フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« かかあ天下みたいに彼のこと心配してた? | トップページ | 陰茎をしまい、ベンチに座っていた »

2008年11月28日 (金)

やるときはもう興奮状態なんでしょ?

11月27日(木)

 今日の予定は、10時40分からの“危険運転”と15時からの記者会見。4時過ぎに起きて短い原稿を1本送信し、えぇい、10時から行ってしまえと…。

 東京・霞が関の裁判所ビル(桜田通りに面したほう)の、1階南側のエレベータホールに着いたのが9時54分頃。地階~9階のエレベータ4基のうち一番左の、階数表示灯が3階から2階に変わったところだった。その背後で、地階~18階(2~7階は通過)のエレベータが1基、8階から1階へ降りてくるところ。私が行くのは5階
 こういう場合、あなたならどうする? 地階~9階のエレベータを待つ?
 ダメだよぅ、それやっちゃ。そのエレベータは、2階、1階、地階…と、たっぷりの時間(1階あたり20~40秒かな)をかけて1階に着き、そのころにはもうたくさんの待ち人が滞留し、乗り込みに時間がかかり、それから5階までのすべての階に止まり、満員なもんだから降りるにも時間がかかり、5階へ着くまでに5分や6分、楽々かかる。その可能性が極めて高い。
 なので、2~7階は通過のエレベータでイッキに8階まで行き、非常階段を駆け下りるほうが、おそらく断然早いし、骨の健康にためにも良い。
 そういう選択を迷わずするようになってから、じゃあ、4~8階にたしか14ある非常階段のうち、どれが目的の法廷に一番近いか、頭に入るようになってきたょ。 

clip 10時から東京地裁532号法廷(伊藤雅人裁判官)で、「脅迫」の新件。
 被告人(27歳。身柄、拘置所)が奥のドアから入ってきた瞬間、うっわ-、悪そうっ! との印象を受けた。よく見れば、最近テレビドラマで活躍してるイケメン俳優に似てるんだが、目付き、表情が…。
 振り込め詐欺で懲役3年、執行猶予5年(6月21日確定)の前科があるところ、ダイショーとかいうチェーンの居酒屋で、友人(?)2人と酒を飲み、男の友人のほうが、店にないメバルを注文してインネンをつけ、店員に暴行を加え、被告人は「お前よ、客をナメてんのか、こんな店、つぶすのは簡単なんだぞ、俺は××一家(指定暴力団)を知ってるんだ(前刑の勾留中に知り合ったそうだ)」などといい、焼酎の瓶で殴りかかるかの素振りを示し…。「お前たち、いったいどう責任取るんだよ。店の従業員のリストは手に入るんだぞ」と…。そこで「名簿」が出るとは、さすが元振り込め詐欺犯である。

 母親が情状証人。
証人 「ご迷惑をおかけしたことを、ほんとに申し訳なく…。ただ、本人、前回の事件でだいぶ反省して、(新たに就いた)仕事も軌道にのってきて、ちょっと気がゆるんだのではないかと…。甘えもあったんじゃないかと…」
 前刑の確定から約2カ月で、もうそんなゆるみ方をしたのか…。

 弁護人は、ときどき見かける、まだ若そうなのに脳卒中をやったのか(私も気をつけなければ!)、言葉が不自由な弁護士。
 示談がまだできてないそうで、だったら被告人質問は次回にしますか、と裁判官が提案したのが10時30分頃。
 ラッキー、10時40分からの“危険運転”へ行ける!
 ところが弁護人、しばし考えて、「じゃ、今日やりましょう」と。ええ~? そんで被告人質問が始まり、メバルがどうとかいう話になったところで、私はそっと退出。

 執行猶予5年は、実刑ぎりぎりってことだ。今回は実刑でおかしくないと思うが、そしたら刑務所で、今度はどんな連中と知り合うんだろう…。

clip 10時40分から高裁824号法廷(阿部文洋裁判長)で、11月18日に第1回を傍聴した「危険運転致死・道路交通法違反」の判決。原審は横浜地裁で、懲役10年
 弁護人が再開申請したが、検察官は不必要と言い、裁判長は却下。
 そして判決。控訴棄却、未決80日算入
 判決理由を述べる声が、まるで独り言のよう。
弁護人 「恐れ入ります、裁判長、もう少し大きな声で…」
裁判長 「あ、聞こえませんか?」
 独り言のようなことは珍しくない。「大きな声で」と弁護人が注意するほうが珍しい。なぜこの弁護人(若めの女性)は…?
 言い渡しが終わり、10時55分、再び手錠・腰縄をつけられるとき被告人が、壇上の裁判官らに言った。
被告人 「私は相手車両に対し、急にハンドルを切ったり進路を妨害することは一切してません。そのこと、ちゃんと調べてもらえなかったのは(弁護人の取調請求を裁判長はすべて却下した)、私にその権利がなかったということでしょうか!」
裁判長 「弁護人から聞きなさい(語尾を上げて)」
 弁護人が注意したのは、「そのデタラメな判決を、ぼそぼそ呟いてないで、大きな声で言ってみやがれ」との主旨だったのか? 報道(つまり警察発表)では悪質なことをやった被告人だが、もしかして、『冤罪File』に載るべき事件だったのか? わかんないけど…。

