フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 嵐のなかの熱い集会&デモ | トップページ | 被告人はずっと震えていた »

2009年4月23日 (木)

不特定多数の者が容易に覚知し得る状態で

 朝食時、ちらっとテレビをつけたら、ワイドショーの画面上に臨時ニュースの白い文字が出て、SMAPの草彅剛くさなぎつよし)さんが「公然わいせつ」で逮捕と…。
 ありゃりゃ、そんなのが公判になったら傍聴券の抽選に1000人は並ぶだろうな、困ったなぁ、いやいや、心配無用、略式による罰金(10万円かな?)で終わるに違いない、ほっ…。

第百七十四条  公然とわいせつな行為をした者は、六月以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

 なーんて思ったわけだが、裁判所から戻ると、ニュースサイトはヘンタイな、もとえタイヘンなことになってた。
 <<鳩山総務相、草なぎ逮捕に「最低の人間だ」>>なーんて報道もあるが、ナニ偉そうに言ってやがる、こっちにとっちゃ、アナログ放送停止&地デジ推進自体が「最低」だょ。

P1030140  ちなみに、もしも本件が、現認した警察官以外に草彅さんの陰茎を見てなくても、「公然わいせつ」は成立する。
「×年×月×日×時×分頃、××付近路上(や公園等)において、不特定多数の者が容易に覚知し得る状態で自己の陰茎(等)を露出し、もって公然とわいせつな行為をした」
 これで十分なのだ。
 けど、一般人が全く見てないとか違法性が低いなら、不起訴(起訴猶予)もあるかも。

 「公然わいせつ」に興味を持った方は、『この裁判がすごい』(裏モノJAPAN 5月号別冊 鉄人ノンフィクション)の、私の執筆ページ「交通ジャーナリストの今井です。最近は、もっぱら“公然わいせつ”にハマってます。」をお読みください。
 小見出しは、こうだ。

パターン1 ハプニングバーで
  チョコボール向井のセックス講座
  真面目な市役所職員が退職後に
パターン2 被告人はホームレス
  陰茎を出したくなったら心療内科へ行きます
  「ち○ぽ」「ち○ぽ」「ち○ぽ」
  暑かったから脱げたみたいです
  全裸で付近を徘徊
  陰茎をしまって座ってた
  下着を見上げて手淫
パターン4 電車の中で
  完璧な更生計画
  前科15犯の露出魔
  “模擬の陰茎”で立証
  女性の頭に陰茎を押しつけた
パターン5 所かまわず
  池袋のデパートで
  追いかけて自慰
  無視されるのがいちばん寂しい
  精液をかけて「器物損壊」
  母親も被害者
  ストリップ劇場で陰部を露出

 6ページの記事の、最後を私はこう締めた。

 (※公然わいせつの)  もう1つの特徴は、血生臭い暴力のシーンがないってことだ。いきなり他人の陰茎を見せられる女性からすればとんでもないだろうが、やはり、相手を死傷させる事件に比べれば〝平和〟といえる。多くの公然わいせつは、しみじみと人生の悲哀を感じさせてくれる。私は言いたい。
「人を殺傷したらダメだよ。年寄りのなけなしのカネを騙し取るのもダメ。犯罪をやるにしても、せいぜい公園か電車でチンコを出すくらいにとどめとけよ」
 かくして私は、これからも公然わいせつを傍聴し続けていくだろう。いつか己自身がホームレスとなり、粗末な陰茎を露出するその日まで。ってオイッ!

 そう書いた私だから、草彅さんの事件は、なんとも感慨深い…。
 ま、こんなこともあるわさ、思い詰めて自殺、なんてダメだょ。

裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21) Book 裁判中毒―傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)

著者:今井 亮一
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気blogランキング ←4月23日18時20分現在、週間INが370でonefive位~happy02

※追記: 草彅(草なぎ)さんの呼気中アルコールは0.8ミリグラムと報じられてるけど、あの検査値はあんまり正確じゃないんで、縛られないようにネ。
 というのも、道路交通法では、ごくわずかでも酒気を帯びて運転することは禁止されており、あの検査は、酒気を帯びているかどうかわかればいい、という程度の検査なのだ。呼気1リットル中に、ゼロコンマ何ミリグラムのアルコールが含まれているか、いちおう表示するけど、もともとこうした検査には誤差がつきもの、絶対正確なもんじゃない。
 ところが現実には、その検査結果が直ちに、酒気帯び運転の証拠とされる。いったん基準値(0.15)を超えれば、警察官は再検査を(たぶん全国的に)しない。
 当然、ほんとは超えてないのに重い罰金(または懲役刑)、重い行政処分、職場での懲戒処分を受けることになってしまう人もいれば、ほんとは超えてるのに見逃され、「これくらいなら大丈夫」と同じ酒気帯び運転を重ねて事故る人もいるだろう。
 そのこと、誰も気にせず、厳罰化ばかりが進められていく、狂ってるとしか思えない。

        flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫)

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判長!話が違うじゃないですか-国民に知らされない裁判員制度の「不都合な真実」 (小学館101新書) Book 裁判長!話が違うじゃないですか-国民に知らされない裁判員制度の「不都合な真実」 (小学館101新書)

著者:池内 ひろ美,大久保 太郎
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 嵐のなかの熱い集会&デモ | トップページ | 被告人はずっと震えていた »

報道にコメント」カテゴリの記事

コメント

 あっ、陰山さん! こんなところでお会いするとは。
 日テレの「報道特捜プロジェクト」、最近はぜんぜん見てなかった(新聞のテレビ欄すらあんまり見てない)んですが、そうですか、54歳といえば私と同じじゃないですか。残念でなりません。
 ご冥福をお祈り申し上げます。

こんばんは、ご無沙汰してます蔭山(カメラマン)です。
10年くらい前、五反田での駐禁でお世話になりました。
その「日テレ」の荻原弘子さん、亡くなられたんですね。
まだ54歳、残念ですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 嵐のなかの熱い集会&デモ | トップページ | 被告人はずっと震えていた »