フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 法務図書館へ | トップページ | スーツで坊主が上手に傍聴した »

2008年10月31日 (金)

求刑を超えて懲役14年

10月30日(木) そのthree

clip 14時30分から東京地裁725号法廷(角田正紀[角は下の部分が用、紀は右側が巳]、江見健一、宮下洋美裁判官の合議)で、「殺人未遂」の判決。
 日頃からひどい暴力をふるっていた被告人(43歳?)は、午前5時頃、被害者(内縁の妻。フィリピーナ。33歳。幼い子ども2人有り)がカラオケへの誘いに乗らなかったことに腹を立て、口論のあげく、頭部、背部に灯油をかけ、「助けて」と逃げるのを追いかけ、ライターで火をつけ…というふうな事件
 被害者は全身の皮膚の46%を失い、3ヶ月間、人工呼吸で、耐え難い激痛を抑えるため鎮静剤で昏睡状態…今年3月の時点で、歩行はおろか立つこともできず、現在も耐え難い痛みがあり、外耳の一部、鼻の軟骨、唇の一部が失われて回復不能…。

 服役前科なしで、判決は、懲役14年、未決210日算入
裁判官 「検察官の求刑を超えて、主文の刑とするのが相当…」
 ええっ、そうだったんだ!
 14年でも軽いと、傍聴してる誰もが思ったんじゃなかろうか。
 被告人は、ちょっと首をかしげて判決を聞き、傍聴席にいる被害者の親族等らしき人たちに頭を下げることなく、再び手錠・腰縄をつけられ出て行った…。

clip 15時から高裁410号法廷(永井敏雄裁判長)で、「詐欺」の判決。
被告人はだいぶ若く、黒いスーツに、ストライプが入った白いシャツ、白とグレーのネクタイ。髪型や表情も含め、友だちの結婚式の二次会へ、みたいな感じ。
 探偵業を装い、工作員を使って復縁(別れた男性との復縁)工作をし、その費用は国から助成されると言って140万円、また、借金がある者に対し、架空の助成金の申込みがどうとか言って280万円、を詐取したんだという。
 前科なし。原判決は懲役3年。量刑不当で控訴。
※ 罰金も懲役も禁錮も、とくに執行猶予と書かないものは実刑ですよ。

 原判決後(なのだろうと思う)、被害者らに対し、200万円と310万円を支払って示談し、宥恕の情を得ているということで、原判決破棄、懲役3年、未決40日算入、執行猶予4年

clip 15時20分から高裁715号法廷(長岡哲次裁判長)で、「覚せい剤取締法違反」の判決。
 被告人は身柄(拘置所)。50歳くらい? びしっと立つ姿勢が、服役経験アリと思わせる。黒とグレーと白の、身柄の被告人の何割かが来てるジャージ上下。今度スポーツ用品店で、どこのメーカーでどれくらいの値段か、見てこようか。
 自己使用、所持。原判決は懲役2年。量刑不当の控訴。
 1985年から4回服役しており、覚せい剤の親和性が認められる。ひじの内側に顕著な注射痕あり。覚せい剤と注射器をメガネケースに入れ、それをズボンのポケットに入れて勤務先へ行こうとした…。
 2003年に、「道路交通法違反(たぶん無免許か酒気帯び)・道路運送車両法違反(たぶん無車検)・自動車損害賠償保障法違反(たぶん無保険)・業務上過失傷害(たぶん人身事故)」で懲役1年、保護観察付き執行猶予5年の判決を受けており、特別の自重・自戒が求められる猶予期間中の犯行だったと、控訴棄却…。

clip 15時30分から――私の今日の午後のメインはこれ――東京高裁805号法廷(須田贒裁判長)で、「道路交通法違反」の判決。
 原審が東京地裁・八王子支部だったレーダ事件(50キロ超過)。私は原審を傍聴しておらず、内容はよくわからない。
 控訴棄却、訴訟費用負担。
 測定値を否認する裁判は、メーカー社員の裏付けなき言い分を鵜呑みにして有罪(控訴審は控訴棄却)、というのはもう決まりなのだが、決まりの儀式に一応立ち会っておこうと、来たのだ。
 弁護人がだいぶ良い争いをしたのか、「弁論に鑑み、若干の説明を加える」以降がずいぶん長かった。
 私は15時57分、そっと出て…。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 今日は16時から、一審から傍聴してきた「強制わいせつ」の判決が高裁720号法廷で、地裁802号法廷では10月20日に第1回を傍聴した、同性愛者の「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反・脅迫」の判決がある。
 原判決破棄になりそうな「強制わいせつ」のほうは礼田計さんにお任せし、私は「ストーカー行為等……」のほうへ。
 こっちは懲役1年6月、保護観察付き執行猶予3年

clip 近くの高裁805号法廷で16時から「埼玉県/公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」の審理があり、痴漢の否認か、と傍聴席へ。
 東武東上線・朝霞台駅での、エスカレータにおける携帯電話による盗撮(未遂?)の否認事件だった。傍聴人がかなりいた。

pen 途中で出て、「強制わいせつ」の判決を礼田計さんに聞く。
 原判決(懲役2年10月)破棄、懲役2年、未決80日算入、だったそうだ。
 被告人は不出頭。テレビカメラが入ったという。こういうのは報道されるんだ…。 

人気blogランキング ← 10月31日21時10分現在、360でoneseven位~happy02

« 法務図書館へ | トップページ | スーツで坊主が上手に傍聴した »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

 お~、ありがとありがと。「お台場オトナPARK」、行ってみようかな。

 それにしても、有罪か無罪か、有罪なら懲役か死刑か、国民を強制動員して決めさせる制度を、ゆるキャラやお祭り協賛で推進する、ま、裁判員制度にふさわしい、みたいな~。

今井さんは、この後restaurantご飯riceballを作るsign02ために帰宅したんですよね~note

さっきmobilephone電話telephoneした件は、これdownですよ~notes

http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/news/2008/1026-219.html
>  法務省でも制度の啓発推進の追い込みに力が入っている。11月22~24日にフジテレビ社屋で行われるイベント「お台場オトナPARK」に「裁判員制度」のスポンサー名で特別協賛、モニターや電飾広告、横断幕などで制度をPRする。同省が民間イベントのスポンサーとなり広報活動するのは異例のことだという。

この記事へのコメントは終了しました。

« 法務図書館へ | トップページ | スーツで坊主が上手に傍聴した »