フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の27件の記事

2008年12月29日 (月)

「食べ物」じゃないよ「商品」だもの

 この季節、湯に豆腐とネギを入れてちょっと煮ただけでも、十分に酒の肴になる。池波正太郎さんの時代小説など読みながら、ちびちびやる、至福だね。
 けど…以下、生活クラブ発行の『生活と自治』12月号から。

 凝固剤には、自然海塩をつくった残りのにがり(表記は、「塩化マグネシウム含有物」など)のほか、塩化マグネシウムの粉末を溶かしただけのにがりなど他種類あるが、コスト削減の効果があるのは、保水力が高い硫酸カルシウムやグルコノデルタラクトンを使ったもの。水分を多く取り込むのでかさが増す、型くずれしにくく製造ロスが減る、薄めの豆乳でも均一に固まりやすいなどの特徴がある。
「従来の製法では大豆60kgから約300丁できる。歩留まりのいい凝固剤だとその3倍できるから、単価が下げられる」
 と明かすのは四国の製造業者。さらに、原料の脱脂大豆や大豆の粉末を使ってコストを下げている業者もあると指摘する。

P1020856  そういう豆腐が、スーパーの店頭に1丁28円とかで大量に並んでるわけだ。
 なに、もう買っちゃった? しょーがない、捨てれば?
 いや、もったいなくはないよ。「食べ物」を捨てるなら、もったいないけど、それは「食べ物」じゃない。商行為のための「商品」だから。

 画像は、先日、某マクドナルドの前で偶然遭遇した光景。わ~ぉ、ほんとに大量に捨てるんだね~。でもアレは「商品」だから、べつにもったいなくないのだ。
 以下、朝日新聞の記事、の一部。
 これも、当たり前のことだと思う、商売だもの。by みつを。

マクドの行列、1千人動員 「モニター調査だった」
2008年12月26日
 日本マクドナルド(東京都)が今月23日に、関西で初めて新商品「クォーターパウンダー」を大阪市中央区の御堂筋周防町店で発売した際、マーケティング会社を通じてアルバイトを集め、客として購入させていたことがわかった。約1千人が雇われたという。マクドナルド側は「モニター調査だった」と説明し、「やらせ」であることは否定している。
 同社によると、今冬、マーケティング会社に対し「商品の品質やサービス内容のモニター調査をしたい」と依頼。マーケティング会社が、大手人材派遣会社「フルキャスト」と別の人材派遣業者を通じて計約1千人のアルバイト契約を結んだ。
 マクドナルド側がマーケティング会社側に支払ったモニター調査費には、バイト代やマクドナルドの商品購入代金が含まれていたという。

 以下は翌日付けの朝日新聞。

マック、東京2店でもバイト行列 「盛り上げたかった」
2008年12月27日
 日本マクドナルド(東京都)が新商品「クォーターパウンダー」の発売時にアルバイトを集めていたことが大阪で明らかになったが、東京都渋谷区内の臨時ショップ2店で11月に発売した際にも、アルバイトを集めて行列に並ばせていたことがわかった。同社は大阪のケースは「モニター調査」としていたが、今回は「発売日を盛り上げたかった」と、商品PRの演出だったとしている。
 同社によると、関東では初の発売となるため、事前に「熱心なファンに並んでほしい」とマーケティング会社2社に依頼。両社からそれぞれ委託されたイベント会社2社が「イベントスタッフ」としてバイトを集め、11月1日に臨時ショップの渋谷東口店と表参道店で発売する際、開店前からバイトが並んだという。

P1020854 ところでさ、「…ことがわかった」というのは、読売新聞によれば、自社の取材によりわかったことをいうんだそうだ。朝日新聞はどうなのか、確認してないけど、少なくとも、マクドナルド側が記者会見を開いて発表したわけじゃないんだろう。
 朝日が独自の取材により暴いたんだとすれば、広告収入はどうなるの? マクドナルドは通常、新聞広告は打たないんだっけ? 記事の以前か以後に、なにか裏話があったりして、あ~、そんなこと勝手に想像してないで、資料を片付けろっつーのpout

  

人気blogランキング ← 12月29日18時40分現在、220でtwotwo位~happy02

懲役刑って何なのか

081228_21030001  日曜夜、世田谷区内の某所で、年末の商店街を歩き、ある交渉事へ…。

 それから渋谷区内の某所、デリヘルの事務所へ。はは~、こういう事務所で、そうやって商売するんですか~と。デリヘルも不景気なんだそうだ。

 それから都内某所で、某氏(元服役囚)と酒。
「刑務所で暴力団組員と知り合い…」
「刑務所で覚せい剤の良さを聞き…」
 という刑事裁判を何件か傍聴し、刑務所は更生の場では全くない、逆だ、という話を聞いてきたが、やっぱそうなんだ~と。

 12月10日、模擬裁判員裁判の量刑の評議を12月10日にたまたま傍聴したっけ。要するに、この罪の刑は懲役○年から○年が相場であり、本件の情状からすれば、あなたは○年、あなたは○年、私は○年と思う、では○年でイキましょうか、というもので、北尾トロさんの本のタイトルが、じつにリアルに思い浮かんだ。

裁判長!ここは懲役4年でどうすか 1 (1) (BUNCH COMICS) Book 裁判長!ここは懲役4年でどうすか 1 (1) (BUNCH COMICS)

著者:北尾 トロ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 なんとなくの印象による多数決。
 結局そうならざるを得ないのだろうが、しかし懲役刑って何なの。
 自由を奪って懲らしめる罰…その期間(罰の重さ)を決めるのが裁判であって、刑務所のなかがどうなってるかは、裁判官や裁判員の与り知らぬこと…なのか。
 以下は国家公務員法第38条の一部。

(欠格条項)
第三十八条  次の各号のいずれかに該当する者は、人事院規則の定める場合を除くほか、官職に就く能力を有しない。
一  成年被後見人又は被保佐人
二  禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者

 第2項を設け、
「前項の規定にかかわらず、3月以上の懲役刑の執行を受けたことのない者は、刑事裁判を行う能力を有しない」
 とする司法改革はどうですか。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 12月29日11時30分現在、220でtwozero位~happy02

2008年12月28日 (日)

裁判員制度のCM 4億3400万円

 11月21日の記事に書いた開示申出の件の、まずは「1」の文書が12月27日(土)、郵送されてきた。ありがとござまーすnote

①映画「審議」
  債主 (株)ジェイアール東海エージェンシー
  金額 7087万5315円
  適用 平成19年度裁判員制度広報用映画の制作

②映画「裁判員~選ばれ,そして見えてきたもの~」
  債主 株)ジェイアール東日本企画
  金額 6880万
  適用 裁判員制度広報用映画の制作

③映画「評議」
  債主 (株)博報堂
  金額 6999万7951円
  適用 裁判員制度広報用映画の制作

④アニメーション「ぼくらの裁判員物語」
  債主 株式会社 電通
  金額 2799万6045円
  適用 裁判員制度広報用アニメーション制作業務

⑤解説ビデオ「あなたも参加する刑事裁判~裁判員制度が始まります~」
  債主 株式会社 電通
  金額 1400万円
  適用 裁判員制度広報用ビデオの制作

⑥裁判員制度CM「あの頃の気持ちのままで」
  債主 (株)朝日広告社
  金額 1970万円
  適用 映画予告編広告(シネマアドバタイジング)用コンテンツ制作業務

⑦裁判員制度CM「来年スタート!」
  債主 株式会社 電通
  金額 4億3400万円
  適用 裁判員制度広報(テレビスポットCM等)の企画等実施業務
  予算事項 裁判運営の充実に必要な経費

P1020890  7番目だけに「予算事項」の記入がある。
 「裁判運営の充実」と聞けば、法廷内の空調とか、通訳のスキルアップとか、有能な速記者の養成とか、書記官、廷吏(法廷職員)の肩もみとか、私なんかは思い浮かべるけど、そうか、ああいうCMを国民に見せることも、「裁判運営」を「充実」させることになるのか、なるほど、言われてみれば、そんな気がしないでもないでもないかも、ってどっちやねん。

 以上の映画やCM等は、最高裁のサイトで見られる
 映画やCMの制作に携わってる方は、
「わりと安くつくれたな」
「うちの会社ならもっと安くつくれる」
「ま、妥当な額じゃないの?」
 どう思うんだろうか…。

 まぁ、なんにしても、「裁判員制度はいらないsign01大運動」は、制度の廃止を目標にしてて、1年前は「そんなの無理に決まってるじゃん。ナニ言ってんの?」という人が多かったろうが、だんだんと目標の実現が現実味を帯びてきたように思う。
 まずはスタートさせ、マズイ点はそれから改善していけばいい、というのも、オイオイ、マズイまま裁かれる被告人や被害者はどうなるの? という以上に、そもそも改善しようのない制度であり(※)、まずは廃止する以外にないと、これからもっと多くの人が気づいていくんじゃないかな。

※ 「国民の国家に対する信頼と理解を深めるためだ」とか言って始めたのが、なぜか国民を罰則付きで強制動員する戦争で、「国民参加は良いことだ」と受け容れて、マズイ点を改善していけばいいって、そりゃないだろ、というのに似てなくもなくなくない? ってどっちやねん(笑)。

見えてきた裁判員制度の危うい実態
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

裁判員制度の正体 (講談社現代新書) Book 裁判員制度の正体 (講談社現代新書)

著者:西野 喜一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 裁判所行きから解放され、溜めてたあれこれを、あれもこれも片付けようと、昼寝もせずに頑張ったのに、なぜか一太郎の円盤を読み取れなくなってPCの調子が悪くなり、「修復」がどうとか出たり、なかなか思うようにいかないもんだね~weep

 ちょ待てぇよ! 26日(金)は10時から地裁で、今年最後の「道路交通法違反」の新件があったじゃん! 傍聴ノートに書いてあったのに、俺はまた違うとこを見てた、大失敗! どうしてそんな間違いを犯したんだ!? という夢をみて午前3時頃に目が覚めるし(笑)。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 12月28日3時50分現在、久々に25位までの枠から落っこちて、180でtwoseven位~happy02

2008年12月27日 (土)

法律を勉強したくて法律の本を万引き

 急に寒くなったね。私はなぜか頭が冷えて冷えて。なぜだ?
 傍聴三昧も今年は今日で最後。
 今年は26日が金曜だもんだから、いつもより早く1年が終わる。ものすごぉくホッとする。こんなにホッとするもんかと自分でも驚く。通い過ぎたんだなぁ、裁判所へ。

12月26日(金)

crying 「涅槃で待つ」との言葉を遺書に残して自殺した(合掌)俳優・沖雅也さんの「養父」、の覚せい剤取締法違反」の判決をしんみり傍聴して今年を終えようかと、東京地裁412号法廷へ。
 9時50分からのはずなのに、9時40分、法廷前の小廊下に点灯がない。開廷表が出てない。ぎょっ、またメモミスか?
 ところが、1階の開廷表にもなかった。流れたわけ? げ~! でも、ま、そんなこともあるよね~。被告人は高齢、急に寒くなって体調を崩したんだろうか…。

081224_14320001 clip 10時から東京簡裁534号法廷(八木澤秀司裁判官)で、18日の第1回を傍聴できなかった「金融機関等による顧客等の本人確認等及び預金口座等の不正な利用の防止に関する法律違反」の判決。
 友人だった暴力団組員から頼まれ、報酬をあてにして自己の銀行口座を開設し、台東区の●●食堂の前にて2007年2月、預金通帳とキャッシュカードを3万円で譲り渡したんだそうだ。2008年12月に公判ってことは、その通帳は…?
 津軽から集団就職したのち、職を転々としながらも、就労の生活を送ってきたんだそうだ。2006年11月に「住居侵入・窃盗・窃盗未遂」で懲役2年、執行猶予4年の判決を受けているが、「マジメに生活してきた状況がわかるので…」と裁判官が言ったところで、被告人は泣いたのか、顔をこすった。
 罰金30万円、満つるまで算入、訴訟費用は不負担。
 被告人の手指の先が灰色になっていた…。

※ 写真は本文とは関係ないです。24日に警視庁へ寄った帰りのものだし。

clip 内田雄三裁判官(研さん裁判官)に交代して、10時20分から「住居侵入・窃盗」の判決。
 退職後1カ月、宿泊費、食費に窮して、盗みをするしかないと思い、入れるところを探し、ビルの7階で、無施錠の勝手口(?)から侵入、カメラなど8点、被害額38万1000円を窃取、カメラなどは逃走途中の質店で換金したんだそうだ。
 同種前歴1、前科なし。被告人なりに真剣に仕事を探していたことが認められるんだそうだ。被告人は実家へ帰ってやり直したいと思うに至り、その両親に弁護人が連絡を取ろうと2度速達を出したが、無反応なんだそうだ。
 懲役1年6月、執行猶予4年、訴費不負担。
裁判官 「裁判所が被告人に望むことが3つあります。住居を確保すること、仕事に就くこと、二度と罪を犯さないこと…」
 3つめは良いとしても、住居の確保と就労は、今どき相当困難ではないのか、そうでもないのか。ひねくれた者なら、「全く先の見えないホームレス生活をしたことのない、高給取りの国家公務員に、言われたかねぇよ」と思うかも。思うかもしれなくても、言い続けることが大事な場合もあるとは思うけど。
 被害者は、1万円だけ被害弁償した被告人に対し、「ほんとに2度としないできちんと更生してくれるなら許す」と言ってくれたんだそうだ。

clip 続いて10時40分から「窃盗」の判決。毎回、間に20分もとるのは、1件終わる毎に八木澤さんが内田さんに指導等するためなのかな。
 2007年7月の、東京簡裁での「窃盗」の裁判(懲役1年、執行猶予3年)のとき、ギャンブルはもうしないと誓ったのに、再び競馬などやるようになり、生活保護費として交付されたうち3万円をパチンコに費消してしまい、東急ストアで、買い物かごに入れた商品のうち豚肉1パック380円のみを、持参の黒いビニール袋に入れたんだそうだ。
 懲役1年、訴費不負担。
 被告人は73歳だという。

 これで534号法廷の午前の開廷は終わり。もう帰ろうか、どうしよう。11時から地裁のほうで「強制わいせつ」などあるが…。

clip 11時から簡裁728号法廷(田中芳和裁判官)で「窃盗」の判決。
 被告人は、見た目60代後半くらいで、由緒ある家系か? と思える氏名。
 なんと、阿曽山大噴火さんの12月24日のブログに出てくる、NHKを定年退職した被告人の事件だった!

検察官「以前にも同様の罪で捕まってるでしょ。それは会社の方は知ってたの?」
被告人「はい」
検察官「処分というかね、こういう会社だし…、明るみに出そうだけど」
被告人「それは警察と裏取り引きと言うか…」
 なんと、そんな取り引きがあるのか!知らなかったよー。

 と阿曽山さんは書いてて、うっそ、マジ? 24日が第1回なら判決は来年だろ、あとで被告人氏名を聞いとこう、と思ってたそれが、26日に判決で、偶然傍聴してしまうとは!
 判決公判で私が聴き取れたところによれば、2005年に窃盗で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けており、その猶予期間中の2007年5月に、同種万引きの窃盗で起訴猶予になっており、本件は猶予期間が経過して10カ月後の犯行…かな。
 さすがにもう、懲役1年2月、未決10日算入
裁判官 「それで司法試験に受かっても、評価は得られない」
 司法試験を受けようと思ってたわけ? うわぁ…。

 普通なら1週間後に判決のところ、2~3日後に言い渡す、ということが夏休み前によくあったが、年末もそうなるんだね。
 夏休みの場合は、不要に勾留期間を長くしないためだろう、つまり被告人のため。一方、年末の場合は、何より裁判官自身のためだろう、司法年度は暦年で、御用納めまでに何件処理できるか、今年の既済は何件で未済は何件か、その裁判官の、そして上司の裁判官の、評価に影響するから。
 でも、年末年始を拘置所または留置場で過ごしたい、屋根と壁と布団があって3食つくところに、なるべく長くいたい、という被告人もいるよね、きっと。もちろん、1日でも早く娑婆へ出たい、または下獄したいという被告人もいるだろう。

 もう帰りたかったが、今日は裁判所内で、ある娘さんからあるブツを受け取ることになっており、娘さんが来るのが昼頃になるというので…。

clip 11時15分頃、11時~12時の地裁810号法廷「住居侵入・強盗」の審理へ。
 モニターが全部そろった裁判員裁判用の法廷。壇上には半田靖史裁判官1人。被告人を立たせたまま被告人質問をやってるところだった。
弁護人 「前に留置場、入ったことは?」
被告人 「(本件犯行の)3日前に釈放された強制わいせつ…(高度酩酊下で行われたらしい。前科になってない)。ずっと前に、自転車盗んで捕まったことが…」
 被告人質問は11時37分に終わり、論告、弁論。求刑は懲役5年
 要するに、前の彼女と互いに家賃を出しあってアパートで暮らしていたが別れ、1人で家賃を負担するのはきつかったが、新たに決まった就職先との関係でそのアパートに住み続けるのが都合がよく、それなりに収入はあったものの、切り詰めることなく遊興したものだから家賃の支払いに窮し、サラ金はなんとなく敷居が高く、親に迷惑はかけたくなく、そこで、窓が開いており、洗濯物や間取りから女性の1人暮らしと思しき部屋へ、壁伝いに2階へ登り、土足で侵入、目を覚ました被害者を殴り、布団をかぶせて馬乗りになり、通報を阻止するため使い切りカメラで撮影し、肉体的苦痛および精神的屈辱を与え…それが2年前、被告人が21歳のときの犯行で、その後は普通に暮らし、新しい彼女もでき、給料は上がり、家賃が3万円近く安くなって楽になっていた…両親ともに教員…そんなふうな事件らしかった。
 来年判決。12時02分頃閉廷。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

restaurant ブツを受け取り、地下の食堂でいっしょにA定食460円。一服して、寒いけど良い天気の霞が関をあとに。「枯葉の街」のメロディなど脳裏に。ミレーユ・ダルクは良かったなぁ、高校生の頃、劇場で観たのだょ

 来年の東京地裁の開廷は1月6日(火)から。ただし「覚せい剤取締法違反」の新件が1件のみ。7日(水)は6つの法廷が、8日(木)は11の法廷が、9日(金)は12の法廷が開かれる。
 高裁は8日(木)に、「覚せい剤取締法違反」と「逮捕・監禁」と「道路交通法違反」の、いずれも第1回が刑事8部・717号法廷で。
 簡裁のほうは来年確認しよう。みなさん、良いお年を。ってもう完全に1年が終わってしまった気分だな、31日まであと5日残ってるのに(笑)。

人気blogランキング ← 12月27日4時50分現在、210でtwoone位~happy02

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008年12月26日 (金)

裁判官がホームレスやったら1週間で死んぢゃう?

