フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 宝田明さん オービス64キロ超過 | トップページ | 精神障害者、、、 »

2008年10月 1日 (水)

証人出廷260回!

9月30日(火)

 今日は寒いからネクタイ締めて行こうか、と一瞬悩んだのがマズかった。電車を1本乗り過ごし、裁判所の玄関には数十人の列が…。

clip 東京高裁410号法廷(永井敏雄裁判長)で、8月21日にたまたま第1回を、9月16日に第2回を傍聴した「道路交通法違反」の控訴審第3回。

 5分ほど遅れて入ると、三菱電機の菅井宗一さんの証人尋問が始まってた。傍聴人は礼田計さんのみ。
 今日は11時から101号法廷で「殺人・死体損壊」の控訴審第1回があり、傍聴券抽選の締切は10時30分、みんなそっちへ行ってるんだろうか。あと、10時半からの<<サイパンでの身柄拘束が続いている三浦和義さんが、国(法務大臣・外務大臣)を相手取り、「政府は米国の捜査共助要請に応じるな」と、捜査協力=行政処分の差し止めを求めた訴訟>>へ。

 菅井証人は、証人として証言するのは、おそらく今日が260回目だと思います、と述べてた。
 1992年から、法廷に出る(つまり警察へのアフターサービスを行う)ようになったというから、2008年まで16年として、年平均16.25回か。
 260回の旅費・日当は、国(多くの場合、結局は被告人の財布)から出たわけで、総額何百万円になるのか。
 被告人はつまり、お宅の会社の製品により被害を受けた、と言ってる人なわけで、うちんとこの製品は絶対大丈夫と言いに来る(アフターサービスに来る)費用を、被害を受けたと言ってる人から取る――証人の勝手じゃなく会社の方針だろうと思うんだけど――それって企業としてどうなの? と首をひねるのは、どうも私だけらしくて。とほほ。

 11時25分に終わり、証言台の席から立った証人は、検察官の隣の席へ。あれ? 検察官が「あ、向こうへ…」と傍聴席を指した。
 すると証人は、ニコニコと言った。「これ、サインして…」。言いながら、机の上に紙を置いて署名し始めた。
 「これ」とは、先ほど証言しながらあれこれ書いた紙だ。事件記録に綴じ込むには、署名と押印が必要なのだ。
 さすが260回! 慣れてるうっ!

 私はオービス裁判を、三菱電機と東京航空計器と併せて、自白も含めて、まだ170件ほどしか傍聴してない。もっともっと精進しなければ!

restaurant 外はまだ小雨だからと、裁判所の地下の食堂へ。いつものA定食が売り切れ。えーっ? どぉしよう。思い切って、黄色いピラフみたいなのに肉のカツをそえてデミグラスソースみたいなのをかけたのにした。600円! 思い切ったねぇ! けど…大失敗。

clip 13時10分から地裁405号法廷(サンダーバードの野村賢裁判官)で、「自動車運転過失傷害」の判決。
 被告人は、お洒落にカットした長い茶パツの若い女性。薄クリーム色の洒落たヒールに、ベージュの洒落た綿パン、洒落た麻のジャケットの袖をまくって…。
 信号機により交通整理された交差点を右折する際、右折出口の横断歩道を横断中の女性をハネ(よくあるパターンだ)、左側頭部骨折など7カ月の障害を負わせたのだという。
 前科なし。免許取消し。禁錮1年2月、執行猶予3年。
 傍聴人が14人くらいいたのは、13時10分からの刑事事件が他になく、被告人が女性氏名だったからか。

clip 13時30分から、地裁419号法廷(梅田健史裁判官)で「道路交通法違反等」の新件。「等」が何なのかにひかれ、礼田計さんと傍聴。

 「等」は、無車検(道路運送車両法違反、だっけ?)、無保険(自動車損害賠償法違反)。それならそうと開廷表に書いといてよ~。
 でも、たいへん興味深い裁判だった。被告人(同種前科5犯)が、とにかくよくしゃべるのだ。裁判はトークショー。弁護人、検察官、裁判官は、控えめな司会者、であるかのように…。
 傍聴席で「こんなの実刑でいいよ」と思ったが、同種前科5犯といっても、懲役前科(執行猶予付き)は14年も前のこと。今回の判決は執行猶予付きだろう。ただ、猶予を何年とするか。保護観察を付けるか…。

 今日はこれでオシマイ。早く帰って、少し寝なければ…。

 裁判員制度 裁判員制度
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 この日(9月30日)、裁判所(東京・霞ヶ関の裁判所合同庁舎)の南側の、4月頃から長く工事中だった3基のエレベータが、稼働してた。10月からと聞いてたが、少し早まったようだ。
 以前は8階までだったのが、9階までになったのは、「オリエンテーション」の部屋も「質問手続室」も9階に設け、“漏れ人”に速やかに旅費日当を支給して帰すためだろう。
 だが、「国民参加」という四文字のお題目から連想される漠然とした期待、以外はどこからどこまでおかしいというべき裁判員制度、来年5月にスタートできるのか?

人気blogランキング ← 10月1日20時40分現在、420で14位~happy02

« 宝田明さん オービス64キロ超過 | トップページ | 精神障害者、、、 »

オービス以外の速度違反」カテゴリの記事