フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ウソをついての「員役拒否」は | トップページ | もう死ぬしか許してもらえない »

2009年2月 9日 (月)

車離れで交通利権も変わる?

 2月6日付けの「東洋経済」の<<自動車教習所が窮地に! 「免許離れ」が深刻化>>、経済誌ならではの良い記事だね~。
 じつは、若者乃至社会の車離れ、を強くうかがわせるショッキングなデータが他にもある。それは次の(3月20日発売の)『ドライバー』の“大盛り特区”に書く予定。

P1030050  そういうのとはちょと違うけど、交通社会における、もひとつショッキングな数字がある。
 それは、「全国公益法人協会」→「情報公開サイト」→「」→「財団法人東京交通安全協会」と辿って開けるPDFファイルの、ずっと下のほうにある「公益事業会計 収支予算書」の中にある。

                              2008年度予算額 2007年度予算額
  指定車両移動料収入   0円     1億4310万8千円
  駐車場保管料収入    0円               1264万5千円
  証紙収入           0円     93億2705万1千円

 この3つ、2008年度はゼロだよゼロsign03
 上の2つは、駐禁レッカーの“安協移動”をヤメたからだ。すなわち、警察とレッカー業者との間に安協が入って、集金等の事務をやって手数料を抜くということを、ヤメたからだ。

 「証紙収入」ってのが何なんだか、今んとこ私はよくわからない。
 PDFファイルの次のページの「事業費支出」に、2007年度の「証紙購入費支出」が93億2123万1千円とある。
 でかいのは、運転免許の交付・更新の手数料のはず。その証紙を、安協が仕入れて安協が売って、「証紙売捌収入」が2007年度は1億9574万6千円、2008年度は1億8740万3千円…。証紙の仕入れや販売を安協がやる必要はない(つか、やること自体おかしい)わけで、都が全部用意し、安協は売り捌きの手数料だけ取る形にした、ってことかな…うーん、それは都またはj警視庁に聞いてみないとね。

 ちょっと目を引くのが、「基本財産利息収入」。
   2007年度 5603万4千円
   2008年度 5272万円
 もしかして、利息がそれだけ入るってこと?
 利息で5千何百万って、もとの「基本財産」はどんだけぇ~っsign02
 財団法人ならぬ財産法人、なんつって。
 財団法人日本漢字能力検定協会最近騒がれてるけど…。

 とにかくね、車離れが進むなか、“安協移動”もヤメになって、安協はどうなるのか。そのうちイッパツ大逆転が予定されてるのか、むむーん。って、よけいなお世話ですか?crying

改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識 Book 改訂新版 なんでこれが交通違反なの!?―警察では教えない126の基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫) Book 交通違反でつかまっても困らない本 (ワニ文庫)

著者:今井 亮一
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ←2月9日1時00分現在、週間INが310でtwozero位~happy02

« ウソをついての「員役拒否」は | トップページ | もう死ぬしか許してもらえない »

駐車違反/レッカー移動」カテゴリの記事