 今年の傍聴もあと2日、ふぅ。
 今日の記事は、ものすごく飛ばして書く。

12月25日(木)

clip 9時45分から東京簡裁534号法廷(研さん裁判官。西村郁夫さん?)で、12月16日に第1回を傍聴した、被告人が元サッカー選手の「窃盗」、の判決。
 普通に懲役1年6月、執行猶予3年。

 検察官の机に記録が6冊積まれ、上から3番目の記録が他の2倍ほどの厚さ。否認なの…?

clip 続いて9時50分から、やはり16日に傍聴した「携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律違反」の判決。
 普通に罰金30万円、満つるまで算入。

clip 続いて9時55分から「窃盗」の判決。懲役10月。求刑よりだいぶ下げたらしいこと以外、さっぱりわからず。サイテー。

clip 続いて10時から、記録がやけにぶ厚い「住居侵入・窃盗」が始まった。
 自宅マンションの駐輪場でカードキーを拾い、1カ月ほど経ってから、そのカードキーを使って他人の部屋に侵入、テーブルに置いてあったロレックスと現金1万7000円を窃取、何度か自分の腕につけていたが、やがてネットで換金、88万円を得てパチンコ等に費消したんだという。
 求刑は懲役1年6月。弁護人が弁論で言った。
弁護人 「もはや二度とカードキーを拾うことはないだろうから再犯のおそれはない…」
 もしも拾ったらまた盗るんかぃ、被告人の再犯は、盗めるチャンスが来るかどうかにかかってるんかぃ、と素人的には突っ込みたくなる、そんな弁護がときどきあるけど、じつは法律的には、マジメに押さえなきゃいけない要素の1つだったりして? 判決は来年。

clip 11時から同じ5階の、地裁526号法廷(山口裕之裁判官)で、「道路交通法違反」の新件。前の事件が長引いて、11時19分から。
 中央自動車道上り、0.3kp付近のオービス(三菱のRS-2000)による88キロ超過。被告人が、惚れ惚れするようなイケメン。モテモテなんだろうなぁ、ちきしょう、俺だって…うぇ~ん、なんで泣くんだ(笑)。
 ま、普通に懲役3月、執行猶予2年、学生なので訴費不負担。
 11時59分閉廷。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

restaurant 地下の食堂で、A定食460円。今日は四川風炒め。繊維質の多いキクラゲがたっぷり。つか野菜がやたら多くてびっくり。

clip 13時20分から簡裁728号法廷(小川利行裁判官)で、12月18日に第1回を傍聴した「盗品等処分あっせん」の判決。
 15分ほど前に、大廊下の南端へ行くと、嗚呼、冬の日が眩しく差し込んでるではないか。しばしその日差しのなかに立ち…。

 判決は、懲役1年、罰金20万円、未決10日算入。前刑の仮出獄後、間もない犯行ゆえ、現在の運用上、実刑は免れないとはいえ、なんか可愛そうな気がしたょ…。

clip 13時30分から、簡裁534号法廷で「暴行」の新件と、地裁520号法廷(開廷表には丸山哲巳裁判官と)で「公務執行妨害・道路交通法違反」の判決とあり。
 後者は今日で6回目くらいのはず。否認に違いない。どんな事件なんだろ。と520号へ。行ってみてわかった、11月21日に第1回を傍聴した事件だった。
 懲役1年6月、未決20日算入、訴費不負担。13時40分閉廷。

clip それから簡裁524号法廷、「暴行」の新件へ。
 傍聴席に阿曽山大噴火さんが1人だけいた。
 しまった、最初からこれを傍聴してればよかった。ホームレスが被告人の事件はよくあるが、そのなかでもこれは非常に印象深い事件だった。武内晃裁判官の名台詞を聞けた。釈放されたらまたホームレス覚悟の生活へ戻るという被告人(60代?)に対し、
裁判官 「裁判官、そんな、ホームレスやったら、1週間で死んぢゃう、元気だね~」
 これだけじゃよくわかんないだろうけど、最高のやり取りだったな~。表情を変えない、あの書記官も(『七人の侍』にああいう人、居そう)、良い味を出してるんだと思う。ま、書記官はどなたもだいたい表情を変えないけどさ。

clip 1階へ降りて一服するうち、14時20分となり、えぇい、ちょと変わった被告人氏名のこれだけ、これで絶対帰るからと、地裁811号法廷(村山浩明裁判官。東京高裁・刑事7部で右陪席をやってた人だ!)へ。
 14時30分から「銃砲刀剣類所持等取締法違反」の判決。
 深夜、大量飲酒して、自分が所属していたタクシー会社へ、文化包丁を持って乗り込んだ、というふうな事件だった。
 懲役6月、保護観察付き執行猶予3年、訴費不負担。

 終わって、隣の810号法廷を覗くと、けっこう傍聴人がいた。若い感じの被告人が3人いた。今風の詐欺の事件(審理)だった。

被告人、前へ。―法廷で初めて話せることもある Book 被告人、前へ。―法廷で初めて話せることもある

著者:阿曽山 大噴火
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ←12月26日23時30分現在、週間INが200でtwofive位~happy02

2008年12月24日 (水)

府中刑務所 元旦の献立は1731円49銭

 さすが年末は判決が多いね。

clip 11時から東京高裁506号法廷(中山隆夫裁判長)で「道路交通法違反」の第1回。被告人氏名で検索すると、数年前のトカレフの事件がヒットする、まさかその人? と傍聴してみたのだ。
 ところが、被告人は不出頭。弁護人からの事実取調請求は、被告人が不出頭ではできないってことで(被告人質問だったのかな?)、直ちに判決かと思ったら来年に。

 右陪席が菱田泰信裁判官。ついこないだまで地裁の刑事18部だったのに!
 個性のある裁判官が高裁の陪席になって黙ってしまうのは、つまんなーい。って傍聴人は勝手なこと言うよなぁ(笑)。

P1020889 clip 次の狙いは11時40分から。とりあえず法廷へ入ってようか、と東京簡裁534号法廷(八木澤秀司裁判官)へ。
 「住居侵入」の最終弁論をやってるところだった。なんと、大量に飲酒して(逮捕後0.49mg)警察寮へ入り込んだんだという。
弁護人 「携帯電話片手に盗撮目的で侵入したというが、盗撮をするには、あまりにも行き当たりばったりの不首尾な行動であり、実際、着衣の女性すら撮れておらず、ぼんやりしたエアコンの写真があるだけ…」
 やはり大量に飲酒し、被害者宅の玄関前で襲いかかるという強姦未遂で、保護観察付き執行猶予判決を受けたことがあるらしい。
 前回は強姦未遂、今回は盗撮、「よりひどくない方向での進歩」と言えなくもない、というふうなことを弁護人は言ってた。なるほどねぇ、失礼ながら私は可笑しくて。

clip 続いて11時30分から「窃盗」の判決。
 どうなんだろう、白髪混じりの、婆ちゃんとおばさんの中間くらい…?
 身柄は警察留置場で(菊屋橋かな)、その手錠が、ぴかぴか光る素敵な濃紺、というか深いブルー、素晴らしい色と輝き! そんなの初めて見たよぅ!

 懲役1年6月、未決20日算入。
 一晩をともにした(sign02)男性から現金を盗まれたと言われたことから、その現金を返す必要が生じ、歌舞伎町のネットカフェで、3つ隣のブースの、下のほうが開いた出入り口から、置いてあったバッグを盗り、現金7000円を盗んでバッグを戻した、というふうな事件。
 前科・前歴多数あり、最終刑(八王子支部、覚せい剤、懲役1年4月)の服役後、約2カ月での本件犯行なんだそうだ。バッグについてはすぐ戻したから窃取に当たらない、と否認してたらしい。そりゃ無理でしょぉ。

 安心快適な住居があり、程良い仕事と十分な生活費があり、地道で真っ当な人たちに囲まれて居れば、そもそも生まれたときからそうであれば、娑婆と刑務所を往ったり来たりの人生でなかったろうに…そう思うことが多い。
 しかし、生まれたときから虐待され、成長して、ようやく幸せな温もりをつかんだと思ったら、その相手がとんでもない男(または女)で、というケース、よくあるよね。この被告人がどうなのか知らないけれども。

 不倫演歌があるなら、転落演歌、野垂れ死に演歌もあっていいじゃないか。
 名曲「昭和枯れすすき」なんか、いいよねぇ。美空ひばりさんも歌ってるとは知らなかった! でもやっぱ、さくらと一郎さんがサイコー。昔の股旅演歌北アフリカ演歌もよかった。ついでに言っとくと、俺はねぇ、漠然と「明るい明日へ向かって歩きだそう」とかそんなことばっか口先でくり返す、インチキセミナー調の歌が、大っ嫌いなんだょ。

clip 12分遅れて11時52分から、12月17日に第1回を傍聴した道路交通法違反」(酒気帯び0.25mg)の判決。
 普通に罰金30万円、満つるまで算入、訴費不負担。
 普通のことを地味に確認するのだ、これでいいのだ。

restaurant 地下の食堂でA定食460円。礼田計さんと某氏が来て、なんと、今日は弾劾裁判の判決だったこと、すっかり忘れてたことに気づくsign03 げ~、なんてこった。地味に確認してる場合じゃねっつーの(笑)。

clip 13時15分から地裁532号法廷(伊藤雅人裁判官)で、11月27日に第1回を傍聴した脅迫」の判決。
 懲役6月、未決20日算入。
裁判官 「平成20(2008)年6月に、振り込め詐欺で懲役3年、執行猶予5年の判決が確定してから、わずか2カ月余りでの犯行であり、犯罪傾向には根深いものがあると言わざるを得ない…」
 再び手錠をつけられるとき、両手に刺青があるのが見えた…。  

clip 13時20分から高裁622号法廷(若原正樹裁判長)で、12月1日に第1回を傍聴した傷害・ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」の判決。
 被告人は不出頭。裁判所にも弁護人にも連絡はなかったらしい。
 控訴棄却、訴費負担。

clip 続けて13時30分から「占有離脱物横領」の判決。この罪名が高裁へ来るのって珍しくない?
 被告人(身柄、拘置所)は小柄なおじさんで、起立の姿勢がピシッと決まっていた。あぁ、服役経験があるのだな…。
 長野市内で、他人が置き去った自転車(2000円相当)を自己の足代わりにしようと…。窃盗、窃盗未遂、常習累犯窃盗などで何度も服役しており、うち2犯は本件と累犯の関係にあるんだそうだ。最終刑の出所からわずか2週間での犯行なんだそうだ。

clip 13時45分から地裁801号法廷(鈴木秀行裁判官)で、「公然わいせつ・準強制わいせつ」の判決。
 2つの罪名がなぜダブるのか、全くの別件か? 確かめたくて傍聴したら、ある月曜日の午後1時30分頃、小田急線の車内で、座席の端で寝込んでいる女性のそばで、自己の陰茎を露出し、その陰茎を、女性の右側頭部に押しつけたんだそうだ。そんな犯行態様、初めて聞いた!
 同種の罰金前科2犯あり。懲役2年、執行猶予3年、訴費負担。

clip 14時から地裁636号法廷(市川大志裁判官?)で、「公務執行妨害」の判決。
 自宅前で(?)、警ら中の巡査(53歳!)に対し、
被告人 「おい、オマワリ、本物か、俺が確かめてやる」
警察官 「私は本物ですよ、●●交番から来ました」
 そして、路面にサンダル履きの足で線を引き、
被告人 「ここは俺の土地だ、入るな」
 と言い、警察官の足を踏み、泡状の白いつばを「ペ」ではなく「パ」という感じで警察官の胸に吐きかけたんだという。
 被告人の側は、何もしていないのに警察官が追いかけてきて右腕をひねり上げてきたんだという。
 被告人は癌で、痛み止めとして「麻薬であるオキシコンチン」を処方されてたんだという。
 粗暴犯の前科があり、「脅迫」で懲役2年、保護観察付き執行猶予5年(4年?)の判決から1カ月も経たない犯行なんだという。
 懲役10月、未決60日算入、訴費負担。

train このあともいろいろあったが、途中で電話が入り、某女性誌のコメント部分の原稿チェックを忘れてたことに気づき…。遅くとも夕方には、と言われ…。

※ 上の画像は、府中刑務所の献立表の一部。元旦はご馳走だぁ。
 これ、完全無実の「殺人等」で懲役10年を打たれ府中刑務所に服役していた福井正樹さんが、刑務所の中から開示請求してゲットしたものだ。福井さんの事件は『敗れざる者たち』に。ぜひご一読を。

三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録 Book 三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録

著者:三浦 和義,河村 シゲル
販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ←12月24日23時30分現在、週間INが240でtwoone位~happy02

2008年12月23日 (火)

裁判員制度に都合が良いか悪いかで?

 面白いものを発見。
 以下は、23日の「yahoo!ニュース」の一部。

弁護士7割「ノー」…ただし回答率1割
 来年5月に始まる裁判員制度で、弁護士21人でつくる「裁判員制度アンケート調査実行有志の会」(事務局長・打田正俊弁護士)は22日、制度について弁護士を対象に実施したアンケート結果を公表した。全国の弁護士への調査は初めて。回答率は1割にとどまったが、回答者の68・3%が制度に反対だった。

 見出しに注目してほしい。
<<弁護士7割「ノー」…ただし回答率1割>>
 裁判員制度に反対は7割? でも、回答率が1割じゃあ、そんなもの、ねぇ(笑)、との印象を受ける。

 以下は、9月15日の当ブログで取り上げた、「47ニュース」の一部。

裁判員の対応決定企業ほぼ半数に  休暇は「有給」89%
 調査機関の労務行政研究所は11日、来年から始まる裁判員裁判で従業員が裁判員などに選ばれた場合の企業の対応を調査した結果を発表した。仕事を休んだ場合の扱いを決めたのは47%で、労働基準法に基づく既存の公務休暇制度を利用する企業が多く“裁判員休暇制度”を新設した企業は24%にとどまった。また休暇は「有給」との回答は89%に上った。

 こっちの調査も、回答率は約1割なのだが、「…ただし回答率1割」とは見出しになく、裁判員制度の実施へ向けて、企業側の準備も整いつつあるんだなぁ、着々と進んでるんだなぁ、との印象を受ける。

 裁判員制度(国がゴリゴリやろうとしていること)に都合が良いか悪いかで、見出しが与える印象ががらっと違う…というふうに捉えれば、面白い現象だよねぇ(笑)。

 ただ、「yahoo!ニュース」のその画面の「産経新聞」のロゴ、をクリックして出てくる画面から、「弁護士」で検索してそのニュースを見ると、記事本文は同じなのに、見出しは、
<<【迫る裁判員制度】弁護士の68%「ノー」>>
 となっており、「…ただし回答率1割」とは無いなんだよね。
 てことは、「yahoo!ニュース」に載せるとき、何者かがわざわざ「…ただし回答率1割」と足したことになるのかな。誰が、どういう意図で? そのへんはわかんないけど、現象としては面白いなぁと思う。

激論!「裁判員」問題 (朝日新書) Book 激論!「裁判員」問題 (朝日新書)

販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この本は読みやすくわかりやすいと思いますよup

人気blogランキング ← 12月23日15時20分現在、220でtwotwo位~happy02

2008年12月22日 (月)

サザエ3個とアワビ3個

 くっそ、朝の電車はアテになんねぇ~sign01 のろのろ遅いし、やたら止まるし。
 今日は10時からのアレ1件のために、定刻の数分前に始まることもあろうかと早めに出てきたのに、これじゃあ、10時にさえ法廷に入れないかも。
 なにより、今日の目的のアレは、チョー珍しい罪名なのだ。にもかかわらず20席の狭い法廷。ぎりぎりに行ってあぶれたら、あまりに馬鹿馬鹿しい。
 もう、途中で下車して引き返すか? などとぶつくさ焦りながら(毒人参さんに嗤われるよね~coldsweats01)、一縷の望みを託して裁判所の玄関に到着したのが、9時59分。手荷物検査のところに10数人の列。あ~、もうダメだ~。完全に脱力。wobbly

 でも、なんとなく惰性で、10時02分頃、東京地裁521号法廷(植林幹男裁判官? 私はお初)へ。
 すると、あれ? 傍聴人はパラパラ程度じゃん。しかもっsign03 前の「詐欺・窃盗」の判決をまだやってるではないか、ラッキーsign03 こんなこともあるんだねぇ、もうニコニコ。うふふ。←傍聴マニアの喜怒哀楽、とほほ、ですなぁ。

※ 今日は10時から地裁703号法廷で、社保庁を懲らしめたかったと報道された「現住建造物放火未遂・火炎びんの使用等の処罰に関する法律違反」の新件が、718号法廷では、パチンコ景品交換所を襲ったという「強盗致傷」の新件が、高裁506号法廷では被告人がたぶん少年の「殺人」(町田の事件かな?)の審理がある。みんなそっちへ行って、それでこっちはスカスカだったんだろうか。

clip しばし裁判官、検察官が現れず、定刻を10分過ぎて10時10分から、「漁業法違反・千葉県海面漁業調整規則違反」の新件。
 いわゆる密漁かなぁ、公判になるってことは、よっぽど大量に職業的にやったのか。いや、被告人氏名で検索すると、海関係の写真が出てくる。何かの運動で当局とモメたとか?

