フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 裁判員制度に都合が良いか悪いかで? | トップページ | 裁判官がホームレスやったら1週間で死んぢゃう? »

2008年12月24日 (水)

府中刑務所 元旦の献立は1731円49銭

 さすが年末は判決が多いね。

clip 11時から東京高裁506号法廷(中山隆夫裁判長)で「道路交通法違反」の第1回。被告人氏名で検索すると、数年前のトカレフの事件がヒットする、まさかその人? と傍聴してみたのだ。
 ところが、被告人は不出頭。弁護人からの事実取調請求は、被告人が不出頭ではできないってことで(被告人質問だったのかな?)、直ちに判決かと思ったら来年に。

 右陪席が菱田泰信裁判官。ついこないだまで地裁の刑事18部だったのに!
 個性のある裁判官が高裁の陪席になって黙ってしまうのは、つまんなーい。って傍聴人は勝手なこと言うよなぁ(笑)。

P1020889 clip 次の狙いは11時40分から。とりあえず法廷へ入ってようか、と東京簡裁534号法廷(八木澤秀司裁判官)へ。
 「住居侵入」の最終弁論をやってるところだった。なんと、大量に飲酒して(逮捕後0.49mg)警察寮へ入り込んだんだという。
弁護人 「携帯電話片手に盗撮目的で侵入したというが、盗撮をするには、あまりにも行き当たりばったりの不首尾な行動であり、実際、着衣の女性すら撮れておらず、ぼんやりしたエアコンの写真があるだけ…」
 やはり大量に飲酒し、被害者宅の玄関前で襲いかかるという強姦未遂で、保護観察付き執行猶予判決を受けたことがあるらしい。
 前回は強姦未遂、今回は盗撮、「よりひどくない方向での進歩」と言えなくもない、というふうなことを弁護人は言ってた。なるほどねぇ、失礼ながら私は可笑しくて。

clip 続いて11時30分から「窃盗」の判決。
 どうなんだろう、白髪混じりの、婆ちゃんとおばさんの中間くらい…?
 身柄は警察留置場で(菊屋橋かな)、その手錠が、ぴかぴか光る素敵な濃紺、というか深いブルー、素晴らしい色と輝き! そんなの初めて見たよぅ!

 懲役1年6月、未決20日算入。
 一晩をともにした(sign02)男性から現金を盗まれたと言われたことから、その現金を返す必要が生じ、歌舞伎町のネットカフェで、3つ隣のブースの、下のほうが開いた出入り口から、置いてあったバッグを盗り、現金7000円を盗んでバッグを戻した、というふうな事件。
 前科・前歴多数あり、最終刑(八王子支部、覚せい剤、懲役1年4月)の服役後、約2カ月での本件犯行なんだそうだ。バッグについてはすぐ戻したから窃取に当たらない、と否認してたらしい。そりゃ無理でしょぉ。

 安心快適な住居があり、程良い仕事と十分な生活費があり、地道で真っ当な人たちに囲まれて居れば、そもそも生まれたときからそうであれば、娑婆と刑務所を往ったり来たりの人生でなかったろうに…そう思うことが多い。
 しかし、生まれたときから虐待され、成長して、ようやく幸せな温もりをつかんだと思ったら、その相手がとんでもない男(または女)で、というケース、よくあるよね。この被告人がどうなのか知らないけれども。

 不倫演歌があるなら、転落演歌、野垂れ死に演歌もあっていいじゃないか。
 名曲「昭和枯れすすき」なんか、いいよねぇ。美空ひばりさんも歌ってるとは知らなかった! でもやっぱ、さくらと一郎さんがサイコー。昔の股旅演歌北アフリカ演歌もよかった。ついでに言っとくと、俺はねぇ、漠然と「明るい明日へ向かって歩きだそう」とかそんなことばっか口先でくり返す、インチキセミナー調の歌が、大っ嫌いなんだょ。

clip 12分遅れて11時52分から、12月17日に第1回を傍聴した道路交通法違反」(酒気帯び0.25mg)の判決。
 普通に罰金30万円、満つるまで算入、訴費不負担。
 普通のことを地味に確認するのだ、これでいいのだ。

