フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« Nシステムは何を誤ったのか | トップページ | 男より男っぽい女被告人 »

2009年2月22日 (日)

スクープ! 高層エレベータ8階通過

 2月21日(土)、国賠ネットの、第20回の交流集会
 国賠(こくばい)とは、国家賠償法に基づく損害賠償請求の裁判、の略。

第一条  国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。
○2  前項の場合において、公務員に故意又は重大な過失があつたときは、国又は公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。

 全国のいろんな裁判の報告があった。
 護衛艦たちかぜ 自衛官いじめ自殺事件」の国賠のお母さんからの報告もあった。このサイトに、ご両親の意見陳述書が載ってる。
 兵士を守れず、ずるく逃げ回る軍隊に、国が国民が守れるのか…。

 次回第19回の期日は5月27日(水)13時30分~、第20回は7月8日(水)10時~、第21回は9月9日(水)13時30分~、いずれも横浜地裁503号法廷だそうだ。毎回、閉廷後に報告集会がもたれてるという。
 そういう報告集会のこと、拙著『裁判中毒』の15ページに書いた。「民事は傍聴してもつまんない」という方、いっぺん行ってみては?

 さて、東京・霞が関の裁判所を根城とする(ってすごいねcoldsweats01)傍聴マニア諸君、驚愕のスクープ情報だよんsign03

 先日、最高裁から「東京高等裁判所合同庁舎殿納 昇降機設備運行状況調査報告書」なるものをいただいた。2005年10月付けで、報告者は株式会社煮立ちもとえ日立製作所と株式会社日立ビルシステム、宛先は最高裁。
 最初のページに「エレベーター運行効率改善策のご提案」とある。
 「交通需要の増加に伴い、現在の運行サービスは必ずしも良好とは言えない状況」となってきているので、「今後とも安全で快適にエレベーターをご利用いただくために、運行効率向上を目的とした改善策について検討」したのだという。

 霞が関の裁判所ビルには、当時8階まで(現在は9階まで)の低層エレベータと、当時も現在も2~7階を飛ばす高層エレベータとあるところ、低層は「平均待ち時間及び60秒以上長待ち確率」は標準の範囲内といえるが、高層は「悪い」状況といえるんだそうだ。
 また、車椅子の利用者が押しやすい位置にボタンがあるエレベータについては、「車椅子呼びの登録」が南側で約14%、北側で約12%あり、これは一般ビルの平均が2~3%なのに比べて高く、その理由は健常者が「一般呼び」と「車椅子呼び」の両方を「登録」するためで、「結果的にさらにサービスを低下させる要因」となってるんだそうだ。

 で、その「改善策」の中に、こんなのがあった。
 高層エレベータについて、「8階へのサービスを停止し」、「8階へのサービスは低層のエレベーターにて行う」。
 低層エレベータについて、「停止階を9階まで増設し」、「リニューアル実施後の停止階は、B2,B1,1~9階とする」。

 現在、その低層エレベータのリニューアルは終わってる。
 そしてこれから、高層エレベータは8階に停まらなくなるんだねsign03
 8階の法廷へ行くとき、高層エレベータに乗ればイッパツで行けたのが、行けなくなるのだ。
 低層エレベータはおっそろしく遅い(ために待ち人が溜まり、たちまち満員となって乗れないこともある)ので、4階の法廷へ行くとき、まずはイッパツで8階へ行き、非常階段を駆け降りてる人も少なくないと思うが、今後は9階から駆け降りることになるのだ。

 「工事請負契約書」(工事名は「東京高地簡裁庁舎改修昇降機設備工事」。請負代金額は5億400万円)によれば、「工事着工の時期」は2007年8月1日、「工事完成の時期」は2009年3月31日。
 だからたぶん今年4月1日には、高層エレベータはイッパツで9階まで行っちゃうことになる。どぉだぃ、すんごいスクープでしょぉsign03
 え? それがどうした? うっそ、なんで…もっとビックリしてよぅ。crying

 てゆっか、「60秒以上長待ち確率」という言葉があるところからして、エレベータの業界では60秒が待ち時間のひとつの目安乃至境界かと思われるんだけど、リニューアル後の低層エレベータは、60秒未満で乗れたらかなりラッキー。2分、3分、4分、5分待ちも珍しくないんじゃない?
 待ち時間を増やしても得なければならない、何か特別なものがあり、だから工事をやったんだろう…と思ってたが、「運行効率」の「改善」「向上」のための工事だったとは。そこはビックリしてくれるでしょ? でしょでしょ?
 でもまぁ、現在は未完成といえる。完成後にどうなるのか、だよね。

人気blogランキング ←2月22日21時00分現在、週間INが380でoneseven位~happy02

2012年9月17日追記: その後ずっと、高層エレベータは8階にも止まる設定になってる。「60秒未満で乗れたらかなりラッキー」という状態もずっと続いてる。

2017年5月13日追記: 「60秒未満で乗れたらかなりラッキー」、確かにそのとおり。時間帯によっては5分待ちってこともある! あの庁舎へ長年通ってる者からすると、開閉ボタンに対するドアの反応等々、できるだけ遅くゆっくり、の仕様になったのかなと。運用効率の改善、向上のために504億円をかけて大工事をやり、かえって遅くした。裁判所らしいなぁ、と感じる。

« Nシステムは何を誤ったのか | トップページ | 男より男っぽい女被告人 »

民事の裁判」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。