 公訴事実は、漁協から特別採捕の許可を受けずにサザエ3個(330グラム)、アワビ3個(1220グラム)を採り、もって漁協の漁業権を侵害したというもの。
 もうちょい詳しくいえば、春の土曜の昼間、千葉県の海へ家族と遊びに来た際、ウエットスーツを着て足ひれを付けて潜り、家族で焼いて(1人各1個か)食べるために、貝を採って網に入れたところ、その動静を注視していた海上保安官から声をかけられ、しかし被告人は海上保安官とは思わず、そういう場所でサザエやアワビが採れることを知られると乱獲につながるからと、貝を隠し(海中に沈め?)、やがて海上保安官とわかったが、少し(家族だけでその場で少し味わう)くらいならいいだろと「食ってかかった」…ということらしかった。
 捜査段階の調書には、
「一般人にも海のものを採る権利があると思う。裁判官に聞いてもらいたいので略式にはしなかった」
 とあるそうだ。
 被告人質問によれば、しかし公判請求されてから、法令を読み、自分が間違っていたとわかった、大いに反省し、二度としない、とのこと。

 なるほど~。この処理は、交通違反と同じだ。捜査段階で「反省した。二度としない」と言えば(そして略式に応じなければ)、不起訴(起訴猶予)で終わったろうに、略式に応じないばかりか、「今後も自信をもって無許可で採り続ける」に等しいことを言い続けたので、公判請求されたと、そういうことなんだろうねぇ。
 当時の気持ちも、その後の気持ちも、すっきりハッキリわかりやすく、それぞれよく肯ける、なかなかの被告人だった。

 求刑は罰金10万円。
 15分ほど休廷して判決。なんと、求刑の半額の、罰金5万円sign03
裁判官 「公判廷における反省の情が顕著であると判断して…」
 「顕著」のところを、裁判官はハッキリ大きな声で言った。

 罰金の額が求刑の半分というのを、初めて傍聴した。
 でも、これが裁判官の快挙的な判断なのか、もともとの相場が5万円で検察官が高く言い過ぎたのか、わからない。交通違反なら私の専門だからわかるんだけど。
 あと、「漁業法違反」と「千葉県海面漁場調整規則違反」と、なぜ2つ並ぶのか、どういう関係なのかも、わからない。
 わかるのは、「漁業法違反」の検察庁での過去の処理人数だけだ。法務省のデータによれば、たとえば2007年はこうだ。
    公判請求                 18人
    略式命令請求         583人
    不起訴(起訴猶予)  101人
    他の検察庁に送致  647人
 「他の検察庁に送致」がやたら多いのは、他県からの被疑者が多く、そしてその多くが後日被疑者の地元で略式処理されるから、なんだろうね、たぶん。
 ちなみに同年の交通違反のデータはこうだ。
    公判請求                      9423人
    略式命令請求         42万4581人
    不起訴(起訴猶予)  15万8304人
    他の検察庁に送致  19万8854人

 被告人質問で裁判官は言った。
裁判官 「こういうのは交通違反と同じなんでしょうねぇ。少しくらいならとやってると、世の中が乱れてくる。だから些細なことも取り締まる…」
 「破れ窓理論」、その理論はわからないじゃない。だけど、交通違反の場合、多くの運転者の側からは合理性が認められない規則を山ほどつくり、「少しくらい違反してもいいんだ」「少しくらい違反するほうが、かえって安全・円滑なんだ」という意識を、長年にわたり強固に築かせ、すなわち、善良な運転者も日常的に何らかの違反をし、交通違反があふれる状態をつくり、そのうえで、交通安全・事故防止をお題目に(ときに「破れ窓理論」も持ち出し)、あふれる違反のごくごく一部を捕まえ(検挙率は1%をはるかに割る)、運悪く捕まった者からナンだカンだとカネを取り、しかし母数が膨大だからごくごく一部からでも毎年莫大なカネが集まり、そのカネを(「罰金」以外は)警察の縄張りへ流し込む…そういう仕組みになってる。

  

 私は漁業法関係のことは知らないけど、交通違反と同列に論じるのは(漁業法や海面規則が)可愛そうなんじゃないか、と思う。
 しかしまぁ、良い裁判を傍聴させたもらった。満足。10時57分過ぎ閉廷。

clip 11時から1階下の地裁425号法廷で「道路交通法違反」の新件が…と行ったら、425号法廷はまだ開いておらず、すでに10数人が列をつくってる。なに?
 壁の開廷表を見たら、開廷は11時10分で、罪名は「住居侵入・強盗致傷・強盗致死」。合議(波床昌則・平出喜一・豊島栄子裁判官)。判決。被告人氏名は韓国人かと思わせるもの。その氏名に見覚えがある。何回か公判を重ねたはず。
 目指す「道路交通法違反」は、同じ法廷で午後の開廷。どうしたらそんなメモミスをするんだ? うーん。
 今さらしょーがないし、これで帰るのも何なので、傍聴することに。

  

 韓国人の強盗団(毎回6人?)による、資産家宅を狙っての2件の強盗、の1人が被告人なのだった。
 1件は、杉並区の歯科医宅。被害は、現金約10万円と、デパート商品券1万2000円相当。被害者は肋骨骨折。もう1件は、世田谷区の会社社長宅。被害は、現金85万1000円と、時計や指輪やペンダントやダイヤの裸石など2369万5000円相当。被害者は激しい暴行を受けたあと窒息死。
 用意周到、大胆かつ緻密な職業的強盗団で、被告人は2件目のあと韓国へ戻り、韓国でも仲間と強盗をし、捕まって服役、それから国際なんとかの取り決めにより日本の警察に逮捕されたんだという。
 日本で他の強盗はやったが、公訴事実の2件の強盗はやってない、と否認しているのだった。
 判決は無期懲役。12時17分閉廷。

 外国つながりで言えば、10月2日に川崎支部で傍聴した、ベトナム人による「傷害・窃盗」(実質、事後強盗傷人)も、<<盗品買い取りベトナム人に実刑 「職業的犯行」と指摘>>に関係する事件だったのかもねぇ。

rain いったん帰宅。冷たい雨のなか、また出かけ、某弁護士事務所で会議…。

人気blogランキング ← 11月23日14時10分現在、220でtwotwo位~happy02

2008年12月21日 (日)

候補者名簿登載者が実名で記者会見!

P1020871  ぎりぎりまで原稿を書いて、土曜なのに霞が関方面へ。
 13時30分から、日比谷公園内の松本楼で、「裁判員制度はいらないsign01大運動」の記者会見。
 以下は20日19時09分付け産経ニュース、の一部。

【裁判員制度】法に抵触、でも…候補者が実名で制度反対訴え
 来年5月に始まる裁判員制度で、制度に反対する団体が20日、都内で会見を開き、最高裁から通知を受け取った候補者3人が実名で反対や制度廃止を訴えた。裁判員法には罰則はないものの、個人が特定できるかたちで候補者になったことを公にしてはならないとある。3人はそれを承知の上で会見した。
 都内の男性会社員(65)は「(候補者が実名を公表することなどは)違反と知っていたが、素人が審理しても意味がない。反対の声を大きくしなければと(今回)参加した」と訴えた。候補者通知を開封せずに送り返したという千葉県の無職男性(65)は「死刑や無期懲役という重大事件を裁くことは心に傷を残す」、千葉県のコンサルタントの男性(63)は「職業によって参加が義務だったり、そうでなかったりするのはおかしい」などと語った。

P1020859 私は同運動の呼び掛け人の1人だから、という以上に、「これを見逃してたまるか!」と出かけたわけ。マスコミの方々も同様だったのか、TVカメラがたくさん来てて、会見者らの後ろへ廻って撮影するカメラまであった。

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news15.html?now=20081221125523
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013144661000.html
http://www.news24.jp/125478.html
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4022252.html
※ 「公にしてはならない」(裁判員の参加する刑事裁判に関する法律第101条第1項)に、マスコミの側は従った、ということかな。

実名・顔出しで会見に臨んだ、勇気あるお3人の話、そして、今日は来られなかったけど実名のお3人、および匿名希望だけれど意見を寄せてくださったお2人からのメッセージ、どれも生々しくて良かったねぇ!
私のメモから一部だけ抜き出すと…。

「この制度は税金の無駄遣いだ。そんなカネがあれば、仕事がなくて困ってる人を助けたらいい。そうすれば、死刑や無期懲役の事件が、1つでも減るんじゃないか」

 多くの刑事裁判を傍聴してきての実感と、完全にダブる。

「もう歳ですので、つつましく暮らして、心静かにあの世へ逝きたい。今さら(命を奪うか一生牢獄に閉じ込めるか)そんな裁きをしたくない。(来年の候補者名簿に登載されたとの)通知が来なくて安心してる人、これから毎年続くんですよ。みなさん、ちゃんと考えてくれれば、同じ結論になるんじゃないでしょうか」

 今回会見した3人とも、もともと反対だったが、通知が来て改めて法律(「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」)を読んだり、ネットで調べたりして、こりゃどうしても声を上げねば、という気持ちになったんだそうだ。
 以前、ある元裁判官が言っていた。
「この制度は、知れば知るほど不安になるんですよ。だから宣伝しちゃダメなんですよ(笑)」
 「国民参加」とだけ聞けば、なんとなく良さそうだが、具体的にどういう制度か知ろうとすれば、どの部分を知っても、不安になる、嫌だと声を上げたくなる…。

 これからどんどん、制度の具体的中身を、国民は知ることになる。
 1つの事件につき裁判所へ呼ばれるという50~100人の候補者は、裁判員または補充裁判員に選ばれることを前提に、全員が3日、5日、or more のスケジュールを完全に空けて裁判所へ行かなきゃならない、ということを当局はあまり言ってないようだけど、そういうことも国民はこれからどんどん知るようになる。
 自分は無罪だと思っても、多数決で有罪と決まれば、死刑か無期懲役か、意見を述べなければならず、死刑なら死刑を、自分もいっしょに出した判決として受け止めなければならない。死刑が執行されたとき、どう思うのか。そういうことも、こういうことも、ああいうことも、これから…。

 来年5月21日、裁判員制度はほんとにスタートできるのか? もうだぁ~ぃぶ怪しくなってきたぞと、今日は実感した。
 最高裁と法務省は、どうするのか。
 以下は20日付け朝日新聞の記事、の一部。

国選弁護の報酬5倍、説明の手間など考慮 来年度予算
 09年度予算の財務省原案では来年5月から始まる裁判員制度に向け、主な経費で約79億円が計上された。初めて盛り込まれた裁判員や裁判員候補者の日当・旅費は22億円。裁判員裁判を担う国選弁護人の報酬については、法律の素人の裁判員に説明するための労力などを考えて通常の国選弁護事件の5倍以上を支払うことになると試算し、14億円を予算化した。

 ほほ~、まずはそう来ましたか。
 次は、裁判員の日当を5倍にするのかな?
 そうすると、カネに目がくらんだ者ばかりが、「国民参加、たいへんけっこう。義務を果たしましょう」とか正義ぶって、競って裁判員になろうとしたり? むむ~ん。やがて恐ろし裁判員制度。

裁判員制度の正体 (講談社現代新書) Book 裁判員制度の正体 (講談社現代新書)

著者:西野 喜一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

激論!「裁判員」問題 (朝日新書) Book 激論!「裁判員」問題 (朝日新書)

販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

つぶせ!裁判員制度 (新潮新書) Book つぶせ!裁判員制度 (新潮新書)

著者:井上 薫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判員制度はいらない 裁判員制度はいらない

著者:高山 俊吉
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 11月21日0時10分現在、250でtwozero位~happy02

2008年12月19日 (金)

口先ばっかり調子の良い奴には気をつけろ!

 もうダメ。疲れ果てた。19日(金)は、いずれも地裁で、10時から「遺失物横領」の新件、11時から珍しい被告人氏名の「器物損壊」があり、この2件だけ傍聴して今週は終わる予定だったが、もうダメ。これ以上は無理を重ねられない…。

12月18日(木)

clip 13時10分から簡裁728号法廷(小川利行裁判官)で、12月4日が論告・弁論だった「窃盗」(スーパーでの万引き)の判決。
 やはり、弁護人の主張はぜんぶ退けられ、懲役1年2月、執行猶予4年。
 被告人(在宅)は、そこらのアイドルタレント顔負けと思える美人なうえ、自立心、自律心、責任感、頑張りがあるんだよね。人生ってほんとに…と思う。

081218_17080001 clip 続けて同じ法廷で13時30分から、「盗品等処分あっせん」の新件。この罪名は、かなり珍しいのでは?
 そしてこれも、非常に興味深い、とくに日下部敏検察官(今日はグレーのスーツにオレンジ色のネクタイが決まってたょ)の個性もあって、非常に人間味のある事件だった。詳しく書いてる余裕がないのだが、被告人(身柄、留置場)は、服役前科はあるけど、たぶんいいやつなんだよね。そして、被告人にロレックス等を換金させた主犯は、調子よくおだててくるやつだったんじゃないか? 私もねぇ、学生の頃、地回りのヤクザと…。いや、それを書くとまた長くなる。とにかくね、口先ばっかりやたら調子のいいやつには気をつけろ! そいつが何をやるのか、普段何をやってるのか、事実を見ろ。とくに、ピンチのときに何をやるのかを見ろ!

 求刑は懲役1年6月、罰金20万円。

(盗品譲受け等)
第二百五十六条  盗品その他財産に対する罪に当たる行為によって領得された物を無償で譲り受けた者は、三年以下の懲役に処する。
 前項に規定する物を運搬し、保管し、若しくは有償で譲り受け、又はその有償の処分のあっせんをした者は、十年以下の懲役及び五十万円以下の罰金に処する。

 256条2項は、「又は」じゃなくて「及び」なんだね。知らなかった。

clip 1階で民事の開廷表を見たら(いちおう毎日チェックしてるのだ)、14時30分から地裁民事3部、522号法廷(定塚誠裁判長)で「運転免許停止処分取消」の、今日は「証拠調(本人)」があるではないか。時間もちょうどいい。

 これも面白かった。書けば長くなる。長く書く暇がない。ま、拙著『改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?』のQuestion120「裁判に向けてあらかじめ準備しておくべきものは?」、これが如何に重要かってことを、改めて痛感した。原告は、だいぶ良かったんじゃないかと思う。あとは、最終準備書面でどう埋めるか、かな。って偉そうに、ごめんね。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今日の傍聴は3件とも大満足。居眠りしなかった(と思う)。

maple それから地裁、高裁の来週の予定をチェックし、紅葉の日比谷公園を横切り、銀座を通過し、京橋へ歩く。有楽町の駅前は、どでかいビルが建ち、ものすごいことになってるんだねぇ。
 行く先がよくわからず、警察博物館で尋ねる。ズバリ場所を教えてもらい、ついでに「安い飯屋はないっすかね。もう腹がへって」と泣きつき、近所の立ち食いそば屋を教えてもらう。ありがとござまーす!
 かき揚げそば大盛り420円を食って、近くのカフェでコーヒー大盛り300円を飲みつつ、来週の傍聴予定を練り…。

movie 18時30分から、『ポチの告白』の試写会。こういうマスコミや関係者向けの試写会は久しぶり。昔(ってもう20年くらい前!)はよく行ったもんだが。

「ポチの告白」オフィシャルサイト

 いや~、こんな映画、つくっちゃっていいの? よくつくったね! だよね。
 あの寺澤有さんが、裁判所の職員として出演してる。正面からの顔は出ないが、声でばっちりわかる。で、宮崎学さんが合議の裁判長の役。セリフがたくさんある。ひゃ~!
 1月24日公開だそうだ。これ、全体に、日本人ではなく外国人向けにつくった映画なのかな、という気がした。
 そんな映画の試写会の場所を、警察博物館で尋ねたオッサンがいたんですよぅ。

081218_22150001 train 3時間15分の映画を、まったく居眠りせずに観て、途中の居酒屋に引っかかることなく、銀座(の地下鉄駅)まで歩き、夜のラッシュの電車で帰ったもんだから、もう疲れて、だから19日(金)は裁判所へは行かないことにしたわけ。さぁ、原稿書かねば。

人気blogランキング ← 11月19日1時50分現在、280でoneseven位~happy02

2008年12月18日 (木)

日々の防御を怠るな!

