フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ラーメン屋台の違法性とは | トップページ | 痴漢の言いがかりをつけようと建造物不退去 »

2009年3月27日 (金)

怒りの数珠が法廷を飛んだ

3月26日(木) そのsix

restaurant 地下の藪伊豆で、かけそば大盛り290円。血圧高いし、痩せろって言われてるし、カネもないし。ってじゃあ大盛りにすんな!

boutique 13時ちょい前だったか、エレベータホールで、交通事故ジャーナリストの第一人者、柳原三佳さんにばったり。東京高裁の民事部で「下川事件」(被告は熊本県)の控訴審判決があるんだという。
 13時からよ、と言うので、あぁそれなら私もと、いっしょに511号法廷へ。

 法廷の外の開廷表を見たら、13時15分から。あれぇ、柳原さ~ん。13時というのは集合時刻だったようだ。
 私は13時30分から簡裁のほうで、ずっと傍聴してきた「傷害」の否認の判決があり、じつはその被告人はネット界でそれなりに有名らしいところ、今日の期日がネットに流れてるぞぃ、との情報があり、簡裁が通常使う法廷は傍聴席20席、万が一にも判決を傍聴できなかったら困るよぅ、だから「下川事件」のほうは傍聴できない、ごめんなさぃ~と、下川さんと名刺交換などして、その場を去った…。

 翌日、柳原さんから電話があり、高裁民事511号法廷でとんでもない“事件”が起こったと聞いた。概要は柳原さんのブログにアップされてる。
 高裁の広い法廷で、原告席から投げた数珠が、裁判長の額に命中するなんてアリ? 亡くなった息子さんの霊魂が数珠に…? 私にはそう思えた。

 数珠をぶつけたら、暴行罪は成立するはず。公務執行妨害にも当たるかも。
 しかし裁判長は、下川さんの身柄を拘束することはしなかったという。事を荒立てる、ようなことはしなかったという(現時点では)。
 法廷で数珠を投げて裁判長にぶつけた! となれば大きく報道されるはず。「下川事件」が全国に一斉に知られることになるはず。そんな事態を避けた、とまでは直ちに言えないけれども…。

死因究明―葬られた真実 Book 死因究明―葬られた真実

著者:柳原 三佳
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 「怒りの数珠が法廷を飛んだ」って、「燃えよ!カンフー」のタイトルみたい?

 間もなくそんな“事件”が起こるとは夢にも思わず、私は簡裁へ…。

人気blogランキング ←3月27日17時40分現在、週間INが370でonefive位~happy02

« ラーメン屋台の違法性とは | トップページ | 痴漢の言いがかりをつけようと建造物不退去 »

民事の裁判」カテゴリの記事