フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 辻褄あってる選挙買収金 | トップページ | 被告人席の清水健太郎さん »

2009年1月14日 (水)

24歳と52歳、2つの「業務妨害」

1月13日(火)

090113_16490001  前夜某女性とチョー楽しい酒を飲みちょい二日酔いで睡眠不足なのに、故あって、9時20分締切りの、住居侵入・死体損壊・死体遺棄・殺人」(この罪名は先週開廷表でチェックしたときのもの)の新件の傍聴席抽選に並ぶ。
 一般傍聴席59席(だったかな?)に対し、297人が並んだそうだ。
 1月9日の記事(アップは10日)で、15日(木)にもう判決か、と書いたが、やっぱりまさかそんなはずはないのだった、判決はまだまだ先らしい。メモミス? いや、メモは完璧。ただ、一部同じ漢字の氏名の被告人の判決が入ってたのね、「道路交通法違反」の。読み取りミスでした、ごめんなさい~。crying
※ 画像は、阿曽山大噴火さんの13日の記事にある画像の、180度反対側。ラジオ、テレビの中継車等が駐車してるんだけど、この画像じゃわからないか…。

 9時30分頃、裁判所1階、日比谷公園側のカウンターの、2部置いてある地裁・簡裁の開廷表に、それぞれ5~6人ずつの列ができてた。開廷表を見てる人は、端から見た感じでは、背後など気してない様子。うわ~、最後尾の人は10時までに見られるのかな…。

clip 10時から東京地裁401号法廷(前田巌裁判官)で、「業務妨害」の新件。
 被告人(身柄、拘置所。24歳)は、ま、ハンサム。育ち良さげな顔立ち。
 インターネットの掲示板、2ちゃんねるに、「新宿でナイフを使って大量殺人をする」とか虚偽の犯行予告をし、警察官15名を徒労の警戒業務に就かせ、その間に遂行されたはずの捜査書類作成等その他の業務を妨害したのだという。
 その認否に驚いた。
被告人 「え~、起訴状に対し否認します」
 「イタズラ書き」をした事実は認めたうえで、
   1、業務妨害をするつもりがなかった。
   2、業務妨害があった証拠がない。
   3、業務妨害を成立させたのは警察である。
被告人 「…以上3点から業務妨害は成立せず、無罪であります!」
 「無罪であります!」の部分が特に、よく通る大きな声だった。
 本日は同意証拠(甲)の要旨告知まで。1月下旬に追起訴があるそうで続行。
 10時12分閉廷。

clip 時間が空いたので、ちらっと地裁404号法廷(建石直子裁判官)、やはり10時から始まってた「器物損壊」の新件へ。
 被告人(身柄、留置場)は、だいぶんに個性的な男性(50歳前後?)で、検察官が乙号証、捜査段階の被告人の供述調書を読み上げてるところだった。
 驚いた。ムシャクシャした気分の解消のため、自室でカップ焼きそばのカラ容器にうんこをし、ペットボトルにおしっこを入れ、保存し、近所の神社の賽銭箱にうんこを入れ、鈴(じゃらんじゃらんと鳴らすやつの太いひも部分か?)にうんこをこすりつける、ということを何度もやったらしい。そのほか、郵便ポストの入り口や他人の郵便受けにもうんこをどうとかしたらしい。
 郵便関係の法律での追起訴が予定されており続行。
 弁護人は、よくお見かけするあの人。
 10時24分閉廷。

clip 10時45分から東京簡裁826号法廷で「脅迫」の新件。簡裁で「脅迫」って(私は)初めてじゃないかな。
 被告人(身柄、拘置所)は、長い黒髪をポニーテールにした48歳。
 かねて交際していた25歳の被害女性(交際開始時は18歳)、いっしょに住んだりもしたが、働かずにカネを借りて(被害者によれば総額300万円)返さず、愛想を尽かされ、しかしよりを戻そうと、被害女性宅近くの公園へ連れ込みカッターナイフを突きつけ、SM嬢をやっていたときの写真などをばらまいて生活できなくしてやるぞと脅した…というふうな事件。
 その際、自分が滞納していた家賃を出させようとしたんだとか。だったら「恐喝未遂」ではないのか。
検察官 「担当検事はなぜか脅迫だけで起訴してるけど」
 求刑は罰金30万円。
 直ちに判決。罰金30万円、満つるまで算入、訴訟費用は不負担。
 11時34分閉廷。