 16日(火)の「携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律違反」、弁護人ナシだったのを、阿曽山大噴火さんは珍しいと書いてる
 阿曽山さんは私なんかより圧倒的に多くの裁判を傍聴してるが、そのなかで弁護人ナシは数件だという。私は、傍聴数は圧倒的に少ないのに、弁護人ナシを31件傍聴してる。これは、私が簡裁の「道路交通法違反」を最優先してるせいだ。
 「殺人」が専門のユキさんと話してると、彼女が(私が)普通だと思ってることが、私には(彼女には)異例だったりする。人間、何を中心に見てるか、どこで生きてるかで、“常識”が違うことってあるんだねぇ~。勉強になるねぇ~。

12月17日(水)

clip 10時45分から東京簡裁534号法廷(八木澤秀司裁判官)で、久々の「道路交通法違反」の新件。
 要するに、運転免許があるのにナンで運転しないんだと言われており、仕事仲間と酒を飲んだのち、寝場所にしていたハイエースを運転、信号停止後、誤ってギアをバックに入れて発進、後ろの車に衝突させ、逃げ、被害者(?)が助手席の窓から身を乗り入れて「戻れ」と言ったが戻らず、被害者は車内にあった被告人の携帯電話で110番通報…というふうな事件。
 酒気帯び検査を拒否して逮捕。逮捕から3時間後の検査値は0.25mg。
 被告人の仕事は1日2500円くらい。月に5万円。1日1食の生活なんだそうだ。
 求刑は罰金30万円。
 ヘリコプターでゴルフへ行く社長も、年収2000万円の天下り役人も、そして1日2500円(その仕事ももうない)の被告人も、酒気帯びの初犯の罰金は30万円。社長や天下り役人は現金で払い、本件被告人のようなケースは逮捕されて長く勾留され、満つるまで算入(『裁判中毒』参照)で処理される…これでいいのだ?

裁判中毒 傍聴歴25年の驚愕秘録  /今井亮一/〔著〕 [本] 裁判中毒 傍聴歴25年の驚愕秘録 /今井亮一/〔著〕 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

clip 続けて同じ法廷で、研さん裁判官に交代して「窃盗」の新件。
 被告人(身柄、留置場)は、暗く打ちひしがれた感じのおばちゃん。
 仕事(介護ヘルパー)のためなのかな、夫と別居して独り暮らし。夕食がてら居酒屋で飲食し、スナックでさらに飲酒、帰り際、カウンターの下から荷物を出すとき、他の客のショルダーバッグ(現金は2万8000円在中)を窃取し、現金を抜き取って自分の荷物といっしょにコインロッカーに入れ、さらに別の居酒屋へ。スナックで被害者が気づき、店を出たのは被告人しかおらず、店員は被告人の行きつけの居酒屋を知っており…。
 即決裁判手続きにより、直ちに判決。懲役1年6月、執行猶予3年。
 研さん裁判官は、どうもぎくしゃくしてた。手続きを忘れそうで不安だった。ま、そのうち慣れるですょ。慣れるよう、研さんしてるわけだ。
 12時07分閉廷。

restaurant 非常階段で地下へ。A定食がもう売り切れ。ひどいっ! そばはなんとなく飽きた。秘密の通路を通って家裁の地下食堂へ。広東麺を食べたかったのになく、しょーがないのでラーメン大盛り420円。

clip 次に傍聴したいのは13時20分から地裁532号法廷。1階の開廷表を見たら、13時10分から地裁514号法廷で「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反」の判決が。532号と514号とではちょっと距離があるが、同じ階だから良かろうと、傍聴することに。
 ところが、裁判官が来ない。13時13分過ぎ、やっと来たと思ったら、検察官が論告の一部を訂正するという。「約6分間もの間、被害者の正面から…」を、「数分間、被害者の斜め前方から…」に訂正。弁護人は同意。
 否認事件でそんなの訂正したら「汚い、ずるいっ!」だが、これは自白なんだろう。
 再度結審の前に、被告人の最終陳述。「とくにないです」かと思ったら、
被告人 「とくには、ありません…でぇ、いちおう…」
 と長々述べ始めた。ええーっ?
被告人 「検事さんの質問に対し…平成12年頃から…確かにそういう関係のアダルトビデオを見たってのが、あったなと…痴漢行為をしてた…改めていろいろ考え直して…そういう関係のビデオから入ったのは確かだなと…」
 13時16分をまわった。
 主文、懲役1年2月、未決10日算入…まで聴いて退出(痴漢で執行猶予中の痴漢、だったのかな)、廊下を走る。あわてたもんだから、次が何号法廷か忘れ、南側だったか北側だったか混乱し、行ったり来たり。馬鹿もーん!

clip 13時21分過ぎ、12月10日に第1回を傍聴した「器物損壊」の判決、532号法廷に入ると、言い渡しはまだだった。検察官が甲第1号証、告訴状の立証主旨の拡張を請求してるところだった。ほっ。
 判決は、
裁判官 「被告人を懲役1年に処する。この判決が確定した日から5年間、その執行を猶予する。被告人をその猶予の期間中、保護観察に付する」

clip 13時30分から、そばの地裁532号法廷で「窃盗」の判決。
 もうダメかと入ると、裁判官以外がみな居て、裁判官だけが居ない。なんで?
 書記官が、被告人の脇に座った留管の警察官に、開廷は10分ほど後だと告げた。げっ、13時30分からの「窃盗」の判決はもう終わり、みな13時40分からの別の事件の開始を待ってるのか、と廊下へ出る。が、開廷表を見ると、今日はこの法廷はこの事件だけ。どうなってんの?
 13時38分、山口雅髙裁判官が現れ、「改めて…」と言った。
 改めて被告人の最終陳述。
被告人 「…今回の示談書にご理解いただいて感謝しております」
 は~、なるほど、裁判官は実刑判決を言い渡すつもりだったが、示談が出来たので弁護人が再開請求し、いったん休廷したんだな。

 判決は、懲役3年、執行猶予5年。
 被告人(身柄、留置場)は、自ら衣料品(医療品じゃないよね?)の会社をやろうとして挫折、借金を抱えるようになり、金銭に窮し、営業担当として勤務していた会社から、ショルダーバッグなどブランド品120万8750円を騙し取り、質入れして換金、取り戻すためのカネを競馬で費消…。
裁判官 「はっきり言いますけどね、示談がなければ実刑判決でした。一般的に、こういう形の約束(被害弁償の約束)が果たされることはないでしょう。なのになぜ被害者は示談に応じたのか。勤務していたときのあなたの誠実な姿が関係したのかもしれない…」
 245万2457円を今後支払うことで示談になっているが、そんなもの返せるはずがない、しかし少なくとも、被害者が被害品を取り戻すのに掛かったカネだけは必ず返しなさいよ、という主旨のことを裁判官は被告人に、強く念を押した。
 そんなことをやってるところへ、13時44分、被害者が来て…。

clip 14時から高裁409号法廷で「窃盗」の判決。
 被告人は2人、姓が同じ。開廷表に何度か(2度かな?)氏名を見て、夫婦かな、夫婦で何を盗んだんだろ、と思っていたのだが、親子(母と息子)だった。
 最初に息子(私の傍聴ノートによれば、失礼ながら「坊ちゃんみたいなオッサン」)が法廷にいて、あとから母親(ちょと上品そう)が入ってきた。息子は嬉しそうにニッカリと微笑んだ。母親は少し微笑んだ。
 息子のほうが、氏名不詳の知り合いから、現金を引き出す仕事(つまり詐欺の“出し子”)をしないかと誘われ、息子は母親にも指示して行わせたんだという。引き出しの過半は母親が実行したんだという。引き出し額の合計は229万9000円。

 息子は、懲役3年、未決150日算入。
 母親は、懲役3年、未決120日算入、執行猶予4年。
 母親は80歳を超えてるんだという。
裁判官 「お1人で自宅へ戻るのは寂しいかもしれませんが、福祉などの援助を受けて、息子さんを待ってください」
 息子は再び手錠・腰縄をつけられ、母親にニッカリ微笑むのだった。仲の良い母子なんだろうなぁ…。
 詐欺の“出し子”の裁判は続々とある…。

clip 14時30分から高裁720号法廷(田中康郎裁判長)で、11月17日に控訴審第1回を傍聴した「窃盗・有印私文書偽造・同行使・詐欺・殺人未遂」の判決。
 控訴棄却、未決120日算入。
 テンイヤーズ、プリズンが維持されたわけだ。
 途中、通訳人がテンデイズと言い間違えたところを、田中裁判長は聞き逃さず、テンイヤーズと直してた。おぉ~。
 15時03分、アプロナウンシエーション、ジャッジメント、フィニッシュト。

clip 15時30分から同じ法廷で、「道路交通法違反・自動車運転過失致死傷」の判決。
 弁論再開。死亡被害者の父親に50万円を支払い、寛大な処分をとの上申書を得たのだという。父親は、これでもう区切りがついたことにしたい、とのことらしい。
 すると、原判決破棄…となるのか。
 いや、控訴棄却だった。原判決は懲役2年8月。
 どうやら、いっしょに飲酒した2人(21歳と35歳)と共に被告人は車内で仮眠し、35歳のほうが、絶対運転するなときつく注意したが、被告人は先に目を覚まし、2人が寝てる間に運転、広い交差点を時速80キロで右折しようとし、自車右後部側面を街路樹に激突させ、21歳を車外転落させ死亡させ、35歳に全治100日間の傷害を負わせた…というふうな事件らしかった。
 酒気帯び運転の罰金前科1犯。任意保険には加入していなかったんだという。
裁判長 「他の同種事案と比較しても、2年8月は重すぎない。示談が出来ても量刑は動かない」

clip 16時から高裁805号法廷(原田國男裁判長)で、「業務上過失致死」の判決。
 これは報道された事件だ。控訴棄却。
 「●●(報道によれば、中央車線に自車を駐車させて後ろのトラック運転手と口論していた20歳男性)の落ち度を十分に考慮しても」、求刑4年のところ2年6月とした原判決は重すぎない、と裁判長は言ってた。懲役なのか禁錮なのか聴き取れなかった(または裁判長が言わなかった)が、業過致死だけだから禁錮なんだろうか。
 「…被告人の周回走行に起因している」とも裁判長は言ってた。被告人自身も“ルーレット族”だったわけ?

cafe 弁護士会館の地下で、某女性雑誌のインタビューを受ける、飲酒ひき逃げ厳罰化のことで。
 どこでも何度でも私は言うけど、どんなに厳罰化が進んでも、自分のこととして捉えない者、懲りない者は必ずいるのだ。厳罰化の報道を見て「ざまぁみろ」とスカッとして終わり、ではダメ。厳罰化を怖れて必死に逃げる者が増え、その必死さが増すのだ。そして、事故はそんな悪質なものばかりではない。ありがちな一瞬の不注意で事故は起こるのだ。だから「事故」というのだ。
 何ら落ち度がなくても死傷させられる。何億円の賠償金を積まれても、失われた命は戻らない。日々の防御を怠るなsign03

常時録画(連続記録)型 ドライブレコーダー あんしんmini DRA-01 CE 常時録画(連続記録)型 ドライブレコーダー あんしんmini DRA-01

販売元:日本交通事故鑑識研究所
発売日:2008/06/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ← 11月18日11時30分現在、320でoneseven位~happy02

2008年12月17日 (水)

携帯電話不正利用防止法違反

bottle よく見かけるが何者か知らない、そんな傍聴マニアの忘年会、という怖れ知らずの企てを思いつき、まずは近々、当ブログで告知を…と考えたのだが、気づけばもう17日、あれやこれやが押せ押せで、新しいことに手をつける余裕などなく、よく見かけるが何者か知らない、それはそれで風流じゃん、なーんて後退し、申し訳ない、少なくとも私のほうでは、今年は見送りということで…。

12月16日(火)

clip 9時55分から東京簡裁534号法廷(武内晃裁判官)で「住居侵入」の判決。
 懲役1年、訴訟費用は不負担。内容はさっぱり不明。サイテー。何も明かさないところをみると、色情目的の侵入だったのか…?

clip 続いて同じ法廷で10時から、「携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律違反」の新件。略称は「携帯電話不正利用防止法違反」。略しても漢字13文字!
 この罪名は、簡裁でも地裁でも高裁でも、私はまだ見たことがない。
 被告人(身柄、拘置所)は路上で、簡易テーブルの上に携帯電話を3台並べ、1万8000円、2万6000円などと価格を書いたホワイトボードを掲げていたところ、警ら中の警察官が職質し、
警察官 「どうするんですか」
被告人 「売るために置いてるんだよ、文句あるのか」
 被告人質問で、
弁護人 「ただ、こういう携帯電話を買うの、犯罪に使うのかなと思わなかった?」
被告人 「そこまでは(客に?)聞いてないんで」
弁護人 「振り込め詐欺とかに使われるとは」
被告人 「わかってれば売らないですよ」
 「詐欺に重宝する」とは言ってないし、「詐欺に使うから売ってくれ」とも聞いてない、だから罪の意識がない…とすれば、それはもう、人間の基本的な心理機制の1つ、なのだろうと思う。
 恐喝など前科4犯。前刑終了後7カ月余りでの犯行。求刑は罰金30万円。

clip 続いて同じ法廷で10時45分から、「窃盗」の新件。
 と思ったら審理だった。証人(父親)尋問から始まった。
 被告人(保釈中)は、勤務先の金庫の鍵の合鍵をつくり、複数回にわたり現金を窃取したようだ。大柄で、スポーツ選手か? と思ったら、元Jリーグでサッカーをやってたんだという。
 被告人が言う盗み始めた時期と盗んだ総額(30数万円くらい。ただし公訴事実の被害金額は9万円)が、被害者側が言う被害額(400万円以上)と大いに隔たってるんだという。それって、つい最近傍聴した六本木の窃盗と同じじゃん。被告人がウソを言ってるのか、他に犯人がいるのか…。
 求刑は懲役1年6月。11時48分閉廷。

restaurant 地下へ降りたら、警備の職員がやたらいて、なんか様子がおかしい、なんだろと見てたら、「裁判所前の男」こと大高正二さんが、トイレへ来たのだった。トイレを出て食堂へ入るまで、警備の職員たちが数m~10m程度後ろをついて行く…。これはあれか、また無実の容疑で逮捕されることがないよう、ガードしてるのか? しかしさすがに連れション、連れメシはしないらしかった。
 私はA定食(460円)。今日は筑前煮。

clip 13時20分から東京地裁414号法廷(森島聡裁判官)で、12月8日に第1回を傍聴した「道路交通法違反」(酒気帯び)の判決。
 懲役7月、執行猶予3年、訴訟費用は不負担。

clip 13時30分から、さっきの簡裁534号法廷で、「傷害」の新件。
 「傷害」が簡裁の法廷へ出てくるってことは、住所不定・無職で満つるまで算入のケースか、被告人に不服があるかで略式による罰金処理ができなかったケースか、どっちかのはず。本件は後者、真っ向否認だった。
 そして本件被告人(在宅)は、その氏名(わりと珍しいほうの氏名)で検索すると、グーグルで約3万600件、ヤフーで約4万2300件ヒットするのだった…。

 興味深かったのは、現段階では、検察官のほうでは「被害者の顔面を手で1回殴った」だけでやっていこうとしていることだった。つまり、右手か左手か、グーかパーか、顔面のどの部分をどの角度から殴ったのか、(現段階では)明らかにしないのだ。
 これは“略式スタート”だから、だろう。
 略式は、どうせ争いのない事件を、とっとと罰金を払わせて処理するためだけの手続きなので、簡単な書類しかつくらないのだ。だから、
「捕まったときは文句を言わず、ハイハイと言いなりになって、略式に応じて、それから正式裁判を請求するんだよ。そしたら、違反(犯行)は事実でも、警察はロクな捜査をしてないから、犯罪の証明がないってことで、無罪を狙えるんだよ(笑)」
 なーんてマニアックなことを言う人もいる。ま、私はあんまり賛成できないけど。それで無罪になるか、わからないし。

 次回、被害者の証人尋問と、被告人質問を一部やるってことで、13時56分閉廷。

clip 早く終わったので、13時30分からの地裁412号法廷(岸野康隆裁判官?)の「道路交通法違反」へ。
 被告人質問が終わるところだった。首都高速・湾岸線東行き、羽田空港3-3のオービスⅢLkによる80キロ超過(測定値160キロ)。
 被告人(在宅)は60歳前後だろうか、深夜で直線で見通しがよくて交通量が少なかったので、新車の性能を試そうとアクセルを踏んだんだそうだ。
 直ちに判決。相場どおり、懲役3月、執行猶予3年。なぜか訴訟費用は不負担。
 制服の男子中学生が15人くらい傍聴していて、終わるとぞろぞろ出たので、被告人の生年(年齢)を尋ねてみた。が、何年生まれか、誰もメモしてなかったようだ。うーん、そんなもんなんだ~。てか、彼らは彼らなりに気になることをメモした(または、まだまだ埃のたまってない記憶力で記憶した)のであり、そこに、私のチェック項目の1つである年齢(生年月日)は含まれていなかった、つーことなんだよね。

clip 1階へ降りてうろうろし、帰り際になんとなく開廷表を見たら、14時30分から東京高裁805号法廷(須田贒裁判長)で「業務上過失傷害」の判決。
 いちおう見ておこうかと14時29分に入ったら、もう始まってた。
 どうやら、違反歴多数の被告人が、任意保険に加入してない車で、道端から発進してUターンしかけたところ、後方から来た自転車(レーサー?)と衝突、という事故で、被告人は安全確認を怠っていないと主張しているらしかった。
 控訴棄却。原判決は罰金30万円だという。自転車側のケガは加療約2カ月間、それで罰金30万円は、かなり安いんじゃないか。なぜ? 自転車の側の過失をかなり認めたってことなんだろうか。いや、「自動車運転過失致死傷」ではなく「業務上過失致死傷」のときの罰金の上限は100万円じゃなく50万円なんだっけ、あぁ、もう忘れてしまった。sweat01

