フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« エレベータの改修工事で | トップページ | 和歌山毒カレー事件の重大局面 »

2009年2月14日 (土)

泥酔者がいて、泥酔者を狙う者がいて

2月13日(金) そのtwo

clip 非常階段を1フロア降りて、14時15分から簡裁728号法廷(田中芳和裁判官)で「遺失物横領」の新件。

 派遣会社の従業員だったが、仕事がなくてホームレスとなり、昨年12月、新宿でぶらぶら夜明かししていたところ、忘年会帰りでひどく酔っぱらった男性(51歳。大学職員)が紙袋を持ってよろよろ歩いているのを見つけ、紙袋を落としたらネコババしよう、金目のものが入っていたら売ろう、食べ物は入ってるかな、と見ていたら、案の定落っことし、ふらふら歩いて行ったので、紙袋を拾ったが、じつはその様子を、仮睡盗警戒の警察官3人がずっと見ており、現行犯逮捕…というふうな事件。

 大学職員は、中華店で忘年会をやり、最後に飲んだのは新宿・思い出横町だったらしい。おお~、思い出横町! ここ1カ月くらい行ってないな~。
 そうか、忘年会シーズンの、駅に近い飲み屋街には、泥酔者がいて、泥酔者を狙う者がいて、それをまた狙う警察官がいて…。

 終始、目をしばしばさせ、よくしゃべる被告人だった。斜め後ろからは、ちょっとニヤけてるようにも見えたが…。

 ちなみに、紙袋の中には切手196枚、1万3320円相当と、ハガキ152点、その他大学の会報や名簿等が入ってたんだそうだ。
 被害者の調書には、
「これらの書類が外部に出たら、大学の名を汚すところでした。二度とこのようなことをしないよう、厳重に(だったかな?)処罰してください」
 とあるんだという。ってオイ、二度とこのようなことをしちゃいけないってアンタが言うか…と、いちおう突っ込んでみましたけど、ダメですか。coldsweats01

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

冤罪File (ファイル) 2009年 03月号 [雑誌] Book 冤罪File (ファイル) 2009年 03月号 [雑誌]

販売元:キューブリック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ←2月14日11時10分現在、週間INが360でoneseven位~happy02

« エレベータの改修工事で | トップページ | 和歌山毒カレー事件の重大局面 »

刑事/窃盗」カテゴリの記事