フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 罰金刑→猶予付き懲役刑→懲役実刑 | トップページ | 神の無謬を支える論法 »

2009年1月21日 (水)

老母の悲鳴

1月20日(火) そのthree

restaurant 早起きしてたのでもう腹が減って、今日は早めに地下でA定食460円。
 12時15分頃、7階の一般待合室へ。右脇に置いた鞄に肘をつき、目を閉じる。少し寒い。これじゃあ眠れない…。しばらくして「(法廷が)開きましたよ~」と誰か入ってきた。目を開けると、たくさん人がいた。壁の時計は13時05分。あぁ、私も行こうか。だが鞄を持てない。右手が動かない、物をつかめない…。

 入った法廷には被告人席がなかった。あれ? 被告人はどこに座るの? あれ? そこは民事の712号法廷だった…。

clip 13時15分から地裁713号法廷(福崎伸一郎裁判官)で「自動車運転過失致死」の判決。
 被告人は白髪で日焼け顔で体が大きく、いかにも現場仕事のオッサン風。
 禁錮1年6月、執行猶予3年、訴費負担。
 朝7時過ぎ、片側2車線の新宿内の道路(明治通り?)で、渋滞してる第2通行帯から空いてる第1通行帯へ、安全確認不十分なまま漫然車線変更したところ、左後方から通常の速度で進行してきた自動二輪車(運転者は52歳)の進路を妨害することになり、自二は急制動して転倒、ガードパイプに衝突し、外傷性肺気胸(?)で死亡したのだという。

交通事故判例解説   [本] 交通事故判例解説 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

clip 13時25分から地裁408号法廷(髙木順子裁判官)で、1月15日の第1回を傍聴できなかった、氏名の検索によれば某有名歌手(紅白にも出場)の楽曲に関係するらしい被告人の、「道路交通法違反」の判決。
 懲役4月
 無免許で執行猶予中に購入した普通自動二輪での無免許運転。
 だいぶお年寄りらしく、よろっとしてるが、カジュアルな服装はきんとして、薄めの髪をきちんとまとめて、ちょっとインテリ風の雰囲気だった。判決が終わり、証言台の前にしばし立ち尽くしていた…。

clip 13時35分から地裁414号法廷(森島聡裁判官)で、1月13日に第1回を傍聴した「業務妨害」(内容虚偽の110番通報により警察官13名を徒労の警戒業務につかせた)の判決。
 懲役1年4月、未決20日算入
 今日はジャンパーの色が違ってた…。

clip 14時から簡裁534号法廷(武内晃裁判官)で、12月16日に第1回を傍聴した「傷害」の第2回公判。
 被害者の証人尋問。犯行当日、妻の父親の通夜の会場(セレモニーホール)へ被告人が突然やってきて、証人を呼び出し、路上で…。

clip 途中で抜けて、15時から高裁410号法廷(出田孝一裁判長)で「危険運転致死」の控訴審第1回。
 千葉の国道51号線で、74歳の歩行者をはね、目撃者を装って110番通報、自動車運転過失致傷害で逮捕された、と報じられた事件かと思われる。自過傷からなぜ「危険運転致死」へ…。
 その報道では被告人は逮捕時56歳なのだが、法廷では、よたよたした年寄りに見えた。TIA(transient ischemic attack)と診断されているんだそうだ。
 刑務官に伴われ手錠・腰縄の被告人が入ってくると、傍聴席最前列、私の3つ隣の小柄なお婆ちゃんが「あーっ」と声を上げ、シワだらけのごつい手で顔を覆って突っ伏した。母親なのだった。母親はずっと、前に体を折り両手で顔を覆っていた。
 弁護人は示談ができる予定と言い、しかし検察官は示談はできていると言い、被告人は示談書を見ておらず、賠償金が任意保険から出たのか自賠責から出たのかも知らないのだという。
 次回判決。15時19分閉廷。

危険運転致死傷罪の総合的研究―重罪化立法の検証 Book 危険運転致死傷罪の総合的研究―重罪化立法の検証

販売元:日本評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 15時23分、簡裁534号法廷の「傷害」へ戻ると、証人尋問が終わって休廷の最中だった。
 15時30分、捜査段階の調書の任意性についてだけ(だったかな?)被告人質問スタート。これがまた…。
 16時15分閉廷。次回は罪体について被告人質問。

 簡裁728号法廷に「窃盗」の審理が14時20分~16時30分の期日で入っており、警察官の尋問だろうか、もしやまだ続いてるかしら、と非常階段を上ってみたが、少し前に終わったようだった…。
 さぁ、明日は休もう。原稿書かねば!

人気blogランキング ←1月21日16時10分現在、週間INが300でonenine位~happy02

 千葉刑務所に収監されてる無実の――というか殺人事件自体が存在しない――守大助さんへ、年賀状が294通届いたそうだ!
 守さんの刑は無期懲役。こういうケースを放っておいて、司法改革だのサイバンインコだの、笑止千万を通り越し…。

« 罰金刑→猶予付き懲役刑→懲役実刑 | トップページ | 神の無謬を支える論法 »

交通事故」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。