フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 老母の悲鳴 | トップページ | 秘匿決定された氏名・住所等が »

2009年1月21日 (水)

神の無謬を支える論法

スピード違反を疑われたドライバーの執念、時間とお金をかけて無実を証明−英国
 まったく身に覚えのないスピード違反の疑いをかけられた場合、あなたならどうする? 英国には1200ポンド(約16万円)を費やし、身の潔白を証明することに成功した男性がいる。英紙デーリー・ミラー(電子版)が伝えた。
 ブリストルに住むデール・ライルさん(21)は2007年12月13日、制限速度70マイル(約113キロメートル)の道路を時速98マイル(約158キロメートル)で走行したとして、裁判所への出頭命令を受けた。身に覚えがない上、当時運転していたホンダ・シビックでは時速98マイルは出せないと確信したライルさん。2008年6月の公判でその旨を訴えると、裁判所側はシビックの最高速度について証明するよう命じたという。
 その時既に車を手放していたライルさんは600ポンド(約8万円)でシビックを買い戻し、さらに600ポンドを支払ってサーキットでの速度試験を依頼。試験の結果、排気量1.3リットルのシビックでは4速で最高時速85.4マイル(約137キロメートル)、5速で同じく81.3マイル(約131キロメートル)しか出ないことが明らかになった。

 と1月20日付け「Web-Tab」、の一部。
 へぇ~!
 でも、日本じゃこれはムリだね。
「被告人の側で行った速度試験の信頼性にはこれこれ疑問があるうえ、仮に信頼できるとしても、試験までに相当の長期間が経過しており、その間に車両の性能が劣化していた可能性はあるというべきである。取締り当日、局地的、瞬間的に強い追い風が吹いていた可能性も否定できない。一方、取締りに用いられた測定機は、速度測定の専門家である、製造・販売会社の社員が『我が社の商品は絶対にプラス誤差を出しません、はい』と証言している。その証言内容が誤っていると認めるに足る特段の事情は存しない」
 と、有罪だろう。まーちがいないっ。
 おかしい? いや、おかしくないと思う。日本では、速度違反の測定機は“無謬神”であり、神の無謬を支える論法としては、まったく正しいと思う。

 だから、無謬神に勝とうと思ったら、その論法をこそ崩すべきであって、物理や科学の面から何を言ってもムダなのだという、まずはそこに立脚すべきと私は考えている。それを望んでる裁判官もいるんじゃないか…。

 イギリスはどうするんだろう。
 上級審でひっくり返すんだろうか。
 測定値の負けが確定した場合、
「あれは誤判だ。ゆえに測定の信頼性について検討も改善もしていない」
 と、同じ測定機を使い続けるんだろうか、日本の東京航空計器のオービスⅢのように。

 いや、ちょと待てよ。「Web-Tab」のその記事は、「身の潔白を証明することに成功した」というだけで、無罪になったとは報じてない。
 てぇことは、イギリスの裁判所も、上記論法で有罪にするかもしれないわけだ。いや、でも…。嗚呼、悩んでないで原稿を書けっsign03

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ←1月21日20時20分現在、週間INが300でonenine位~happy02

« 老母の悲鳴 | トップページ | 秘匿決定された氏名・住所等が »

報道にコメント」カテゴリの記事

コメント

 あ、もう1週間経過してしまいましたね。

 おっしゃる請求は、「不必要」の一言で退けられるでしょう。
 もしも理由を添えるなら、
「オービスの信頼性はすでに証明十分」
「社長は経営者であり、測定の専門家ではない」
 でしょう。
 万が一、製造・販売会社としてコメントを出すなら、
「誤作動はないと言い切るほど傲慢ではない。ゆえに自動点検の機能を組み込んでいるし、慎重な定期点検も行っている。それら点検では何らの異常も発見されていない。あとは裁判所の判断にゆだねる」
 でしょう。そして裁判所は、
「誤作動があったと認めるに足る特段の事情は存しない」
 でしょう、「無罪の立証責任は被告人側にあり」の大原則に基づけば。

 しかし、おっしゃることを請求した被告人・弁護人は、私が知る限り、まだ居ません。
 おっしゃる請求を、反応を予想して逃げ道をふさいだうえで、法廷で試してみる、事前に製造・販売会社にぶつけてみる、という考え方が大事でしょうね。
 ありがとうございます。

オービスの操作をどうしたとかこうしたとか奉職20年のベテランだとか免許携帯していたとかいう話は聴きたくないですね。

私が裁判官なら、メーカーの証人に「この機械は本当に誤作動は無いと言い切れるのか?もしそうならお宅の社長の印鑑証明付けてその証明書を次回期日までに裁判所宛提出してください。」と言いますけどね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 老母の悲鳴 | トップページ | 秘匿決定された氏名・住所等が »