フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 初めて9階から階段を降りた日 | トップページ | 裁判員裁判の評議を偶然傍聴! »

2008年12月10日 (水)

保護観察を付けたのは、あなたを見張るためではない

 9時20分が締切りの覚せい剤と大麻の第1回公判、の傍聴券抽選に、一般20席のところ173人並んだそうだ。
 外れた人たちが裁判所内に散ると、たいへんなことになるが、私の狙いの事件は人気ないだろう、あわてる必要はないさ…。

12月10日(水) そのone

clip 終わってすぐ非常階段を1フロア降りればいいからと、まずは10時20分、東京高裁506号法廷(中山隆夫裁判長)の「窃盗」の判決へ。
 傍聴人は、被告人の家族らしい女性2人(最後列)のほか、私(最前列)1人。
 被告人は、黒いスーツにネクタイの若い男性。しゃんとしてるが、どことなく、昔で言うところの不良の風情が感じられる。スーツのサイドベンツの隙間から、ジャラッと鍵束が見えてる。
 裁判官3人が登壇して、判決。
裁判長 「主文。原判決を破棄する。被告人を懲役1年6月に処し、その刑の執行を3年間猶予する。被告人をその猶予の期間中、保護観察に付する」
 原判決は懲役1年。実刑は破棄され、執行猶予がついたのだ。お~。
 その瞬間、後ろの傍聴席から鼻水をすする音が聞こえ、そしてずっと、すすり泣きが聞こえていた。

 妻の出産に立ち会った帰り(なにぃっsign02)、まことに大胆で手慣れているともいえる仮睡盗をやり、捜査段階から少年審判(ええっsign02)、原審と、一貫して不合理な弁解に終始し、被害者や警察官の証人尋問という無用な負担をかけたが、補導歴はあるものの前科・前歴はなく、原判決後、このままウソをつき続ければ、被害者や家族に迷惑をかけ続けることになると悔悟し、10万円を払って示談、被害者からは宥恕の意志を得たのだという。
 言い渡しを終え、裁判長が言った。
裁判長 「お嬢ちゃんの名前、●●ちゃんっていうの? 気の毒だけども、●●ちゃんの誕生日毎に、これを思い出して負い目を感じることになる。●●ちゃんには悲しいことです。むしろ、これを、●●ちゃんへの愛に変えていただきたい(この表現、ちゃんと書き取れてないかも)」
 後ろの傍聴席から聞こえるすすり泣きが、一段と高まった。
 さらに裁判長は言った。
裁判長 「保護観察を付けたのは、見張るためではない。立ち直るには、いろんな苦労があると思う。そのときの助言、支援として付けたのです」
 おお~sign03 被告人の弁解が本当に不合理なウソであるなら、なんという説示、素晴らしい説示だと思った。感動した。

 どうも、私の場合、
   法廷が近いから
   時間が空いてたから
   狙いの事件を傍聴するため早めに法廷に入ったらやってた
 で傍聴して、感動することが、けっこう多いような気がする…。

clip 非常階段を駆け降り、地裁404号法廷(建石直子裁判官)。12月1日に第1回を傍聴した「道路交通法違反等」の判決。
 普通に懲役8月、執行猶予3年、訴訟費用負担。
 建石裁判官って、ほんと中学か高校の、学級委員長または生徒会副会長みたいと、私はいつも思う。「本校において喫煙する生徒がいるそうですが…!」とか真っ直ぐに言われ、17歳の私は肝を冷やし…(笑)。

 10時34分閉廷。
 次に傍聴したいのは13時20分から。それまでどうしよう。珍しい氏名の女性被告人の「器物損壊」へ行こうか…。 

book 先日、新宿で、昔から知り合いの編集者と酒を飲み、それ、すっごい話だねぇ! それ出版したら面白いんじゃない? ムリか? と言ったら、すでに出版の話は進んでるという。へぇ、すごいじゃん、本ができたらぜひ見せてよ。と言ってた本が、いよいよ出版の運びとなった。

歌舞伎町のこころちゃん Book 歌舞伎町のこころちゃん

著者:権 徹 (写真)
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 歌舞伎町のこころちゃん 歌舞伎町のこころちゃん
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 変わった装丁で、だいぶんに気合いが入ってるようだ。
 これから読ませてもらいます。

人気blogランキング ←12月10日22時30分現在、週間INが370でoneseven位~happy02

« 初めて9階から階段を降りた日 | トップページ | 裁判員裁判の評議を偶然傍聴! »

刑事/窃盗」カテゴリの記事

コメント

 ほぉ~、そうだったんですか。
 傍聴席でよく見かける人は、確かにどんどん変わっていきますね。それは当然なんでしょう。何年も通い続けるほうが、普通じゃないんだろうと思います。私だけは普通ですけど(笑)。

 その「オジサン」は、私も知ってますよ。何年か前、ガラガラの広い法廷の、最前列若干左側に座り、横の椅子にカバンとコートを置いてたら、そのオジサンがそばへ来て、何か単語の断片の発声と明らかな身振りで「どけっ!」と…。そこは彼の指定席なのだと、あとで他の方から聞きました。

 忘年会の件、そのうち独立記事でアップしときますね。

今井さんこんにちは♪なつひこ☆です。面白いコメントの返事ありがとうございました(^_^)あの《屁をコイた人は別人》としておきましょう(笑)

ちなみに自分の素性は埼玉県八潮市住みの34歳で二十歳の頃から傍聴を初めて今は東京をメインに、さいたま地裁(越谷支部含む)千葉地裁(松戸支部含む)等を放浪してます。たまに宇都宮地裁、前橋地裁、水戸地裁、静岡地裁沼津支部に遠征してます★

忘年会…いいですねぇ☆☆是非参加したいです♪♪
昔は東京では常連傍聴人仲間の皆さんとよく昼ご飯を食べたり一緒に傍聴したんですけどほとんど傍聴生活から卒業されたみたいで…今は一匹狼状態です(笑)

昔の傍聴人はある意味《話のネタ》になる人が多くて一番凄いのが毎日傍聴しに来てたオジさんが“常習類犯窃盗犯”(自分含め皆さん知ってました)刑務所生活して出所したらまた東京地裁に現れる…逮捕されたらいなくなるを繰り返してました(@_@)
皆さんでその裁判傍聴したり(笑)

今は皆さん真面目な方ばかりですね★今井さんも含む(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« 初めて9階から階段を降りた日 | トップページ | 裁判員裁判の評議を偶然傍聴! »