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

sleepy 昨晩は約4時間、その前は3時間しか寝てなかったため、もう眠くて眠くて。20時半に早々ベッドに入り、なんと翌朝6時過ぎまで寝てしまった。げ、原稿が…。

人気blogランキング ←12月17日21時20分現在、週間INが340でoneeight位~happy02

2008年12月16日 (火)

性犯罪者の再犯を防ぐのは誰の役割

12月15日(月)

 10時から東京高裁で、『敗れざる者たち』でも紹介されてる「えん罪JR浦和電車区事件」(罪名は「強要)の控訴審第1回があったが、傍聴券の締切りが9時(早っ!)だったというより、前刑の裁判から傍聴してきた例の「建造物侵入」が同じ10時からあり…。

三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録 Book 三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録

著者:三浦 和義,河村 シゲル
販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 電車が遅れて9時50分頃、裁判所前に着くと、門前に「裁判所前の男」がいた。おお~。私としては、20日間まるまるの勾留での疲れを癒しに温泉でも行ったら良いのに、と思ってたのだが、帰りにお話を聞いたところ、留置場生活でかえって体が軽くなったとのこと。留置場には振り込め詐欺や大麻の被疑者がいて、痴漢冤罪で泣いてる若者もいたという。

clip 10時から東京地裁526号法廷(神田大助裁判官)で、11月17日が論告・弁論だった建造物侵入」の、とうとう判決。
 入ると、テレビカメラが撮影の準備をしており、傍聴席は、若い記者らと、被告人が侵入したという3つの小学校の関係者かと思しき中年男性たちで、3分の1近く埋まっていた。

 判決は、懲役10月、未決100日算入
 実質6カ月と20日。前の執行猶予が取り消されるから、プラス2年6月だ。
 言い渡しは47分間にわたった。
 有罪とした理由は、各社報道している
 内容は予想どおりだったが、たいへん丁寧な判決だったと思う。
 報道をざっと見た限りでは触れられてないようだが、求刑は懲役1年6月、判決は懲役10月、だいぶ減じたのはなぜか。
 やったことは悪質で、実刑をもって臨まざるを得ないけれども、実際にちゃんとカウンセリングへ通い(そんな被告人はまずいないのだ)、いろいろ資格をとってちゃんと再就職してマジメに働くなど(そんな被告人も珍しい)、相応の努力は払ってきたこと、健全な社会生活と折り合いをつけるべく被告人なりに努力していることを、酌むべき事情とし、刑期の面で考慮した…。
裁判官 「もう一度客観的に自分を見つめ直して、ほんとうの意味でもう一度再起されることを願ってます」
 それは甘いと言う人もいるだろう。わかる。でも、じゃあ、あと数カ月刑期を長くしたからといって、何が変わるのか。神田裁判官の丁寧な判決と説示、こういう選択もアリだと思う。
 なんにしても、問題は、特殊な性的嗜好の犯罪防止プログラムとか、そっちがどうなってるのか、だろう。そっちは、裁判所の守備範囲ではない。行政が、行政を動かす法律をつくる国会が、その国会の議員を選ぶ国民の側が、考えることだろう。
 う~、なにかマジメなことを言ったような気がして恐縮。coldsweats01

clip 11時から地裁418号法廷(賀嶋敦裁判官)で、「刑の執行猶予言渡取消請求」の、開廷表では「審理」となってたけど、なんで?
 被告人は34歳。名画『シコふんじゃった』の、あの俳優さんにちょと似てた。

シコふんじゃった。 [DVD] DVD シコふんじゃった。 [DVD]

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2005/04/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 “ゴト窃盗”(つまりパチンコでインチキをしたってこと?)で懲役2年、保護観察付き執行猶予5年の判決を受け(2004年1月確定)、
  1、盗みをしない
  2、違法な賭け事をしない
  3、マジメに働く
  4、毎月保護司を訪ねて報告する
 をきちんと守り、働いて貯金もしたが、何か事業への投資を持ちかけられて100万円を騙し取られ、その辺りから精神的におかしくなり、覚せい剤に手を出し、東京地裁で懲役1年の実刑判決を受け、被告人としてはそれは争いはないのだけど、前刑の猶予期間の徒過を狙って弁護人が控訴したのかな、そこで保護観察所長の申出により猶予取消の請求をすることになり…。
 決定は追って行う、ということで12時04分閉廷。
 少女じゃないのに少女のような、不思議な弁護人だった。そんなことを感じる俺の脳ミソが不思議なのか(笑)。

clover さぁ、もうこれで帰ろう。3時間くらいしか寝てない、もうダメだ。昼食なんぞ摂ったら傍聴席で爆睡してしまう。帰って、13日が締切りの原稿を書かねば。
 ところが、簡裁の予定をチェックしたり、元国家公安委員長の白川勝彦弁護士にばったりお会いしたり、そんなことしてるうち13時になり…。

神保哲生、宮台真司、白川勝彦、保坂展人『第139回 政教分離の一線は守られるのか』 神保哲生、宮台真司、白川勝彦、保坂展人『第139回 政教分離の一線は守られるのか』

販売元:楽天ダウンロード
楽天市場で詳細を確認する

clip 13時05分から地裁403号法廷(楡井英夫裁判官)で、「覚せい剤取締法違反」の判決。同種前科5犯。懲役2年4月、未決10日算入、覚せい剤1袋没収。

clip 続けて同じ法廷で、9月1日に審理を傍聴してそれきりの、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律違反・電子計算機使用詐欺未遂・電子計算機使用詐欺」の審理。「フィッシング詐欺でキャバクラ」と報道された事件だ。
 13時10分~13時30分だから、とうとう論告・弁論まできたのか、と思ったら違った、追起訴だった。
 不正アクセスが3つ、電算機使用詐欺が3つ、「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反」が3つ。
 1月の上旬と下旬にも追起訴が予定されており、それで追起訴は終了の見込みなんだという。被告人(身柄、留置場)は小柄で、ちょっと見、ヤクザっぽい少年のようなんだが…。

clip 続けて同じ法廷で、「強要未遂」の新件。これも報道されてる事件。私はもう眠くて眠くて、やっぱ睡眠3時間で午後まで傍聴するのはムリだ、こうなったらもう暖かいそばでも食って帰りの電車で寝よう、と途中で退出…。

歌舞伎町のこころちゃん Book 歌舞伎町のこころちゃん

著者:権 徹 (写真)
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

sign03 テレビ朝日「ドキュメンタリ宣言」、「なぜ私が収監されるのか 証拠捏造?えん罪の可能性…高知白バイ事故の真相」をアンコール配信中!

人気blogランキング ←12月16日6時10分現在、週間INが290でoneeight位~happy02

2008年12月14日 (日)

赤穂浪士 裁判員制度バージョン

 12月3日の裁判官弾劾裁判を傍聴して、こう書いた。

 私の「司法に対する信頼」は、こんな1人のオッサンの不倫のモメ事くらいでは、ちっとも損なわれない。強いて言えば、逆に、「あぁ、裁判官も人間なんだ」と信頼を増しても良いくらい。

 では、京都家裁の書記官の、判決書き偽造・同行使(振り込め詐欺口座の凍結解除)、これが事実だとすればどうか。
 まだまだ、損なわれない。書記官の立場・職務を利用したとはいえ、(現時点での報道からは)あくまで個人の犯罪だからだ。

 しかし…。
 ある元裁判官によれば、裁判員制度への対応の準備で、裁判所はたいへんなことになってるという。人手を割かれ、人当たりの良い裁判官は引き抜かれ、とくに家裁は手薄になる、そんな現象が生じてるという。
 そんな中で、問題の書記官の中にいた“悪い虫”が表へ出てきてしまい、管理が行き届かず、今回の事件は起こったのかも。

 だとすれば、「司法に対する信頼」は揺らぐけれども、まだまだ大したことない。
 じゃあ、どうなりゃ「司法に対する信頼」は損なわれるのか。
 言うまでもないよね。それは、否認事件において裁判官が、検察官の主張・立証からは、有罪にできる理由を探して拾い、被告人・弁護人の主張・立証についは、疑いに疑い抜き、無罪にできない理由を探し、そうやって、犯罪処理システムの一翼を担い、国家秩序の擁護者であろうとし、すなわち、本来の役割である「無罪の発見」を完全に、組織的に、忘れ去ったとき、だ。

 たとえば、守大助さんや、ゴビンダ・プラサド・マイナリさんや、袴田巌さんを牢獄に閉じ込めたまま、1人のオッサンの不倫のモメ事くらいで「司法に対する信頼」がどうこう言い、裁判員制度で冤罪がなくなるように期待するのは…。

冤罪File (ファイル) 2008年 12月号 [雑誌] Book 冤罪File (ファイル) 2008年 12月号 [雑誌]

販売元:キューブリック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録 Book 三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録

著者:三浦 和義,河村 シゲル
販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 12月14日は、日本人なら「赤穂浪士」である。今年はテレビ朝日が、眠狂四郎をからめた物語を!?
 う~む、来年は、裁判員制度をからめた「赤穂浪士」が登場したりして? 雪降る隼町に、江戸の夜風をふるわせて、一打ち、二打ち、三流れ、山鹿流儀の陣太鼓が鳴り響き、この日のために耐え抜いた四十七士が、いざ、最高裁へ討ち入り~! いいかも!

人気blogランキング ←12月14日23時50分現在、週間INが370でonesix位~happy02

2008年12月13日 (土)

「裁判所前の男」釈放!

 11月21日(金)の白昼、「暴行」の容疑で、「裁判所前の男」こと大高正二さんが逮捕された

第二百八条  暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

081211_14590001  11月26日(水)の午後、丸の内警察署へ差し入れに行ってきた。
 面会については、1被疑者1日1回であり、何度か丸の内署へ(ご家族等の面会の邪魔にならないよう午後の遅い時間に)電話したが、その度に、すでに面会があったとのことで、12月11日(木)15時過ぎ、ようやく面会できた。

 大高さんは、「こうなったらまな板の鯉ですよ」と、淡々と微笑していた。
 最初の10日間の勾留、を認めるための手続きは、日曜(11月23日)に裁判所の小部屋で行われ、次の10日間の勾留は留置場で告げられたそうだ。
 留置場にはマンガや本があり、『我が輩は猫である』などを読んでいるという。

 「暴行」の事実など全くなく、したがって当然、否認なので、略式の話は出なかったそうな。
 すると、あとは公判請求か不起訴か、だ。12月13日が20日目、勾留期限で、しかし13日は土曜なので、12日(金曜)に公判請求か不起訴か決まるという。
 不起訴なら釈放。公判請求なら? 大高さんが逃亡などするはずがないし(笑)、隠滅できる証拠などない。虚偽の証人を立てる? そんなことを疑えばすべての被疑者・被告人を勾留しなければならない。何より、“被害者”とされる者をこそ拘束し、警察・検察から隔離しなければならない。
 けど、「…のおそれがある」と検察が言いさえすれば、裁判所は勾留を認める。そんなものだ。

 大高さんは、公判請求され1年でも2年でも勾留され続けることを覚悟していた。
「私にアレをやらせるのを止めるために(デッチ上げ逮捕を)やったわけですから、どんな(無実の)証拠があってもダメだと覚悟したんですよ」
 それはいえるかも。大高さんは淡々と微笑していた。
 とにかく、どうなるのか12日にわかる。

 12月12日(金)の19時頃、私の携帯電話がブブブと振動した。
 あっ! もしや、大高さんかも。釈放されたのかも。
 が、そのとき私は弁護士会館にいて、「裁判員制度はいらない!大運動」の会議に参加しているところ。電話に出られなかった。
 あとで私のほうから電話したら、大高さんだった。釈放されたのだった。
 どうも、不起訴のうち「起訴猶予」らしい。以下は刑事訴訟法

第二百四十八条  犯人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときは、公訴を提起しないことができる。

 目撃者によると、“被害者”とされる者は自分で倒れたらしい。大高さんが後退したとき、その者に触れ、その者が倒れたとしても、「暴行を加えた」とは到底言えない。暴行罪は成立しない。
 だったら「嫌疑なし」、せいぜい「嫌疑不十分」だろう、と思う方もおいでだろうが、当局側のメンツを保つため「起訴猶予」に落とす、それは国家の秩序を守るための普通の運用であると、26年間交通違反・取締りに関わり続けてきて思う。
 でも、起訴猶予らしい、というのは、大高さんから電話で聞いた、検察官の言葉、から受けた私の印象であって、ほんとうは「嫌疑なし」か「起訴猶予」なのかもしれない。検察官は、誤った印象を与えることをわざと言うこともある。もしかしたら、じつは不起訴の決済はしておらず、これから在宅で公判請求するかもしれない。

冤罪File (ファイル) 2008年 12月号 [雑誌] Book 冤罪File (ファイル) 2008年 12月号 [雑誌]

販売元:キューブリック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 「暴行」の容疑で逮捕されたことは、ニュースになって広く報じられたが、20日間も勾留され釈放されたことは、ニュースになるのか…。
 15日(月)、裁判所の門前は…。
 あ~、また月曜から裁判所へ行かなきゃいけないじゃーん。困ったなぁ。←先生! 今井君はぜんぜん困ってないです、良くないと思います!
 てゆっか15日(月)は10時から、『敗れざる者たち』でも紹介されてる「えん罪JR浦和電車区事件」(罪名は「強要」)の控訴審第1回があるんだよぅ!

三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録 Book 三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録

著者:三浦 和義,河村 シゲル
販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

歌舞伎町のこころちゃん Book 歌舞伎町のこころちゃん

著者:権 徹 (写真)
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ←12月13日13時40分現在、週間INが330でtwozero位~happy02

2008年12月12日 (金)

首都高速環状線、同じオービス連続2件!

12月11日(木)

 いつもより10~20分早い電車は、ぐっと混むんだね~。でも今朝は暖房が入ってなくて、助かった。満員で蒸し暑くても冬だから暖房ってこと、あるよね~。

clip めっちゃ遅いほうでないほうのエレベータでイッキに8階へ行き、非常階段を5階へ駆け降り、9時50分から東京簡裁534号法廷で、例の咳止め剤の再犯(今回は「窃盗」)、の判決。
 懲役1年4月、未決10日算入、訴訟費用は不負担。
 前刑の判決のときと同様、裁判官の言葉にいちいち「はいっ、はいっ」と応じ、再び手錠・腰縄を付けられ、「ありがとうございました~」と出ていった。
 
clip 続けて9時55分から、まとめて2人の被告人の、「窃盗」の判決。2人とも懲役2年、未決10日算入、訴費不負担。内容はさっぱりわからなかった。

clip 10時から近くの(近いとホッとするよね)東京地裁532号法廷(伊藤雅人裁判官)で「道路交通法違反」の新件。 
 首都高速・環状線・外回り、八丁堀3-1のオービスⅢLk(自立式)による83キロ超過。測定値は133キロ。
 最終陳述のあと、直ちに、ほんとにもう間髪入れずという感じで、判決。相場どおり懲役3月、そして執行猶予が2年。10時37分閉廷。
 11時から同じ法廷で「道路交通法違反」の新件がある。それまでちょっと…。

clip 非常階段を7階へ上り、高裁717号法廷(阿部文洋裁判長)で「公務執行妨害」の判決。
 被告人(身柄、拘置所)の上着の背に、「HARDY ANIES SORT LONDON」とあり、ジーンズの尻ポケットに「Ecko」(oの上に横棒)とあった。両手の小指がふた関節、左手の薬指がひと関節なかった。
 いっしょに飲酒していた男性らと、飲み代をめぐって口論となり、仲裁に入った警察官が相手男性をタクシーに乗せて帰宅させたのに腹を立て、警察官に暴力をふるったらしい。量刑不当の主張。原判決は懲役8月
 控訴棄却。当審における未決30日算入。訴費不負担。

clip 同じ法廷で10時50分から「窃盗」の判決。
 被告人は在宅(保釈中?)で、見た目、お婆ちゃん。アルコール依存症で認知症で、かつ、軽度の精神遅滞と発達障害の疑いがあり、犯行時心神耗弱の状態だったのに原審が完全責任能力を認めた点に事実誤認があった、との主張。
 しかし、生活に支障が生じていたとは認められず、取調べの過程において違法があったとは認められず、弁護人の選任権が妨げられたとも認められないと、控訴棄却。訴費不負担。
 原判決は懲役1年2月。2002年と2004年に同種の懲役刑の服役前科があり、本件犯行(百貨店の食料品売り場での万引き)は前刑終了後半年余りなんだそうだ。

clip 非常階段を下りてさっきの532号法廷へ。2件目の「道路交通法違反」の新件。
 なんと、これも首都高速・環状線・外回り、八丁堀3-1のオービスⅢLk(自立式)で、こっちは95キロ超過。測定値145キロ。
 同じ裁判官、同じ検察官の同じ法廷で、連続2件、同じオービスによる速度違反。マニア的には、なんつーか、なんの記念日? みたいな。
 内容的にはどこが違ってどこが同じだったか、『ラジオライフ』の連載で書かせてもらおうかな、と思う。新しい発見もあったし。
 とにかく、これも直ちに判決、相場どおり懲役4月、そして執行猶予が2年。訴費不負担。
 被告人質問が、弁護人からも検察官からも3分間だったため、えらく速く進行し、11時20分閉廷。でも2件とも、即決裁判手続きじゃないんだよ。

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

run 昼飯どきまでだいぶ時間がある。簡裁で何か見ていこうかと、534号法廷へ。しかし何もなく、そばの非常階段を登って728号法廷へ。しかし何もなく、非常階段を登って826号法廷へ。しかし何もなく、じゃあ…と非常階段を登って9階へ。運動した~(笑)。

restaurant 地下の食堂でA定食(今日は親子煮)460円。けっこう混んでて、座ろうとした席の背中側に、あらま、“素敵な女性”が(←ブログ内検索で分かるけど、そんなの検索しないようにcoldsweats01)。

cafe お互い、午後はどうしよう、アレを傍聴しようか、でもそんなに傍聴したいわけでもないし、原稿があるし、どうしよう…となり、お互い傍聴はヤメ、付近某所でちょと“企画会議”。

chick それから私は都内某所へ。この件については、故あってまだ内緒。
 帰りの電車が暖房がんがんで、もうたいへん。今日は暖かいのに。

人気blogランキング ←12月12日17時00分現在、週間INが350でtwozero位~happy02

裁判員裁判の評議を偶然傍聴!