冤罪File (ファイル) 2008年 12月号 [雑誌] Book 冤罪File (ファイル) 2008年 12月号 [雑誌]

販売元:キューブリック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 「裁判所前の男」氏に差し入れたとき、私のぶんも買って、往復の電車内で読んでるんだが、ま~、警察・検察・裁判所は、ほんと凄いことをやるねと、改めて驚愕する。そういうのを検証しないで司法改革だの裁判員制度だのとは、恐れ入谷の鬼子母神だょ!

clip さて、どうしよう。1階の開廷表をぱらぱらめくってると、簡裁の10時45分~11時30分の「窃盗」の新件に、見覚えのある氏名が。あれ? なんだっけ…。
 11時17分頃から、東京簡裁534号法廷(武内晃裁判官)へ。
 被告人はちょっと大柄な女性(身柄、留置場)。被告人質問が終わるとこだった。
被告人 「もう二度と…咳止めはヤメたいです」
 あっ! 同じ東京簡裁の、八木澤秀司裁判官の法廷で、8月27日にたまたま審理から傍聴し、9月3日に懲役1年、保護観察付き執行猶予3年を言い渡された「窃盗未遂」の、あの被告人ではないか!
 今回は、咳止め剤や、自分と子供の洋服を買うカネ欲しさに、スーパーかどこかへ子どもを連れて行き、買い物カートに入っていた他人の手提げバッグを持って逃げ、さらに、他人のベビーカーにかけてあった袋から財布を抜き、目撃していた店員に逮捕されたんだそうだ。
 求刑は懲役2年。とうとう刑務所へ行くことになるのか…。

clip 11時30分から同じ法廷で、「窃盗」の新件。
 被告人(46歳。保釈中)は、濃いグレーのスーツで、いかにもサラリーマン風。日曜大工の店で、木材等15点(?)、1万438円相当を万引きしたんだそうだ。
裁判官 「それではね、特段の問題がなければ、本日判決をするという手続きで…」
 即決裁判手続き、つまり簡単な審理で執行猶予付き判決にすると、最初から決めて行う手続き、なのかな?
 ところが、いずれも万引きで前科2犯、前歴6件があるんだという。ええっ、それで即決なの? 裁判官もだいぶ驚いてた。しかし検察官によれば、懲役前科(執行猶予付き)は1996年のことであり、もう1つの前科は前年だけども罰金刑(50万円)だったので、即決でやりたいんだと…。ふぅん、そんなふうな運用なのか。そしたら、窃盗の罰金刑はかなり多くて良さそうなのに、統計を見ると、そんなに多くない。うーん。

 簡単な審理で、直ちに判決。懲役1年2月、執行猶予3年
 …なのだけれどこの裁判、興味深かった。武内裁判官の個性がぞんぶんに出てたのもさることながら、被告人がだいぶんに変わってて…。武内裁判官の言葉を借りれば、「なんでもあなた任せ」。
裁判官 「寂しいからって? ストレスがあるからって? そんなん理由にならないでしょ! そんなん生きてる人はみんな思ってますよ! そんなことは一切、理由にならないね! やるときはもう興奮状態なんでしょ? そこが病気なんですよ。それを治療しない限り、まず間違いなく(再犯を)やるね! 興奮求めたら、子供のこと、女房のこと、職場のこと、そんなん一切、頭にないんだよ!」
 おお~! おっしゃるとおりなんだろうと思います。
 説教が長かったので、12時17分閉廷。

restaurant 途中から若い女性が傍聴席へ来たな、と思ったらそれはユキさんで、いっしょに秘密の通路をとおり、家裁のビルのほうの地下食堂へ。私は広東麺470円の、大盛り50円増し。旨かった~。

clip 13時10分から東京高裁506号法廷(門野博裁判長)で、「器物損壊」の判決。昔風の洒落た被告人氏名。やっぱり、だいぶお爺ちゃんだった。よろよろして、耳が遠い。
 他人所有の敷地内のフェンスを取り外すなどしたとされるが、その土地は自分の所有であると被告人は認識しており、急迫不正の侵害を防衛するための正当防衛であり、仮に自分の所有でないとしても、誤信による誤想防衛であると、そんなふうなことでずっと争ってたらしい。
 控訴棄却。判決によれば、根抵当権がどうとか、競売手続きがどうとかで、法的には他人(フェンスを立てた管理会社)が所有権登記をしてるんだという。
 終わって再び手錠・腰縄を付けられながら、被告人は言うのだった。
被告人 「あたしはあそこを売ってないんですがねぇ。売ってないものを、なぜ人の所有権になるのか、今後売る予定も渡す予定もないです」
 あら~。他にも事件を起こしてるらしかった。

