フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 勾留理由開示の手続きは何のために | トップページ | 不特定多数の者が容易に覚知し得る状態で »

2009年4月23日 (木)

嵐のなかの熱い集会&デモ

P1030152 4月21日(火) そのtwo

 天気予報は、かなりの雨が降り風も強い、とのことだった。うわぁ。
 16時30分頃、空には雲の濃淡が見え、なんとかもつのか? と思えた。
 しかし17時頃から降り始め、天気予報どおりになってしまった。
 18時00分開場、18時30分から、日比谷公園・野外音楽堂で<<裁判員制度実施をみんなで阻止しよう! 日比谷全国集会と銀座デモ>>がスタート。
※演台で話してるのは蛭子能収(えびす・よしかず)さん。

 初っ端が、私の開会宣言。ひぃ~! 2日かけて書いたものに、多少アドリブをまじえた宣言は、おおよそ以下の通り。

 本日は、あいにくのお天気となりましたが、、、じつは昨夜、最高裁が必死に雨乞いをしていたらしいです、5億円を投じた豪華な雨乞いに空も目がくらんだのか、、、しかぁしっ、雨にも負けず、いや、雨よ嵐よどんと来いsign01 という熱い思いの方々に、かくもたくさんお集まりいただき、感謝感激ですっsign01 ありがとうございますっsign01

 さてsign01 裁判員法スタートの予定日、、、あくまで最高裁、法務省がいう予定日ですよ、、、その予定日まで、いよいよあと1カ月に迫りましたsign01

 この間、私たちの「大運動」は、東京ほか日本中の各地で、多くの多くの集会、講演会を実施し、また参加、協力させていただいてきました。
 裁判員制度はいらないsign01 廃止せよsign01 その声は、高まるばかりであることを、私たちは熱く実感してきましたsign03
 なぜ、こうも賛同していただけるのか。
 それは、とりもなおさず、この制度自体がどこからどこまでデタラメだからですsign03

 そもそも、裁判員制度の目的は、いったい何なのか。
 裁判をよくするためでも、冤罪をなくすためでもありません。
 裁判員法の第1条に、目的が明記されています。
司法に対する国民の理解の増進とその信頼の向上に資すること…」
 国民の理解の増進? だったら、土曜日曜も開廷して、1人でも多くの国民が裁判を傍聴できるようにするのが、まずは何より効果的じゃないでしょうか。
 司法に対する信頼の向上? それならば、過去の冤罪事件を徹底検証するのが先ではないですか? 今このときも、無罪を有罪とされて牢獄につながれている人、死刑執行におびえている人を、解放するのが先ではないですかっsign02

 ところが、そういったことは一切せず、国民を罰則付きで強制動員する、どう考えたっておかしいじゃないですかsign01

 「国民の常識を裁判に反映させるのだ」とも言いますが、推進側である政府が行ったアンケートでさえ、8割もの国民が、裁判員制度は嫌だと言ってるんですよ。そういう国民の声を無視して、国民の常識を反映させる? 意味わかりません。

 ただ、裁判員制度には、1つだけ素晴らしいように見えるところがあります。
 それは、「市民参加」の4文字です。
 市民参加、良さそうなイメージですよね。なんだか良いことがありそうな気がします。
 しかしsign01 具体的にどこが良いのか、制度の中身を見てみれば、どこからどこまでデタラメなわけです。少々の手直しで追いつく話ではないっ! 裁判員制度は、廃止するしかないのですsign01
 本日の集会と、そしてデモ、これこそが、市民参加ですsign01
 裁判員制度の廃止を勝ち取りましょう。
 どうか、最後まで、よろしくお願いいたしますっsign03

 そして20時からデモ。内幸町→銀座→数寄屋橋→東京駅八重洲口。
 いやはや、これが、たぁ~いへんだった。
 雨はだんだんと強まり、風も出てきて、上着もズボンもずぶ濡れ。どうも足もとが重いなと思ったら、革靴が水を吸って…。ソックスを絞ったら良い出汁(だし)が出そうな。やめてぇ~っ。sweat01 東京と九州の2体の裁判員いらなインコは、あのでかい頭に雨を吸って、おっそろしく重かったんじゃないか。
 だが、それでも、集会の参加が1850人くらい、デモの参加は1000人くらいだっけ? あの風雨のなか、やりぬいたのは、ものすンごいことだと思う。ありがとうございましたsign03 お疲れ様でしたっsign03
 デモの先頭の高山俊吉弁護士は、薄いビニールのカッパを着ただけ、傘も帽子もなしで、ずぶ濡れで歩き抜いた。それを私はそばで見て、シュプレヒコールの声がちょっと詰まりそうになったょ…。

人気blogランキング ←4月23日11時30分現在、週間INが370でonefive位~happy02

 裁判員制度の本質は、国家が国民を変えること。国家がやることへの理解を増進させ、信頼を向上させることにある。
 これから1カ月、「裁判員制度はいらない!大運動」は、というか他の団体も、東京で、全国各地で、どんどん行動していくことになる…。

        flair 裁判員制度はいらない!大運動 flair

裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) Book 裁判員制度はいらない (講談社プラスアルファ文庫) 

著者:高山 俊吉
販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

裁判長!話が違うじゃないですか-国民に知らされない裁判員制度の「不都合な真実」 (小学館101新書) Book 裁判長!話が違うじゃないですか-国民に知らされない裁判員制度の「不都合な真実」 (小学館101新書)

著者:池内 ひろ美,大久保 太郎
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 勾留理由開示の手続きは何のために | トップページ | 不特定多数の者が容易に覚知し得る状態で »

裁判員制度」カテゴリの記事