フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 偽造免許証作成請負人から10万円で | トップページ | 裁判官こそ規範意識が鈍磨? »

2009年1月20日 (火)

葬式妨害が増えてる!?

ひつぎ突き落とした男、葬式妨害容疑で逮捕<1/19 18:16>
 知人の親族の葬儀で、ひつぎを祭壇から突き落としたとして、東京・世田谷区の会社役員・■■■■容疑者(42)が葬式妨害容疑で逮捕された。葬式妨害容疑での逮捕は非常に珍しいという。
 調べによると、■■容疑者は去年10月、東京・品川区の葬儀場で行われた会社関係者の親族の葬儀の最中に、ひつぎを祭壇から突き落とした疑いが持たれている。■■容疑者は、出棺直前に「線香をあげさせてくれ」などと大声で叫びながら葬儀場に乗り込み、祭壇に置かれていたひつぎを突き落とし、ひつぎの中の遺品や花などを散乱させたという。
 調べに対し、■■容疑者は「足元がふらついて、手をついたらひつぎが倒れた」と容疑を否認しているという。
 刑法188条によると、葬式妨害罪は「説教、礼拝または葬式を妨害した者は、1年以下の懲役もしくは禁固、または10万円以下の罰金に処する」となっている。

 と日テレNEWS。■部分はNEWSでは実名。
 拙著『裁判中毒』を読まれた方は、「あっ、アレか」となったろうか。
 コラムで、2006年に公判請求が0件だった(つまり通常は傍聴できない珍しい)罪名をいくつか挙げた、そのなかにコレがあり、刑法の条文も紹介してたんだね。
 ただし、刑法288条として! なーんでそんなことになるの!? あの本は、校正チェック専門の人がついてくれて、どの法律の何条かってのは全部チェックしてくれたのに。だいたい、刑法は264条までしかないんだから、288条なんて著者が書くなよ!

 188条はこうだ。

(礼拝所不敬及び説教等妨害)
第百八十八条  神祠、仏堂、墓所その他の礼拝所に対し、公然と不敬な行為をした者は、六月以下の懲役若しくは禁錮又は十万円以下の罰金に処する。
 説教、礼拝又は葬式を妨害した者は、一年以下の懲役若しくは禁錮又は十万円以下の罰金に処する。

 2006年の公判請求は1項、2項ともに0件、略式命令請求もともに0件、不起訴は1項のみ1件。
 同書の発行後に出た2007年のデータによれば、公判請求はともに0件、略式命令請求は1項が2件、不起訴は1項が2件、2項が3件となっている。
 既済の合計が、1件から7件へ増えてる。
 たまたまなのか、増える理由があるのか。
 そんななかで、今回報道された事件は起こったわけだね。
 もしかしてこれ、被疑者が略式に応じないという形で、東京簡裁の法廷へ出てくるかもしれない。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ←1月20日7時30分現在、週間INが300でtwozero位~happy02

« 偽造免許証作成請負人から10万円で | トップページ | 裁判官こそ規範意識が鈍磨? »

報道にコメント」カテゴリの記事