clip 13時30分から地裁719号法廷(開廷表によれば角田正紀裁判官。なお、角は下の部分が用、紀は右側が巳)で、「道路交通法違反」の新件。
 妻と寿司店で飲酒して帰宅後、さらに飲みたくなり、タクシーを5分ほど待ったが来ず、ポケットに車のキーがあったことから、自家用車を運転して出かけ、信号待ちの車に追突、救護義務は果たしたが、自分からは警察に報告しないでいるうちに、被害者の兄がかけつけて110番通報、検査値は0.74mg…。
 珍しく、しっかりした風な被告人で、普段は飲酒運転を強く戒め、スーパーでワイン等の試飲を勧められても断っているんだという。そんな人物が、なぜ“魔が差した”でこんなことをやってしまうのか、裁判官はそこが気になったようだ。
 前科は速度違反の罰金のみ。求刑は懲役7月。14時09分頃閉廷。 

clip 14時20分から地裁724号法廷(半田靖史裁判官)で「道路交通法違反」の判決。あれ、どこかで見た被告人、と思ったら、11月18日に第1回を傍聴した事件(累犯前科3犯アリの無免許運転)だった。
 懲役5月、未決10日算入
裁判官 「違反の関係で、かなり人生崩してるということができます。今後こういったことで刑務所へ行くことが二度とないよう…」
 14時24分閉廷。

081127_14570001 apple そうして15時から、2階の司法記者クラブで、「裁判員制度はいらない!大運動」の記者会見。私は呼びかけ人の1人として参加。
 28日、最高裁から裁判員候補者名簿搭載通知が全国約30万人へ発送されるので、それに対する声明発表なのだ。
 記者氏らと名刺交換する際、「交通違反専門の今井です」と言ってたら、記者氏の1人から「交通以外も傍聴してますよね」という主旨のことを言われた。あら~、見られてたのね~(笑)。
※ 写真撮影は某氏。写真中の他の3人は弁護士。私の頭だけがやけに光ってるような。写し方が絶対おかすぃと思います。

ship 15階から降りるエレベータ内で、あることから、上品そうなご婦人にちょと声をかけたら(ナンパじゃないっつーの!)、なんと堀越事件の署名を高裁へ届けに来た人で、しばし立ち話。
 別れ際、講演会のチラシをもらった。11月29日(土)、14時~16時(開場13時30分)、京成津田沼駅ビル、サンロード5階で、島村輝・女子美術大学教授による「蟹工船ブームとその底流」という講演会があるそうだ。 

人気blogランキング ← 11月28日8時40分現在、週間INが310でonesix位~happy02

« かかあ天下みたいに彼のこと心配してた? | トップページ | 陰茎をしまい、ベンチに座っていた »

交通事故」カテゴリの記事

交通/無免許」カテゴリの記事

交通/飲酒運転」カテゴリの記事

刑事/窃盗」カテゴリの記事

コメント

 三重人さん、「原因において自由な行為」、おっしゃるとおりです。
 その論法で「泥酔でも責任能力あり」とするのは、なんかちょっとムリがあるような気がしないでも…ではありますが、しかし、だからって「泥酔なら責任能力なし」とするのは、もっと納得できない…。
 それなりのルールに従って、起こった事件の決着をつけていく、そのための、確立された論法…なのかな? と思ってます。

 本件では、被告人の行為は、普段強く飲酒運転を戒めてる被告人の行為にあまりにも似つかわしくなく、人が違ったようなことを不意にやってしまという点が、裁判官は気になってたように感じました。

>なぜ“魔が差した”でこんなことをやってしまうのか、
>裁判官はそこが気になったようだ。

でも、これって妙ですよね。

飲酒運転のアクセルを踏む瞬間ってのは、
かなりのケースで、判断能力が低下した、
心神耗弱や心神喪失状態に陥っているわけで、
# 0.74mg/L というのは、「検査値が正確なら」、
# 限りなく心神喪失に近い泥酔状態だし。

でも、それで、減刑されたり、無罪になったりはしない。
その理由は、
「『原因において自由な行為』の法理が適用されるから。」で、
要するに、「酒を飲むと決めた」時点、
つまり、酒を飲む前はシラフだったんだから、完全責任能力があった。
酒を飲んだのが悪い。
という理由で裁かれるわけです。

家で酒を飲むことが、“魔が差した”ではありませんよね…。

魔が差せなきゃ飲めないようなものだったら、
こんなに大っぴらに売ってはいけないでしょうに。

 げ~、ニュースになってたんだ~。なってるよな~。

 なぜ光るのか。
 ハゲてない下郎の頭を押すと、ふわふわしてる。ハゲた紳士の頭を押すと、硬い、ソク頭蓋骨だ。頭皮が頭蓋に張り付いてるんだな。だから、血行が悪くなり、毛根が哀れなことになり、禿げる、そして、張り付いてる(引っ張られてる)もんだから、表面にしわがなく、光が乱反射せず、きれいに反射する。だから光る。
 どうだ、この推理、まいったか! まいってくれ~crying

この記事へのコメントは終了しました。

« かかあ天下みたいに彼のこと心配してた? | トップページ | 陰茎をしまい、ベンチに座っていた »