フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 生活保護の高齢者の罰金35万円 | トップページ | 恐るべし色情系 »

2009年3月15日 (日)

真っ当な生活者の人生を狂わせ破壊する交通事故

3月12日(木) そのfive

clip 11時38分、「自動車運転過失致死」の高裁805号法廷へ戻ると、弁護人、被告人の両親、遺族(たぶん被害者の妻と次女)が続々とやってきた。
 被告人は、ちょい小柄な若者で、3つボタンの黒いスーツ。今時風の立った頭髪。坊主にすればいいのに…。その髪型でなければならない職業というならべつだが。てゆっか、今時はあれが普通で、ちゃらちゃらした髪型と見えてしまう私がオッサンなだけか…。

 しーんとした中、みんなで裁判官らの登壇を待つ。
 他に傍聴人はナシ。
 11時42分、裁判官らが登壇、判決。
 原判決(禁錮2年)破棄、禁錮1年4月。
 損害賠償のことなどから8月減じられたが、実刑である。前科・前歴なし。

 2008年4月、高速道路を120キロくらいで走行中、眠気を覚えたが、先を急いで漫然と運転を続け、自車より低速度の被害者車両を、前方1.4mに至って認め、後部に衝突、被害者(56歳)を脳挫傷で死亡させたのだそうだ。
 事故の態様を裁判長が述べ始めるや、被害者の次女が声を上げて泣きだした。可憐なお嬢さん、だった。

自分が動かしてるのはどんな大きなものなのかということ、奪ってしまうのは命なんだということを、よくわかってないんだと思います
 結局、これに尽きるんだろうと思う。
 被告人の両親も、遺族も、犯罪とは無縁そうな、真っ当そうな人たちだった。交通事故は、真っ当な生活者の人生を狂わせ、破壊するのだ。
 11時47分閉廷。

人気blogランキング ←3月15日2時40分現在、週間INが420でonezero位~happy02

      flair 4月21日(火)日比谷全国集会と銀座デモ flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫)

著者:高山 俊吉
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 生活保護の高齢者の罰金35万円 | トップページ | 恐るべし色情系 »

交通事故」カテゴリの記事