12月10日(水) そのtwo

snail 11時から地裁532号法廷(深野英一裁判官)で、「器物損壊」の新件。
 被告人はちょっと変わった女性氏名、長蛇の列か? と10時41分頃行ったが、一般待合室に女性が1人いるだけだった。
 隣の法廷は、外国人の薬物の事件で、開廷表に深野裁判官の名が。はは~、そっちが終わって11時からこっちの法廷へ来るのか。なんで同じ法廷でやらないの? ま、いいけど。

boutique ぶらぶらしてたら、大廊下から女性の激しい嗚咽が聞こえてきた。なに?
 若い弁護士らしき男性と、スカートのスーツの女性が視界を横切り、いや、戻って、私とは反対側の小廊下の奥へ2人、歩いて行った。女性は激しく泣き続けてる。なんだ? 私は手がかりを得ようと、ある方向へ歩いたが、それを書くのはヤメとこう。結局、よくわからなかったし。

clip そして11時から、地裁532号法廷(深野英一裁判官)で、「器物損壊」の新件。
 被告人氏名で検索すると、2000年5月の「バスジャック未遂事件」で逮捕されたという報道がヒットする。その報道によれば34歳。人定質問によれば現在43歳で、検察官の冒頭陳述によれば、2000年7月に「威力業務妨害」で懲役1年の実刑判決を受けているという。

 本件は、要するに、アルコール依存症でうつ病で、医師から人格障害、解離性障害とも言われた(診断書はナシ)という被告人は、とうとう行くあてがなくなり、缶ビール13本と生ビール中ジョッキ9杯を飲み、所持金もなくなり、最後に1人で行った新宿のカラオケ店で、「逮捕されて自分を戒めたい」と考え、カラオケの「うたほん」(検察官による第一興商への電話聴き取りによれば正式名称は「もくじぼん」)にライターで火を点けようとしたが点かず、ページを破って火を点け、燃え上がるのを見ていたところ、他の客が店に通報…というふうな事件。
 身柄(拘置所)で、若干栗毛のポニーテールで、メタルフレームのメガネで、沈んだ、落ち着いた、マジメそうな感じの女性。化粧したら美人かも。
 ちょっとユキさんに似てるかも…。私がこういうふうに言うのは、その人と、まったく違うタイプの人と、どっちに似てるかといえば、その人のほうに似てると、そういう程度の意味ね。ただ、深野裁判官が『ナポレオン・ソロ』のイリヤ・クリヤキンに似てるというのは、これはちょと自信が…ないか(笑)。

ナポレオン・ソロ(TV)/Jerry Goldsmith ナポレオン・ソロ(TV)/Jerry Goldsmith

販売元:すみや渋谷店
楽天市場で詳細を確認する

 イリヤ・クリヤキン(デビッド・マッカラン)は、上のアフィリエイト画像の右側の人。こうやって写真で見比べると違うけど、話し方とかたたずまいとか、似てる気がするんだよね。
 ちなみに左側は、ロバート・ボーン。彼がドイツ軍の将校を演じる『レマゲン鉄橋』とか、高校の頃、劇場で見たよ、何度も。

20世紀フォックスホームエンターテイメン レマゲン鉄橋 20世紀フォックスホームエンターテイメン レマゲン鉄橋
販売元:murauchi.DVD
murauchi.DVDで詳細を確認する

 話がそれた。弁護人の弁論によれば、被告人は、幼少の頃に両親が離婚し、小学校入学まで叔母(伯母?)のもとにいて、その後は施設等で育ち、結婚はしたが4年間で死別、身より、親族は全くいないのだという。22歳の頃からアルコール依存症とうつ病と人格障害を患っているのだという。
裁判官 「弁護人、人格障害は病気ではありませんので、むしろ指摘しないほうがいいのかなと…」
 弁護人は署名入りの弁論要旨を容易してないようで、かつ、出す気もないようだった。裁判員制度を見据えて、口頭でやれば良い、ということなんだろうか。

 また話がそれるけど、裁判員裁判は連日開廷で1日に証人を何人も取り調べることもあるんだという。ナマの証言を聞くのは大事、それはわかる、しかし、有罪か無罪か、有罪なら量刑はどうするか、の評議は、証人尋問調書ナシで、耳で聞いた記憶のみを根拠にあーだこーだやるわけ? だから裁判員裁判は印象勝負であり、ゆえに劇団員やアナウンサーなどしゃべりのプロに学び、裁判員の耳にどう聞かせるか、どんな記憶を強く残すか、競うわけか、なるほどねぇ…。
 証人尋問調書を正確に速くつくれる速記官の採用・養成を、最高裁は1997年に停止し、1996年に全国に825人いた速記官は2008年には270人になったと、日本国民救援会(←リンク先は宮城県本部)の「救援新聞」12月5日号にあった。

 求刑は懲役1年。次回判決。11時52分閉廷。
 この裁判では、「地獄の沙汰もカネ次第」ということを思った。それは傍聴しててときどき感じる。交通違反・取締りを長く研究してると、「正直者は損をする」「無知ゆえに大損をする」ということが現実に確かにあるんだと痛感する。

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

restaurant 地下の食堂へ。今日のA定食は肉じゃが。じゃがいもをオカズに麦飯を食うものなぁ、と藪伊豆でかけそば大盛り290円。

pencil 思い出して警視庁へ。副玄関で「放置車両確認事務委託」の来年度の入札結果を見ようと行ったが、どうも、まだ閲覧できる状態になってないみたい。
 そこで、情報公開センターへ行き、お昼休み中に申し訳ないと恐縮しつつ、開示請求。「入札」の「入」の字を「人」と書いてしまい、訂正を求められる。「委託」の「託」の字を思い出せなくて教えてもらったし、私の脳細胞は加速度的に壊れてる? しっ、失礼なこと言うな! 新しい知識&機能が加速度的に備わりつつある、その副作用にすぎないのだ。←不合理な弁解を弄してbleah被告人は悪質である。

clip もう帰ってもいいのだが、「電子計算機使用詐欺」のみの事件は傍聴したことがないな~と、13時30分から地裁719号法廷(角田正紀裁判官。角の字も紀の字もATOK2008で出ない特殊な字)へ。
 被告人(身柄、留置場)は58歳。還付金詐欺の出し子、なのかな。詐欺の片棒を担ぐことになったのは認めるが、共謀はしてない、と否認。なかなか興味深かったのだが、あんまり寝てないところに熱いそばの大盛りを食ったせいか、かなり居眠りしてしまった。ごめんなさい~! 何時閉廷だったかもメモし忘れた。たぶん14時前後じゃないかと思う。

sign03 もう帰ればいいのに、13時30分~15時00分の「脅迫・業務妨害」の審理(地裁813号法廷)をちらっと見ていこうと、間違えて713号法廷へ。
 ドアに、「<評議を傍聴される方へ>休憩中は席を外してください」との紙が。ん? 模擬裁判の評議をやってるわけ? ん? 一般は立入禁止とか書いてないぞ!
 追い出されたらしょーがないやと、そっと入ったら、入れてしまった。一般傍聴可だったのかな? 
 傍聴席に座ってみると、バーの向こうで、模擬の裁判員裁判の評議をやってた。ひゃ~! そんなもの見られるとは、超ラッキー!
 この模擬裁判は、報道によると12月5日からやってたらしい。私が偶然遭遇したのは、有罪と決まったあとの量刑の評議。始まりが何時か知らないが、終わったのは15時02分。面白かったね~!
 16時から判決とのことだったが、私はもう時間切れ、帰る。

flair 諸君、「間違えた、しまった!」と思った先に、思いがけない至福があるのだょ。人生はそんなもんだ。投げるな人生、壊せよ脳細胞(笑)。ま、そんなことで。

人気blogランキング ←12月12日0時30分現在、週間INが320でoneeight位~happy02

2008年12月10日 (水)

保護観察を付けたのは、あなたを見張るためではない

 9時20分が締切りの覚せい剤と大麻の第1回公判、の傍聴券抽選に、一般20席のところ173人並んだそうだ。
 外れた人たちが裁判所内に散ると、たいへんなことになるが、私の狙いの事件は人気ないだろう、あわてる必要はないさ…。

12月10日(水) そのone

clip 終わってすぐ非常階段を1フロア降りればいいからと、まずは10時20分、東京高裁506号法廷(中山隆夫裁判長)の「窃盗」の判決へ。
 傍聴人は、被告人の家族らしい女性2人(最後列)のほか、私(最前列)1人。
 被告人は、黒いスーツにネクタイの若い男性。しゃんとしてるが、どことなく、昔で言うところの不良の風情が感じられる。スーツのサイドベンツの隙間から、ジャラッと鍵束が見えてる。
 裁判官3人が登壇して、判決。
裁判長 「主文。原判決を破棄する。被告人を懲役1年6月に処し、その刑の執行を3年間猶予する。被告人をその猶予の期間中、保護観察に付する」
 原判決は懲役1年。実刑は破棄され、執行猶予がついたのだ。お~。
 その瞬間、後ろの傍聴席から鼻水をすする音が聞こえ、そしてずっと、すすり泣きが聞こえていた。

 妻の出産に立ち会った帰り(なにぃっsign02)、まことに大胆で手慣れているともいえる仮睡盗をやり、捜査段階から少年審判(ええっsign02)、原審と、一貫して不合理な弁解に終始し、被害者や警察官の証人尋問という無用な負担をかけたが、補導歴はあるものの前科・前歴はなく、原判決後、このままウソをつき続ければ、被害者や家族に迷惑をかけ続けることになると悔悟し、10万円を払って示談、被害者からは宥恕の意志を得たのだという。
 言い渡しを終え、裁判長が言った。
裁判長 「お嬢ちゃんの名前、●●ちゃんっていうの? 気の毒だけども、●●ちゃんの誕生日毎に、これを思い出して負い目を感じることになる。●●ちゃんには悲しいことです。むしろ、これを、●●ちゃんへの愛に変えていただきたい(この表現、ちゃんと書き取れてないかも)」
 後ろの傍聴席から聞こえるすすり泣きが、一段と高まった。
 さらに裁判長は言った。
裁判長 「保護観察を付けたのは、見張るためではない。立ち直るには、いろんな苦労があると思う。そのときの助言、支援として付けたのです」
 おお~sign03 被告人の弁解が本当に不合理なウソであるなら、なんという説示、素晴らしい説示だと思った。感動した。

 どうも、私の場合、
   法廷が近いから
   時間が空いてたから
   狙いの事件を傍聴するため早めに法廷に入ったらやってた
 で傍聴して、感動することが、けっこう多いような気がする…。

clip 非常階段を駆け降り、地裁404号法廷(建石直子裁判官)。12月1日に第1回を傍聴した「道路交通法違反等」の判決。
 普通に懲役8月、執行猶予3年、訴訟費用負担。
 建石裁判官って、ほんと中学か高校の、学級委員長または生徒会副会長みたいと、私はいつも思う。「本校において喫煙する生徒がいるそうですが…!」とか真っ直ぐに言われ、17歳の私は肝を冷やし…(笑)。

 10時34分閉廷。
 次に傍聴したいのは13時20分から。それまでどうしよう。珍しい氏名の女性被告人の「器物損壊」へ行こうか…。 

book 先日、新宿で、昔から知り合いの編集者と酒を飲み、それ、すっごい話だねぇ! それ出版したら面白いんじゃない? ムリか? と言ったら、すでに出版の話は進んでるという。へぇ、すごいじゃん、本ができたらぜひ見せてよ。と言ってた本が、いよいよ出版の運びとなった。

歌舞伎町のこころちゃん Book 歌舞伎町のこころちゃん

著者:権 徹 (写真)
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 歌舞伎町のこころちゃん 歌舞伎町のこころちゃん
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 変わった装丁で、だいぶんに気合いが入ってるようだ。
 これから読ませてもらいます。

人気blogランキング ←12月10日22時30分現在、週間INが370でoneseven位~happy02

初めて9階から階段を降りた日

 今日も、東京地裁の裁判官たちが、どこかに集まって何かやってるんだろう、開廷がえらく少なかった。だから休むつもりだったのに、いちおう確認しときたいのが15時30分からあり、また裁判所へ。

12月9日(火)

clip 14時から東京高裁720号法廷(安廣文夫裁判長)で「業務上過失傷害」の審理。審理ってことは否認なのかな、と覗いてみたの。
 早めに入ると、前の何かの判決をやってた。原審では暴力団を辞めるつもりはないと言い、一部否認しており、原判決は懲役10年、未決110日算入だったが、控訴審ではぜんぶ認め、暴力団も辞めると言ったので、原判決破棄、懲役9年。犯行時は暴力団組長で、だいぶひどいことをやったらしい。10年だの9年だのって、人を殺したんだろうか。あとで開廷表の罪名を見ようと思って忘れた。

 傍聴席に、どこかの部の廷吏かな、見覚えのある若い女性がいて、なんで傍聴席に座ってるんだろうと思ったら、その女性が立ってバーの中へ…。

clip あっ! 14時からの「業務上過失傷害」は、11月18日13時30分から第1回を傍聴した、他車を追尾中の白バイと衝突したという、否認事件ではないか! あんときゃ途中で出て、それきり被告人氏名も忘れてしまったんだな~。

 民事のほうは、事実関係はハッキリしないまま和解になったそうで、次回、弁護人のほうで弁論。弁護人は年内はもう息つく暇もないとのことで、1月に。

081204_16310001 run 終わったのが14時29分14時30分から地裁414号法廷で「公務執行妨害」の判決があり、14時50分まで20分間もとってるので、なんだろ、と傍聴する予定だったが、7階南側から4階北側へ1分では行けない。そもそも数分早く始まることはよくある。
 けど、念のため行ってみたところ、やはりとっくに始まっており、ドアそばでちょっと立ち聞きした限りでは、駐車監視員への公妨でもないようだったので、よそへ行くことに。
 で、どこへ行ったか、もう思い出せない。どこへ行ったにせよ、ちゃんとは傍聴しなかったんだと思う。地下でそばを食って、郵便局で手続きしたりしたんだっけ?

 先日の裁判官弾劾裁判の中身を、もう少しよく知ろうと思って。

clip 15時30分から高裁506号法廷(門野博裁判長)で、「道路整備特別措置法違反」の判決。11月13日が判決のはずだったのに延期になったやつだ。
 控訴棄却。
 公訴事実は、2006年1月の保土ヶ谷料金所での、高速道路の永久有料化に反対しての、不払い通行を宣言しての高速(有料?)道路の不払い通行、ほか5件の同様の行為。報道では余罪が130件あるとされていたが。
 原判決の罰金額は、私が聴き逃したのか、わからなかった。

run それから9階へ用事があって行き、その帰り、何を思ったか1階まで非常階段を駆け降りた。所要時間は2分ちょいかな。エレベータを待つより断然早いよ!
 運動したいなら、降りないで登れ? そっ、それは、しっ、死んぢゃう…。

memo 上掲の画像は、11月28日に全国約30万人に発送されたという、最高裁からの封筒。けっこうでかい。中に何が入ってるか、現在発売中の『FLASH(フラッシュ)』に写真が載ってる。なかなか面白い記事だ。私はああいうの好き。でも、私はあんな偉そうな言葉ではコメントしてないっすからね(笑)、内容はそのとおりだけど。
 それと同じものの写しを往きの電車で読んだ。「こんな個人的なことまで明け透けに答えなきゃいけないのかょ、裁判所はナニ様のつもりだ」と、ムカッとくる人、いるんじゃない? ま、そのうちファイル交換ソフトがどうとかで、流出するんだろうね~。

2008年12月 9日 (火)

お知らせ3件

soon 全国冤罪事件弁護団連絡協議会第12回交流会 
引野口事件 - 同房者の証言で被告人の自白を証明できるのか-

日時 2008年12月10日(水)13:00~17:00
場所 弁護士会館2階 講堂クレオ
東京都千代田区霞が関1-1-3

※ これ、「事前申込制」ってなってるんだよね。どうしよう、ダメもとで行ってみようか…。「引野口事件」については、たしか『冤罪File』の第1号に詳しく載ってたっけ。

soon なぜ、無実の人が自白するのか?
- アメリカの虚偽自白 125事例が語る真実 -

日時 2008年12月13日(土)13:00~17:00
場所 発明会館
港区虎ノ門2-9-14 (地下鉄銀座線虎ノ門駅下車3番出口徒歩3分)
参加費等 申込不要・入場無料
プログラム 講演「アメリカの虚偽自白125事例が語る真実」
講師:スティーブン・ドリズィン氏(ノースウェスタン大学ロースクール教授)
特別報告「免田事件の自白経過」
報告者:免田栄氏(免田事件元請求人)
報告「日本におけるDNA鑑定-再鑑定の保障の必要性」
報告者:佐藤博史氏(弁護士)
パネルディスカッション
「自白が生む誤判・えん罪の悲劇を生まないために」

soon 12・17院内学習会
-アメリカの共謀罪と三浦さん逮捕・死亡事件を考える-

◇と き 12月17日(水)13時~15時
◇ところ 衆議院第二議員会館第三会議室

◇お話
・「三浦和義さんを殺した『ロス疑惑』報道」
 山口正紀さん(ジャーナリスト)
・「アメリカの共謀罪」
 法律学者(交渉中)
◇主催 盗聴法に反対する市民連絡会

※ 院内集会への参加の仕方は、9月28日にも書いた。ちなみに、歴代首相の似顔絵が入ったマグカップ及び湯飲みには、各首相の任期も書かれてるょ。熱い飲み物を注ぐと、次の首相の似顔絵がぼぉぅっと浮き出てくる、という永田町伝説?

