フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 泥酔者がいて、泥酔者を狙う者がいて | トップページ | 無期懲役は軽すぎますか? »

2009年2月15日 (日)

和歌山毒カレー事件の重大局面

2月14日(土)

 なんだっけ交通事故の裁判を傍聴してたら、検察官から陳述を求められた。私はその事故の、被害者の家族らしいのだ。え~っ、突然、そんな…。私は傍聴席最後列で立って、述べ始めた。事故の原因は「ほんの不注意で」とされてるが、さっぱりわからない、納得できない。具体的にどんな不注意が、何を動機としてあったのか。運転者は、1秒も休まず注意し続けてるわけじゃない。ほんの不注意が、なぜこんな重大な結果に至るのか…。あれっ、これでは伝わらないんじゃないか。私は何を言ってるんだ、何を言いたいんだ…。

 で、目が覚めた。午前4時頃だったか。寝たのは午前1時頃だったか。
 さすが“裁判中毒”、こんな“幻覚”で目が覚めること、よくあるなぁ(笑)。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

P1030057_3  それで起きてしまい、溜めてた事務処理を。
 少しは寝ようと思ったが、処理すべきものが次から次へとあり、寝るヒマがなくなり、電車内で少しは眠れるかと思いきや、神経が冴えて眠れず、13時30分から港勤労福祉会館で「和歌山カレー事件を考える人々の集い開催~本当に犯人は林眞須美さんなのか?~」。
 10分ほど遅れて行くと、やはりすでに満席だった。テレビの大きなカメラも5台きていた。東京では初めての集会らしい。

 ま、立ち見は覚悟。カロリーが消費できていいじゃないか。
 …ところが、話し手たちが座ってしまうと、後ろの壁際からではお顔が見えず(画像は手でデジカメを差し上げて撮影)、かつ皆さんマイクを口元から離してしゃべるもんだから、よく聴き取れず、しかも暑くて…。
 あ、こりゃダメだ。15時頃、さっさと退出してしまった。この判断、この行動、ムリした疲れはこういう形で出るんだな~、と遠く思いつつ。

冤罪File (ファイル) 2009年 03月号 [雑誌] Book 冤罪File (ファイル) 2009年 03月号 [雑誌]

販売元:キューブリック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 和歌山カレー事件、なんぼなんでもアレが冤罪ってことはないだろ(笑)、と思ってる方は、『冤罪File』3月号の<<最高裁、判決迫る 「創」篠田編集長 特別寄稿 和歌山毒カレー事件の重大局面>>をどうぞ。「なんぼなんでも…」という強固な印象は、怒濤のマスコミ報道によりつくられたものであり、事実は…そして裁判所は…ということがよくわかるはず。
 しっかし、厳密にはライバル誌じゃないにしてもさ、『』と体裁的にはほとんど同じといえる雑誌『冤罪File』に、『』の編集長が19ページも、それも非常に濃い原稿を書くなんて、相当に異例だよねぇ。

創 (つくる) 2009年 03月号 [雑誌] Book 創 (つくる) 2009年 03月号 [雑誌]

販売元:創出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 林健治さんのインタビューはdownこの本にも載ってるよ~。
 2月20日(金)13時15分から東京高裁・第5刑事部で審理がある「強要」(法廷は102号。傍聴券締切は12時)というのは、この本に出てくる「JR浦和電車区事件」だよ~。

三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録 Book 三浦和義 敗れざる者たち―「うしろ指さされ組」の記録

著者:三浦 和義,河村 シゲル
販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ←2月15日16時10分現在、週間INが410でonesix位~happy02

 2月18日<<スペシャリストが解く警察犯罪の構造問題とは何か>>
 3月8日<<リーブラで出会う アイヌ>>

« 泥酔者がいて、泥酔者を狙う者がいて | トップページ | 無期懲役は軽すぎますか? »

日記」カテゴリの記事