フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 車離れで交通利権も変わる? | トップページ | 青いブラジャーの露出魔 »

2009年2月10日 (火)

もう死ぬしか許してもらえない

2月9日(月) そのone

 刑事裁判で、有罪判決のあと、民事の損害賠償の裁判も続けてやっちゃう、という手続きの裁判(罪名は「傷害」)が東京地裁で初めてあり、傍聴券抽選(10時締切)だというので、9時45分頃、交付所へ。
 一般傍聴席は36席。私の整理券は20番。後から後から人が来て、締切時点で53人。これくらいだと、普通なら外れる気はしないのだが、この日はなぜか、全体が遠く感じるというか、あ、こりゃダメかも、と思ったらダメだった、外れた。
 傍聴したい裁判を傍聴できなくなるって、嫌な気分だね~。とくに私の場合、傍聴したいのはたいてい傍聴席がスカスカで、「傍聴できない」という経験をあまりしてないから。

 阿曽山さんは当たった。あとで様子を聞いてみた。驚きの展開だったようだ。

clip 地裁404号法廷(建石直子裁判官)で10時からの「道路交通法違反等」を、10時14分頃から傍聴。
 「等」の部分は「公務執行妨害」だった。派遣の勤務先へ電車で行くのは難しく、原付より自動二輪のほうが通勤時間を15~20分短縮できるので、自二の免許がないのに購入した自二を運転して通勤し、ある日、指定通行区分違反で捕まり、間に合わなくなるので苛立ち、警察官の腹を2度、前蹴りするなどしたんだという。
 25歳。身柄、拘置所。なーんか気力のない目を、顔を動かさずに投げ、若干微笑むような表情で、あらぬ方向を見ている…とでもいうか。
 求刑は懲役1年。『裁判中毒』にもあるように、これは公妨だけの相場だ。無免許は事実上なくなった、というか公妨に吸収されてしまった…のかな。
 10時31分閉廷。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

clip 少しは運動せねばと非常階段を7階へ。ひんやりして汗をかかず、良いね。
 高裁720号法廷(田中康郎裁判長)で10時30分からの「自動車運転過失傷害」を、10時37分頃から傍聴。
 なぜか、ちょうど人定質問が終わるところ。
 被告人は学生? 被害者は大学の先生(教授)? 被告人の母親を尋問。被告人は大学へ通えなくなり、「自分なんか居なくてもいいよね」と言い出すようになり、心配になり精神科のお医者さんへ…謝罪に応じてもらえず、「もう死ぬしか許してもらえないな」と…。
 私は途中で出て…。

人気blogランキング ←2月10日8時00分現在、週間INが330でonenine位~happy02

« 車離れで交通利権も変わる? | トップページ | 青いブラジャーの露出魔 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事