刑の執行猶予取消請求

 往復の電車内で今は『三浦和義 敗れざる者たち 「うしろ指さされ組」の記録』を読んでる。以下その一部。

 東京拘置所にいた頃、新聞のテレビ欄を見ていたら、テレビ朝日の『こんにちは二時』というワイドショーで「三浦和義と関係した五人の女の座談会」という企画が放映されることを知ったんです。それで、すぐにボクは東京地裁に訴えて、ビデオをテレビ局に提出させ、法廷で検証していった。すると、五人とも全員、会ったこともない女性だったんですよ。釈放後、この番組のディレクターと知り合ったので、どういうことかと聞いたら、全員……。

 そうやって三浦さんは、マスコミを相手に476件の訴訟を起こし、その80%に勝ったのか~。そうやって勝ったカネで弁護士をアメリカへ送り、検察が隠していた重要証人を見つけ出し、無罪を勝ち取ったのか~。
 残り20%の報道は違法性がなかったのかというと、そうじゃなくて、15%は時効なんだという。あらま~。

三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録 Book 三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録

著者:三浦 和義,河村 シゲル
販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

12月8日(月)

clip 13時20分から東京地裁719号法廷(戸苅左近裁判官)で「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反」の判決。
 ネットで検索すると、水戸法務局の事務官が2005年11月に茨城県の水戸駅で女子高生の下着を盗撮という事件がヒットする。水戸地裁で2006年1月31日、懲役1年、執行猶予3年の判決を受けたようだ。その再犯なのだろう。

 やはりそのようだった。元法務局事務官、とは戸苅裁判官は言わなかったが、前刑の判決期日などが一致する。
 本件は、常習として、2008年10月1日、大田区西蒲田のアネックスで、女性スカートの下方からカメラ付き携帯電話で…というもの。7月25日(犯行日か略式命令の日か不明)には、電車内の痴漢で罰金刑を受けてるんだという。
 懲役8月、未決10日算入。
 スカート内の盗撮で、1年8月(-10日)の刑期で下獄するのか、まだ若いのに。

clip 13時30分から地裁414号法廷(森島聡裁判官)で「道路交通法違反」の新件。
 約3年前に酒気帯びで罰金20万円の前科アリの、酒気帯び0.17mgでの、駐車トラックに衝突しての軽傷事故。公訴事実は酒気帯びのみ。
 求刑は懲役7月。
 つい最近も、ほぼ同様の事件を傍聴したっけ、はは~、なるほど~、そういうのは懲役7月になったんだ~、と。

clip どうしよう、もう帰ろうか。いや、14時30分から地裁636号法廷(片岡理知裁判官。刑事8部)で「刑の執行猶予取消請求」(だから事件記録符号は「む」)があり、ちらっと覗いてみることに。
 被請求人(身柄、拘置所)は46歳。黒いスーツ、ワイシャツのボタンを上まで留めてる。高級ホテルで長く働いてたらしい。
 聴き取れたところによると、
  2004年12月28日 覚せい剤で懲役1年6月、保護観察付き執行猶予4年
  2005年1月12日 その判決(千葉地裁)が確定
  2008年4月26日 銃刀法(拳銃所持)で自宅に家宅捜索、何も出ず
  2008年5月17日 上野で職質を受け、任意提出した尿から覚せい剤反応
  2008年6月24日 覚せい剤で東京地裁へ公判請求
 というふうなことらしかった。
 で、被請求人は、警察に見張られ自宅に居られず、転がり込んだ女性方で、そこにあったわけのわからない大量の薬を、不安を鎮めるため服用し、覚せい剤反応はそのせいだろう、覚せい剤を使用した認識はない、肘関節内側の注射痕は、肝炎の治療でインターフェロンを注射したせいだ、と争っており、東京地裁で有罪判決が確定する前に、前刑の執行猶予期間が徒過してしまうので、保護観察所長が猶予取消を請求したと、そういう事件らしかった。

 双方の証拠の要旨告知に時間がかかり、15時から、被請求人に対する質問。
 弁護人は180分を要求していたようだが(ええっ!)、裁判官は30分程度と言い、始まった。ちなみに開廷表での予定は15時30分まで。
 1を聞いて10を知る、という言葉があるが、この被請求人は1を問われて10をしゃべる、というか、早口で延々まくしたてるのだった。
 4月26日の強制捜査の後、警察から監視され、マンションの空き部屋に明らかにカーテンがどうとかで、隣の家の庭に明らかに持ち主のではない車が入っており、自宅の庭のチューリップとか花壇の花がぜんぶ落ちて、金属探知機を使ったのだろう、庭があちこち掘り起こされ…とまくしたてる辺りで、裁判官が「あちゃ~」というふうにニヤニヤしたのを私は見た…。

 15時53分から、保護観察官が意見陳述。
 これが若い可愛い娘さんで、いや、30代で子持ちなのかもしれないけどさ、柔らかな、ちょい鼻声で、こんな保護観察官ならバリバリ更生しちゃうよ~、みたいな~。
 最後に、被請求人に陳述の機会が与えられた。被請求人は無実を訴え、泣いてるようだった。その前から顔が赤かった。
裁判官 「決定は、追って行うこととします」
 16時17分閉廷。

 またひとつ寒くなった。
 どういうわけだか、私は頭がしんしん冷える。頭寒足熱。これでいいのだsign02

2008年12月 7日 (日)

シルバーストーカー

12月5日(金)

clip 13時15分から東京簡裁826号法廷で、11月28日に第1回を傍聴した、覗き見目的でベランダの手すりを超えたという「住居侵入」の判決。
 覗き見目的の「住居侵入」で懲役7月、それが高じて「強姦」までやって懲役3年の前科あり。懲役1年、未決10日算入
裁判官 「生活態度に変化がなければ、これからもくり返すのではないかと懸念されるが…」
 妻とは離婚、両親は他界、兄弟とは音信不通の54歳、これからどんな変化が訪れるのか…。

clip 同じ法廷で13時20分から「窃盗」の判決。
 2月頃から漫画喫茶などに寝泊まりし、換金目的でCDなど万引きするうち、10月に銀座でブルーレイBOXなど3点を換金目的で窃取(万引き?)したんだという。
 懲役1年4月、保護観察付き執行猶予3年
被告人 「(腰を折って礼をし) ありがとうございましたっ」
 被告人(身柄、留置場)は、白い靴を履いてきていた。留管の警察官によると、荷物も持ってきてるんだそうだ。だからもう警察署へ戻る必要はないわけだ。これからどこへ行くのか…。

バイオハザード ディジェネレーション フィギュア付 ブルーレイBOX (Blu-ray Disc) DVD バイオハザード ディジェネレーション フィギュア付 ブルーレイBOX (Blu-ray Disc)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008/12/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

P1010122 clip 13時30分から高裁720号法廷(田中康郎裁判長)で、「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」の判決。
 被告人(身柄、拘置所)は、一見安そうな緑のコーデュロイのジャンパーで、下は鮮やかな緑のジャージ。長身で白髪の年寄り。70歳前後かな?
 54歳の女性に対し、女性は拒絶の意志を示しているにもかかわらず、好きである気持ちをなんとか伝えようと、勤務先等に押しかけたり見張ったり、つきまとい等を反復して行ったんだそうだ。
 1987年と1999年に「窃盗」で猶予前科、2007年に「強制わいせつ」で懲役2年6月、執行猶予3年の前科があり、本件の原判決は懲役4月
 控訴棄却、当審における未決60日算入
 つまり、本件ストーカー行為の刑期は、たったの2カ月。しかし前刑の執行猶予が取り消されるから、2年と8カ月の刑期で下獄するわけだ。
 裁判長が、ぶっちゃけ「あんたは上告できるけど、どうせ棄却されるよ。上告の場合は未決算入がつかないんで、結局は拘束の期間が長引くだけだよ。上告は権利だから、やってもいいんだけど、早く下獄して仮釈放を目指すほうがいいんでない?」という主旨の説明を長々して、13時38分閉廷。弁護人は被告人にそういう説明を通常しないのかな?

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今週の傍聴はこれでオシマイ。ようやく、かつ、あっという間に、また1週間が終わった。この積み重ねで1カ月が終わり、1年が終わり、やがて一生が終わる…。馬鹿馬鹿しいような気がするが、人生っちゃそんなもんなんだよね~。って俺は、いつまで裁判所へ通うんだsign02

人気blogランキング ←12月7日22時15分現在、週間INが350でoneseven位~happy02

刑法第39条は削除される?

 「夫婦げんかで100万円超のボトル開封 盛岡のバー」と12月6日付け河北新報。俺らぁの心をかき乱す、これぞニュースだね!
 「追突後20キロ引きずられる 死亡運転手は柴田の男性」と、同じ河北新報に。合掌。でも、「中型トラックは大型トラックの荷台にめり込んだ状態で炎上…(大型トラックは)停止せずに中型トラックを引きずったまま約20キロ走行」して、「衝撃は感じたが事故だとは思わなかった」?

12月4日(木)

clip 11時06分に東京簡裁728号法廷(小川利行裁判官)に入ると、前の「暴行」の論告が始まるところだった。
 被告人(身柄、拘置所)は、だいぶ年寄り。東京駅付近で路上生活をし、東京駅構内で酔って何度もトラブルを起こしていたんだそうだ。粗暴前科9犯、累犯前科もあるんだという。
 しかし求刑は罰金30万円。そうなんだ~。
被告人 「これからもう、働いて、人に迷惑かけないような生活をしたいと思います」
 その意欲にウソはないとしても、釈放後、どんな働き口があるのか…。

clip 11時15分から、10月23日11時08分頃から第1回を、11月6日15時30分から第2回を傍聴した、手提げバッグがぱんぱんになって商品が丸見えになるくらいコンビニで万引きしたという、若い美人被告人(在宅)の「窃盗」の、論告・弁論。これをどうしても傍聴したく、今日は午前から出てきたのだ。

 被告人はそうとうにマトモ。しかし、幼いときの母親との関係等々からくる摂食障害、うつ病により、犯行時は自分が何をやってるか、わからなくなっていた、という主旨の女性弁護人の弁論は、説得力があった。
 次回判決。11時51分閉廷。

 でも、これで無罪にする裁判官はいないだろう。以下、刑法

(心神喪失及び心神耗弱)
第三十九条  心神喪失者の行為は、罰しない。
 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

 万が一、裁判員制度がスタートしたなら、この問題は「国民の常識」「国民のみなさんの視点、感覚」では対処できないはず。
 思うに、いずれ刑法第39条は削除されちゃうんじゃないか。
 やったことが事実(と認定した)なら有罪、処罰する、心神喪失及び心神耗弱は情状として勘案する、という具合に。死刑も、死刑囚が完全に気が狂ってても執行する、という具合に。そのほうが“この時代”にはマッチするように思う。

train 13時30分から簡裁826号法廷で、10月7日に第1回を傍聴した「自動車運転過失傷害」の第2回、警察官2人の証人尋問が一応15時30分まで、そして16時頃には裁判所内で『FLASH(フラッシュ)』の編集者氏と会う予定だったのだが、なんと、出がけにズボンにアイロンをかけたあと(慣れないことすんなょ!)電源を入れっぱなしの記憶が確実にあり、そんなこと女房殿にバレたら大変なことになるので、しょーがない、帰宅。

memo も一度出かけ、しかし待ち合わせ場所を変更してもらい、編集者氏と会う。入手したという最高裁からの大きな郵便物、「裁判員候補者名簿への記載のお知らせ」を見せてもらう。
 これ、封筒は最高裁判所からだけど、中身は東京地方裁判所・刑事訟廷裁判員係からなんだね~。そりゃそうだよな~、ほぉ~。私ゃこういうのを読むのが楽しくてしょーがない(笑)。だから、『法令用語の常識』なんて本も、面白くてしょーがないのだ。

 法令用語の常識

法令用語の常識
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 翌週発売の『FLASH』に、本件「お知らせ」に関する記事が載るそうだ。

book 新宿通り沿いの紀伊國屋書店で、これを買う。しっかり平積みされてたよ。

三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録 Book 三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録

著者:三浦 和義,河村 シゲル
販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 三浦和義敗れざる者たち 「うしろ指さされ組」の記録 三浦和義敗れざる者たち 「うしろ指さされ組」の記録
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 冒頭に、今年9月5日付けの三浦さんの「最期の手記」が載ってる。
 そして、来年の手帳を買う。さすが紀伊国屋書店、各種大量の手帳が並んでおり、20分くらい迷う。迷って「えいっ!」と選んだのは、これ。今どきのネットは凄いね、下のリンク先でレイアウトがわかるようになってる!

2009年版 No.92リングダイアリースリム(バーティカル) Book 2009年版 No.92リングダイアリースリム(バーティカル)

販売元:高橋書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 現在使用中の手帳の、大きさ、重さとも2倍くらいありそうだけど、月~金の傍聴予定を見やすく細かく書くにはこれが一番かな、と。他の手帳に比べて破格の1050円。
 さぁ、これで年越しの準備は出来た! 年賀状? そんなの今年も書く暇ないですぅ、ごめんね。

人気blogランキング ←12月7日10時00分現在、週間INが340でonesix位~happy02

2008年12月 6日 (土)

1人のオッサンの不倫で損なわれるのか司法の信頼は

 12月6日(土)、早起きして10時頃、原稿を1本を仕上げて送信。すぐに代官山へ。「晴れたら空に豆まいて」で長く行われたトークライブの一部をまとめた、三浦和義・河村シゲル共著『三浦和義 敗れざる者たち 「うしろ指さされ組」の記録』(ぶんか社)の、同店で出版記念会。
 迷いに迷った3月2日がウソのように、さくっと着けた。駅から近いんじゃん。3月2日は駅の反対側へ行ったんだな~。

 不可解な死があるとき、その死で誰が得をするのか、を考えるというけど、三浦さんを有罪とする新証拠があるかに臭わせてきた者たちは、ほっと胸を撫で下ろしたのではないかと、そんなことを思った。
 同書の冒頭には、今年9月5日付けの三浦さんの「最期の手記」が…。

 さて、3日、4日、5日の記事を書いとかねば。まずは3日から。

12月3日(水)

ストーカー:下山判事、訴追事実認める 弾劾裁判の初公判
 ストーカー規制法違反に問われた下山芳晴・宇都宮地裁判事の審理のため開かれた裁判官弾劾裁判所の法廷=参院第2別館の弾劾裁判所で2008年12月3日午後0時59分、藤井太郎撮影 ストーカー規制法違反で懲役6月、執行猶予2年が確定した下山芳晴・宇都宮地裁判事(55)の弾劾裁判の初公判が3日、国会の裁判官弾劾裁判所(裁判長・松田岩夫参院議員)で開かれた。下山判事は、部下の女性に執拗(しつよう)にメールを送ったとされる訴追事実について、「すべて事実でございます」と全面的に認めた。
 裁判官を罷免するかどうか決める弾劾裁判が開かれるのは、児童買春禁止法違反で有罪が確定した東京高裁判事以来7年ぶり。下山判事が罷免されれば6人目となる。
 弾劾裁判所は衆参両院議員14人で構成。訴追事実の認否や、国会の裁判官訴追委員会の冒頭陳述、下山判事への質問、弁護側の弁論などが行われ、刑事裁判とほぼ同じ手続きで審理を進める。

 と3日付け毎日新聞、の一部。

clip その裁判官弾劾裁判所へ、傍聴に行ってきたょ。
 弾劾裁判は「7年ぶり」だという。7年前は、私は交通ジャーナリストとして裁判傍聴をしており、傍聴マニアとしてではなかった。だから当時は弾劾裁判になど興味はなく、だから今回、初めて弾劾裁判を傍聴する。

 弾劾裁判って、起訴状ではなく「訴追状」、被告人ではなく「被訴追者」ではあるけれども、まったく刑事裁判と同じように進行するんだね。
 ただ、手慣れた職業裁判官と違って、「裁判員」(衆院議員7人、参院議員7人)も、「訴追委員」(7人出席予定だったようだが実際の出席は6人)も、「弁護人」も、1つひとつの手続きを、端折ることなくミスなく進めようと、えらく儀式ばった感じがした。
 被害者とされる女性の氏名、メール記載の呼称、職業については明らかにしないという、刑事裁判でもよくある措置がとられ、刑事裁判ではしかしぽろっと明かしてしまうことがよくあるのに、それはまったくなかった。危うく明かしてしまいそうになることすらなかった。
 被訴追者には申し訳ないが、ま~、珍しいものを傍聴できて良かったス。手続きだけじゃなく内容も「うわ~!」だった。私の傍聴メモは、B5サイズで25ページにもなる。

