フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 色情系は大人気! | トップページ | ビックリガード やっぱり寒いと 被告人 »

2009年3月14日 (土)

ネットの犯行予告をダイレクトに処罰できるとき

3月12日(木) そのtwo

clip 10時から東京高裁720号法廷(安廣文夫裁判長)で「業務妨害」の新件。
 広い法廷に、傍聴人は私を含め2人のみ。
 529号の強わいとストーカーをこそ、こっちの法廷で、そして控訴審を20席の法廷でやればいいの…とはシカシいかないだろう。なぜなら、地裁より小さな法廷でやったのでは、控訴審の重み、威信が損なわれるから。最高裁だって、あの度肝を抜くような豪華・荘厳な法廷がなければ…ねぇ。

 これは報道された事件。例によって2chでの犯行予告。
 被告人は不出頭。
裁判長 「被告人は、この日程のことはわかってるわけですよね? だけど出頭しない、と」
弁護人 「はい」

 控訴の趣意は、業務を妨害するつもりはなかった、妨害することになるとは思わなかった、ほんとは警戒業務をしてないだろ…とかいったものでなく、法令適用の誤り。
 すなわち、警察の職務は強制力を伴う権力行使であって、刑法233条がいう「業務」に該当しない、被告人の犯行予告は軽犯罪法のイタズラにとどまる、というもの。

第二百三十三条  虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

第二百三十四条  威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。

 それに対する高裁の判断は、233条がいう業務に当たらないとされるのは、強制力によって排除し得るからであり、直ちに虚偽であると看破できない限り、徒労の出勤・警戒を余儀なくされるので、本来の警察業務の遂行が困難になり、業務妨害は成立する、というふうなことだったかな。
 控訴棄却。原判決は不明だが、まぁ、特別な要素がなければ、懲役1年6月、執行猶予3年か4年ってところだろうか。

 飲酒運転についていえば、酒を飲ませたり車を貸したり、要求・依頼して同乗したりする行為は、教唆、幇助で処罰することもできるんだけども、2007年9月19日から、道路交通法でダイレクトに処罰できるようにした。
 それと同様、ネットの犯行予告をずばりダイレクトに処罰するための規定が、そのうちつくられるんじゃないか。
 なかなかつくられないのは、もっとトンでもない犯行予告があって大きな社会問題となり、「やっつけろ!」の大合唱にのって「表現の自由」(※)にも、さくっとこそっと網を掛けるための、まだ準備が終わってないから…というのは歪んだ深読みかしら(笑)。
※ 「無差別殺人する」とか「爆破する」とかいうのは、日本国憲法が保障する「表現の自由」でも「言論」でもないからネ。

第二十一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
○2  検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

人気blogランキング ←3月14日17時40分現在、週間INが440でoneone位~happy02

      flair 4月21日(火)日比谷全国集会と銀座デモ flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫)

著者:高山 俊吉
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 色情系は大人気! | トップページ | ビックリガード やっぱり寒いと 被告人 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

 ななっ、なんでも言うこと聞くから、ももっ、毛根だけはヤメろ~っsign03

sun今井さんeyeglassshine頭の中とhairsalon毛根とfoot足の親指に
bomb時限annoy爆弾impactを仕掛けた
…とshadow政府高官chairngオフレコbanで言ってましたsign03

この記事へのコメントは終了しました。

« 色情系は大人気! | トップページ | ビックリガード やっぱり寒いと 被告人 »