フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 首にスカーフの通訳人 | トップページ | 空気を読めずに性犯罪 »

2008年11月18日 (火)

病的な窃盗 パーソナリティ障害と精神病

11月17日(月) そのtwo

clip 14時から高裁805号法廷(原田國男裁判官。きょうは左近司映子裁判官が右陪席だった)で、「窃盗」の判決。
 被告人(身柄、拘置所)は、小顔の若い女性。
 控訴趣意の論旨は、事実誤認と量刑不当。完全責任能力を争ったようだ。
 鑑定人によれば、被告人は不安性・解離性・パーソナリティ障害だが、是非弁別能力はあったという。
 パーソナリティ障害。人格障害ともいわれるやつか。私の、まだまだ不勉強な理解によれば、人はみな、その人格、性格にそれなりの偏りがあって、それが個性といわれているが、その偏りが度を超して、近隣者や社会とトラブルを起こす段階になったものを、パーソナリティ障害(人格障害)と呼ぶ…のかな。
 統合失調症などの精神病とは違うが、症状的には重なって見える部分もあり、そして、精神病へいってしまうケースもあるのかな…いや、それは、精神病が進行していくときの、初期の段階の症状が、パーソナリティ障害(人格障害)に見えることがある、ということなのかな…よくわからない。
 でも、裁判傍聴を重ねるなら、パーソナリティ障害についての知識は必須と思える。裁判官らはだいぶ勉強してるのかな。

 本件では裁判長は、統合失調症を始めとする精神病の罹患はなく、罹患していると被告人が言うのは、それは患者としての思いにすぎないと、控訴棄却。原審の懲役8月(求刑1年)はやむを得ないものである、とした。
 2007年1月~7月に書籍(漫画本?)を約2000冊万引きし、古書売買の店に売って730万円の利益を得ており、それは病的ではあるが、価値のあるものを得ようとする意志はあった、と…。本件はハガキ495枚の万引き事案なのだという。495枚…なぜ500枚でなかったのか…。

 言い渡しの間、被告人はずっと、静かに俯いていた。傍聴席に、母親かと思える女性がいた。言い渡しが終わり、再び手錠・腰縄をつけられるとき、被告人は弁護人にニッコリおじぎし、「ありがとうございます」と口が動いた。声も少し出ていたかもしれない。
 弁護人は、和田勉さんに何%か似た(似てないか?)、ときどき見かける弁護士だった。

人気blogランキング ← 11月18日8時50分現在、380でonefour位~happy02

« 首にスカーフの通訳人 | トップページ | 空気を読めずに性犯罪 »

刑事/窃盗」カテゴリの記事