 詳しくは『ドライバー』で書くことになった、1月20日発売の。
 結論的なことだけここで簡単に述べると…。
 被訴追人は司法に対する国民の信頼を大きく損ねたと、被訴追人も訴追委員も裁判員も弁護人も言うわけだけど、私はものすごく違和感があった。
 私の「司法に対する信頼」は、こんな1人のオッサンの不倫のモメ事くらいでは、ちっとも損なわれない。強いて言えば、逆に、「あぁ、裁判官も人間なんだ」と信頼を増しても良いくらい。
 じゃあ、本来、「司法に対する信頼」が損なわれるのは、どんなときか。国民が司法に求めるべきは、何なのか。ま、言うまでもないよね。

memo 弾劾裁判が「起立、礼」で終わったのが15時52分。
 それから某氏とともに総務省、じゃなくて内閣府へ。
 政府広報「裁判員制度のお知らせ」について聞いてきた。
 あれは3600万部を、新聞80紙に折り込んで配布し、2億5000万円かかったんだそうだ。印刷から折り込みまで、一般競争入札により代理店(今回は毎日広告社)にやらせるんだそうだ。
 3600万部で2億5000万円。割り算すると1部7円弱? それが高いのか安いのか知らないけど、この広報だけで税金から2億5000円をぽんと出したのは事実。いいな~、国が推し進める事業は資金潤沢で。
 「裁判員制度はいらない!大運動」にも資金をまわしてくれよぅ(笑)。

noodle 弾劾裁判所に閉じ込められて昼食とれなかったもんだから、もう腹へって腹へって。礼田計さんと合流し、内閣府の隣の議員記者会館で、私はラーメン400円。
 食堂の窓から見える空の、月の近くに見える2つの星は、木星と金星だっけ? そんなことを礼田計さんから聞いた。マジ? 数日前からその2つは見えていて、なんだろう、やけに明るいのが夜空に2つ並んでる、黒塗りの軍事飛行船か? まさかUFOじゃないだろな? と見ていたのだが…。
 一般ニュースに興味がないことが、またバレてしまった。

train 市ヶ谷へ行き、18時から裁判員制度のことで座談会。にぎり寿司を食べながら、ビールを飲みながら。
 早起きして原稿を1本仕上げ、弾劾裁判ではまったく居眠りせず、目と耳をカッと開いてメモをとりまくってたもんだから、少しのビールが効いて、帰りはもう…。

人気blogランキング ←12月6日20時15分現在、週間INが380でonefour位~happy02

2008年12月 5日 (金)

男性の最終目的は性行為である以上

book 先日、古書店の店頭で書籍4冊を手に取り、レジへ持っていくと、300円だった。
 4冊で300円? 1冊100円、3冊で200円だから、4冊は300円だったのだ。得したような、損したような、不思議な気分(笑)。

 そのうちの1冊、『なぜ日本にはいい男がいないのか 21の理由』(早稲田大学国際教養学部教授・森川友義著)。
 「ろくでもない男をつかんで転落」ともいえる女性被告人がけっこういるので、そのへんの機微が少しでもわかれば、と読んでみたのだが、や~、これが面白くて面白くて、まさかこんな切り口で恋愛や結婚や男女関係を語るとは、裁判所への電車、往復2回で読み終えてしまった。

 タイトルと内容とは、ちょと違うと思う。
 高裁、もとえ交際相手をなかなか得られない、結婚できない、という女性も男性も、いっぺん読んでみていいんじゃないか。
 ちなみに、「ろくでもない男をつかんで転落」に関しては、
「性行為は女性にとって恋愛の始まりの象徴的事件ですが、男性にとっては終わりの始まりです。……男性の最終目的が性行為である以上、その目的が達成された後に……」
 という辺りが、当たり前のこととはいえ、やっぱ、ひとつ大いに関係してるのかな、どうかな。

 とにかくね、この本は面白いよ、森川さんの書きぶりが笑える。発行は2007年2月だそうで、そのときはバラエティ番組なんかでそうとう話題になったのかな。

なぜ日本にはいい男がいないのか? 21の理由 なぜ日本にはいい男がいないのか? 21の理由

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

train それとは関係なく、以下は「iza!」の記事の一部。■及び◆部分は実名。

ネットで集まり電車内で痴漢か 郵便事業会社係長ら逮捕 
 埼玉県警浦和署は4日、JR埼京線の電車内で女性(22)の体に触ったとして、強制わいせつ容疑で、郵便事業会社関東支社係長、■■■■(39)=同県戸田市美女木東、自称派遣社員、◆◆◆◆(53)=東京都豊島区高松=の2容疑者を逮捕した。
 2人は互いに面識がないが、同じ女性に対しわいせつな行為をしていた。ほかに2人が同じ女性に痴漢行為をした後で逃走したとの目撃情報があることなどから、浦和署は4人がインターネットの書き込みなどで集まった可能性があるとみて追及している。

 「インターネットの書き込みなどで集まった」とすれば…。
 2005年3月に「強制わいせつ」(電車内の痴漢)で懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けているところ、2008年8月8日に東京地裁で公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反」(電車内の痴漢)で懲役3月の実刑判決を受け、同年10月16日に東京高裁で控訴棄却とされた、あの事件と同じ類じゃ~ん!
 私がたまたま傍聴したのは、まさしく氷山の一角だったのか…と。

なぜ、その人に惹かれてしまうのか?―ヒトとしての恋愛学入門 Book なぜ、その人に惹かれてしまうのか?―ヒトとしての恋愛学入門

著者:森川 友義
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ←12月5日8時20分現在、週間INが410でoneseven位~happy02

2008年12月 4日 (木)

そこまで反省・悔悟できる者がなぜ82キロ超過

081203_11140003  今日(12月3日)は例の裁判官弾劾裁判を傍聴してきたよ。
 長蛇の列になってるだろう、午後は東京簡裁で傍聴したいのがあるから、外れてもいいや。と行ったところ、一般傍聴人の定員は38人。並んだのは37人で定員割れ。がーん。そんなもんなんだ~。
 しかし、チョー珍しい弾劾裁判、傍聴できてよかったよ。締切り原稿のため早起きしてたのに、15時52分まで全く居眠りする間もなかった。だから疲れた~。
 その話はあとにして、12月1日の傍聴メモを簡単に。

12月1日(月)


clip 10時から東京地裁403号法廷(楡井英夫裁判官)で「道路交通法違反」の新件。
 首都高5号線上り・高島平付近のオービスⅢLjによる超過82キロ(測定値142キロ)。直ちに判決。懲役3月、執行猶予2年。
 地裁のオービス事件のごく普通のパターンのひとつ、なのだが、被告人が変わってた。反省・悔悟を、「……そしてまた……そしてまた……結果として……」とじつに長々、正確にしゃべるのだ。従業員1000人の一部上場企業で連結決算を担当しているそうで、この人、経理の方面ではものすごい能力を発揮するんだろうな、と思えた。
 でも、あれだけ徹底的に反省・悔悟できる人が、なぜ首都高のあんな場所で、ちょっとアクセルを踏みすぎたかも程度で142キロも出せるのか…。
 主文だけ聞いて…。

clip 10時50分から東京高裁410号法廷(中川武隆裁判長)で、「道路交通法違反」の判決。
 2月18日に審理を傍聴し、6月11日に判決(懲役2年、執行猶予4年)を傍聴した、措置義務違反(いわゆるひき逃げの“逃げ”の部分のみ)の、控訴審判決。報道された事件だ。
 故意がなく無罪を争っていたが、控訴棄却。
 途中から傍聴人が続々と来て、傍聴席(42席)の8~9割が埋まった…。

clip 11時から同じ法廷で、「殺人・死体遺棄」の第1回。
 弁護人から(もちろん検察官からも)証拠調べ請求はなく、結審して次回判決。
 振り込め詐欺の仲間割れ、原審は横浜地裁で、懲役19年だそうだ。私はこの種の事件は好きじゃない。
 11時11分閉廷。

clip わりと近くの法廷だから、との理由で、11時から始まってる「公務執行妨害」の新件を傍聴に地裁419号法廷(梅田健史裁判官)へ。
 事件番号には「等」が付いてて、「等」の部分は「窃盗」だった。
 カネがなくてろくに食事もとっておらず、カネを借りようと後輩宅へ行き、留守で玄関に錠がかかってなかったので入り、テーブルにあった財布とルイビトンのキーケースを盗み、その後、酔って交番へ、何かの苦情を言いに行き、警察官の態度が悪かったので電話(警電)をかけようと受話器を取ったら止められ、振り払ったとき肘が警察官のあごに当たり、公妨の現行犯で逮捕され、その調べのとき、盗みを自白…そんなふうな事件らしかった。
 肘が当たったのは偶然だけど、それでも公妨になるのだと聞き、納得した、という主旨のことを言ってた。公妨って、そうなの?
 求刑は懲役2年。次回判決。11時59分閉廷。

restaurant 地下の食堂でA定食(460円)。ハムカツとコロッケ。それ自体はショボイんだけど、小鉢2つとセルフサービスの漬け物が付くと、それなりに満足なんだよね~。

clip 13時10分から高裁・刑事11部(若原正樹・足立勉・金子大作裁判官)622号法廷で、「傷害・ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」の審理。
 今までの傍聴経験からすると、ストーカーにはおよそ似合わない感じの被告人だった。彼女からナイフを振り回され、それを抑えるため有形力を行使したにすぎない、という主張らしかった。
 この若原正樹裁判官は、私はお初。個性的な人だね~。力を入れず、一瞬のムダもなく流れるように進むのが好き、もたもた引っかかるのは大嫌い、みたいな。
 証言台に、「裁判長に向かって答えてください」との紙が、セロテープで貼ってあったよ。
 被告人質問をやり、13時32分閉廷。

clip 非常階段を駆け下り、13時30分からの「道路交通法違反等」の新件を傍聴に、地裁404号法廷(建石直子裁判官)へ。
 入ると、検察官が書証の要旨告知を始めたところだった。
 被告人はお年寄り。晩酌のあと、甥っ子にカブトムシを届けるため車を運転、玉突き追突事故を起こしたんだという。「等」は「自動車運転過失傷害」なわけだ。
 求刑は懲役8月。14時20分閉廷。

 12月1日の傍聴はこれでオシマイ。
 この日は、なんだっけ、傍聴の合間合間に何かあったような気もするのだが、もう思い出せない。やっぱ、遅くとも翌早朝くらいには書かないとダメだな~。ただ、締切り原稿が遅れてるとね~。

人気blogランキング ←12月3日24時00分現在、週間INが410でonefive位~happy02

2008年12月 2日 (火)

罰則付きで国民を強制動員すること自体が目的

 という本がある。「又は」と「若しくは」と「乃至(ないし)」と「並びに」の違いはもちろん、「その他」と「その他の」との違いとか逐一解説されれて、非常に面白い。
 ところで…。

裁判員制度実りある改革に 仙台高裁長官会見
 仙台高裁長官に11月25日付で就任した千葉勝美氏(62)=写真=が1日、高裁で記者会見し「司法制度改革の大きな柱になる裁判員制度が来年5月に始まる。国民と裁判所の距離をできるだけ縮め、改革を実りあるものにしていきたい」と抱負を語った。

 と12月2日付け河北新報、の一部。
 裁判員制度は、「司法制度改革の大きな柱」なんだという。
 「改革」というからには、何か良さげなものなんだろう。
 ただ、誰にとって良いのか。国民にとってか、国家にとってか、もっとべつの何かにとってか、判然としない。けど、ま、国民の多くが望んでないことは、当局の調査によってもハッキリしてるんだから、これは国家にとって良い「改革」なんだろう。

 ま、それはそれとして、改革の「実り」とは何か。
 「国民と裁判所の距離をできるだけ縮め」ることは、「実り」そのものなのか、それとも「実り」のひとつなのか、あるいは「実り」への道筋として位置付けられるのか。

 「国民と裁判所の距離をできるだけ縮め」る…。
 物理的な距離を縮めるなら、渋谷簡裁とか、新宿簡裁とか、かつて統廃合でなくした簡裁を復活させるという手もあるが、これは物理的な距離のことを言ってるんじゃないだろう。
 心理的な距離を縮めたいなら、何よりもまず、土日(祝日を含む)開廷でもって、普通の生活者による出頭や傍聴を容易にすることだよね。
 あと、「この証拠関係じゃどう見たって無罪でしょ」ってものを粛々と無罪にしていけば、国民と裁判所の心理的な距離は、大いに縮まるだろう。
 裁判官に、「あれは無罪だと私は思っていたが、書いたのは有罪判決だった」と、もっと語ってもらうとか…。

 しかし、そんな方向へは全く進まず、国が始めたのは「裁判員制度」。罰則付きで国民を強制動員する、大がかりな制度なのである。
 毎度言うけど、裁判員制度の「目的」は、「裁判が身近になり、国民の皆さんの司法に対する理解と信頼が深まること」なのである。
 「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」(通称裁判員法)の第1条は、こうなってる。太字は今井。

(趣旨)
第一条  この法律は、国民の中から選任された裁判員が裁判官と共に刑事訴訟手続に関与することが司法に対する国民の理解の増進とその信頼の向上に資することにかんがみ、裁判員の参加する刑事裁判に関し、裁判所法(昭和二十二年法律第五十九号)及び刑事訴訟法(昭和二十三年法律第百三十一号)の特則その他の必要な事項を定めるものとする。

 だから、千葉勝美・仙台高裁長官がいう「国民と裁判所の距離をできるだけ縮め」るとは、「実り」そのものであると、判決風にいえば、解するのが相当である。

 しかし、ちょ待てぇよ、そぉんなことのために、罰則付きで国民を強制動員する、こぉんな大がかりな制度をsign02 こりゃ絶対おかしっス。狂ってるとしか思えないんですけどぉ~sign03

 やっぱ、罰則付きで国民を強制動員すること、そのようなシステムを「国民参加」の名のもと、新たに打ち立てること自体が、国家にとっての「実り」ではないのか。

 裁判員制度はいらない!大運動

 11月28日、最高裁からの通知(裁判員候補者名簿搭載通知)が一斉に発送された。その通知が続々と国民へ届いてる、と報じる朝日新聞の記事を読んで、ありゃりゃん? となった。
 私は戦後生まれだから昔のことは知らないが、徴兵の召集令状(通称赤紙。あかがみ)が届いたときも、新聞はこんなふうに、つまり、人や立場によっていろんな事情や感じ方はあるけれども、しかしみんな粛々と国民の義務を果たそうとしてる、みたいな報じ方をしたんだろうか、と。

 あとで、戦中生まれの人に聞いたら、当時、赤紙が届いたことは報じちゃいけなかったんだそうだ。誰が選ばれたか、家族などには言ってもいいけど、大っぴらにするのは禁止だったんだそうだ。あらま、今回の最高裁からの通知と同じだ~。

 いくら刑事裁判は崩壊してるっていっても、だからってこんなバカげた制度を国が始めようとするとき、もう始まるって決まったんだから頑張って良くしていこうみたいな、その色に、全マスコミが染まってるって…前の戦争のときもこんなふうだったの?

 『冤罪File』(定価380円。安っ!)を、裁判所への往復の電車で、あっという間にぜんぶ読み終えた。
 「特急あずさ窃盗冤罪事件」を読んでびっくり! 2005年10月18日、一審無罪の判決を言い渡したのは、東京簡裁・刑事1室2係、浅見牧夫裁判官だっていうじゃないか!
 私は2004年から2006年にかけて、浅見裁判官の裁判を13件、傍聴してる。当時は東京区検のオービス公判請求が多くて、13件のうち11件はオービス事件だ。
 首都高・湾岸線東行きのオービスⅢLkの否認事件で浅見裁判官は、じつはオービスが怪しいことに気づいたようで、現場を検証をしたいと言い出した。実現はしなかったものの、そんなことを自発的に言い出すこと自体、ほとんど前代未聞。どっひゃ~ん!! と仰天したものだ。
 そうか、あの浅見裁判官が、『冤罪File』収載のその窃盗事件で、なんと電車内で現場検証をやって、無罪を言い渡していたとは、へぇ~! 当時の私の傍聴は、今と違って、ほんとに「道路交通法違反」専門だったので、こんな窃盗事件の審理が826号法廷で行われてたとは、ぜんぜん知らなかった。
 で、その一審無罪をひっくり返し、否認してるからと実刑(懲役1年2月、未決60日算入)としたのが、東京高裁・刑事7部の植村立郎裁判長と、荒川英明裁判官(右陪席)、伊東顕裁判官(左陪席)だという。
 記事によれば、被告人は前歴なしだそうで、ならば相場的には執行猶予が当たり前。にもかかわらず実刑とされたのは、否認だからというだけでなく、一審無罪への見せしめの意味も多分に込められてたんじゃなかろうか。
 うわぁ、荒川裁判官、そんな合議に加わってたんだ、可哀想に

 浅見裁判官は、当ブログでも書いたように(『冤罪File』の当該記事にも書かれてる)、その後、八丈島簡裁へ移動になった。漏れ聞くところによると、八丈島簡裁の勤務はだいぶ人気だそうで、あの飄々(ひょうひょう)とした感じの浅見裁判官は、自ら望んで幸運にも八丈島へ行けたのかな、と私は想像していたが、その人事には、たかが窃盗で実況見分までやって無罪(=のちに高裁により200%ぶっつぶされる判決)を言い渡したことが、もしかしたら関係してたのか…。

 ま~、『冤罪File』は面白いわ。これで380円は安すぎっ! これがどんどん売れれば、「司法に対する国民の理解」は大いに深まるんじゃない?

人気blogランキング ←12月2日10時20分現在、週間INが360でonefive位~happy02

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »