フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 『ポチの告白』近日公開! | トップページ | 被告人は激しく泣いた »

2008年11月12日 (水)

信用を裏切る人は絶対に許せない

11月12日(火) そのone

081111_12190001_2  故あって、元女優が被告人の「傷害致死」(被疑事実は殺人)の傍聴券の抽選に並ぶべく、いつもより30分早く出かけた。
 ところが、あと10秒ほどのところで電車を1本乗り過ごし、それでも余裕かと思ったが、この時間帯の電車は遅いのか、東京・霞が関の裁判所に着いたのは、傍聴券交付の締切りの約1分後。門を入るとき、向かって左側の交付所で、傍聴希望者たちが当選番号の掲示板に群がるところだった。
 何のために30分早く出たのか。ま、そんなこともあるよね~。

 10時から、地裁520号法廷で「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反・窃盗・名誉毀損・住居侵入」の審理が、同801号法廷では「道路交通法違反」の新件がある。どっちにしようか、やはり私は地道に「道路交通法違反」へ行こうか。どっちにしても、10時45分から、今日はこのために来た「窃盗」の新件があり、途中で出なければならない…。
 などと一服するうち、阿曽山大噴火さんとユキさんに会って話を聞き、ついふらふらと…。

clip 10時から東京地裁・刑事10部(植村稔裁判官?)426号法廷で、「暴力行為等処罰に関する法律違反・傷害」の審理。
 被告人は元ミドル級チャンピオンで俳優だというのに、傍聴席はスカスカ。これも傍聴券で、9時45分締切りなのに、9時45分時点で私が列の最後尾。抽選なしでもらった傍聴券は8番。
 阿曽山さんによれば、前回も少なかったという。なぜ傍聴券なのか。しかも、法廷の前で鞄等を預けさせ、携帯金属探知機で念入りに調べる警備ぶり。どして?
 被害者の寿司店主の証人尋問の続き。
 被告人は、黒いスーツに、足首より高い靴(なんとかブーツっていうの?)、ネクタイは無しで、ワイシャツの高いえりにガッシリしたあごを埋めるようにして、長い足を開いて座っていた。身長185センチというだけあって、大男に見えた。
 尋問の内容は、なんつーかそれなりに興味深くはあったが、10時30分に出て…。

【特典付!即出荷可能】協栄ボクシングジム・ボクサスリム スーツ[男女兼用]【税込・送料無料】 【特典付!即出荷可能】協栄ボクシングジム・ボクサスリム スーツ[男女兼用]【税込・送料無料】

販売元:東急スポーツオアシス 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

clip 10時45分から簡裁・刑事1室2係、826号法廷で、「窃盗」の新件。
 裁判官は、いつもの永瀨進さんではなく、研さん裁判官の佐々木敬子さん。司法試験に合格して司法修習を受ける、のとは違うコースで簡裁の裁判官になる場合、こうして研さんするらしい。教官の立場に当たる永瀨裁判官が、法廷内にいた。
 佐々木裁判官は、よく通る声で、分かりきってる手続きを、ひと場面、ひと場面、確認するように簡潔に説明した。刑事裁判が初めての被告人、傍聴人には親切といえる。私だって、その説明により、何か勘違いに気づくチャンスがあるかもしれない。新たな発見があるかもしれない。
 そうした説明についていうなら、以前の堀内信明裁判官は味があって良かったな~。佐々木裁判官とはタイプが全く違うので、比較するつもりはないが。

 被告人(40代)は身柄(留置場)で、2人の警察官のうち巡査長は、法廷へ出るのは初めてなのか、警部補からあれこれ無言で指示されてた。

 この事件、どこまで書いていいのか、ま、故あって、ぜひにと傍聴に来たのだ。
 六本木の飲食店が閉店後、店の営業に必要な品を、合鍵を預かって配送する業者が、誰もいない店内のレターケースから現金を、3日間にわたり1万1000円、1万5000円、1万8000円窃取した、という事件。
 被害店主は、犯人を突き止めようとビデオカメラを設置、それにより発覚したのだという。
 六本木で店を維持していくのは大変、熱があってもお酒を飲み、体調が悪くても店へ出た、1円たりともムダなお金はない、信用という人間関係を裏切る人は絶対に許せない、と被害店主の調書にはあるそうだ。
 被告人は、ギャンブル好きで、その資金が欲しかったらしい。家には子どもが2人いて、本件のことは知らず、帰りを待っているという。隠し通せるのか。もしも知ったら、どうなるのか…。

 ちょっと引っかかったのは、被害は2004年8月からあり、しかし被告人は今年(2008年)1月から盗みを始めた、と供述してること。
 被告人の供述は、1月からと言っていたのが12月頃からかも、となったり、10回と言っていたのが10回ちょっと、10数回となったり、変遷がみられる。しかし、2004年8月からについては、最後まで否定した。
 「社会人として(の信用を裏切った)」という言葉を、被告人は何度も言った。私はそのたびに思った、「社会人として」じゃなく「人間として」だろ、と。
 求刑は懲役2年。次回判決。前科・前歴なしというから、執行猶予がつくだろう。勾留場所は留置場だから、官品のサンダルのままその場で釈放となる。被告人の妻(今回、情状証言)は上着と靴を持ってくるだろうか…。

 予定は11時30分までまでなのに、終わったのは11時56分。次の「窃盗」の新件は11時30分からの予定。12時まであと6分。どうするの?
 11時30分から新件というところをみると、次のは即決裁判手続きの事件で、急いで急いで10分ちょいで終えてしまうのかな。

窃盗犯罪の捜査実務101問(法令編)新版 補訂 窃盗犯罪の捜査実務101問(法令編)新版 補訂

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

restaurant 一服してから、若い娘さん2人と、厚労省地下の食堂へ行くことに。私は中華定食A(480円。記事冒頭画像)。今日は麻婆なす。小鉢は小松菜のおひたしを選択。五穀米は良いな~。

人気blogランキング ← 11月12日6時10分現在、410でonefour位~happy02

« 『ポチの告白』近日公開! | トップページ | 被告人は激しく泣いた »

刑事/窃盗」カテゴリの記事