フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 携帯電話の痴漢サイトから | トップページ | 同性愛者のストーカー »

2008年10月20日 (月)

名誉毀損の公然性

10月16日(木) そのtwo

clip  14時30分から東京地裁432号法廷(河田泰常裁判官)で、10月9日に第1回を傍聴した「名誉毀損」の判決。
 被告人の元勤務先で、本件被害者の現在の勤務先である会社名がわかった。年間の売上げが1000億円を超える、大きな商社だった。

刑法第230条第1項  公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

 この「公然と」に当たらないというのが被告人側の主張だったわけだが、会社11階のフロアにある番号共通のFAXへ犯行文書を送信したのでは、多数人が閲覧できる状態にしたと、優に言えるわけで…。
 それ以前にそもそも、日本国の犯罪処罰は検察庁が全部仕切るのであって、検察庁が「本件は公然に当たる」と起訴した以上、裁判所には異を唱える権限などない…という理解は当たってるんだろうか。
 判決は、懲役10月、執行猶予3年、訴訟費用負担。

clip それが終わってようやく、15時から「承諾殺人」の第2回公判などないことに気づき、愕然。
 15時から高裁824号法廷(阿部文洋裁判長)のほうで、「わいせつ図画販売・組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反」があったので、傍聴してみることに。
 多数のわいせつDVDを販売して…という事件で、1億円の没収は重すぎて不当、との控訴理由。控訴棄却…。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21 B 107)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 FWCと「承諾殺人」の件がメモミスとわかっていれば、今日は裁判所へ来なかったかも。

sun 19日(日)、有酸素散歩1時間。途中、某商店街で、最近どこかでお会いしたような人物とすれ違った。えっ? もしや、“あの事件”の被告人では? そうだ、容貌、体型、髪型、年齢…たぶんあの被告人だと思う。
 たくさん傍聴してると、そんなこともあるんだね~。

人気blogランキング ← 10月20日18時40分現在、320でtwotwo位~happy02

« 携帯電話の痴漢サイトから | トップページ | 同性愛者のストーカー »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事