報道はどれもあっさりしてるけど、妻や子どもや愛人に、ものすごい暴行をふるってたらしい。被告人自身、2~3歳の頃、虐待を受けており(そんなの言い訳になんないと思う)、妻が逃げ出すと、戻らせるため、虐待しないと誓い…。という話も、ま、だいぶんにあっさりしてるんだけど。

 原判決後、酌んでも良い情状が生じていることは事実としても、原判決(前橋地裁の懲役7年)を破棄するには至らない、と控訴棄却、未決110日算入。←主文は、最初から傍聴していたユキさんに聞いた。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 9月18日9時20分現在、370で12位~happy02

« パジェロで幼児の頭部を | トップページ | 元警察官が公務執行妨害で執行猶予中にまた »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事