clip 11時30分から地裁412号法廷(岸野康隆裁判官。裁判員裁判用の法廷)で「大麻取締法違反」の新件。時間的に即決裁判手続きか。
 11時40分頃に入ると、検察官から被告人質問をやってるところだった。
 派遣の仕事でストレスが溜まり、密売人から大麻を買って自己使用したんだという。サービス残業が4~5時間もある、今度そんなことになったら労組に訴えたりするんだという。よくしゃべる被告人(身柄、留置場)だった。
 求刑は懲役8月、判決は懲役8月、執行猶予3年、大麻4袋と大麻樹脂1個没収、訴費不負担。

restaurant 地下の藪伊豆で、かけそば大盛り290円。暖かいのを腹に入れたら急に眠くなり…。

clip 13時30分から地裁414号法廷(森島聡裁判官。小さい法廷)で、「業務妨害」の新件。
 そばの一般待合室でしばし仮眠…と思ったら、建築業の現場から来たような2人が、若い弁護人といっしょに入ってきて、話し始めた。1人は証人出廷するらしく…。
 眠れないまま414号法廷へ。報道された事件なのに、傍聴人は少なく…。
 被告人(身柄、拘置所)は52歳。建設関係。ちょっと良い男。お洒落なジャンパー。
 仕事が終わって食事して帰るとき、毎日のように職務質問を受け腹が立っていたところ(態度の悪い警察官もいたんだろうか)、つい大量飲酒して泥酔した際、苦情を言ってやろうと公衆電話3カ所から110番し、苦情で終わればいいのになぜかまた、前刑(TBSを対象とする「威力業務妨害」。2008年7月3日確定、懲役1年6月、執行猶予3年)のときと同じくTBSを爆破するとか脅迫してしまい、それも毎回長々しゃべったので場所を特定され…というふうな事件。
 同じ「業務妨害」でも、こっちのほうがナンボかマシと私には思えて…。ま、なにをもって「マシ」というのか、表現し難いけど。
 求刑は懲役2年。14時28分閉廷。

clip 女装の覚せい剤売人と報道された覚せい剤取締法違反」の審理が、やはり13時30分から15時までの予定で、地裁818号法廷(河田泰常裁判長。合議)に入ってると、ユキさんから聞いており、ちょと行ってみることに。
 14時33分頃に入ると、被告人質問が終わるところだった。
 通訳の事件だった。通訳人は、英語の事件でときどきお見かけする、あのエキゾチックなおばさん、もとえ! お姉さん。しかし英語ではなく、タガログ語か何かアジアの言語に聞こえた。
 被告人は身柄(留置場)で、女装もなにも、長い茶パツの、大柄な、男っぽい感じのする、ほりの深い美人だった。
裁判官 「次回、ご意見を…」
 ということで14時38分閉廷。

clip 15時から地裁刑事526号法廷(右陪席は神田大助裁判官。あとは不明)で、「建造物等以外放火・非現住建造物等放火未遂」の新件。
 これも報道された事件だ。イライラしたからといってなぜ、放火という重大な犯罪行為へイッてしまうのか、3人の裁判官が質問を浴びせてたけど、こんな仮説はどうだろうか。被告人(身柄、拘置所。報道によれば逮捕時25歳)は、困難な場面を乗り越えるとか、自分や隣人や社会と折り合いをつけるとか、そういう能力がないまま育ち、なんとか親にカバーしてもらって25歳まで生きてきたが、とうとう親の貯金をなんと530万円も勝手におろしてしまい、もう親元へ帰れないと思い、万引きと食い逃げで食いつないで野宿し続けることもできず、それでも自尊心を保つためには、破滅的なヤンチャをするほか道がなかった…。
 しかし、もう親を頼れないと単身上京するとか、直に人を殺傷するのは嫌だった旨言ってるとか、そこに、まだ良心が残ってるというべきなのか…。

 今日は交通違反・事故に関係ないのばかり傍聴したが、おおむねどれも心に残る裁判だった…。

人気blogランキング ←1月14日20時20分現在、週間INが310でtwoone位~happy02

« 辻褄あってる選挙買収金 | トップページ | 被告人席の清水健太郎さん »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

ノクターン 様

 初めまして。
 「パピヨンこと…」という被告人氏名は、私のファイルには見当たりませんが、犯行予告で起訴されるときの罪名は「業務妨害」または「威力業務妨害」…。「業務妨害」または「威力業務妨害」アンド401号法廷で検索できるのは、このコメント欄がある記事の、10時からの「業務妨害」…。
 その事件については、追起訴で続行になってますんで、とくに情報はないですね。

初めまして、ダイナマ板から来ましたノクターンでしゅ^^
同じダイナマで犯行予告して捕まったパピヨンこと東京地裁401号法廷被告人について何か他の情報ありませんか?

この記事へのコメントは終了しました。

« 辻褄あってる選挙買収金 | トップページ | 被告人席の清水健太郎さん »