フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 高裁でオービス否認に遭遇 | トップページ | 被告人には反省・悔悟を迫るのに »

2009年3月14日 (土)

ストーカー 一審判決から控訴審第1回まで4カ月

3月11日(水) そのthree

clip 13時30分から高裁622号法廷(若原正樹裁判長)で「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反、窃盗、名誉毀損、住居侵入」の控訴審第1回。
 報道された事件だ。

 13時27分、関係者らしき人も含めて傍聴人は5人。
 13時30分てのは地裁の新件が一斉に始まる時刻だから、だろうか。

 原審は東京地裁。第1回が2008年10月14日、第2回は同年11月11日、判決は同年11月27日。で、翌年3月11日が控訴審第1回になるわけだ。

 事実誤認と量刑不当の主張。
 弁護人請求の書証は11点。被害弁償のため合計320万円を供託。
 20分ほど被告人質問。
裁判長 「今日のあなたの反省の言葉を聞いてると、逆にどうしてこんな事件を起こしてしまったのか、ふり返るとどうなの」

 14時02分閉廷。急ぎ826号法廷へ…。

人気blogランキング ←3月14日14時40分現在、ぎょっ、oneone位~happy02

 13日夜、某週刊誌記者氏と酒を飲んでて気づいた。当ブログのアフィリエイト、私は自分が読みたい本、お勧めの本を貼ってるけど、それらはだいたい、マニアックで普通の人は買わないような本が多い。
 それじゃダメなわけだ。自分では興味がなくても、アマゾンのトップ100とか見て売れ筋のアフィリエイトを貼らねば。たとえばこんな…。

とてつもない日本 (新潮新書) Book とてつもない日本 (新潮新書)

著者:麻生 太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スラムダンク『あれから10日後-』完全版 Book スラムダンク『あれから10日後-』完全版

著者:井上 雄彦
販売元:フラワー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ネットで5億稼ぐ! バカ売れサイト7つの法則−超衝撃SEO対策で検索エンジン市場を支配せよ! Book ネットで5億稼ぐ! バカ売れサイト7つの法則−超衝撃SEO対策で検索エンジン市場を支配せよ!

著者:高島吉成
販売元:ぱる出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 高裁でオービス否認に遭遇 | トップページ | 被告人には反省・悔悟を迫るのに »

刑事/色情犯」カテゴリの記事

コメント

>《三審制》だと、思うな!

 おっしゃるとおりと思いますsign01
 刑事については、「裁判さえあると思うな。警察・検察の段階で全力を尽くせ!」と言える場合もあるかと。

 離婚系の本人尋問ですか、私もちらっと傍聴したことありますが、いやはや…。

 そうですか、田中康郎裁判長、私は2006年4月から今年にかけて、19件傍聴させてもらってますが、移動になるんですか~。
 上告の場合は未決算入がつかないとか、被告人に説明してたのが思い浮かびますね~。

東京高等裁判所って、民事も刑事も、シビアなんですね。学校では先生は「もし将来、君達が、裁判の当事者となったら、《三審制》だと、思うな!一審段階でベストを尽くせ!」と、生徒に、法教育すべきです。ただ、東京高裁民事部では、「何故、この事件で、もう一回、当時者・証人尋問するの?」みたいな、わりと小さな訴訟もあります。先日、東京高裁・山崎恒裁判長(=元最高裁家庭局長)で、離婚系訴訟の「当時者尋問」が、行われてました。元?夫と妻の、言い分は、ことごとく違い、厳しく対立しあってました。尋問後、山崎裁判長が、和解勧告し、右隣の、森邦明裁判官が、「受命裁判官(=和解協議の場で、司会者となり、双方を、説得して、仕切る役)」となり、次回は非公開の和解協議の予定です。(★しかし、身も心も、愛しあって結ばれた筈の、二人が、なんで、あそこまで傷つけ合うの?私自身は、モテないタイプに生まれ、良かったな!)さて、最後に、なりますが、今年も「東京高裁に、人事の季節」が、やってきました。高裁刑事部では、田中康郎裁判長が、札幌高裁長官に栄転されます。(⇒佐藤博史弁護士等の尽力で、まさかの実施をみた「足利事件再審DNA再鑑定」の、行方どうなる??)。また、高裁民事部では、静岡地裁から、園尾隆司裁判官を、部総括判事として、お迎えします(⇒凄く、話が面白い裁判官。是非とも傍聴に行きたい。「落伍者」の、私に落語を披露するかな??)。

この記事へのコメントは終了しました。

« 高裁でオービス否認に遭遇 | トップページ | 被告人には反省・悔悟を迫るのに »