フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ストーカー 一審判決から控訴審第1回まで4カ月 | トップページ | 色情系は大人気! »

2009年3月14日 (土)

被告人には反省・悔悟を迫るのに

3月11日(水) そのfour

clip 13時30分から826号法廷で始まってる「業務上過失致死」の第2回公判へ、14時05分頃に。
 第1回は2月13日。エレベータ補修工事中における“人の死亡”を、どうせ略式で済むからと、警察が事件に仕立てちゃったのかな、と思える事件だ。

 今日は被告人質問。
 被告人だけが認識・記憶しているたくさんのことを、質問者はほとんど知らず、知らないまま自分の仕事上必要なことを断片的に問い、言わせる…それが法廷における供述であり、一方、捜査段階における供述とは、警察が勝手に立てたストーリーを警察が書き、被疑者がどんなに抵抗しようが署名・押印させてしまうものである…。
 『裁判中毒』で書いた認識が、深まるばかりだった。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 それが冤罪を生み出す1つの原因であると、裁判所は公的には一度も反省・悔悟していない。いつも被告人に、犯行に至った原因を分析させ、反省・悔悟を迫る裁判所こそ(検察も)、原因分析、反省・悔悟とは無縁の組織である、それはいかにも人間らしく…。

 途中、ぽつりぽつりと傍聴人が来て、合計5人になった。
 16時02分閉廷。
 次回は第一発見者の証人尋問。

人気blogランキング ←3月14日17時40分現在、週間INが440でoneone位~happy02

 この本downは、アマゾンのランキングで最高62位までいったそうだ。すごっsign03

歌舞伎町のこころちゃん 歌舞伎町のこころちゃん

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 印税の何%か、現在は施設にいる「こころちゃん」に入るんだそうだ。

« ストーカー 一審判決から控訴審第1回まで4カ月 | トップページ | 色情系は大人気! »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事