restaurant 地下の食堂でA定食460円。礼田計さんと某氏が来て、なんと、今日は弾劾裁判の判決だったこと、すっかり忘れてたことに気づくsign03 げ~、なんてこった。地味に確認してる場合じゃねっつーの(笑)。

clip 13時15分から地裁532号法廷(伊藤雅人裁判官)で、11月27日に第1回を傍聴した脅迫」の判決。
 懲役6月、未決20日算入。
裁判官 「平成20(2008)年6月に、振り込め詐欺で懲役3年、執行猶予5年の判決が確定してから、わずか2カ月余りでの犯行であり、犯罪傾向には根深いものがあると言わざるを得ない…」
 再び手錠をつけられるとき、両手に刺青があるのが見えた…。  

clip 13時20分から高裁622号法廷(若原正樹裁判長)で、12月1日に第1回を傍聴した傷害・ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」の判決。
 被告人は不出頭。裁判所にも弁護人にも連絡はなかったらしい。
 控訴棄却、訴費負担。

clip 続けて13時30分から「占有離脱物横領」の判決。この罪名が高裁へ来るのって珍しくない?
 被告人(身柄、拘置所)は小柄なおじさんで、起立の姿勢がピシッと決まっていた。あぁ、服役経験があるのだな…。
 長野市内で、他人が置き去った自転車(2000円相当)を自己の足代わりにしようと…。窃盗、窃盗未遂、常習累犯窃盗などで何度も服役しており、うち2犯は本件と累犯の関係にあるんだそうだ。最終刑の出所からわずか2週間での犯行なんだそうだ。

clip 13時45分から地裁801号法廷(鈴木秀行裁判官)で、「公然わいせつ・準強制わいせつ」の判決。
 2つの罪名がなぜダブるのか、全くの別件か? 確かめたくて傍聴したら、ある月曜日の午後1時30分頃、小田急線の車内で、座席の端で寝込んでいる女性のそばで、自己の陰茎を露出し、その陰茎を、女性の右側頭部に押しつけたんだそうだ。そんな犯行態様、初めて聞いた!
 同種の罰金前科2犯あり。懲役2年、執行猶予3年、訴費負担。

clip 14時から地裁636号法廷(市川大志裁判官?)で、「公務執行妨害」の判決。
 自宅前で(?)、警ら中の巡査(53歳!)に対し、
被告人 「おい、オマワリ、本物か、俺が確かめてやる」
警察官 「私は本物ですよ、●●交番から来ました」
 そして、路面にサンダル履きの足で線を引き、
被告人 「ここは俺の土地だ、入るな」
 と言い、警察官の足を踏み、泡状の白いつばを「ペ」ではなく「パ」という感じで警察官の胸に吐きかけたんだという。
 被告人の側は、何もしていないのに警察官が追いかけてきて右腕をひねり上げてきたんだという。
 被告人は癌で、痛み止めとして「麻薬であるオキシコンチン」を処方されてたんだという。
 粗暴犯の前科があり、「脅迫」で懲役2年、保護観察付き執行猶予5年(4年?)の判決から1カ月も経たない犯行なんだという。
 懲役10月、未決60日算入、訴費負担。

train このあともいろいろあったが、途中で電話が入り、某女性誌のコメント部分の原稿チェックを忘れてたことに気づき…。遅くとも夕方には、と言われ…。

※ 上の画像は、府中刑務所の献立表の一部。元旦はご馳走だぁ。
 これ、完全無実の「殺人等」で懲役10年を打たれ府中刑務所に服役していた福井正樹さんが、刑務所の中から開示請求してゲットしたものだ。福井さんの事件は『敗れざる者たち』に。ぜひご一読を。

三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録 Book 三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録

著者:三浦 和義,河村 シゲル
販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ←12月24日23時30分現在、週間INが240でtwoone位~happy02

« 裁判員制度に都合が良いか悪いかで? | トップページ | 裁判官がホームレスやったら1週間で死んぢゃう? »

刑事/窃盗」カテゴリの記事

刑事/色情犯」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。